動画

【人間の狂気】「エアガンで撃たれた生後6ヶ月の子犬」体内には18発もの弾が残っていた

1: ファニーちゃん 生後6ヶ月の子犬 「虐待」最も醜く、最も最低な行為。 自分より弱いものに対して、暴力を振るったり、非情なイタズラをしたり、私達には考えも付かないような事をする人達が大勢います。 弱いものに対して虐待する人は、どの時代、どの国にもいるものです。 生後間もない子犬を襲ったのは、人間の狂気でした。 ここから↓ アメリカ・カリフォルニア州のロックヒルで「生後6ヶ月とみられる子犬がエアガンで撃たれる」という事件がありました。 大量に撃たれたため、体には沢山の穴が開いており、出血多量の状態で危ない状態。 発見されすぐに動物病院へと運ばれました。 何が原因か調べるため、子犬をレントゲンで撮影したのです。 すると、体内からは驚くべきものが大量に見つかりました。 続きは次のページで!

ネタ

【整形】「400万の費用を使いエルフになった男性」のビフォーアフター画像!

1: ファニーちゃん ルイス・パドロンさん アルゼンチンに住む「ルイス・パドロン」さん(25歳)。 小さいときからファンタジーに出てくる種族の「エルフ」に憧れをもっていました。 彼は成長し、大人になるにつれその思いが強くなっていき、最終的に 「自分がエルフになりたい」 と強く願うようになりました。 そしてエルフになるために「400万円」を使い、整形手術を繰り返しました。 こちらは17歳のときのルイス・パドロンさん。 ルイスさんは若い頃にいじめられおり、そのせいでよりファンタジーの世界に没頭していきました。 ファンタジーの世界に入り込む事で幸せになれたそうです。 そして「自分がエルフになりたい」と思ったルイスさん、最初は髪の毛を伸ばし染色しただけでした。 しかし、これだけではエルフの姿には全く近づく事は出来なかったのです。 そこで、鼻の整形、アゴの脂肪吸引、目の色を変える手術、全身脱毛など、合計400万円弱の費用を使い肉体を改造しました。 その結果が・・・ 結果は次のページで♪

スカっと

【驚愕】「自由席満席なんだよ!若いんだから立っとけ!」おっさんが放った一言に対する返しが素晴らしい!

1: ファニーちゃん 指定席での出来事 新幹線、平日でもかなりの人が利用されます。 とはいえ、平日であれば自由席でもある程度座ることが出来るのですが、 休みや連休になると自由席に座るのはなかなか難しいもの。 自由席に座れなかった場合、諦めて立っているしかありません。 しかし、中にはとんでもない人がいるのです。 今回は某掲示板に寄せられた「新幹線で指定席に座ろうとしたら、知らないおっさんが座っていた」というお話をご紹介します。 ココから↓ 先月新幹線で東京に向かってたら、 指定席車両でひと騒ぎがあった。 途中で乗車してきた就活中らしき女の子が、 自分の斜め前の席で何度も切符と番号を確認してた。 どうも自分の席に関係ないオッサンが座ってるらしい。 女の子、遠慮がちにオッサンに言う。 「寛がれていらっしゃるところ、大変申し訳ありません。 失礼ですが、座席をお間違えではありませんか?」 オッサン答える。 「自由席が満席だからこっちにきたんだよ、ワリーか」 このおっさんの一言に女の子が放った一言は次のページで♪

○○選

【恐怖】合成ではない全て現実の光景!恐ろしい写真とエピソード10選

1: ファニーちゃん 全て現実の写真 この世にはこれは「合成じゃないの?」と思ってしまう 恐ろしい写真が存在しています。 そんな「全て本物の、恐ろしい画像をエピソード」 を今回はご紹介させていただきます! 『餓死させる為の箱に入れられた女性』 モンゴルで今なお続くこの行為・・・ この写真は1913年にモンゴルを訪れた 写真家ステファン・パッセによって撮影されました。 死刑を宣告された女性が餓死するまで 箱に入れられ晒された様子です。 この箱はモンゴルの遊牧民の間で 携帯型刑務所と呼ばれていました。 『手袋』 こちら、ただの手袋に見えますか? 概製品にしては、雑すぎる作りです。 これの何が怖いか・・・。 手袋に使われている素材は「人間の○○」・・・。 次のページで!

ネタ

【驚愕】お嬢様学校に通っていた女性が「普通の高校に編入」した時に感じた事が深い

1: ファニーちゃん お嬢様学校からの編入 お嬢様学校と普通の学校、一体何が違うんだろう、って皆さん思いませんか? お嬢様学校じゃなくても「女子高」と「男子校」と「共学」でも学校生活って違います。 共学は良くも悪くも普通、女子高は男子が居なく、意外と華やかさが多いわけではなく「雑」な事も多いもの。 男子校はとにかくムサい。 じゃあお嬢様学校はどんな感じでしょうか? 今回ご紹介するのは「今までお嬢様学校に通っていた女性が普通の高校に編入した時に感じた事」です。 お嬢様学校から普通の高校に編入してきた1人の女性。 一体彼女は何を思ったのか。その内容は・・・ ツイッターユーザーの「リオン」さんの友人にお嬢様学校から編入してきた人がいました。 その時、その友人が放った一言、思った事がかなり深く考えさせられる内容だったのでご紹介します。 こちらがツイート お嬢様女子中学から庶民女子高校へ編入した友人から「お嬢様は自分が愛されて可愛いことは知ってるから皆余裕があって仲が良かった。あなた可愛いわね私も可愛いのよ皆可愛いわねみたいな。でも庶民校は荒れたブスが悪口ばっかり言ってて派閥が凄かった」みたいな話を聞かされておうふ…ってなってる。— リオン (@beer_wine_rion) 2016年7月15日 お嬢様学校の女性達は「愛されて育った為、人の陰口を言わい人が多い」ようです。 勿論、人それぞれだとは思いますが、周りからも褒められて愛されて育ってきたために余裕があり仲がよかったようです。 そして普通の高校の人達はこれも全員ではないでしょうが「心が荒れて悪口ばかり言ってる」というのです。 よくアニメや漫画なんかで「学校での女の戦いは陰湿」とかいう場面がありますが、お嬢様学校ではなく普通の学校でよく起きる事だったようです。 このツイートには色々な意見が寄せられています。 お嬢様学校に綺麗な子が多い理由は、父親が高収入なため、綺麗な奥さんと結婚できて、その遺伝子を継いだ子供も綺麗というか仮説が数多から離れない@beer_wine_rion @gyaroido1582 お嬢様女子中学から庶民女子高校へ編入した友人から「お嬢様は自分が愛されて可愛いこと— 高田 修三 (@_zonish) 2016年7月16日 @beer_wine_rion @mamoizm 自己肯定感や自尊心が育っていないと、自分を認められないことと同様、他人との違いを認められず、上には醜い嫉妬、下には浅ましい差別とつまらない人間になる。— かもねぎP (@bororboroAbaba) 2016年7月15日 @beer_wine_rion @UsamiJun やっぱり女の子産まれたら御嬢様学校へ送るのがいいのですね。 その前に稼がないとw— kekeyon3@ワサラー団 (@kekeyon3) 2016年9月14日 @beer_wine_rion 金持ち喧嘩せず なんて聞いたことがあります。— Shintaro Ishihara (@syn_scene) 2016年7月17日 人の事をねたむ人っていうのは基本的には「自分が不幸だったり充実していない」人が多く感じられます。 「幸せで愛にあふれる人」達っていうのは実際にはそういった事をする人は非常に少ないものです。 人をねたむ時間があるならもっと有意義な事に使いましょう。そんな感覚のようです。 また、男性や女性が思う「この子はお嬢様に違いない!」という女子大生の言動が面白かったのでそちらもご紹介します。 お嬢様に違いない言動は次のページで♪

面白

【面白】「お前じゃ話になんねぇよ!店長出せ!!」ガラの悪い人が放った言葉の真意にほっこり!ちょっと笑える面白エピソード8選

1: ファニーちゃん 笑える優しいエピソード 人の優しさって些細な事でも感じることがあります。 笑える、泣けるエピソードを紹介します。 どこまで走るのか気になります。 舞松原駅にてすでに満員状態で入ってくる電車受験生であろう女子中学生3人が入りきらず半泣きで諦めモードすると入口付近の男子中学生達がぞろぞろと降りだすそして「俺ら走るんで、乗ってください」男前かお前ら— 的ちぇけら®︎ (@yudai070714) 2016年2月4日 怖そうな人だけど、本当は優しい人だったんですね。 H本買う時は女の子に気を使ってたんですね。 バイト中inレジ柄悪い人「お前じゃ話になんねぇよ!店長出せ!!」私「申し訳ございません…?」ー会計終了ー私「私なんか悪い事しましたかね…?」店長「Hな本買うときに女の子に会計させんの申し訳ないから代わってもらったんだって(´・ω・`)」私「可愛いっすね(´・ω・`)」— ゆま (@yuma_ryosuke) 2015年5月9日 子供って親の事よく見ていますよね。 40円しかないお小遣いから10円くれるなんて感動です・・・。 おつりの無いように入れる教材費の封筒を眺めながら「あー10円玉ないなー」って呟いたら、全財産40円の次女が無言でこれを握らせてきたんだけど使えないよ…田中邦衛の泥のついたおさつくらい使えないよ… pic.twitter.com/XwfVideo4w— marie (@izakayamarichan) 2015年6月11日 よほど道が分からなくて困っていたのでしょうね。 お礼が言いたくて通い続けるのは凄い人です! トラックの運転手さんが「忙しいところ、ごめんな。道が分からなくてよ……」と尋ねてきて、即席の地図を書いて教えた。それから一週間後、おっさんが私を見るなり喜色満面で「やっと会えた! 直接お礼が言いたくてよ、通い詰めたんだ。あんときはありがとな! 」と言葉を掛けられ、心が溶かされた。— 松駒 (@matsu_koma) 2015年3月18日 世の中には良い人がまだまだいるんですね。 ・こんなにいい人が世の中にはいるんだ。・ pic.twitter.com/V96ftmj94y— @LEGO___TOYSに移行 (@airi0330tslove) 2014年5月24日 誰に贈るケーキなのか気になっちゃいました。 妹なのか彼女なのか・・・ ケーキ屋でバイトしてた友人が史上最も萌えた客は、プレートを指差し、消え入るような声で「『ごめんね』って書いてください……」とお願いしてきたやんちゃ系のお兄ちゃんだそうです。— よう #365日の百合 (@oshiroi_you) 2013年9月19日 続きを歌ってあげたのも優しさ感じます。 乗りでお歌の上手な9番様も素敵です。 銀行にて幼女「めーだーかーのがっこうはー」「かわのーなかー」「そーっと…」「…?」俺氏『のぞいてみてごらんー』幼女「!」幼女・俺氏「そーっとのぞいてみてごらんー」「みんなでおゆうぎしているよー」幼女「じょうず」俺氏「アザッス」銀行員「おうたの上手な9番様〜」— 病葉 (@wkwklover) 2013年7月24日 妹と友達間違って鼻拭いてあげようとするなんて・・・ 笑える過ぎますw クシャミした男子高生が横の友達に『なぁ、ティッシュ』って言ってて『もぉ~!なんでティッシュくらい持ってねんだよ!ほら、こっち向け!』って鼻にティッシュあてながら『間違えた!お前妹じゃねえ!!』ってどうみても見間違えないだろうという長身男子相手にキレてて、思わず鼻水吹き出した。— 小粒なっとう(そい) (@k_kiriui)…

○○選

【驚愕】閲覧注意!?嘘か誠か・・・ヤ○○ンの噂が絶えない女性芸能人10人!

1: ファニーちゃん 女性芸能人スキャンダル「ヤ○○ン」10人大公開!! いわゆる「ヤ○○ン」といわれる女性っていますよね・・?!芸能界でもやはり「ヤ○○ン」はたくさんいるようです!!あんな人も、こんな人もヤ○○ンだったとは!という驚きの事実が明らかに・・今回は、そんな「ヤ○○ン」女性芸能人たちの実態をご紹介します!!ちょっとショックを受けてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが・・まぁ、少しだけのぞいてみましょう~ 有村架純 これまた、超清純派!なところから!!人って、本当に見かけによらないんですね・・ 有村架純は、次のページで↓↓

家族

【一番大切な日】毎年7月18日は父が会社を休む日。その理由を知ったとき、青年は涙が止まらなかった

1: ファニーちゃん 一番大切な日 人には沢山の事情や秘密があります。 言いたくてもいえない事 まだ言うタイミングじゃないから言わない事 言わなくても良い事 今回ご紹介するのは感動しするお話です。 「高校3年生になった1人の青年が、自分の過去を知る」お話。 ここから↓ いつからだろう。 毎年7月18日、父は会社を休む。 母は美しい花を買って、二人でどこかに出かけるのだ。 どこへ行くんだと俺が尋ねても、ちょっとねとお茶を濁す。 そそくさと礼服に着替え、それはそれは不思議な1日が毎年続いていた。 そんな俺ももう高校三年生。 何となく教師になりたいなどと夢を持っていたが、家には金がない。 意地でも国公立に行けと親には言われてる。 しかし、今日も希望校への判定は「D」。 むしゃくしゃしてリビングで、父の煙草を一本拝借。 火を付けた瞬間に母が帰宅した。 最悪のタイミング……。 母は何も言わず、メモとペンを取りだして、 サラサラと何かを書いている。 「ここへ行ってきなさい」 「は?」見たら、見たこともない住所と名前。 「何で俺がこん…」 「いいから行ってきなさい!」 母のここまで取り乱した顔を見たのは後にも先にもこの時だけである。 なんだってんだよ…まぁいいか、 どうせ勉強もはかどってないし……。 そんな軽い気持で、俺は書いてある住所へ向かうため電車に乗った。 その時には、まさかこれほど重大なことを知ることになろうとは、思っても見なかったのだ     感動の話は次のページで!

動物

【悪魔の所業】人間の手により「口の周りを粘着テープで塞がれた犬」、そのテープは犬の骨まで達していた

1: ファニーちゃん 無情なる人間 人間の悪意は一体どこまでいくのでしょうか。 世の中には理解不能なほどに動物を虐待する人達が大勢います。 自分よりも弱い動物を虐待し、楽しむ、一体動物達が彼らに何をしたというのでしょうか。 なぜこんなにも酷いことが出来るのか・・・ 今回ご紹介するのは「人間の手により口の周りを粘着テープで塞がれた犬」のお話です。 ここから↓ 犬の姿を最初に見つけたのはベトナムで活動している1人の動物権利活動家でした。 彼は犬の姿をみて、言葉を失いました。 犬の口の周りには「粘着テープがグルグルに巻きつけられていた」のです。 人間でもとることが出来ないくらい、きつくまかれていて、 犬は「口をあける事も、動かす事も出来ない状態」だったのです。 この状態で長い期間を過ごしてきたようで、 「飲む事も、食べる事」も出来ず、体は痩せ細っており、衰弱していたといいます。 人間から受けた酷すぎる虐待、その恐怖は受けた本人にしかわからないでしょう。 この犬は保護された後も酷く怯え、人間を信じることが出来なかったといいます。 そして、口に巻かれた粘着テープは「骨まで達していた」のです。 続きは次のページで!

画像

【驚愕】「視覚障碍者の見る世界」が一発で分かる画像、想像以上に怖すぎる世界に衝撃

1: ファニーちゃん 視覚障碍者の見る風景 視覚障碍者、全く見えない状態の「全盲」とは違い、見えないわけではない、少しだけ見える「弱視」の事。 弱視と一言で言っても、その症状は千差万別。例えば 「焦点を合わすことが出来ない人」 「視界の一部しか見えない人」 「視界が常にまぶしく見えてしまう人」 「もやが掛かっているように見える人」 色々な症状があります。 そういった視覚障碍者(弱視)の人達が見る世界は一体どう写っているのか・・・。 目がいい人には想像がつかない事だと思います。 今回、そういった人達に知ってもらうため「株式会社石井マーク(@ishiimark_sign)」が、周知を目的として「視覚障がい者の見ている光景」を再現した画像を作成しました。 標識のステッカーなどを製作している会社です。 この画像を見ると「一発」でどんな世界なのか、どのように見えているのかがわかります。 そしてこの画像を見ると、驚愕を受けるでしょう。 衝撃の画像は次のページで♪