○○選

【驚愕】大名や将軍の誘いも断れる「100年前の遊女”花魁”」の衝撃事実と画像集

1: ファニーちゃん 100年前の遊女 100年前に実際に存在した遊郭、遊女の画像とエピソードをご紹介します! 知れば知るほどに興味深く、 知れば知るほどに女性達の凄まじい努力が感じられる。 そんな女性達の一生とは?! 『1910年頃 吉原の遊女』 当時のハリウッド女優とも呼べるほどに高値の花だった「花魁」 一体どういう存在? 1914年 新吉原の花魁 稲本楼 小柴 花魁(おいらん)は、吉原遊郭の遊女で位の高い女性のことをいいます。 吉原特有の呼び名で京都・島原の遊郭では「太夫」といいました。 花魁には誰でもなれたわけではありません。 花魁は当時は庶民には手の届かない、今で言うハリウッド女優並の カリスマ性を放っていたといいます。 子供の頃から郭内(かくない)で姐さん方に従事し、きちんとした教育を受け、 花魁としての「美貌」「教養」「芸事」「書」等がきちんと 出来なければなれなかったのです。 『日本最大の花街―吉原』 当時の写真が鮮明に残っていました。 次のページで!

面白

【驚愕】1枚の折り紙で作られた女子高生!?高すぎる完成度に驚きの声続出!

1枚の折り紙から作られた女子高生のクオリティが高い! 子供の頃から幼稚園や保育園などで折り紙を折る機会があった方もいらっしゃると思います。 最近では折り紙の折り方も様々なものがあって、バリエーションも豊富になりました。 そんな中、東京大学の折り紙サークルである「Orist」がものすごい作品を仕上げました。 そのクオリティの高さに驚きの声が相次いでいます。 では一体どんな作品に仕上がったのでしょうか? 東京大学の折り紙サークルが作った凄い作品は次のページで

○○選

【驚愕】第六感は存在する!?怖ろしい事故や事件を「前もって予知していた」10のケース

1: ファニーちゃん 人間のもつシックス・センス!!悪い予感が的中したケース10!! 飛行場で誰かにバイバイと手を振った後、突如として襲う、得も言われぬ不安、そして頭痛。ただの気のせいかと思うかもしれませんが、本当に気のせいなのでしょうか?なんとなく今日は悪い予感がすると感じたことは?悪い夢が現実になったことは?悪い予感が驚くほど当たってしまう場合があるものです。この能力は人間に備わった自己防衛本能?それとも、シックス・センスが発現したのでしょうか?ここでは実際に悪い予感が的中してしまったという10のケースをご紹介していきます!! アメリカン航空191便墜落事故 1970年、デイビッド・ブースという人物は10日連続で同じ悪夢を見ました。ジェット旅客機が滑走路を飛び立ち、空中で反転し、バラバラになる映像を10回も見たというのです!! アメリカン航空191便墜落事故は、次のページで↓↓

動物

【猫の愛】死して尚、主人の事を想い、片時も離れないと誓った猫の愛に涙

1: ファニーちゃん 猫の愛 猫は三日で恩を忘れる、と日本のことわざであります。 これは 「猫は、三年間飼ってやっても、その恩を三日で忘れてしまう。猫はつれない動物であるというたとえ。」 であり、事実とはまた違ったものです。 猫の短期記憶は人間の20倍ほどあるといわれており、 印象に残る事であれば猫は忘れません。 少し気まぐれで警戒心が強い猫が多いため、 「猫は三日で忘れる」なんていわれますが、そんな事はないんです。 今回ご紹介するのはとっても心温まるお話です。 「亡くなった飼い主の事を想い、傍を離れたくないために墓暮らしを決意した猫」のお話。 ここから↓ 今回の猫が発見されたのは インドネシア中部、ジャワ州にある墓地。 たまたま墓地の近くを通りかかった「Keli Keningau Prayitno」さんは(以下Keliさん) 墓地にたたずむ猫を発見しました。 とても人懐っこく、可愛らしいこの猫。 捨て猫だったら可愛そうと思ったKeliさんは、この猫を自宅につれて帰ったのです。 しかし、連れて帰ってみたはいいものの、 ふと気づくと猫の姿がどこにもいなくなっているのです。 そしてKeliさんはもしやと思い再び墓地に行きました。 するとKeliが猫を拾った場所と全く同じ場所に居たのです。 猫の愛は次のページで♪

○○選

【衝撃】日本は18位!世界で自殺者の多い国TOP20

1: ファニーちゃん 日本は18位!!世界で自殺の多い国・・上位20か国!! 世界保健機関(WHO)によると40秒に1人が、世界のどこかで自らの命を絶っているそうです。以下のデータは2014年の世界自殺予防デーにWHOが発表したデータ(人口30万人以上のWHOに加盟する172国を対象とした2012年の調査結果)をもとに、上位20か国を並べた、自殺者の多い国ランキングです。自殺者の割合が多い国のほとんどは貧困国ですが、裕福であるはずの先進国でも、ランキングの上位に食い込んでいるんですよ。 20位 ジンバブエ アフリカ大陸の南部に位置する共和制の国家です。ロバート・ムガベが、37年の長期に渡って権力の座を独占してきました・・ ジンバブエは、次のページで↓↓

衝撃

【これが本当の躾だ!】「違いま〜す(笑)」バスの押しボタンを遊びで何度も押す小学生、その行為にバスの運転手がとった対応が素晴らしい!

1: にこる バスの運転手 「子供だからって許されないこともある」 バスを降りる時に押さなくてはならないのが「降車ボタン」 子供の頃にはついつい押したくなるけど、 親には「ふざけて押さないように」と注意されたこともあるのではないでしょうか? しかしある日、とあるTwitterユーザーさんがバスに乗っていた時のこと。 イタズラで降車ボタンを押しては 「うっそで〜す」「間違えました〜」 とふざけている小学生を目撃します。 そのイタズラに対する運転手さんの対応について、 「これが本当の躾だ!」と話題沸騰となりました。 ここから↓ Twitterのユーザーさんが乗っていたバスに、 イタズラばかりする小学生がおり、 何度も降車ボタンを押してはバスの業務を妨害している姿を見て、 車内でも不穏な空気になっていました。 バスの運転手さんもわかってはいても、 本当に降りるかもしれないと思うと、 素直に停車するしか方法はありませんでした。 そんな不穏な空気の中でも構わずにイタズラを続ける少年に、 ついに運転手さんは行動を起こします。 再びイタズラで降車ボタンを押した後に 「違いま〜す」とふざけていた小学生に対し、 運転手さんは 「降りなさい。降りるまでは発車しません」と言います。 小学生は「どうせそんなこと言ったところでバスは発車するだろう」と思っていたのですが、 運転手さんはなかなかバスを発車させず、顔も真剣そのものでした。 次のページで!

スカっと

【驚愕】「何様のつもり?殺すよ!」電車のドア前で座り込む女子高生達、1人の女性が取った勇気ある行動

1: ファニーちゃん 電車のドア前に座り込む5人組の女子高生 最近の女子高生は・・・とは言いませんが、最近は常識が段々と薄れてきているのが目立ちます。 電車内で座り込んで話し込む学生、まるで自分の家かのように振る舞う人達っていますよね。 他の客が乗ってきても知らんふり、ちょっと注意しようもんなら暴言が返ってくる。 嘘のようですが実際にこういった光景を見かけることはよくあります。 今回はそんな電車内で起きたとあるエピソードをご紹介します。 とある掲示板に寄せられた、1人の社会人のお話です。 ここから↓ 「は?向うからお降りたらいーじゃんwみてわかんねーの?うちら座ってんじゃん!」 すると一緒にいた部下がJKの手荷物を投げ捨てた!! 武勇伝になるかどうか微妙だけど・・ 5年ほど前の話しになるけど 俺が通勤のる電車には沿線に女子校がある為か、通学の時間帯になると女子校生の一団(5~6名)が毎回乗り合わせてくる。 こいつらはグループで乗り合わせるらしく、高テンションのまま車内にはいると大声で話すわ、 携帯で通話はするわ、床に座り化粧、弁当を食いちらかす等ほぼフルコースでやらかしてくれる。 以前こいつらを注意したサラリーマンのおっさんがいたが、散々悪態をつかれ大声で 「やだーおじさん援交たのんでんの?」や 「顔見て出直せよジジイ」 などとありもしない罵声を集団から浴びせられ、顔を真っ赤にして次の駅で降りていった。 他にも電車から降りようとする妊婦さんとすれ違う時、 「うわっ。デブが伝染する!」 「よるな便所女!」 等の暴虐ぶり。 人類とは思えないこいつらに はらわたを煮え繰り返しつつも、寝たふりを決めこむ自分が悲しかった。 衝撃のエピソードは次のページで♪

○○選

【過酷】王様のお尻拭き係り!?歴史上の本当に存在した辛い仕事10選

1: ファニーちゃん 今の仕事に満足していない人はこれを見よ 世の中には数多くの仕事が存在するが、その仕事に満足している方は少ないのではないでしょうか。 毎朝早起きをして出勤し、そして残業。 衣食住のために、この繰り返しの日々を仕方なくこなしている。 しかし、歴史の中では現代では考えられないような仕事が数多く存在していました。 今回はそんな「辛い仕事」にスポットを当て、 最悪と言っても過言ではない仕事を10個紹介します。 墓堀り人(Resurrectionist) 現代では考えられない、 死体を盗む ことでお金を得る仕事です・・・ 次のページで!

スカっと

【スカッと】会社でいじめられていた男性…。有給休暇後に会社に出社するとイジメていた上司がとんでもない事に!

いじめは大人の世界でも起きている もはや社会現象にもなっている「いじめ問題」ですが、実はこれは会社の中でも行われている事があります。 ウェブ系の会社に5年勤めている男性もまた、入社当初は上司や同僚からいじめを受けていました。 仕事を押し付けられたり、ものを買いに走らされたり、挙句の果てにはお金を取られたり…。 男性にとってもこの1年間は本当に苦痛だったそうですが、ここで辞めたらアイツらの思う壷だと思い、ひたすら耐えていました。 しかしそんな彼を救ったのは、意外な人物でした。 一体彼を救った人物は誰で、どのように救ったのでしょうか? ◾男性をいじめから救った人物とは? ある日男性は、上司や同僚からトイレへ呼び出されました。 嫌々トイレへ向かうと、上司や同僚から「ここでタバコを吸え」とタバコを強要されてしまいます。 このトイレは完全禁煙なのですが、それでもお構い無しに無理矢理吸わせようとしていました。 すると洋式トイレの個室から、 「おーい、そーゆーのやめろよー。ここは禁煙だぞ?今なら顔も名前もわからないから、とりあえず見逃してやるぞ」 という声が聞こえたのです。 実はこの声の主は、この会社の社長! 本来は社長室のある階のトイレを利用するのですが、今回はたまたまここのトイレを利用していたようです。 元々個室の扉は閉まっているものだったので、完全に無人だと思っていた上司と同僚は「お前、このことは誰にも言うなよ」と男性に言って、慌ててトイレを出ました。 そして男性は2日間の有給休暇を取り、憂鬱な気持ちで出社すると、なんと上司と同僚の席には何も置かれていませんでした。 何が起こったのかわからなかった男性に、社長が「おはよう」と声をかけます。すると… 「社員1人1人の声と名前は覚えているんだ。トイレは用を足す場所!なんか困ったことがあったらいつでも相談に来い」 と言ったのです。 実は顔も名前もわからないというのは嘘で、この一件でいじめの実態を知った社長は調査を開始しました。 すると、この上司と同僚はセクハラの常習犯だったということもわかり、社長が解雇を言い渡したんだそうです。 実際この会社は100人以上の社員がいるのですが、1人1人の顔と声を一致させているなんて、すごい社長さんですよね! 男性もまた「この会社でずっと働きたい!」と強く思い、今ではグループリーダーにまで昇格したんだそうです。 今は部下を大切にし、誰からも親しまれる人となって働いているようです。 この男性が無事にいじめから救われて良かったですね!

ネタ

【驚愕】「北朝鮮ってどこ?」アメリカで街角調査をした結果が凄すぎたw

北朝鮮の場所をご存知ですか? 今世間を騒がせている北朝鮮問題。 日本にとってもかなり脅威なものとなっていますが、アメリカにとってはもっと脅威なものとなっていることでしょう。 そういった世論調査を踏まえ、ABCテレビの番組「ジミー・キンメル・ライブ!」がとある調査を行いました。 それはアメリカ人に「北朝鮮はどこですか?」という質問をして、どのくらいの脅威を感じているかというもの。 しかしこの回答結果は驚きのものとなり、信じられない!という声が相次ぎました。 一体どんな結果になったのでしょうか? ◾アメリカ人に北朝鮮はどこ?と聞いたところ… カリフォルニア州で世界地図のパネルを持ったキャスターが、歩いている人に「北朝鮮はどこか知ってますか?」と訪ねます。 アメリカ人の多くが北朝鮮に脅威を感じているなら、きっとほとんどの人が正しい位置を知っているはず… しかし結果は驚くべきものでした。 なんと道行く人が指さした場所は、どこも違う所を指さしていたのです。 まだ中国やモンゴルなど近くの国を指さしたなら、惜しい!となりますが、オーストラリアやカナダを指さしている人までいるのにはビックリです。 この結果を見た人たちからは、 「これは何の冗談!?本気なの?」 「同じアメリカ人として恥ずかしくなってきたわ」 「さすがにカナダはヤバイでしょ」 「嘘だろ!?これは答えられなかった人だけを編集したんだよな!?」 と驚きの声と呆れる声が挙げられていました。 ニューヨーク・タイムズが2017年5月に同様の調査を行ったのですが、その結果はアメリカ国籍の成人1746人中、北朝鮮の場所を知っている人は36%しかいなかったんだそうです。 北朝鮮は脅威だと思いつつも、実はどこか他人事のように感じてしまっているのかもしれません。 しかしこれからも北朝鮮はますます脅威を見せつけてくるかと思われます。 日本もそうですが、アメリカ人の方も北朝鮮の動向について少しでも意識する人が増えてほしいですね。