家族

【心に響く】「子供がうるさい」という住民からの苦情、それに対して管理人が配布した「意見書」が胸に刺さる

1: ファニーちゃん 管理人が出した意見書 住宅街やマンション等、沢山の人が集まる場所で必ずといっていいほど問題になるのが「子供の声」です。 住宅街でも勿論気になりますが、特に気になるのがマンション。 子供がいる世帯に隣接する世帯であれば、ダイレクトに響きますので結構辛いもの。 しかし、私達大人も幼少期があり、周りに迷惑をかけながら育ってきましたので、仕方のないものですし、子供が泣くのは当然の事です。 そうはわかっていても、毎日毎日うるさくされ、悩んでしまう人が沢山いるのも事実です。 仕方がない、といえば仕方がない事ではありますが、非常に難しい問題です。 そしてこういった問題は日本全国どこでもあります。 そのため、様々なところで対策が行われているようです。 そんな中、とある大型のマンションで管理人に寄せられた苦情のお話を今回はご紹介させていただきます。 ココから↓ マンションの管理人の元に、3世帯から苦情が寄せられていました。 その苦情の内容が 「隣の家からの泣き声がうるさくて夜も眠れないのでなんとかしてほしい。」 「夜中に大きな泣き声が聞こえてきて、こんな所には住めない。」 「子どもの声がうるさすぎる。騒音だ。」 といったもの。 管理人に苦情を言ってくる、また内容を見ても皆さん相当悩まされていたのでしょう。 強めの口調で書かれていることからその苦悩が垣間見れます。 そしてこの苦情に対する行動というものは限られています。 ・子供の居る家庭を注意する ・我慢してもらう ・物理的な対策をとる この3つくらいだと思います。 しかし、「子供の居る家庭を注意」しても相手は子供です、泣くのが仕事ですからどうしようもありません。 「我慢してもらう」だと根本的な解決になりませんし、住人同士でケンカする事になってしまいます。 その為取れる行動は「物理的な対策を取る」ことです。 管理人も悩んだ末、物理的な対策を取る事を決意したのです。 それは防音シートを導入する事・・・。 しかし、管理人はただ導入するだけではありませんでした。 意見書として、今回の経緯、自分の意見をマンション全員に配布したのです。 その内容に大人として、人間として考えさせられます。 管理人の意見書は次のページで♪

○○選

【驚愕】スポーツマンシップどこ行った!?試合中に起きた最悪の「事故・事件」13選

1: ファニーちゃん 現実に起きた事故・事件 世の中には色々なスポーツがあります。 そのほとんどはスポーツマンシップに乗っ取り、正々堂々と勝負をされますが、 時には正々堂々と試合がされない場合もあります。 また、他にも不慮の事故なども存在する場合もあり、 プレー以外でも色々な意味で私達を驚かせてくれます。 今回はそんな「スポーツで実際に起きた事件・事故」をご紹介します。 【ドーピングチャンピオンに挑戦】 WBA世界クルーザー級暫定チャンピオン、デニス・レベデフ 彼は、ドーピングチャンピオンの異名を持つ、 ギレルモ・ジョーンズ(正規王者)との王座統一選を熱望していました。 その結果、案の定悲惨な結果になってしまったのです。 次のページで!

怒り

【怒り】「電車で女子高生に笑いながら動画取られました」友人と手話で会話していた時の出来事

1: ファニーちゃん 電車内での出来事 手話、聴覚に障害がある人達が使っている言葉の変わりに意思を伝達する大切な手段。 日本での難聴、聴覚障害の人口はおよそ600万人と言われています。 実際に手話で話している人を見たことがあったり、身近な人で手話を使っている人がいるという人もいれば、 テレビなどでしか見たことがないという人も多いと思います。 この手話を巡って気分が悪くなる出来事が起きました。 フェイスブックに投稿されたこの画像はまたたく間に広がり、話題になりました。 投稿したのは耳の不自由な方をご友人にもつ方で、その日はいつものように電車内で手話で会話をしていました。 すると前に座っていた女子高生がとんでもない行動に出たのです。 投稿されたものがこちら こちらが全文↓ 電車で、友達と手話で話したら目の前に座っている女子高校生に笑われました。 しかも、動画撮られたみたいです。 笑いながら、動画。 耳聞こえるのが当たり前な世界に耳が聞こえない人も居るんです 当たり前な生活を暮らすのは、そう簡単じゃないってわからない人がいるそうです。 なので、みんなこの画像を広めて欲しいです。 なるべく沢山の人に知って欲しいです。 「手話は、耳聞こえない人達の通じる方法の一つなんです」 目の前の座っていた女子高生は「手話での会話を笑いながら動画を撮る」という最低な行為をしたのです。 障害を持つ人を笑うのは当然ダメな事ですが、人を見て笑うというのは決してあってはならない事。 そんな事は子供でも知っています。 しかし、実際には世間ではこのような偏見や差別のようなものが今だに多く存在しているのが現状。 他にも同じような被害にあってしまった方も 手話使う人間なのだけど、奇異の目で見られたりあからさまに「公共の場ではやめてくれませんか」とわざわざ書いて来る人もいる。ムービーで勝手に撮られたこともある。そのようなことをやる人は自分が目にしない世界を容認できないのだろうな、と思う。— シン・ハルコ (@tamalovepoaro) 2015年1月28日 そもそも手話は人の意思や重いを表現する言語として存在しています。 それを笑い、あたかもバカにするような行為は決してしてはいけませんし、許してはならないことです。 今回被害にあってしまった方はこう願っています。 「なるべく沢山の人に知って欲しいです。」 少しでも多くの人に知ってもらい、世の中からこんな心の貧しい行為がなくなることを願います。

画像

【驚愕】「傾国の美女」と言われる程に美しいこの女性、本当の素顔を公開しネット騒然!

1: ファニーちゃん 傾国の美女 「国を傾けるほどの美女」の事を傾国の美女といいます。 簡単に言うと、君主がその美しさの虜になってしまい、国を危うくする可能性を秘めている程に美人の事をいいます。 今回ご紹介するのは、ネットで「美人すぎるだろ」と話題になった美貌の持ち主。 「烏鴉(ウーヤー)」さん 画像を見てもらえるとわかるように、文句なしの美人さんです。 知的で整った顔立ちをしており、さらにスレンダーでありつつも女性らしさもある体つき。 このウーヤーさんの「すっぴん」というよりも「本当の姿」がとんでもないとネットで話題になっています。 こちらが傾国の美女と言われたウーヤーさん 本当の姿は次のページで♪

○○選

【驚愕】「精子の中には人がいる?!」昔は普通に信じられていた現代では考えられない話10選

1: ファニーちゃん 昔の人が信じていた、不可思議な話10!! 今では誰が聞いたって、ありえないことだし、真実ではないと分かりきった馬鹿馬鹿しい話。それでも、昔の人は純粋に信じていたこともあります。ちょっと怖かったり、メルヘンチックだったり・・その内容は様々!!今回は、そんな昔の人には信じられていた、ありえないような驚きのお話をご紹介します!! 赤ちゃんは痛みを感じない そりゃ、赤ちゃんだって痛みを感じるでしょう!!というのは、あくまで現代人の常識。今では信じられないかもしれませんが、これは30年前にやっと科学的な裏付けがなされ、否定されたことなのです。 赤ちゃんは痛みを感じないは、次のページで↓↓

家族

【実話】交通事故で突然他界した父。あれから16年、結婚式に届いたのは父からのお祝い動画だった

1: ファニーちゃん 16年前にバイク事故で他界した父 16年前にバイク事故により突然他界してしまった父から、結婚式の日に届いた動画・・・ そこには深い愛が籠められていました。 とある家族の結婚式で起きた、とても感動できる、涙無しでは語れないお話をご紹介させて下さい。 ここからがエピソード↓ 私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私の大好きなパパの紹介をさせて下さい。 私のパパは同い年のママと19歳の時に結婚して、その年の冬に私を産みました。 いわゆる出来ちゃった結婚ですね(笑) パパは高校へは行かずに、 16歳の頃からバイクのレーサーを目指していたみたいですが、 怪我でプロの夢は諦めたみたいです。 バイクが大好きなパパが選んだ仕事が、 バイクで書類を配送する仕事でした。 (当時はテレビ局のプレス(?)と私には言っていました。) ママと結婚する時に、両方の両親からは大反対されたみたいです。 普通に考えて、家族を支える仕事としては事故とか心配になりますよね。 でもパパはママの両親に 「自分は命を懸けて仕事をして、命を懸けて家族を守るんです!それが自分なんです!」 と言って反対を押し切ってママと結婚したそうです。 でもそんな言葉が無残にも現実になってしまったんです・・・ 感動のエピソードは次のページで♪

○○選

【驚愕】19世紀初頭に「見世物小屋」で働いてた人達の衝撃画像

1: ファニーちゃん 見世物小屋の人々 今から150年程前は世の中に「見世物小屋」というものがありました。 奇形に生まれた人達の一部は、見世物小屋やサーカスで働いていました。 当時は「サイドショー」という名前で呼ばれていた見世物小屋ですが、主にヨーロッパやアメリカで人気が爆発しました。 そんな当時の貴重な写真をご紹介させていただきたいと思います。 こちらが当時の「サイドショー」の入り口 『毛むくじゃらの少女』 『足が3本ある男性』 全ての足に神経が通い、動かす事が出来たといいます。 次のページで!

衝撃

【驚愕】「お前は俺の舎弟だ。いじめられたらすぐ俺に言え」障碍を持った弟の面倒を見てくれたヤンキー君にもう一度会いたい

1: ファニーちゃん 障碍の少年を守っいたヤンキー君 世の中には不良だとかヤンキーだとか、言われる少年たちがいます。 そんなヤンキーの男の子に守ってもらっていた少年がいました。 ヤンキー君と守ってもらっていた少年の感動な話を紹介します。 ここから↓ 私の弟は28歳で亡くなりました。 脳疾患持ちで、合併症により15歳まで生きられない 20歳まで生きられれば幸いと医者からは言われていました。 よくぞ28歳まで生きたものです。 弟が小学5年生のとき無理を言って普通学級に 編入させてもらったときのこと。 弟にケイタ君という友だちができました。 家庭に事情のあるケイタ君は5年生ですでにゲームセンターに入りびたり タバコを吸うような早熟な不良でした。 そんなケイタ君なぜか弟の面倒だけは とてもよく見てくれました。 子どもは残酷なもの。 クラスの中に呼吸器を引きずったクラッチ付きの子に 決して寛容ではありません。 弟は男の子からも女の子からも陰湿なことをされました。 しかし、それはケイタ君がそばにいない時だけでした。 「ケイタがね、 『いじめられたらすぐに俺に言え お前は俺の舎弟だからな』 だって。 でも舎弟ってなんだろね。子分のことかな?」 弟はいつも家に帰ると母と私にそう言ってました。 修学旅行に行く途中で弟がそそうをしてしまったとき 一斉にはやしたてた同級生を尻目に ケイタ君はシモの世話さえしてくれたのです。 6年生の男の子がです。 卒業した弟が養護学校中等部に入ると ケイタ君は一層気合の入った 不良になってました。 だけど、養護学校の催すバザーに来てくれたり 生徒たちによるフォークダンスへの 参加さえもしてくれました。 なぜケイタ君のような優しい子が 不良と呼ばれるのだろうと思いもしました。 その後のケイタ君何をやったのか 16歳のとき警察に連れて行かれ噂では少年院に入院したとのこと。 それから東京に行ってしまったとも聞きました。 とにかく、ケイタ君とはそれっきりになってしまったのです。 弟が死んだとき28歳の短い生涯を象徴するように 身の回りの持ち物は極めて質素なものでした。 そんな所持品の中に きっと弟が大切にしてたであろう 木箱がありました。 弟が死んだ時 私も両親も、悲しみよりも 「やっと楽になれたねよく28まで生きたね」 と落ち着いた気持でその事実を受け容れました。 しかし、弟の身の回りの持ち物その中の木箱を開けたときに…

スカっと

【神対応】寿司屋の大将が「老夫婦を馬鹿にした」その時、隣の若者が言った言葉が刺さる

1: ファニーちゃん 老夫婦をバカにした寿司屋の大将 回らないお寿司屋さん。 回らないっていうだけで「美味しい」というイメージがありますよね。 実際にその通りで、回らないお寿司屋さんは基本的に美味しいもの。 そして握っているのは本当の「プロ」がお寿司を握っています。 長年修行して、寿司職人と呼ばれる人達の握る寿司は美味しいでしょう。 今回はそういったお寿司屋さんで起きた考えさせられるエピソードをご紹介します。 とあるサイトに送られてきた1通のメール。 そこには面白おかしく痛快で考えさせられるそんなお話が書かれていました。 ここから↓ 都内で会社員をしているAさんが先日、取引先の付き合いで都営地下大江戸線沿線の駅に隣接している回らない寿司屋で食事を取った時のこと。 お昼時ということもありほぼ満席の状態で、3組座ることのできる長テーブルに通されたAさんたちは老夫婦と若いカップルの2組と相席する形で席につきました。 先に座っていた2組はすでに注文を済ませたあとだったようで、私たちが席について間もなくお寿司が運ばれてきました。 運ばれてくるときに見えた輝く寿司ネタをみて、「おいしそうだなあ」と心待ちにしながら待っているとAさんたちの注文したお寿司も席まで運ばれてきました。 「ありがとう」と届けてくれた大将に伝え、さあ食べようとしたその時! 相席している老夫婦の女性があることを大将に話しかけたのです。 すると大将が激怒! そして老夫婦を「バカにする発言をしたのです」 続きは:次のページで♪

ネタ

【驚愕】「歩きスマホは絶対許さない!」名古屋にある公園の遊歩道で歩きスマホをしたら絶対に怪我すると話題に!?

これなら歩きスマホができない! スマホが普及してきた今、問題となっているのが歩きスマホです。 歩きスマホによってトラブルや事故が多発しており、各地で注意喚起をしています。 それでもまだまだ歩きスマホは減少することはなく、むしろ増加傾向にあるのも問題視されています。 そんな中、愛知県名古屋市のとある公園の遊歩道が、歩きスマホを絶対に許さないと言わんばかりの作りになっていると話題になっています。 それは一体どんな作りなのでしょうか? ■歩きスマホを絶対に許さない驚愕の遊歩道がこちら! 歩きスマホ絶対殺す道・春 pic.twitter.com/a3CcWUqSko— George@キジトラ㌠ (@George7650) 2017年5月1日 確かにこんな作りになっている遊歩道を歩きスマホで歩いたら確実に落っこちてしまいますよね。 ですがこのデザインになったのは歩きスマホを防止するためのものではなく、純粋に美しい形を求めた結果出来上がったものなのです。 歩きスマホが問題視されている今、こんな遊歩道を見たら「歩きスマホ対策!?」と思ってしまうのも無理はありませんよね。 でも改めてこちらの遊歩道を見ると、本当に美しい遊歩道ですし、自然の中にもしっかり溶け込んでいますよね。 ぜひ歩きスマホをやめて、周りの景色に目を向けて歩いてみてはいかがでしょうか?