怒り

【悪意あるイタズラ】オムツを替えようとすると「泣き叫んだ息子」。見ると「背中に穴があいていた」

1: ファニーちゃん 子供の背中に穴 世の中には心無いイタズラをする人が沢山います。 身内同士で楽しめるイタズラなら構いません。 しかし、見ず知らずの人に対して、人を傷つけるようなイタズラは最低です。 そんな最低、最悪なイタズラによって最愛のわが子が傷ついてしまった一組の夫婦をご紹介します。 生まれたばかりの我が子のオムツを替えようと、公共のスペースを利用したときに起きた出来事です。 心ない人の行動、イタズラによって起こってしまった悲劇。 イギリス・キングストン出身のヘイリーさん。 彼女は夫・ロブさんとの間に、可愛い息子サミュエル君を授かりました。 サミュエル君は未熟児として生まれ、生まれてから退院するまでに普通の子供よりも時間がかかりました。 そんな状況を乗り越え、ようやく退院する事が出来たサミュエル君。 その後も何かあってはいけないとヘンリーさんは人一倍サミュエル君の健康などに気を使っていたのです。 しかし、公共のスペースを利用してオムツを替えようとした時、悲劇は起きました。 公共のスペースという事もあり、なんの疑問を抱く事もなくサミュエル君をその場へおろしました。 するとサミュエル君はおろされた瞬間に泣き叫んだのです。 オムツを替えるとき、親と一瞬でも離れる事になるため、泣き出す子供はよくいます。 その為、ヘンリーさんも最初は気にする事はなく、オムツを替えました。 そしてオムツを替え終わらせ、サミュエル君を持ち上げた時、 とんでもない事が起きていたことに気づいたのです。 衝撃の続きは次のページで!

動物

【お別れを告げに来た犬】虹の橋を渡ってしまった愛犬、遺灰を思い出の公園に撒いた女性に起きた奇跡

「もっと遊ぼうよ・・・」 アメリカ・シカゴ州在住のASHLEY LANG(アシュリ―・ラング)さん。 彼女と一緒に写っているゴールデン・レトリバーの名はワグナー。 アシュリーさんの家族の一員であり、息子のように可愛がってきたパートナーです。 笑顔と愛の絶えない毎日でした。 しかし、犬は人間よりも体の衰えが早いもの。 ワグナーは静かに虹の橋を渡りました。 アシュリーさんは、愛犬との思い出がたくさん詰まった公園に、遺灰を撒きます。 そして、その様子を写真に収める友人。 しかし、その時撮られた1枚には”ある奇跡が”が写っていたのです。 ■12年間大切な家族であり続けたワグナー。 オフの日は、近所の公園や湖畔にワグナーを連れておでかけ。 ワグナーと過ごす時間はアシュリーさんにとって、かけがえのない時間でした。 しかし、そんな幸せな時間にも終わりはやって来ました。 12歳(中・大型犬では人間の年齢に換算すると70代半ば)になったワグナーは、天国へと旅立ちます。 ■家族の一員になった日のこと アシュリーさんがワグナーと出会ったとき、彼はまだ幼い子犬でした。 ワグナーにひと目惚れしたアシュリーさんはすぐさま、彼を家族の一員として迎え入れます。 ■猛吹雪の中、散歩に出かけた日のこと 冬のシカゴの寒さはとても厳しくて長いです。 最も寒さが厳しくなる12月末から1月初旬は、最高気温でマイナス5~10℃、最低気温はマイナス10℃~15℃に。 ウィンディ・シティと言われるほどの強風も手伝って、体感温度はもっと低くなります。 猛吹雪の日でも、アシュリーさんはワグナーを連れて散歩へ出かけます。 一緒にいれば心はぬくもる…そんな絆を感じる1枚ですね。 ■オシャレして出かけた日のこと テキサスA&M大学のスポーツチームを応援するため、チームのロゴ入りのキャップをかぶりドレスアップするワグナー。 なかなかのオシャレさんです。 アシュリーさんのfacebookページを見るとわかるのですが、本当にたくさんのワグナーの写真がアップされています。 2人はこの12年間、数え切れないほどの思い出を共有してきました。 アシュリーさんがどれだけワグナーを愛し、ワグナーがどれだけアシュリーさんを愛していたのかが伺い知れます。 そして、ワグナーの火葬を終えたアシュリーさんは、彼の遺灰を持って「ある場所」へと出かけます。 そこは生前のワグナーとよく出かけていた公園。 「暗くて窮屈なお墓の中よりも、元気いっぱいに駆け回れる広々とした場所のほうがワグナーも喜んでくれる」 そんな想いがあったのでしょう。 アシュリーさんが投げたフリスビーを、息を弾ませて追いかけるワグナー。 そんな光景を思い出しながら、彼女は遺灰を空に向かって撒きました。 その様子を撮影していたアシュリーさんの友人は、後日とんでもないモノが写っていたことに気づいたのです。 その写真がコチラ! 「アシュリー、僕ともう1度だけ遊んで!」 空に舞う遺灰が、アシュリーさんにじゃれつこうとするワグナーの姿さながらに浮かび上がっていたのです。 こちらは生前のワグナー、アシュリーさんに向かって駆け寄ります。 抱きつこうとジャンプしたようにも見えますし、ゆっくりと天に昇っていくようにも見えます。 この写真は世界中にシェアされ、様々なコメントが寄せられています。 ・「私は間違いなくワグナーだと思う」 ・「身震いするほどに素敵な物語だ」 ・「ワグナーはアシュリーの守護天使だ。肉体は滅びても精神は彼女と共にあり、今も見守ってくれているんだ」 ・「よくできた加工だ。僕ならもっと上手く作るがね」 ・「ただの偶然、大騒ぎするほどのことじゃない」 上記は寄せられたコメントの一部です。 世界中でシェアされ、大きな感動を呼んだこの写真。 この写真について、アシュリーさんはこのように語っています。 「きっとワグナーは、私に最後のお別れを言いに来てくれたのだと思う。 私も友人たちも、あれは間違いなくワグナーだったと確信しているわ」 我が子のように育て、共に暮らしてきた愛犬を亡くすことは、本物の家族を失うことと同様の悲しみです。…

○○選

【笑劇】「これだから男は・・・」目は口ほどに物語る!女性を凝視してしまう男の悲しい性がわかる画像集

1: ファニーちゃん 男ってやつは・・・ 外人もびっくりw 昔から男性は女性には勝てません。 女性の魅力にはついつい目を奪われてしまい、 男性にはない部分をついつい凝視してしまいがち・・・。 何歳になっても男性にとって女性は神秘で美しく、目の前に居るとついつい見てしまうものです。 今回はそんな男性の 「男は本能には逆らえない!」という画像を集めてみました! 【一糸乱れぬガン見!?】 兵隊といえば訓練され、凄まじい集団行動能力をもっています。 そんな兵隊も女性の魅力には適いません! セクシーな女性が通りかかった時の一致団結力が凄い! 次のページで!

○○選

【驚愕】世界が隠し続けてきた「本物とされる宇宙人やエイリアン」15選

1: g-host もしかして本物!?宇宙人の画像集 あなたは宇宙人や未確認生命体を信じていますか? 信じている人にはとてもロマンがありますし、信じていない人も「もしかしたら…」と思うと少しワクワクしてきませんか? 「もしかしたら本物かもしれない」宇宙人の画像15選をお楽しみください! 1.陸軍士官と握手を交わす 普通に、平然と握手をしている陸軍士官がすごいし、 地球外から来たはずの宇宙人が「握手」という礼儀を理解しているのも驚きです。 後ろの科学者らしき男性が宇宙人を連れてきたのでしょうか…。 それとも、これから連行するのでしょうか…。 2.宇宙人の頭のアップ写真 人間にそっくりです。 1982年公開のSF映画「E.T」を思い出しました。 宇宙人が自分たちに似せた「人間」を創造したのか、 それとも人間が自分たちに似せた「宇宙人」を創造したのか… 次のページで!

○○選

【流出】まじかよ!?大人のDVDに出演歴のある15人の芸能人

1: ファニーちゃん 驚き?!AV出演歴のある芸能人15人!! AVっていうと、一部の特殊な男優さんや女優さんばかりが出ているイメージがありますよね??けれど、意外なことに今ではTVで普通に見かける俳優さんたちや芸人さんたちが出演していたりしたこともあるんですよ!!今回は、そんな今では誰でも知っているような有名芸能人の中から、AV出演の過去がある人たちを一挙にご紹介!!あ~、なるほどね!と納得できる感じの人から、へ~、かなり意外!!とびっくりしてしまうような人まで。一体、誰が入っているのか??見ていきましょう!! 蛭子能収 これは、かなり意外な部類では??でも、少なくとも4本のAVには出演しています!! 蛭子能収は、次のページで↓↓

○○選

【驚愕】危険すぎて立ち入り禁止!?人類が足を踏み入れてはいけない世界の島10選

1: ファニーちゃん 一度は行ってみたい?!世界各地に存在するスリル満点の島々!! 島というと、ワクワクアイランド♪ とかいう具合でバケーション的な意味では楽しめる場所かもしれません。日常生活から解放され、都会の喧騒をしばし忘れることができる、のどかで美しい自然!!けれど島によっては、行きはよいよい~帰りは恐怖しか残らない場合もあるのです。今回は、そんな様々な危険と隣り合わせの10の島をピックアップしてご紹介します!!日本からはあの島がランクインしていますよ~ 火山噴火の恐怖:三宅島 日本の南西、伊豆諸島の中にある島です。気象庁によって火山活動度ランクAの活火山とされています!! 火山噴火の恐怖:三宅島は、次のページで↓↓

○○選

【お宝画像】アナウンサーや有名歌手の「パン○ラ、胸チラ」放送事故間違い無しのスケベに感じる画像30選!

1: ファニーちゃん 意外と出てくる出てくる~!!チラ見えハプニング集!! テレビをよ~く見ていると、結構、放送事故的な場面ってあります。今回は、そんな中でも男性諸君垂涎の「チラ見え」的画像を集めてみました!!「お~見えてる、見えてる!」的なものから、変な妄想が膨らんでしまうようなものまで、お宝画像満載でお届けします!!けっして、真剣な仕事中などにはご覧にならないように!! エリートアナウンサーだって・・ 「出来る女」オーラ放ちまくりの膳場貴子アナ。それなりに、事故る時もあるんです~!! エリートアナウンサーだって・・は、次のページで↓↓

○○選

【笑劇】「佐々木希の○○がモロ見え!?」これ放送事故レベルじゃない!?テレビで放映された「完全に18禁な」画像30選

1: ファニーちゃん 実際にTVで放映されてしまった、放送禁止的な画像集!! TV放送には、とんでもないハプニングが付き物です!!その中でも、今回ご紹介するのは、ちょっとスケベなオン・エアー場面です。本人や周囲の人間もまったく気付いてなかったけど、チラリと見えてた!!とか・・そういうことって結構あるものなんです!!男性諸君、興奮ものの画像が次から次へと出てくるので、閲覧する時と場所には、十分配慮してくださいませ!! まずはAKB!! とにかくAKBは人数が多いので・・見えちゃう時は、同時にたくさん見えちゃうんです・・!! まずはAKB!!は、次のページで↓↓

動物

【感動】20年間苦楽を共にした愛犬の死・・・最期の瞬間まで寄り添い続けた2人の絆

犬を飼うということ。 1つの命を預かり、大切に、愛情をもって最期の時まで一緒に居てあげる責任と覚悟が必要なことです。 成長を見守り、共に生活し、時には叱り、大いに甘やかし、彼らは少しずつ成長し、大人になり、そしていずれ老いていきます。 私たち人間と比べると、あまりにも短く儚い命です。 気がつけば自分の愛する動物は、あっという間に年老いていて、 別れが近づいていきます。 愛情を持てば持つほど、動物との別れは辛く、悲しいものです。 今回ご紹介する2人もまた、最期のその時まで傍にいることを誓い、強い絆で結ばれていました。 アメリカ在住の「John」さんと、愛犬「Shep」 最期の瞬間まで寄り添い、励まし、そして別れを迎えた2人の姿に世界中が涙しました。 続きは次のページで→