感動

【感動】「亡くなった夫と写真を撮りたい…」出産予定日2ヶ月前に亡くなってしまった夫

1: ファニーちゃん 亡くなってしまった旦那さんとの写真に感動… アメリカのミシシッピ州出身のニコールさんとデオンタ・ベネットさんは仲良しの夫婦です。 ある日、ニコールさんが2人目を妊娠したため、デオンタさんはお腹が大きいうちに記念写真を撮影しようと提案します。 そしてデオンタさんはプロのフォトグラファーに写真撮影をお願いしていたのですが、出産予定日の2ヶ月前、撮影日の数日前にデオンタさんは突然亡くなってしまったのです。 悲しみに暮れるニコールさんでしたが、写真撮影はキャンセルせずに、旦那さんも含めた全員で写真撮影をしたいと改めてフォトグラファーに依頼をしました。 その写真がこちらです。 フォトグラファーのシドニー・コンレーさんは、夫婦が数年前に結婚をした時と同じ場所で撮影をして、デオンタさんの写真を合成したのです。 ニコールさんは「息子にも、そして父を知らずに育つ娘にも思い出に残るようなものが欲しかった」と語っていました。 一方でシドニーさんは「きっと彼もこの場にいたかっただろうし、家族のことをこれからも見守ってくれるはずです」と語っていました。 フォトグラファーのウェブサイトにも写真が公開され、既に10万回以上ものシェアがされています、 これからニコールさんにとって様々な困難が立ちはだかってくると思います。 辛い時に見ると、デオンタさんがいつも見守ってくれていると思える素敵な写真ですね。

家族

【動画】そりゃ赤ちゃんも笑うよね!パパのファインプレーに爆笑!

1: ファニーちゃん パパが赤ちゃんをあやす姿に思わずほっこり♡ 赤ちゃんをあやしているパパの姿を見ると、何とも微笑ましい光景が広がりますよね。 今回とあるご家庭のパパもまた、一生懸命赤ちゃんをあやしていました。 そんなある日、パパのある行動を見た赤ちゃんがものすごく大笑いしてくれたのです。 そのパパの行動がこちら! 赤ちゃんの指がボトルに触れて落ちそうになったその瞬間!パパは「おっとっと〜!」というようにボトルを手の上で何度かバウンドさせています。 その姿を見た赤ちゃんは大笑い!パパもこの笑顔を見たいがために、何度もボトルを手の上でバウンドさせて赤ちゃんを楽しませています。 この動画を見た人たちからは「なんて心が温まる動画なんだ!」「可愛い!見ていてこっちまで幸せな気持ちになったわ」というコメントが寄せられていました。 赤ちゃんの笑顔が見れるなら何回でも同じことをしてあげたくなりますよね! なんとも微笑ましい父親と子どものやり取りでした。

感動

【面白】「すさんだ心に一陣の癒しを」Twitterユーザーが実際に体験したほっこりするエピソード5選

1: ファニーちゃん 実際に体験した心温まるエピソード大公開! 普段生活をしていると、ふとした時に人の優しさを感じたり、思わずほっこりしてしまう出来事を見かけることがありますよね。 今回は実際にTwitterのユーザーさん達が体験したほっこり&優しさを感じた体験談をご紹介していきたいと思います。 ドミノが近いので、ピザを頼むと新人配達員が来ることがある。ある日「研修中」の名札を付けた背のちっこい女の子が配達に来て、たどたどしくも無事会計まで済ませ玄関を閉めた後、ドアの外から「ちゃんとできたー」って声が聞こえてきて、もう俺これから毎食ドミノ頼むわって心に決めたことがあった。— えんがわ01 (@engawa_01) November 8, 2011 まだまだ働き始めたばかりの女の子が、無事に全てのやり取りを終えた後に思わず声に出してしまったのでしょう。 これには思わずほっこりして、また注文をしてあげたいって思ってしまいますね。 いまさっきパピコ食べながらトラック運転してたら反対車線からトラックにパッシングされて(なんだ?警察か?)と思ったらそのトラックの運ちゃんもニコニコしながらパピコ食ってた。なんだおまえかわいいな— 機動部隊ともちゅう (@tomchu0419) July 13, 2017 パピコは2人で分け合って食べることができるアイスですが、これは驚きの偶然ですね!思わず可愛いと思ってしまったようです。 面接前にカフェでコーヒー飲みたいと思ったのでsiriに「近くのカフェ!」と話しかけたら自転車で横を通った地元のおじさんに「あっちにタリーズあるよ」と教えていただけたので無事にコーヒー飲めました。— ゆんちゃん (@yuyuyu_tam) July 13, 2017 iPhoneなどではSiriが搭載されており、声をかけると様々なサポートをしてくれますが、その時に見知らぬおじさんから先に教えてもらったようです!Siriとおじさんから教えられて頼もしかったことでしょう。 次女の今日の宿題が、算数ドリルでも漢字練習でもなく「1分間抱っこ」というものだったんだけど「先生がね、小学生のころにお母さんが死んじゃって、抱っこしてもらいたくても叶わなかったから、キミたちはいっぱい抱っこしてもらいなさいって言ってた」て聞いて、鼻水まみれで姉妹を抱くババア。— marie (@izakayamarichan) June 6, 2016 幼い頃にお母さんが亡くなってしまうと、抱っこをしてもらうこともできなくなるので、いまのうちにいっぱい抱っこをしてもらいなさいという先生の優しさに思わずジーンとしてしまいますね。 前に祖母のいる老人ホームを尋ねたら80代のご婦人5人でお茶してたから「あら女子会ですね」と声をかけたらひとりのおばあちゃんがすごく喜んでくれて。ずっとその「女子」っていうのになりたかったの、女でも妻でも母でもない女子に…わたしも女子なの?嬉しい!って。わたしは女子って言葉大好き。— トレチマニア (@tretimania) July 13, 2017 女性はやっぱり何歳になっても女子でありたいもの!この言葉だけでも嬉しい気持ちになりますよね。 このように普段の生活の中で些細な所に優しさとほっこりするエピソードが隠れているものです。 普段忙しい毎日を過ごしているかと思いますが、ふと周りを見るとこのようなエピソードを見つけることができるかもしれませんよ!

○○選

【驚愕】これが野生動物の本気か!?野性動物たちに乗っ取られてしまった10の町

1: ファニーちゃん 動物たちの侵略!!野生生物に破壊された町10!! 地球の至る所に動物がいますが、大抵の場合は人間と平和的に共存することができます。ところが一部の地域では、増えすぎた動物が社会的に混乱を招いたり、生態系に害を及ぼすこともあります。一度そうなってしまうと、元のバランスを取り戻すというのはかなり困難になります。今回は、まさにそのような状況に陥ってしまい、生活を脅かされ恐怖に襲われた10の町をご紹介します。 アメリカ・ペンシルヴェニア州 アメリカの、とある街を襲った動物とは・・私たちの生活にも馴染みの深い、あの黒い鳥でした・・ アメリカ・ペンシルヴェニア州は、次のページで↓↓

動物

【感動】「葬儀で涙を流す馬」10年間過ごした最愛の主人の死、その時は馬は何を思うのか・・・

1: ファニーちゃん 悲しむ1頭の馬 2017年の1月にブラジルのリオグランデ・ド・ノルテ州で、とある人物の葬儀が行われました。 その人物はワーグナー・リマ・フィゲイレドさんという方で、34歳という若さでこの世を去ってしまいました。 ワーグナーさんは、生前セミプロのカウボーイとして活躍しており、10年間にわたって愛馬のセレーノと一緒に過ごしてきました。 しかし、2017年の年明けにバイク事故によって突然亡くなってしまったのです。 葬儀では、彼の死を悲しむ人々が参列していましたが、その中でも胸を痛めたのは愛馬であるセレーノの姿でした。 セレーノはワーグナさんの死を受け入れており、棺に顔を寄せたり、悲しそうな声でいなないたりしていました。 人間と馬の友情と馬が抱くワーグナーさんへの愛情の深さに、多くの人達が涙を流していました。 ■飼い主さんとの辛い別れに涙を流す馬の姿 葬儀の最中、セレーノは蹄を地面に叩きつけ、悲しみを表すかのようにいなないていました。 その悲しい声は何度も繰り返され、ワーグナーさんとの深い愛情を表していたセレーノの姿を、参列者達は涙を流しながらその光景を見ていました。 ワーグナーさんとセレーノの仲良しさを知っている人達が言うには、セレーノの行動は決して偶然のものではなかったと語っています。 ワーグナーさんの親族は、人間のように棺に顔を寄せて涙を流すセレーノの姿を見て、かなり驚いたのだそうです。 このように車で運ばれていく棺を覗き込んだり、顔を寄せたりと、セレーノは精一杯のお別れをしていました。 実際にワーグナーさんも生前はセレーノを第一に考えており、飼料のための費用を確保するために自らの生活を節約していたりと、セレーノの事をいつも大切に思っていました。 その愛情をセレーノはしっかり感じていたのでしょう!彼らは深い友情で結ばれていて、お互いなくてはならない存在だったのです。 今後のセレーノは、ワーグナーさんの遺志を尊重し、ワーグナーさんの兄弟達が面倒を見ることになっています。 大切なパートナーを失ったセレーノは辛い思いをしていると思います。 動物と人間という種族を超えた愛情があるというのを改めて実感させられるお話でしたね。

スカっと

【因果応報】コンビニの駐車場で無茶苦茶な運転をして1人の女性に舌打ちをした男、その数時間後に男は地獄を見ることになる!w

1: ファニーちゃん 駐車場で無謀な運転をしていた営業マンに放ったスカッとする一言 ある日、Twitterユーザーのぬえ(@yosinotennnin)さんは、コンビニの駐車場で危険運転をする車と出くわします。 あまりの無謀運転に「危ないなぁ」と思ったぬえさんは、どんな人が運転しているのかをチラッと見たのだそうです。 するとその危険運転をしていたのは、とある男性で、ぬえさんの姿を見るや否や舌打ちをしてきたのです。 自分の運転が周りに危険を及ぼしたのに全くもって反省する様子もなく、ぬえさんもイラッとしてしまったようです。 そんな不快な思いをしたまま、ぬえさんは職場に戻って仕事を再開しました。 すると、ぬえさんの職場に営業マンがやってきました。 そしてその営業マンの対応を任されたぬえさんは、驚愕しました。 その営業マンこそが、先ほど無謀運転をしていた男性だったのです。 それに気がついたぬえさんはこんな対応をしました。 コンビニに車を停めようとしたら、猛スピードで私の車を遮るように入ってきて駐車した男。降りてきてあからさまに舌打ちし、睨みながら入店。その後職場に戻ったら、営業としてその男がうちに来た。ごめんなさいね。駐車場では普通のオバサンだけど、ここでの意思決定権は私にあるのよ。帰れ。— ぬえ (@yosinotennin) February 16, 2017 その営業マンの男性は話すら聞いてもらえずに門前払いさせられてしまったのです。 このぬえさんの行動にネット上からは「スカッとしました」「因果応報だよ、ざまあみろって感じ」というようなコメントが寄せられていました。 営業マンだからというわけではありませんが、世の中どこで誰が見ているのかわからないものです。 改めて自分の行動について気をつけていきたいなと思う出来事でした。

感動

【神対応】サッカー選手の細貝選手がドイツの子ども達に取った行動が世界で賞賛!子供達が号泣したその理由!

1: ファニーちゃん 細貝選手の神対応に子どもが号泣…その理由は? ドイツのブンデスリーガであるヘルタ・ベルリンに所属しているサッカー元日本代表の細貝選手は、海外からも人気のあるサッカー選手です。 地元ドイツに住む10歳のニクラス君もまた細貝選手の大ファンで、今回細貝選手が練習している姿を見学しに来ていました。 その時にニクラス君は細貝選手に「細貝選手、どうか僕にシャツをください!」と書かれたプラカードを持って近寄っていきました。 最初は無茶なお願いだったかな…と思ったニクラス君でしたが、それに気がついた細貝選手は… にっこりと笑って快くニクラス君にシャツをプレゼント! シャツを受け取ったニクラス君は夢か現実か…というような表情をして… 父親の元へ来た時に嬉しさがこみあがってきて号泣してしまいました。 ニクラス君は「細貝選手は僕のお気に入りのサッカー選手なんだ!チームのためにプレーできる姿がカッコいいんだ!僕もいつか彼と同じポジションでプレーして、大きくなったらヘルタ・ベルリンの選手として活躍したい」と語っていたのだそうです。 子どものお願いを快く引き受けてくれた細貝選手!本当に素晴らしい選手で心温まる出来事でしたね。

衝撃

【驚愕】パレードの最中にローマ法王へピザを渡そうとする男性が!?その時ローマ法王が取った衝撃の行動とは!?

1: ファニーちゃん ローマ法王がピザを食べたがっていると知った男性達の行動! a 「昔のようにこっそり外出してピザを食べたいな…」 今現在忙しい毎日を過ごしているローマ法王がこのように嘆いているということを知ったのは、イタリアのナポリにあるピザ屋のスタッフたちでした。 ローマ法王の願いを叶えたいと思った彼らはとびっきり美味しいピザを食べさせたいということで、思い切った行動をとりました。 その様子がこちら! この日、パレードで車に乗ってくるローマ法王のために、ピザ屋「ドン・エルネスト」で働いているエンツォ・カシアリさんは、ピザを持ってローマ法王が目の前にやってくるのを待っていました。 そしてローマ法王が近付いてきた時、走ってピザを手渡しました。 突然男が飛び出してきたらSPも慌てて取り押さえにかかるかと思われましたが、ローマ法王は嬉しそうな顔でピザを受け取っていました。 元々ローマ法王は過剰な警備は不要だと考えており、なるべく多くの人達と近くで接していきたいと考えているようで、その親しみのある行動から多くの人たちに慕われてきているのでしょう。 今回のこの出来事を別の角度から撮影した方もいらっしゃいました。 今回ピザを無事に渡すことができたカシアリさんは「自分があそこまで行動したことが未だに信じられない…!でも自分が丹精こめて作ったピザを自分の手で法王に渡すことができて感動しました」と話していました。 こちらが実際に作ったピザです。 この「IL PAPA」というのはイタリア語で「教皇」という意味があるのだそうです。 たくさんの人たちから愛されているローマ法王だからこそ、このようなプレゼントを受け取ることができたのでしょう。 本当に素敵なエピソードでした!

衝撃

【面白】「トイレットペーパーがなかったらここを破ってください」とあるトイレで見かけた貼り紙が凄い!

1: ファニーちゃん 貼り紙の言う通りにしたら…? ラーメンチェーン店である「一蘭」は日本全国で69店舗展開しているお店です。 そんな一蘭のこだわりはラーメンだけではなく「お店のトイレットペーパーを切らさない」というものです。 今回、一蘭のとある店舗のトイレでTwitterユーザーのらむ子(@syuwasyuwa000)さんは驚きの光景を目撃します。 てってれー\\\\ └(՞ةڼ◔)」 //// pic.twitter.com/pfWfKsUrr9— らむ子 (@syuwasyuwa000) October 29, 2017 らむ子さんがトイレに入った時、なんとトイレットペーパーを切らしていたのです。 そしてその横にはこの張り紙が… その紙には「1時間に1回は確認しているので切らさない自信がある」とありましたが、残念ながらトイレットペーパーは切らしてしまったようです。 そして万が一トイレットペーパーが切れていた場合は、こちらの紙をお破りくださいとあったので、まさかこれを使うのか?と思っていたら… なんと中から「隠しトイレットペーパー」が現れたのです。 まさかすぎる展開にネット上からもこんなコメントが寄せられました。 このあとにトイレ使う人はどうするんでしょうかね…!— お芋きゅん (@morishimataro) October 30, 2017 紙やぶいたらトイレットペーパーあるってのがすごいよね(笑)— えみり (@yamaneko0609) October 30, 2017 一蘭ですね(ु´・ω・`)ु⁾⁾ pic.twitter.com/OwltgtvMNm— 最終日@ゆるふわおじさん (@saishubi) October 30, 2017 一蘭はラーメンも楽しみですが、トイレもまた楽しみの1つとなっているようです。 他の店舗でも実際にトイレットペーパーを切らさないために、様々な工夫をしているようです。 ぜひ皆さんも一蘭へ立ち寄った際には、ラーメンだけではなくトイレも見てみてくださいね!

○○選

【闇が深い】マクドナルドの闇が垣間見える・・事実に基づく恐ろしい10の秘密

1: ファニーちゃん 衝撃・・マクドナルドの隠された真実10選!! マクドナルドは1955年に設立されて以来最も人気のあるファストフード店。アメリカでは6番目にアルバイトの雇用数が多い企業にもなっています。マクドナルドのハンバーガーは誰もが愛していますが、その一方でマクドナルドの食べ物がいかに危険かを示すようなドキュメンタリーも数多く作られています。今回は、そんなマクドナルドに関する恐ろしい秘密を10個厳選して紹介していきます!! 食品の安全性 飲食店において一番大切な事は、食の安全性です。しかし、実はマクドナルドでは過去に・・!! 食品の安全性は、次のページで↓↓