面白

【面白】「いくつになっても仲の良い友達が居るっていいね」先日見かけたご年配トリオ、三人組のやり取りに凄く癒される

1: ファニーちゃん たまたま見かけたご年配の3人組 Twitterユーザーの透明いんげん(@invisible_bean)さんは、ある日ほのぼのとした光景を目撃したのだそうです。 それはご高齢の3人組のやり取りで、こちらまで優しい気持ちになるような光景だったのです。 そのやり取りがこちらです。 先日こんなご高齢トリオを見かけてすごくほのぼのしたっていう報告です???? pic.twitter.com/YSfsQ8Kn1o— 透明いんげん (@invisible_bean) October 2, 2017 いくつになっても親しい友達がいるって素敵ですよね~ 私もこの場に居合わせられて良かったです✨— 透明いんげん (@invisible_bean) October 3, 2017 なんと微笑ましい光景でしょう! 3人の仲良しさもうかがえますし、こちらまで何だか優しい気持ちになれますね。 このイラストを見た人達からは… こういうの即涙腺に来るからやめて(´;ω;`) https://t.co/JRe4Gulsnu— 刀路 (@touji_game) October 3, 2017 すごく良いなあ。こういうおじいちゃんになりたい。 https://t.co/HEqZuwlpex— ひつじ (@8969sheep) October 3, 2017 これだよこれ目指すのはこれだよ! https://t.co/JYkRKZD5yD— Trombe! (@trombebebe) October 3, 2017 私たちも年齢を重ねていった時、このような方達になりたいって思えますね。 なんとも心温まる素敵な光景でした!

○○選

【閲覧注意】謎の痛みに苦しめられた人々の体内にあったショッキングなもの10選

1: ファニーちゃん 絶句!!人の体内にあった信じられないようなモノ10選!! 私たちは自分の身体のことをよく知っているつもりでいますが、時には思いもよらない病気にかかったり、気づかないうちに身体が何らかのサインを出しているということがあります。今回は、身体の中で思いもよらないものが発見されてしまったショッキングな例を10厳選してご紹介しましょう!! ローズマリー・アルバレス ある日病院にかかった女性。その時は、医者も彼女もある病気を疑っていたのです。しかし、実は予想外のものが原因でした!!その正体とは・・?! ローズマリー・アルバレスは、次のページで↓↓

動物

【感動】目が見えない為、母猫に見捨てられてしまった生後5ヶ月の子猫。救ったのは1人の女性だった

1: ファニーちゃん 目が見えない猫と保護した飼い主 当時、生後5週間の猫であるニムは生まれつき目が見えなくなっており、その姿を見た母猫は野生では生きられないと思い、ニムを見捨ててしまいました。 目が見えない状態のまま1人ぼっちになってしまったニムは本当に心細くて寂しい生活を送っていました。 しかしそんなニムを助けたのは、今の飼い主さんで、温かい家で愛情たっぷり受けてすくすくと育っていきました。 こちらが保護されたニムです!そんなニムは飼い主さんのことが本当に大好き! こうして飼い主さんとハグして抱きしめるのがとっても好きなのです! ニムは目が見えなくても他の感覚を使って見ることができており、一度歩いた場所は忘れないですし、初めて歩く所でも嗅覚や触覚で身の回りの状況を見ながら過ごしていたのです。 この飼い主さんはニムを保護した後に、もう1匹の盲目の猫も保護していました。 この2匹はすぐに仲良しになり、今ではすっかり一緒に遊ぶ仲なのだそうです。 またニムの魅力はまだまだたくさんあり、散歩中に出会った動物たちとすぐに仲良くなることができました。 ■保護されたニムの魅力 実はこの飼い主さんの家には既に1匹の犬が住んでいました。 ニムはこの犬に対しても臆することなくフレンドリーに接していたのだそうです。 このようにニムと犬とニムの後に保護された猫は3匹仲良く過ごしているようです。 生後5週間で母猫に捨てられるというのは本当に寂しいことですし、辛いことだったと思います。 それでも心優しい飼い主さんに保護してもらい、こうして幸せに過ごすことができるようになりました。 これからも一緒に住んでいる友達と遊んだり、飼い主さんにハグをしたりして愛情をたっぷり受けながら毎日元気に過ごしていくことでしょう!

感動

【動画】勉強が苦手な息子が試験に合格!息子の成績を見た父親は思わず○○!

1: ファニーちゃん 息子からの報告に父号泣…その姿は微笑ましいものだった ある日、数学が苦手だった男の子が試験に見事合格をしたので、それを父親に報告しようとします。 報告した時の父親の反応が楽しみだった男の子は、隠し撮りをすることにしました。 そして試験に無事に合格をしたことを父親に告げた時、父親はこれでもかというくらい大喜びをしてくれたようです。 その父親の様子がこちら! 息子さんの成績を見た父親は思わず大号泣! 息子さんを強く抱きしめて「よくがんばったな」と息子さんの努力を褒め称えていました。 さらにもう一度結果の紙を見て「夢じゃないよな!」というような表情をします。 こんなに喜んでくれる父親に、息子さんもきっと嬉しかったことでしょう。 なんだかこちらまでもらい泣きしてしまうほど素晴らしい父親の反応でしたね!

衝撃

【恐怖】「タバコなんて吸うもんじゃない・・・」とある天井を撮影した1枚の写真…。その写真が意味する理由に鳥肌がとまらない

1: ファニーちゃん 天井の写真に隠されていた真実 2015年にアメリカのバージニア州にあるワシントン・ダレス空港で、とある写真が撮影されました。 その写真が掲示板に投稿された時、そ多くの人がその写真とタイトルを見てゾッとしてしまったようなのです。 この写真のタイトルは「喫煙所の天井」です。 今回ゾッとしたものは天井の色なのです。 本来天井は白なのですが、奥にある喫煙所の天井を見ると茶色に変色してしまっています。 実はこれはタバコのヤニによって色が変わってしまったのです。 確かに指定の場所で長年タバコを吸っている人がいれば、天井の色が変わってしまうのも仕方ないかもしれません。 ただこの天井の色の違いを見た人たちからは… 「うわ!改めて見るとショックだ…まるで非喫煙者と喫煙者の肺の色を表しているようだ」 「私も以前この空港を利用しましたが、本当に煙がすごいんだ…。喫煙者の私でもちょっとげんなりしてしまうくらい」 「自分の住んでいる家も、前の住人がタバコを吸っていたようで、天井がこんな感じだった…親は「焼きすぎたマシュマロみたい」って言っていたよ」 と驚きの声がたくさん寄せられていました。 もちろんタバコを吸うことでストレスを発散されている方もいらっしゃると思うので、一概に否定するわけではありません。 ただタバコを吸いすぎるとどうなるのか…というのを改めて考えさせられる写真でした。

衝撃

【拡散希望】駐車場にある「障がい者用スペース」が広く取られている理由を考えて欲しい。ツイッターによせられた切実な願い

1: ファニーちゃん 障がい者用の駐車スペース 大型のスーパーやデパートの駐車場の中には、車椅子のマークが描かれているスペースが設けられているのをよく見かけますよね。 皆さんもご存知のように、こちらの駐車スペースは車椅子を利用されている方や、その他体が不自由な方が利用する場所となっています。 この駐車スペースをよくみると、他の駐車スペースよりも、やや広くスペースが取ってあることに気がついている方もいらっしゃるかと思います。 しかし、この駐車スペースを無視した車が、スペースにはみ出して駐車している光景も見かけますよね。 こうして見ると、隣の車が非常に近い状態になってしまっていますね。 そうなるとどうなるかというと… そうなると車椅子が通れないという事態になってしまうのです。 この画像を投稿した方は「こんなに幅寄せして駐車されたんじゃ、車椅子も近づけられないし、車に乗れません」と綴っていました。 この車は障がい者用スペースにある白線の意味を分かっていなかったのかもしれませんが、それによって迷惑がかかってしまうこともあります。 そして画像の投稿者さんは… 「お願いです。何故身障者の駐車スペースがあるか、停める前に考えてみてください」と呼びかけていました。 何故障がい者用の駐車スペースが設けられているのかを考えると、自ずと気遣いの気持ちが現れるかと思います。 改めてその意味を考えていきたいですね。

画像

【驚愕】「これは100%一時停止か徐行運転になる!」車のスピードを落とす為、横断歩道に設置された○○が効果抜群!

1: ファニーちゃん 横断歩道のトリックアート 今回アイスランドで、トリックアートを用いた横断歩道がん導入されたことが話題となりました。 それは道路塗装会社のVegmalun GIHが導入したもので、これによって横断歩道付近のスピードを減少する効果を狙ったものでした。 その画像がこちら! こちらはドライバー視点なのですが、パッと見ると目の前に長方形のブロックが並んでいるように見えます。 これを見ると無意識にスピードを落とすことができますね! ちなみに反対側から見た画像がこちら! もちろん実際にブロックを置いているのではなく、トリックアートなので、反対側から見ると立体的には見えないようになっています。 なかなか減らないスピード違反を減らしていくためには、こういった試みがこれからも必要となってくるのかもしれません。 実際に導入された横断歩道では、車の平均速度が時速30kmにまで下がっていることが明らかになっているので、効果はあるようです。 こういった工夫を世界中でも導入して、少しでも歩行者と車の事故が減ると良いですね!

○○選

【驚愕】「これ中に人間入ってるんじゃないの?」動物界の常識をくつがす、人間のような特技を持つ超天才的な動物10選

1: ファニーちゃん 「まるで人間みたい」な驚異的な動物たち10!! 動物に与えられる最大の褒め言葉の一つは、「まるで人間みたい」ではないでしょうか?!人間は自分たちが全てにおいて優れていると考えていますが、動物たちが人間と同じように何かをやり遂げるのを見ると、その傲慢さは打ち砕かれるでしょう。今回は、とんでもない特技を持つ、驚異的な動物たちを紹介していきます!! 料理をするチンパンジー チンパンジーが賢い事は有名。でも、料理まで出来るようになるなんて!! 料理をするチンパンジーは、次のページで↓↓

動物

【驚愕】車にはねられ積もる雪の中に横たわる1匹の犬。もうダメかと思われた犬が奇跡の生還を果たす!

1: ファニーちゃん 車に跳ねられて放置されていた重傷の犬 ある日、アメリカのノースカロライナ州で2人の男性が交通事故に遭って重傷を負っている犬の姿を発見します。 しかも外は雨が降っており、道路には雪が積もっており、その犬はずっとここで放置されていたのです。 そのため犬の体は完全に冷え切っており瀕死の状態だったので、男性達はすぐに上着を脱いで犬に着せてあげて体を温めてあげました。 そしてすぐに動物病院へ連れて行こうと思ったのですが、彼らは徒歩だったので重傷の犬を運ぶのが難しい状態でした。 しかしそんな彼らを助けたのは偶然通りかかった1台の車で、その運転手の男性が車を降りて声をかけてくれました。 男性達は事情を説明すると、すぐにこの犬を動物病院へ運ぼうということになり、車で近くの動物病院へ無事に搬送することができました。 心優しい3人の男性が協力しあったことで、この犬は無事に一命を取り止めることができたのですが、とある問題が発生したのです。 一体それはどういうものだったのでしょうか? ■助かった犬のその後と始まった署名活動 動物病院へ運ばれた犬はすぐに治療を受けることができたので、命を助けることはできたのですが、車に跳ねられた衝撃で骨盤が潰れてしまっており、すぐに手術をしなくてはならないという状態でした。 しかしこの手術をするには4,000ドル(日本円で約45万円)ものお金が必要だと獣医師から告げられてしまいます。 飼い主が誰かもわからないのに誰が治療費を支払うのか…それに飼い主を探す時間も正直ありません。 この危機的状況の中、救助した男性の1人がクラウドファンディング「GoFundMe」で寄付金を募るのはどうかという提案をします。 その提案はすぐに採用され、すぐにキャンペーンを立ち上げ、傷を負った犬の写真と4,000ドルの治療費が必要であることなどを詳しく記載して寄付金を募りました。 すると心優しい人からそれぞれ寄付があり、その人数はなんと184名もの協力がありました。 その結果、目標とした4,000ドルを遥かに超えた5,000ドルを超え、無事に犬の手術を行うことができるようになったのです。 そしてたくさんの人たちの優しさによって救われたこの犬は「チャーリー」と名付けられ、この時から里親希望の方も殺到しているような状況でした。 この一件で「4,000ドルがないと獣医は手術をしてくれなかったのか?」と疑問に思うかもしれませんが、実際この獣医さん達も犬を何とかして助けたいと必死に治療をしていました。 詳しいことはわかりませんが、4,000ドルが集まる前にすでに手術を行なっていたのではないかとも思われます。 そしてこの獣医師達はこの一件をきっかけにノースカロライナ州に定められている法律を変えようと立ち上がったのです。 実はノースカロライナ州では犬をひき逃げしても法律上では特に罰則が設けられていなかったのです。 そこで獣医師達はチャーリーを含む、動物達がひき逃げされている事実が多発しているのに何の罰則もないことに異議を申し立て、動物の交通事故を放置した人を違反にしようという署名活動を開始したのです。 その内容は【アメリカ全体で1日100万もの動物達が交通事故にあり、その半数以上が放置されて苦しい思いをしている。 今回このチャーリーもまた同じく苦しい思いをしており、この犬を誰もが助けたいと願っていました。 実際何の罪もない動物達が重傷を負ったうえに放置されて悪化し、結果として助けられないと判断した場合は安楽死をさせることもあります。 こういったことをなくすためにも、動物達の交通事故を放置した人に違反を課するよう求めます】というものでした。 この署名は15,000人を目標としていますが、現時点で既に11,000人もの署名が集まっており、目標数が集まったらただちにノースカロライナ州議会議事堂へ送る予定となっているようです。 犬を助けたいと願った心優しい男性や、その犬を治療した獣医師、そして何か力になりたいと思った人たちによる寄付があってチャーリーは助かることができました。 こういった心優しい人達の行動が、これからの法律を変えてくれるものだと信じたいですね。

衝撃

【驚愕】映画「マトリックス」のオープニングに出てくる緑色の文字に隠された衝撃の事実!

1: ファニーちゃん マトリックスのオープニングに隠された意味 公開初日から大ヒット確実の名作「マトリックス」は3部作あり、どのシリーズも多くの人たちから愛されています。 これは現実と仮想世界を行き来して、救世主ネオが世界を救っていくというSFアクション作品となっています。 マトリックスといえば皆もよく知っているオープニングのシーン! あのオープニングには緑色の文字が無数に流れ落ちていくというのが印象的ですよね。 こちらの緑の文字…実はよく見るとカタカナが反転している文字があることに気がついた方もいらっしゃったのではないかと思います。 当時は脚本・監督のウォシャウスキー兄弟(現在は性転換して姉妹)が「日本のサブカルチャーが好きだから」という理由だったのですが、最近になって実はもう1つ秘密があると当時のプロダクション・デザイナーの方が語ってくれたのです。 「実はこの話を皆にするのが好きなんですが、『マトリックス・コード』は、実は日本のお寿司のレシピなんです。あのコードなくしてマトリックスは成立しません」 と語っていたのです。 当時プロダクション・デザイナーを担当していたサイモン・ホワイトリーさんは、イギリス出身でシドニーのアニマル・ロジック・スタジオに所属していました。 そして彼の奥さんはなんと日本人で、彼女が日本語で書いたお寿司のレシピをスキャンして取り入れたのだそうです。 ではそのオープニングを動画でご覧ください。 恐らくはレシピの文章を丸々載せているわけではなく、至る所に文字を散りばめているのでしょう。 動画だと一瞬なのでわかりにくいのですが、まさかあの代表的なオープニングシーンの文字がお寿司のレシピなんて驚きですね! こういったところに遊び心が隠れているとわかると、作品もまた楽しむことができますよね。