画像

【知覚力クイズ】図の中に「三角形」は何個ありますか?全部見つけれたらあなたは天才!

1: にこまと 物を見る力 皆さんの知覚力はどれくらいあるでしょうか? 知覚力とは、色々ありますが、ここで紹介するのは「物事をしっかりと認識する力」です。 上の画像の中には図が3つあります。 この3つの図の中にそれぞれ三角形が何個あるか、数えてみてください。 パズルとは、我々の人生そのものなのかもしれません。 ときに難しく、時に優しく。それは人生の経験を踏んだものとそうでないもの、そしてその場の発想力。 それが機転を利かせるわけです。 つまり多くの経験を積めば積むほど、難しい問題もクリアできるということになるのです。 ということで人生経験を積む意味でこちらをトライしましょう。 さて今回は「知覚力」を確かめるテストということです。この三角形の中に三角形は何個あるか。 小さい部類のものから、三角形と三角形を組み合わせて大きな三角形にしてもOK。 単純に小さいものを考えるだけではダメです。 どれだけ「知覚力があるか」確かめることができるというのです。 それを踏まえて、赤い三角形・青い三角形・六角形それぞれ探してみましょう。 さて、皆さんは何個くらい見つける事が出来ましたか? かなり難しいのでここで1つだけ答えを先に言ってしまいましょう。 一番左の図の中には合計で13個もの三角形が隠れています。 え!?13個も!?と思う人もいると思いますが、じっくり考えてみてください。 また、図を描いてみて、線で引いてみるというのもいいかもしれませんね! 皆さん答えはわかりましたか? では!そろそろ答えの方をお伝えしたいと思います! 六角形はかなりハードですね。 この手のパズルは「シェイプクイズ」などと呼ばれており、いまネットで広く楽しまれているコンテンツの一つです。 さてこれを踏まえ更に難しい問題に挑戦してみてください! この中に四角形は何個あるでしょう。 40個ぐらい見つけられれば相当凄いみたいですね。 是非挑戦してみてください!

動物

【動画】錯覚画像が猫にも有効な事が判明!画像に翻弄される猫が可愛いw

1: 錯覚画像 画像は動いていないけど、動いているように見える錯覚画像。 人間はよく騙されるのですが、猫ちゃんも騙されるという事実が判明しましたw 画像の種類は「ヘビの回転」画像。 おそらくあなたにも動いて見えていると思います。 この画像を猫がみてもウニョニョを動いているようにみえてるんですねw その姿がめちゃかわいいです! この画像、信じられないかもしれませんが、本当に動いていないんです。 この動いていない画像を猫ちゃんが見ると・・・ めちゃくちゃ翻弄される姿に癒されますw 錯覚画像に翻弄される猫ちゃんがこちら 動いている何かを捕まえようと一生懸命! 手を伸ばしますがw 頑張ってみるも、本当は動いていない錯覚画像 なのでどれだけ手を伸ばしても捕まえる事は出来ません。 狩りたいけど・・・ 捕まえたいけど・・・ 無理なのかな~ と諦める猫ちゃんかわゆすw 何かが動いているように見えた部分に飛びかかるものの、もちろん何も捕まえることはできず、別の場所が動いているように見えて再び飛びかかる・・・ 猫は蛇っぽいものを嫌うみたいだけど、この画像は大丈夫みたいですね! ◆動画はココです♪♪

○○選

【驚愕】「地球上の種のおよそ90%が大量絶滅した理由」世界にある未だ解明されていない「10の謎」がついに判明!?

1: ファニーちゃん 科学がようやく解き明かしつつある10のミステリー!! 科学者たちはこれまで、海底の巨大な潮流から、海洋の成り立ち、キリンの首、シマウマの縞模様に至るまで、世界の不思議と謎に挑み続けてきました。お金の無駄遣いだの、それが何の役に立つの?と言われながらも、心折れずに研究をつづけ、その研究は人から人へと受け継がれてきたのです。そして、ついに今、それらの謎の答えが出てきたのです!!ここでは、最近になって解明された、あるいは解明の糸口が見つかった10のミステリーを見ていくことにしましょう。 デスバレーの動く石の謎 1940年代から最近まで、デスバレー国立公園内で、その乾いた大地を石がひとりでにさまよい動くという不可解な現象が起こっていました。乾いた地面の上には長くひきずったような平行した跡が残っています。石はひとつ300キロにもなるものもあるのです。しかし、誰も石が動くところを目撃した者はいないため、ついに調査しようということになりました!! デスバレーの動く石の謎は、次のページで↓↓

動物

【感動】孤独に耐え里親を待ち続けた1匹の猫、死の寸前で救い出され全く別の猫へと変貌を遂げる

悲しげな表情で里親を待ち続ける”ベンベン” 保健所で先の見えない日々を過ごし、悲しそうな顔で里親さんを待っている猫”ベンベン” 野良猫だったベンベンは大きな動物に襲われたのか、背骨は折れ、身体にはいくつもの裂傷があり、片耳が潰れてしまっていたのです。 地元の保護施設はベンベンを引き取り、里親を探してくれることになりました。 施設に移動した後、獣医さんに診てもらったベンベンは、これから先歩くことができず、痛みと戦いながら生き続ける ことになるだろうと診断されたそうです。 その後もしばらく里親さん探しが続きましたが、結局里親さんは見つかりませんでした。 そしてとうとう、保健所に戻されてしまったのです。 保健所はベンベンの命を終わらせることにしました… そんな中、動物病院のスタッフとして働いていた女性が、職場でベンベンのことを知りました。 女性はすぐにベンベンを救わなければならないと思い、その日のうちに行動を起こしたのです。 それはベンベンの安楽死が行われる日の前日のことでした。 女性は急いで保健所に向かいました。 女性の手により”死”から救われたベンベン。 保健所のベンベンは、食べ物や水を一切口にせずただ静かにそこに座っていました。 ベンベンは完全に生きる希望を失っていたのです。 新しい家族が増えたベンベン 帰宅後まもなく見せた変化に涙 ベンベンは女性の新たな家族として、彼女の家へ一緒に向かいます。 そして、女性がベンベンを家に迎え入れると全てが変わりました! ベンベンと一緒に帰宅した女性は、先住猫と会わせる前にベンベンを洗面所に連れて行きます。 そして1時間ほどふたりきりで過ごしていると、ベンベンは嬉しそうに喉を鳴らし始め、女性に抱きついてきたのです。 それはまるで「助けてくれてありがとう」 と言っているかのようでした。 女性の優しさにすっかり心を開き、別猫へと生まれ変わったベンベン。 ベンベンは家を自分のものだと思うようになり、女性の傍から離れずに過ごすようになりました。 女性が食べている間もじっと見つめています。 そして獣医から歩く事は難しいと言われていたベンベン。 その後どうなったのでしょうか? 保護された当初ボロボロだったベンベン 女性とベンベンの気持ちが奇跡を起こす! 獣医さんに二度と歩くことができないと言われたベンベン。 ですが女性と一緒にリハビリをし、ついに歩くことができるようになりました! さらにベンベンは走れるようになり、少しだけ跳べるようにもなったのです! ベンベンが救出されてから9ヶ月が経ちました。 以前のベンベンの面影はなく、そのあまりの変化に同じ猫だとは信じられないと言われるそうです。 女性の深い愛情が1匹の悲しい猫の運命を変えました。 温かい家で幸せそうに暮らすベンベンの姿に、胸が熱くなりますね。

衝撃

【批判殺到】「子どもが書くものじゃない…」生徒が頑張って行った自由研究を見ずに突っぱねた教師が酷いと批判の声が!

生徒が頑張って作成した自由研究を子どもが書くものではないと言った教師 夏休みの宿題の中でも特に大変だと言われているのが「自由研究」ですよね。 子どもたちがどんなテーマでどのように調べていくのかというのも見どころの1つとなっている宿題でもあります。 しかし今回、とあるTwitterのユーザーさんが、自由研究の事について疑問の声をあげていたのです。 実はそのユーザーさんは昔、あるテーマについて自由研究で取り上げて一生懸命まとめたのですが、「子どもが書くものではない」と言われて突っ返されたことがあったのだそうです。 基本的にどんなテーマでも良いはずなのに、教師が言う子どもが書いてはいけないテーマとはどのようなものなのでしょうか? ■教師に突き返された自由研究 その方は小学3年生の時に「覚えやすい麻雀の点数計算法」というテーマで自由研究を作成しました。 この頃だとかけ算や割り算なども覚えたばっかりで、難しい計算ばかりだったかと思いますが、子どもながら一生懸命頑張って作っていたのだそうです。 しかしこれを見た教師の反応は… 小学校3年生の時、夏休みの自由研究で「覚えやすい麻雀の点数計算法」という苦心の作を提出したら、中身を読みもせず「子どもが書くものではありません」と突き返されました。「賭け麻雀の必勝法」ではないのに。それ以来「自由」研究とは名ばかりの「不自由」研究は大嫌いです。私憤でゴメンナサイ。— 初版道 (@signbonbon) 2017年8月15日 なんと「子どもが書くものではない」と言われて見もせずに突き返してきたのです。 この経験からこの方は「自由」研究とは名ばかりの「不自由」研究は大嫌いだと語っていました。 確かに麻雀と聞くと大人の人がタバコを吸いながらしているイメージがありますが、麻雀の世界大会をみると子どもでも麻雀をしている光景はよく見られます。 ただ「子どもらしくない」という理由で突き返された当時は本当に辛かったことでしょう。 子どもたちがのびのびと自由に好きなテーマを選べるような環境になっていってほしいですね。

ネタ

【中年必見】あなたもやってませんか??周りから「おっさん(おばさん)じゃん」と思われるLINEに思い当たる節が多すぎる・・・!

1: 中年がしがちなLINE LINEをしていると、内容や話し方でその人の特徴って出てきます。 今回は若者が「この人中年っぽいな」と思うLINEの内容をご紹介します! もし、今回ご紹介する内容に心当たりがある場合は、周りの人から「中年ぽい」と思われているかもしれません! いつまでも若くいたい、と思うのが人間ですので、内容や話し方を変えてみてはどうでしょうか? おっさん(おばさん)とのLINEはここが古い…そんな特徴4つ 1. やたらと丁寧な文章 ビジネスメール世代のおじさまたちは、気軽なコミュニケーションツールであるLINEでもその癖が抜けないようです。 毎回、挨拶から始まる 最後に名前が入っている 改行が多い など「仕事のメールかな?」と思ってしまうほど丁寧なのはNGとのこと。もっと気軽なやり取りでいいんですよ! 2. 古い言葉を使いがち 自分が若い頃に使っていた言葉は、今の若者が理解できたとしても「ふるくさっ」と思われてしまうようです。 ダジャレ 昔の流行語 死語 はこの際封印しちゃいましょう! 3. 顔文字や絵文字のチョイス これはちょっとハードルが高いかもしれませんが、若者は顔文字や絵文字のチョイスにも「おっさんくささ」を感じるようです。 (^^)だったり(^-^)といったシンプルな顔文字を選びがち 「w」ではなく「(笑)」を使う などに注意ですよ!昔は「w」なんて使うとオタクっぽい…なんて言われていましたが・・・ 4. 句読点 最後は句読点。読みやすいように…とあえてした工夫が、おっさん臭さを増長しているようです。 文章すべてに「。」がつく 一文が長く、句読点で区切っている 文章を書く上で当たり前なことも、LINEではおっさんっぽくなってしまうんですね… 若者が「おっさんくさい」と思う内容4つ、「あ、俺(私)だ」と思う人も結構いたのではないでしょうか? 別にいい、という人はいいのでしょうが、もし嫌だなーと思う人は、内容を変えてみてください。 意外と簡単に若返ることが出来ますよ!

衝撃

【仰天】結婚式に「マライア・キャリーとエルトン・ジョン」を呼んだ結果、かかった費用は○億円!?

1: にこまと この結婚式にかかった費用は 結婚式、一生に一度の晴れ舞台。 女性にとっては憧れのウェディングドレスを着て、この日の注目は独り占め! 主役に、お姫様になれる日です。 今回は「マライア・キャリーとエルトン・ジョン」を呼んだ結婚式が話題になっていますのでご紹介します。 マライア・キャリーとエルトン・ジョンと言えば世界を代表する歌手です・・・。 一体どれほどの費用が掛かったのでしょうか。 気になる費用をご紹介します! いったい大スター2人を呼ぶために、どのくらいの金額が必要だったのでしょうか。 2人を呼ぶのに使った費用ですが、総額350万ポンド(約4億8000万円)! 渡航費や滞在費も含まれるそうですが、さすがは世界クラスのスターと言ったところでしょうか。ちなみにエルトン・ジョンの出演費は最低100万ポンド(約1億3500万円)と言われているので、相場からそう離れてはいないようです。 ヴァレリー・コーガン氏はモスクワのドモジェドヴォ空港への投資で財を成し、総資産は3000億円近くに上るとのことなので、かわいい孫娘のためならお小遣い程度なのかもしれません。 マライア・キャリーの生歌で踊るアイリーンさん。 Mariah Carey????#wedding #london #mariahcarey tatevik????????さん(@tatevikkar)が投稿した動画 – 2017 1月 15 12:36午後 PST エルトン・ジョンは12曲を披露したようです! ???? Elton John#wedding #london #eltonjohn tatevik????????さん(@tatevikkar)が投稿した動画 – 2017 1月 15 10:02午前 PST ちなみにマライアは、昨年の大晦日のイベントで口パクがばれてSNSで大炎上したばかりですが、このときはちゃんと生歌を披露したとのことです。 ???????????? #mariahcarey tatevik????????さん(@tatevikkar)が投稿した動画 – 2017 1月 15 12:53午後 PST 俳優アントニオ・バンデラスと孫娘のアイリーンさん。 その他もロシアの有名人が多数出演するなど、9時間にわたる盛大な結婚式&披露宴となったとのことです。 凄まじい結婚式ですね・・・。 やはり大富豪ともなるととんでもない事をしでかしますね! このほかにも世界には凄い結婚式をしている大富豪達もいます。 一般的には数百万の費用でも高いと言われている結婚式ですが、4億・・・…

動画

【動画】個人で空を飛ぶ時代がやってくる!電動航空機「キティーホーク・フライヤー」

1: 電動航空機 電動航空機「キティーホーク・フライヤー」 人間が乗れるようにした「大型ドローン」のようなものです。 乗れる人数は1人。複数人で乗れるタイプはまだ開発されてないようです。 今の段階で水上を離陸、着陸することができるようです。 免許とかそういったものはどうなんだろう、と気になるところですが、 アメリカの法律上は免許取得の必要がなく、飛行する事が可能のようです。 今回の動画もドローン、こう見ているとドローンの可能性を改めて思い知らされます。 実はこの「キティーホーク・フライヤー」は発売がある程度決定しているようなのです。 2017年末までには発売予定であり、準備は着々と進んでいるようです。 値段に関してもまだ不明ですが、おそらく安くはないと予想されます。 運転手視点、これから上空に飛び上がります 空を自由自在に飛ぶ大型ドローン「キティーホーク・フライヤー」 離陸時の安定感は抜群 非常に気持ち良さそうですね。 スピードがどのくらい出るのでしょうか。 高さ的にはこの当たりが限界。 動画ではこれ以上高くは飛んでいません。 危険があるから飛んでいないだけかもしれませんが。 着陸もスムーズでよどみがありません。 こうして動画を見ていると、新しい遊びやスポーツが生まれそうですね。 ◆動画はココです♪♪ 寄せられたコメント ・空を飛べるのはいいけど、この音だけは耳障り ・子供が大きくなるまでにこれが普及したら嬉しい ・飛行の途中でバッテリーが切れたらどうなるんだろう ・金持ちの道楽になりそう

○○選

【爆笑】ゴエモン風呂かよ!?ロシアで見かけた思わず笑ってしまう凄い光景19連発

1: ファニーちゃん 恐ロシア案件!!珍妙なロシアの光景19枚!! ウォッカにウォッカに・・そして、クマに季節感なし!!細かいことはいいんだよ的、そんなロシアの日常の風景をとらえた画像のまとめです!!近くて、何だか遠い国、ロシア。そんなロシアを身近に感じちゃってください!!それにしてもホント、ネタには困らないけれど、統制するのは大変そうだな~ 日光浴 日光浴なら、日の照り付ける海岸で・・それは、ロシアでは夢のまた夢です。ロシアでは、日光浴だって雪の上で!! 日光浴は、次のページで↓↓

動物

【驚愕】「信じられない…」小型カメラが捉えたのは叩かれても必死に耐えている盲導犬の姿だった!

叩かれても必死に耐えていた盲導犬 イギリスのロンドンに住んでいるアミット・パテルさんは2012年に「円錐角膜症」という眼の病気にかかってしまい、視覚障がい者になりました。 本来なら角膜移植の手術をすれば視力が回復するのですが、彼は6度の手術をしても治ることがなく、完全に視力を失ってしまいました。 ある日、視力を失ったことで不安が大きくなっていったパテルさんは、盲導犬のキカを迎えることになりました。 キカは社会との繋がりを失わせないためにパテルさんの為に役目を果たしてくれていて、時には交通事故から守ってくれたこともあったんだそうです。 そんなある日のこと、ある事をきっかけにパテルさんは歩いている自分たちに世間がどう見ているのかを知る為に小型カメラを仕掛けることにしました。 するとそこには驚きの光景が写っていたのです。 ■小型カメラが捉えていた衝撃の光景 キカのおかげで外出もできるようになったパテルさんですが、ある日「盲導犬を連れている人に対して世間はサポートせずに逆に鬱陶しいと思われている」という事を知ります。 実際にパテルさん自身も、見知らぬ人から迷惑だと言われて謝罪を迫られたり、通行人のカバンがキカに当たってしまったりと辛い経験をたくさんしていました。 パテルさん自身も社会からそういった目で見られているという事を知り、一体盲導犬を連れた自分に何が起こっているのかを知るために小型カメラを設置して外出することにしました。 そして外出から帰って、奥さんのシーマさんが映像記録を確認するとそこに映されていたのは、視覚障がい者に全く気配りをされていない衝撃的な光景が映されていたのです。 道行く人たちは盲導犬を連れた自分達を邪魔そうな目線で見ていたり、タクシーは乗車拒否をして走り去ったり、地下鉄では席を譲らずに平然と座席にカバンを置いている光景だったり…。 さらに酷かったのは、キカをカバンや傘で叩いたり、蹴ったりしている人が何人もいたのです。 さらに危険なことに、エスカレーターに乗っている時にもキカは叩かれていたのです。 盲導犬はこういった怖い目に遭っても鳴かないように訓練されているため、パテルさんはこの状態に気が付かなかったのです。 ただキカはエスカレーターに乗るのが怖くなってしまったのか、誘導を嫌がるようになってしまったんだそうです。 この光景が映されていた事を知ったパテルさんは 「街は本当に恐ろしい所だ…。 誰かがあなたをトラファルガー広場の中心に置いた後に周りを取り囲んで『帰り道を探してください』と言われているようなものだ」 と話していました。 ■人の思いやることの大切さ この事をパテルさんはBBCロンドンのインタビューで語り、この問題を取り上げてくれたことに感謝をして、ぜひ弱者への意識をもっと高めてほしいと訴えていました。 これをきっかけに今回の出来事は瞬く間に広まり、改めて盲導犬を連れた人への関わり方を考えさせられたという声が相次ぎました。 日本でも盲導犬を連れて歩いていらっしゃる方もたくさんいますが、盲導犬はあくまでもサポートとしての役割で動いています。 盲導犬がいるから完璧というわけではないので、私たち周囲の人達が手助けをしたりすることが必要不可欠なのです。 いくら訓練を受けた盲導犬でもたくさんの人が行き交う場所に行けば、ぶつかってしまうこともありますし、迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。 でもそれはわざとやっているわけではないのです。 盲導犬を連れた人を少しでもいいから見守るという意識を皆が持つだけで、様々なトラブルや事故を防ぐことができるはずです。 改めて盲導犬を連れた人への接し方について考えさせられますね。