○○選

女の子「おじさん、いつもここに居るね」無邪気な言葉に俺の性欲が爆発してしまった。社会的な影響を及ぼすほどの大騒動を起こしてしまった…

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:24:56.10 ID:KK/x9cxo0 ―――朝 バス停 男「……」 少女「……」 男「……」 少女「お、おはようございます」 男「え?ああ、おはよう」 少女(九月になってからこの人とは毎日会うなぁ) 少女(こんな田舎のバス停を利用するの私だけだと思ってたけど) 少女(最近、引っ越してきたのかな?) 少女「……あ、バスだ」 男「……」 少女(まあ、どうでもいいか) 6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 12:28:49.61 ID:KK/x9cxo0 ―――朝 バス停 男(毎朝、会うな) 少女「……」 男(中学生か……ま、通学なら毎日会うよな) 少女「お、おはようございます」 男「え?ああ、おはよう」 少女「……」 男(びっくりした……急に挨拶された……) 男(そういえば怪しい人には挨拶しろって今の子は言われてるんだっけ……?) 男(俺、怪しいのか……) 少女「あ、バスだ」 男(普通だと思うんだけどなぁ) 少女「……」

○○選

俺は10年後の未来からやってきた。時間を巻き戻すなんて胡散臭いと思っていたが、実際にやってみると割と簡単で驚いたwww

1:名も無き被検体774号+:2012/10/18(木) 22:38:00.45 ID:oIV6bjxg0 これは多分、君が想像してるのとは、 正反対の話になるんだと思う。 だって、二十歳の記憶を持ったまま、 十歳の時点に戻ってやり直せるとしたら、 普通、その記憶を利用して色々するだろう? 一周目の反省や教訓を活かして、 もっと優れた二周目を目指すはずだ。 でも僕がしたことと言えば、 まさにその正反対のことだったんだ。 今思うと、馬鹿なことをしたと思うよ。本当に。 3:名も無き被検体774号+:2012/10/18(木) 22:39:03.78 ID:oIV6bjxg0 自分の人生が十年巻き戻されたことを知ったとき、 僕は思ったよ、「なんて余計なことをするんだ!」ってね。 というのも、僕は自分の人生が気に入っていたんだ。 可愛い恋人がいて、友人にも恵まれていて、 まあまあの大学に通っていて、前途洋々でさ。 人生をやり直すチャンスってのは、もうちょっと、 自分の人生に心底絶望しきってるような、 そういう人に与えられるべきだったんだと思うよ。 それで、僕は余計なことを思いついちゃったんだ。 4:名も無き被検体774号+:2012/10/18(木) 22:41:30.25 ID:oIV6bjxg0 僕が思いついたことと言うのは、一周目の人生を、 二周目でも、そのままやり直そうということだった。 自分がこれから犯す間違いが分かっていても、 あえて全部、そのまま繰り返そうって思ったんだ。 十年分の巻き戻しを、まったく無意味にしてやろうってわけ。 これから起こる事件や災害、危機や変革のことも 大体頭に入っていたけど、僕は口をつぐむことにした。 とにかく、徹底的に一周目を模倣しようとしたんだよ。

○○選

はだしのラピュタ

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 20:08:18.72 ID:KqzopgjW0 竜太「なんじゃあ? 空から女が降って来たぞ?」  竜太「あんちゃーん! 女じゃー! 女が降って来たぞー!」 ゲン「なに馬鹿げたこと言うとるんじゃ! シゴウしたるぞ!」 竜太「本当じゃ! わしがこんなくだらん嘘なんかつくか! 屋根から落っこちそうなんじゃ! 助けてくれや!」ギギギ ゲン「まったく何を考えとるんじゃ……」ガラガラ ゲン「やっ!?」 ゲン「おどりゃ、本当に女がおるじゃないか!」 竜太「そう言うたじゃろ!」 2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/02(日) 20:14:18.85 ID:KqzopgjW0 *** ゲン「うんせうんせ」グイッ 竜太「ふいー、何とかなったわい……」 ゲン「この女、気絶しとるぞ」 竜太「こいつ、日本人じゃないのぅ、あんちゃん」 ゲン「アメ公か?」 竜太「分からんわい」 ゲン「それにしてもどっから落ちてきたんじゃ? B29か?」 竜太「ガハハ! B29なんかから落ちたらお陀仏じゃぞ!」 ゲン「ほうじゃのう……」

○○選

ゾンビ「夏だし腐るのはえーな俺たち」ゾンビ「ほんとだね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 16:03:17.02 ID:nVELd4s40 ゾンビ「うわ!お前、蛆わいてんじゃん!!」 ゾンビ「げげー!?」 ゾンビ「早くとれよ!気持ちわるいなぁ」 ゾンビ「わるかったよ」 ゾンビ「はぁ、夏はやだなぁ」 ゾンビ「ほんとにねえ」 ゾンビ「……」 ゾンビ「……」 ヴィーン!!ヴィーン!! アナウンス「侵入者発見!!侵入者発見!!総員は直ちに持ち場に着け!これは演習ではない!繰り返す、これは演習ではない!!」 ゾンビ「マジかよ!?」 ゾンビ「夏だな」 9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 16:07:14.87 ID:nVELd4s40 レベッカ「やっぱりやめましょうよぉ、先輩ぃ」 ジル「怖いの?」 レベッカ「当たり前ですよ!」 ジル「いいじゃない。夏はやっぱり肝試しでしょ」 レベッカ「はぁ……サークルの会合っていうから来たのに……」 ジル「ほら、いくわよ」 レベッカ「あぁん!一人にしないでくださいよ!!」 ゾンビ「あれか?」 ゾンビ「どーする?」 ゾンビ「とりあえず脅して帰えらせようぜ」 ゾンビ「でも女の子が二人で出歩くにはもう遅い時間だぜ?」 ゾンビ「じゃあ、もてなす?」 ゾンビ「手厚くもてなしましょう」

○○選

男「Hになればなるほど硬くなるものなんだー?」

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/19(水) 21:34:18 ID:5J8MrwZ2 男「Hになればなるほど硬くなるものなんだー?」 女「……鉛筆」 男「んー?ちょっと迷った?」 女「そんなことはない」 男「正解はちー」 女「鉛筆ね」 2:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/19(水) 21:36:23 ID:5J8MrwZ2 男「大人が2人裸で密着する行為で、出たら終わりになると言えば何だー?」女「……相撲」男「迷った?ねえ、なんだと思った?」女「迷ってない」男「正解はせー」女「相撲ね」 3:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/19(水) 21:38:27 ID:5J8MrwZ2 男「毛の生えた棒を出したり、入れたり、中で動かすと、中は白い液でいっぱいです。何をしてるでしょう?」女「……」男「んー?分からないかなー?思い浮かんだことを言っちゃいなよ!ヒントは君と僕は毎日してることだよ!」女「……歯磨き」男「残念!正解はせー」女「歯磨きね」

○○選

クラスの怖い女性が部室にやって来た→実は怖い女は好きな男に話しかけたいけど恥ずかしくて会話できない純情少女だったwww

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 17:05:13.68 ID:BXGPStxZ0 男「あ、あのー……」 女「あん?」 男「な、何故この部室に……?」 女「……なんか文句あんのかよ」 男「い、いえ、滅相もございません」 女「……チッ」 男「……」 女「……」 男「……なにこれ」ボソッ 女「あぁん?」 男「い、いえ! なんでもございません!」 5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/18(土) 17:09:27.45 ID:BXGPStxZ0 女「……お前、何部だよ」 男「え? え?」 女「何部かって聞いてんだよ!!」 男「や、やめてぇぇぇ! 殴らないでぇぇ!!」バッ 女「……」 男「……あ、あれ?」 女「……チッ」 男「……」 男(……怖いよう、怖いよう、ここ写真部だよぉ、なんなんだよぉ) 女「……」 男「……」 男(ホントに何しにきたんだよぉ、怖いよう)

○○選

【実況】同級生「お前の奥さん元気か?」ニヤニヤ 街中で偶然会った同級生のひと言で嫁の不倫が発覚したんだがwww

1 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:31:07 ID:A01RzOvB3 どうしよう…… 嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだがwwwww2 :名無しさん:2014/04/02(水)06:31:42 ID:G4NjlUsxDよっしゃホモスレやんけ4 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:32:10 ID:s1PUz20Zj どうしようと言われても…5 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:34:32 ID:iqVuxOdn6 どうせこっちが偽装家庭でしたくらいだろ6 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:34:38 ID:A01RzOvB3 昨日の夜にカミングアウトされて、今ネカフェにいる嫁から鬼コール来てるし、ラインはずっとピコンピコン鳴ってるでも帰るのが辛い……(´;ω;`) 9 :ぺぷ氏◆.EZKtIGDiQ : 2014/04/02(水)06:35:28 ID:kdQMIOHrX 実は性転換した元男とか10 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:35:33 ID:AyVOtTZpV いいからはよ11 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:35:37 ID:IJemYiclP イライラするから早く内容書けよ 12 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:40:38 ID:A01RzOvB3 うん、ちょっと書いてみるスマホからだからちょっとおそい嫁とは高校の時からの付き合いで、卒業後就職して、23で結婚したんだ幸せだったよ嫁さんは色々尽くしてくれたし、俺も嫁さんのために仕事頑張って、二人で旅行もよく行ったよ13 :名無しさん : 2014/04/02(水)06:41:16 ID:ZS12avD5c 自分語りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

○○選

【ワロタ】妹「お兄ちゃん、童貞でしょ?」妹のたった一言が町内を巻き込み大事件に発展するwww

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 15:13:17.97 ID:VDwWES7AO   兄「は?なんだよいきなり」   妹「お兄ちゃん童貞でしょ」   兄「童貞じゃねぇよ」   妹「嘘だ」   兄「嘘じゃねぇよ」   妹「絶対童貞だよ」 3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 15:15:32.51 ID:VDwWES7AO  兄「童貞な訳ねーし」  妹「童貞以外考えられない」  兄「お前いつ童貞って言葉覚えたんだよ」  妹「昨日」  兄「さっそく俺に使ってんじゃねぇよ」  妹「お兄ちゃん童貞でしょ」  兄「ちげーよ」6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 15:18:32.09 ID:VDwWES7AO  妹「だってお兄ちゃん彼女できた事ないじゃん」  兄「そうだけど?」  妹「じゃあ童貞じゃん」  兄「そうとは限らないだろ」  妹「え?彼女作らないで童貞捨てたの?」  兄「まあな」7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 15:23:58.82 ID:VDwWES7AO  妹「高校生なのに風俗行ったの?」  兄「は?そんな訳ねーだろ」  妹「じゃあ、普通の人と?」  兄「うん、まあな」  妹「嘘だ」  兄「嘘じゃねえよ」

○○選

幼馴染「ふふ、気持ちいい?」ニヤニヤ 可愛すぎる幼馴染にセクハラしまくった結果→なんのご褒美だよwww

1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:28:15 ID:X00WKdtw男「相変わらずいいおっぱいしてんなー」ニヤニヤ幼なじみ「ま、毎朝毎朝セクハラやめてよ!」男「これやんないと1日が始まんないんだよ」幼なじみ「し、知らない!もうわたし先行くからね!」クル男「すきあり!」バッ幼なじみ「きゃあああ!」 2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:33:08 ID:Nx42SgLU男「白はいいねー、純白はいいねー」ニヤニヤ幼なじみ「な、なにすんのよ!スカートめくりなんて子供のする事じゃない!」男「いやいや、幼なじみのパンツは毎日チェックすると決めてるからな」幼なじみ「こ、この変態!セクハラ魔!もう知らない!」ダダダッ男「あーあ、いっちゃった」男「あと5モミはしたかったのに」ワキワキ 3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:35:56 ID:z.3w94j2ガラッ幼なじみ「はー、はー」幼友「おはよー、ってどうしたの?朝から息きらして」幼なじみ「な、なんでも、ないよ」ハアハア 4:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/15(水) 12:38:40 ID:WvH6SH3Eガタ幼なじみ「ふー」幼なじみ(まったくもう!毎朝毎朝……)イライラ幼なじみ(子供のころからスカートめくり、胸が膨らんでからは揉んでくるし)イライラ幼なじみ(こっちの気も知らないで)イライラ

○○選

幼馴染「ねぇねぇ!オ○ニーって何!?」 男「!?」あまりにも無知な幼馴染に性知識を教えることになった俺、大きくなった息子を見た幼馴染はそれを口に・・・

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:37:11.08 ID:g8Gl7C3i0幼馴染「だからさぁ、ちょこっと教えてくれるだけでいいの!ねぇ、知ってるんでしょ?」 男「……知ってる、知ってるがな」 幼馴染「私の悪口なの?」 男「いやそれだけはない」 幼馴染「じゃー大丈夫じゃん!教えてよ!」 男「……いや、場所が悪いというか」 幼馴染「説明するのに場所が関わるの?」 男「だからさっきも言っただろうが!マナーだ、マナーの問題なんだ!」 幼馴染「マナーねぇ……」 男「だからこういう話はなんだ……その……もっとこう、一目につかない場所でやるべきというか」 幼馴染「じゃあウチいこっか!」 男「!?」 幼馴染「どうしたの?さ、早く!早く!」 男「ちょ、ちょっと待て、ちょっと待て!」 幼馴染「なんで?」