○○選

【悲劇】「大人のDVD女優」の早すぎる突然死。陰謀、事故、自殺・・・悲しすぎる末路になってしまった10人

1: ファニーちゃん AV女優たちの若すぎる死・・ 若くして不審死を遂げたAV女優さんって、結構いらっしゃいます。そんな若くして亡くなったAV女優さんたちの闇が深すぎると話題になることもあるんです。今回は、そんな彼女たち心の闇をまとめてご紹介いたします!! 麻生美由樹 2008年2月、MOODYZより『実名芸能人が自宅で親友の前でAVデビュー!!』で実名でAVデビュー。その後、彼女のブログが大炎上してしまったことがありました・・ 麻生美由樹は、次のページで↓↓

○○選

【驚愕】アイドルがコレはまずいんじゃない!?激写された芸能人のスキャンダル画像15選!

1: ファニーちゃん 激写!!熱愛スキャンダル発覚の衝撃画像15!! ファニーチェイサー管理人オススメの記事 可愛すぎる18歳のアメリカ人(女)がホームステイに来て一ヶ月一緒の部屋で寝泊まりした結果、、、←男と女の関係ってやっぱりこうなんだねwww 美女「契約取ってくれたらどんなサービスでもします!」←契約取れなかったらクビになる美女のサービスが凄すぎるwww 次から次へと発覚する芸能人たちの熱愛スキャンダル。ファンだけではなく、世間一般的にこの手の情報には、みなさん興味津々ですよね。だからこそ、週刊誌記者や芸能レポーターは必死になって「現場」を押さえようと日夜努力しているのです。今回は、そんな彼らの努力の結果スクープされた芸能人たちの熱愛スキャンダルを、衝撃画像とともにざっとおさらいしてみたいと思います。超話題になったスキャンダルから穴場ものまで!!さぁ、見てみましょう!! 関ジャニ・村上信五と小島瑠璃子の熱愛発覚 つい最近発覚した熱愛スキャンダル。双方とも勢いのあるタレントですから、事務所もヤキモキ!! 関ジャニ・村上信五と小島瑠璃子の熱愛発覚は、次のページで↓↓

動物

【笑劇】障子をビリビリに破く猫VS飼い主の壮絶なバトルの行方に笑ったwww

1: ファニーちゃん 障子をプラスチックに変更したら・・・ 猫って障子破くの好きですよね。 全ての猫がではないとは思いますが、猫がいるお家の障子は破られているイメージがありますw 今回ご紹介するのはツイッターユーザーの「ココニャ」さんとその飼い猫の「サバ身」ちゃん。 サバ身ちゃんは障子を破るのがとても好きという事で、張り替えても張り替えても毎回ビリビリに障子を破られるというのです。 その為、最終手段として 「障子をプラスチック製」に変更したそうです。 サバ身ちゃんVSプラスチック製の障子・・・。 一体どうなるか笑劇の結果に笑えますw 動画もあります! 笑劇の結果は次のページで♪

ネタ

【驚愕】美人がサングラスを外した結果、とんでもない素顔にネット騒然w

1: ファニーちゃん サングラスは偉大だと分かる画像 サングラスや帽子、マスク等、顔の一部分を隠す事が出来るアイテムっていうのはときとして悲劇を生みます。 これは男性女性関係なく言えることです。 スキー場に行くと美男美女が多いイメージを皆さん受けると思いますが、 まさにコレで、ゴーグル等で目や口元を隠しているからそう感じるのです。 今回ご紹介するのはTwitterで話題になった、ある女性の連続した写真です。 サングラスをかけた美人風な女性の写真です。 この女性がサングラスを外して素顔を晒した瞬間・・・ サングラスって偉大!と思わずにはいられなくなります。 サングラスを外した結果は次のページで♪

家族

【家族愛】「こんな事も出来ないの!?」娘を怒鳴り散らす母、大泣きしながら娘が言った一言が刺さる

1: ファニーちゃん 育児の疲れ 家族の愛って本当に素晴らしいものです。 母親や父親から子供への愛は勿論ですが、それ以上に 子供から親への愛というのは凄まじく深く素晴らしいものなのです。 大人は自分の都合や、色々な事で「子供を見捨てる」親も少なからずいます。 しかし、小さい子供からの愛はそんな事はなく 「常に全力で、親を愛してくれているのです」 この事は普通の日常ではなかなか気づく事が出来ないものです。 しかし間違いなく、子供は親に向けて全力の愛を送っているのです。 今回ご紹介させていただくのは 「6歳の長女と3歳の長男、1歳の次男、3人の子供を育てる母親」のお話です。 「なんでこんな事も出来ないの!」次男の育児に疲れ、長女に当たってしまう母親。 その時、泣きながら長女が言った言葉が、心にささります。 ここから↓ この経験は、私にとって強い後悔と反省が入り混じる、心苦しいものです。 しかし忘れてはいけないという自戒と、同じ様な状況にいる人に少しでも共有したく、綴っています。   私には3人の子供がいます。 6歳の長女と3歳の長男と1歳の次男です。 長女と長男の育児の経験もあり、次男の子育てが一番余裕を持って接せれると思っていたのですが、 家庭の事でやることも膨大にあり、正直一番苦労をしながら家事と育児に奔走していました。 旦那にもできる範囲で協力はしてもらっていてとても感謝しているのですが、 いつしか段々と余裕がなくなっていって、次第に家庭の中でギスギスとした雰囲気を出してしまっていたように思います。 そんな中、いつしか長女に、たくさんのことを求めるようになってしまいました。 家事の手伝いに長男の面倒見と、学校に入ったばかりにも関わらず、どこか長女に頼るようになる私。 それも感謝の気持ちよりも正直出来ないことに対しての「苛立ち」の方が大きく、 長女への口調も少しずつ厳しくなってしまっていました。   ある日、学校から帰ってきた長女に、散らかっていた部屋の掃除を頼みます。 しかしそこで、テーブルにおいてあったコップを長女が落とし、割ってしまいます。     どこかでプツリとなった私。    「あーーーーーーもう!」   コップの破片を拾いながら長女に心配の声をかけることもなく、   「なんでこんな事も出来ないの!」   と怒鳴ってしまったのです。   すると、普段涙を見せない長女が見た事もない程に、その場で大泣きをしたのでした。   そして、泣きながら私に、こう言ったのです。 長女の思いは次のページで!

動物

【愛犬】愛する主人が帰るまで生きられない、余命宣告を受けた愛犬が起こした奇跡

1: にこる エリックさんと愛犬カーミー 今回ご紹介するのは とある家族間で起こった奇跡のような 愛情溢れるエピソードです ラルストン家には11歳になる愛犬、カーミーが居ました。 カーミーは家族の中でも、お父さんのエリックさんが大好きでした。 しかし2012年3月、エリックさんはグアムへ配置され、 8ヵ月もの間、自宅を離れなければならなくなりました。 8ヵ月後にはまた会える、そう信じていた最中・・・ 愛犬カーミーはガンを患ってしまいます・・・。 カーミーに告げられた余命は3ヶ月、 エリックさんが帰ってくるまでまだ8か月 このままでは二度と会うことも出来ずお別れになってしまうかもしれない・・・ カーミーを襲ったのは突然の口腔ガン これはエリックさんがグアムに行って1ヵ月後のことでした。 その時のことをエリックさんの奥さんはこう語っています。 「私たちはショックでした。 カーミーは私たちにとって初めての子供だった。 だから、エリックが二度とカーミーと会えなくなるなんて思ってもいませんでした。」 エリックさんの帰宅予定は11月。 時間と共に大きくなっていくカーミーのガン。 その病状はご飯を食べることさえ難しくなるほど しかし家族は諦めずに懸命に看護を続けました。 しかし、現実は残酷なものです・・・ エリックさんのグアムでの任務が無期限に引き延ばされてしまったのです。 帰宅するのは予定よりも遅い、クリスマスの休暇。 予定よりも1ヵ月以上遅れてしまいます。 この知らせを聞いた家族は、カーミーの具合から考えて、 もう1ヵ月ももたないと覚悟を決めます。 しかし、愛犬カーミーは奇跡を起こしました。 次のページで!

怒り

【悪意あるイタズラ】オムツを替えようとすると「泣き叫んだ息子」。見ると「背中に穴があいていた」

1: ファニーちゃん 子供の背中に穴 世の中には心無いイタズラをする人が沢山います。 身内同士で楽しめるイタズラなら構いません。 しかし、見ず知らずの人に対して、人を傷つけるようなイタズラは最低です。 そんな最低、最悪なイタズラによって最愛のわが子が傷ついてしまった一組の夫婦をご紹介します。 生まれたばかりの我が子のオムツを替えようと、公共のスペースを利用したときに起きた出来事です。 心ない人の行動、イタズラによって起こってしまった悲劇。 イギリス・キングストン出身のヘイリーさん。 彼女は夫・ロブさんとの間に、可愛い息子サミュエル君を授かりました。 サミュエル君は未熟児として生まれ、生まれてから退院するまでに普通の子供よりも時間がかかりました。 そんな状況を乗り越え、ようやく退院する事が出来たサミュエル君。 その後も何かあってはいけないとヘンリーさんは人一倍サミュエル君の健康などに気を使っていたのです。 しかし、公共のスペースを利用してオムツを替えようとした時、悲劇は起きました。 公共のスペースという事もあり、なんの疑問を抱く事もなくサミュエル君をその場へおろしました。 するとサミュエル君はおろされた瞬間に泣き叫んだのです。 オムツを替えるとき、親と一瞬でも離れる事になるため、泣き出す子供はよくいます。 その為、ヘンリーさんも最初は気にする事はなく、オムツを替えました。 そしてオムツを替え終わらせ、サミュエル君を持ち上げた時、 とんでもない事が起きていたことに気づいたのです。 衝撃の続きは次のページで!

動物

【お別れを告げに来た犬】虹の橋を渡ってしまった愛犬、遺灰を思い出の公園に撒いた女性に起きた奇跡

「もっと遊ぼうよ・・・」 アメリカ・シカゴ州在住のASHLEY LANG(アシュリ―・ラング)さん。 彼女と一緒に写っているゴールデン・レトリバーの名はワグナー。 アシュリーさんの家族の一員であり、息子のように可愛がってきたパートナーです。 笑顔と愛の絶えない毎日でした。 しかし、犬は人間よりも体の衰えが早いもの。 ワグナーは静かに虹の橋を渡りました。 アシュリーさんは、愛犬との思い出がたくさん詰まった公園に、遺灰を撒きます。 そして、その様子を写真に収める友人。 しかし、その時撮られた1枚には”ある奇跡が”が写っていたのです。 ■12年間大切な家族であり続けたワグナー。 オフの日は、近所の公園や湖畔にワグナーを連れておでかけ。 ワグナーと過ごす時間はアシュリーさんにとって、かけがえのない時間でした。 しかし、そんな幸せな時間にも終わりはやって来ました。 12歳(中・大型犬では人間の年齢に換算すると70代半ば)になったワグナーは、天国へと旅立ちます。 ■家族の一員になった日のこと アシュリーさんがワグナーと出会ったとき、彼はまだ幼い子犬でした。 ワグナーにひと目惚れしたアシュリーさんはすぐさま、彼を家族の一員として迎え入れます。 ■猛吹雪の中、散歩に出かけた日のこと 冬のシカゴの寒さはとても厳しくて長いです。 最も寒さが厳しくなる12月末から1月初旬は、最高気温でマイナス5~10℃、最低気温はマイナス10℃~15℃に。 ウィンディ・シティと言われるほどの強風も手伝って、体感温度はもっと低くなります。 猛吹雪の日でも、アシュリーさんはワグナーを連れて散歩へ出かけます。 一緒にいれば心はぬくもる…そんな絆を感じる1枚ですね。 ■オシャレして出かけた日のこと テキサスA&M大学のスポーツチームを応援するため、チームのロゴ入りのキャップをかぶりドレスアップするワグナー。 なかなかのオシャレさんです。 アシュリーさんのfacebookページを見るとわかるのですが、本当にたくさんのワグナーの写真がアップされています。 2人はこの12年間、数え切れないほどの思い出を共有してきました。 アシュリーさんがどれだけワグナーを愛し、ワグナーがどれだけアシュリーさんを愛していたのかが伺い知れます。 そして、ワグナーの火葬を終えたアシュリーさんは、彼の遺灰を持って「ある場所」へと出かけます。 そこは生前のワグナーとよく出かけていた公園。 「暗くて窮屈なお墓の中よりも、元気いっぱいに駆け回れる広々とした場所のほうがワグナーも喜んでくれる」 そんな想いがあったのでしょう。 アシュリーさんが投げたフリスビーを、息を弾ませて追いかけるワグナー。 そんな光景を思い出しながら、彼女は遺灰を空に向かって撒きました。 その様子を撮影していたアシュリーさんの友人は、後日とんでもないモノが写っていたことに気づいたのです。 その写真がコチラ! 「アシュリー、僕ともう1度だけ遊んで!」 空に舞う遺灰が、アシュリーさんにじゃれつこうとするワグナーの姿さながらに浮かび上がっていたのです。 こちらは生前のワグナー、アシュリーさんに向かって駆け寄ります。 抱きつこうとジャンプしたようにも見えますし、ゆっくりと天に昇っていくようにも見えます。 この写真は世界中にシェアされ、様々なコメントが寄せられています。 ・「私は間違いなくワグナーだと思う」 ・「身震いするほどに素敵な物語だ」 ・「ワグナーはアシュリーの守護天使だ。肉体は滅びても精神は彼女と共にあり、今も見守ってくれているんだ」 ・「よくできた加工だ。僕ならもっと上手く作るがね」 ・「ただの偶然、大騒ぎするほどのことじゃない」 上記は寄せられたコメントの一部です。 世界中でシェアされ、大きな感動を呼んだこの写真。 この写真について、アシュリーさんはこのように語っています。 「きっとワグナーは、私に最後のお別れを言いに来てくれたのだと思う。 私も友人たちも、あれは間違いなくワグナーだったと確信しているわ」 我が子のように育て、共に暮らしてきた愛犬を亡くすことは、本物の家族を失うことと同様の悲しみです。…

○○選

【笑劇】「これだから男は・・・」目は口ほどに物語る!女性を凝視してしまう男の悲しい性がわかる画像集

1: ファニーちゃん 男ってやつは・・・ 外人もびっくりw 昔から男性は女性には勝てません。 女性の魅力にはついつい目を奪われてしまい、 男性にはない部分をついつい凝視してしまいがち・・・。 何歳になっても男性にとって女性は神秘で美しく、目の前に居るとついつい見てしまうものです。 今回はそんな男性の 「男は本能には逆らえない!」という画像を集めてみました! 【一糸乱れぬガン見!?】 兵隊といえば訓練され、凄まじい集団行動能力をもっています。 そんな兵隊も女性の魅力には適いません! セクシーな女性が通りかかった時の一致団結力が凄い! 次のページで!

○○選

【驚愕】世界が隠し続けてきた「本物とされる宇宙人やエイリアン」15選

1: g-host もしかして本物!?宇宙人の画像集 あなたは宇宙人や未確認生命体を信じていますか? 信じている人にはとてもロマンがありますし、信じていない人も「もしかしたら…」と思うと少しワクワクしてきませんか? 「もしかしたら本物かもしれない」宇宙人の画像15選をお楽しみください! 1.陸軍士官と握手を交わす 普通に、平然と握手をしている陸軍士官がすごいし、 地球外から来たはずの宇宙人が「握手」という礼儀を理解しているのも驚きです。 後ろの科学者らしき男性が宇宙人を連れてきたのでしょうか…。 それとも、これから連行するのでしょうか…。 2.宇宙人の頭のアップ写真 人間にそっくりです。 1982年公開のSF映画「E.T」を思い出しました。 宇宙人が自分たちに似せた「人間」を創造したのか、 それとも人間が自分たちに似せた「宇宙人」を創造したのか… 次のページで!