2018年5月

衝撃

【驚愕】「弊社みたいな弱小企業でいいんですか?」突然業界紙から取材のオファーが!なぜオファーをくれたのか聞いてみた結果

1: ファニーちゃん 突然業界紙からの取材オファーに理由を聞くと…? a ある会社で勤務をしているTwitterユーザーのまことぴ (@makotopic)さんは、ある日信じられない出来事に遭遇しました。 それは、まことぴさんに業界紙の記者から連絡が来たところから始まりました。 突然電話をかけてきた某業界紙記者との会話↓記「御社を取材させて下さい」俺「弊社みたいな弱小でいいんですか?」記「もちろんタダとは言いません。謝礼として5万円を」俺「えっ、いただけるんですか?」記「いえ、いただきます」俺「5万円をいただく」記「はい」俺「そちらが」記「はい」— まことぴ (@makotopic) February 1, 2018 なんと突然電話をしてきたと思ったら、取材するから5万払ってくださいと言ってきたのです。 これは本当にバカにしてるのかと思ってしまいますよね。さらに… 会話の続き↓記「タレントの○○さんを知ってますか?」俺「はい」記「彼がインタビュー役として一緒に伺います」俺「(嬉しくねえ)」記「それに対する料金をいただきたく」俺「うちに何のメリットが?」記「○○さんとの記念写真とか」俺「記念写真」記「はい」俺「本気?」記「はい」— まことぴ (@makotopic) February 1, 2018 全くもって理解できない申し出に空いた口が塞がりません。 この投稿を見た人達からは… 「最初にお金が必要だと言えば印象も変わるのに…でも昔は芸能人が来るから取材させてくれってきて、お金を取るのもザラにあったな」 「要するに5万でら広告記事を出しませんか?ってことでしょ?最初からそういえば良いのに」 「私も起業したての頃はよくこんな電話来てたな」 と様々な声が寄せられていました。 確かに最初から広告だといえば話もしっかり聞いていたかもしれません。 こういった話し方というのは逆にイラッとしてしまうものです。 こういったやり方をしている業界紙関係の会社はやり方を改める必要がありそうですね。

○○選

【驚愕】世界最強の軍団スパルタ軍が幼少の頃から行ってきた、厳しすぎる軍事教育10例

1: ファニーちゃん スパルタ男子が受ける過酷な早期教育10選!! 古代ギリシア時代の「スパルタ」は当時、世界最強の軍隊で鳴らした都市国家です。国家は戦士の強さを信頼するあまり、城壁など無用とばかりに取り去ってしまったほどでした。アレキサンダー大王が目にしながら制圧しなかった唯一の国でもあります。そんなスパルタには、きわめて厳しく過酷な軍事的教育制度がありました。スパルタに生まれた男の子は幾多の試練を経て戦士へと育てられていたのです。彼らの育ての親は母親ではなく、国家。その過酷な教育法の具体例をご紹介していきます。 弱い赤ちゃんは放置されて死ぬ スパルタでは、弱い赤ちゃんには生きるチャンスすら与えられませんでした。体が弱かったり、病気や奇形がある子はそのまま放置され死んだのです・・ 弱い赤ちゃんは放置されて死ぬは、次のページで↓↓

衝撃

【許せない】「友人と手話で会話をしていたら笑いながら動画を撮られた」投稿内容に胸が痛むのと同時に怒りが込み上がる

1: ファニーちゃん 手話で会話をしていたら女子高生に笑われた…その体験内容に心が痛む a 耳が不自由な方のコミュニケーション方法の1つとして「手話」があります。 最近では手話を勉強しようとしている方も増えてきており、皆さんにとっても身近なコミュニケーション方法となってきています。 しかしそんな中、ある悲しい出来事が起こりました。 その内容を投稿したのはTwitterユーザーでカウンセラーのike1962 (@8icsRtq8Pz2NoMi)さんでした。 「拡散希望」として画像を添付して投稿された内容はとても悲しく許せない内容でした。 【拡散希望】手話を笑うなんて許せない…いや悲しい。声が出せ無い事、音が聴こえない事がどれ程、大変か想像出来る大人になってほしい。 pic.twitter.com/ywaLKW2pVI— ike1962 (@8icsRtq8Pz2NoMi) February 12, 2018 女子高生は一体何が面白かったのでしょう…。 とても信じられない行動に言葉を失ってしまいます。 実際にこの投稿内容を見た人たちからは… 我が子なら殴ってる????こんな事するような育て方した親の顔が見たい???? https://t.co/HdYTQAkFPc— あみ (@amisarumomo) February 13, 2018 何とも言えない感情になりました。高校生って、、やってはいけないことくらい判断できる年齢だと思います。 https://t.co/WmDMqczrVC— 尾崎良樹 (@ysk_odm) February 13, 2018 どんな教育をしてもそのような子は一定数出てきてしまうでしょう。でも、この心ない子がこの動画を見せた時に周囲が『この動画の何が楽しいの?』と反論する子供が増えるような世の中になってほしいと思います。— haruka (@yattekenyainian) February 13, 2018 というようなコメントが寄せられました。 高校生になればやって良いことと悪いことがわかるはずです。 もしかしたら手話を知らなかった可能性もありますが、それでも親の教育が問われる問題だと思います。 こんなことをする人がいなくなり、手話で心置きなく会話ができるようになる世の中になってほしいものです。

衝撃

【刺さる】「どうして優先席に座っているの?」ヤンキー風の男性が優先席に座っていた理由、それには深い事情が隠されていた

1: ファニーちゃん 優先席に座っていたヤンキー風の男性…しかしそれには理由があった a バスや電車などの公共機関には「優先席」というのが設けられており、高齢者の方や身体が不自由な方、また妊婦さんや乳幼児を連れている方が優先される席となっています。 しかし実情を見てみると「妊娠初期だと妊娠しているかわかりにくい」「怪我をしていてもパッと見るとわからない」というケースも多くあるようです。 実際に学生やサラリーマンが座っていると「何でこの人ここに座ってるの?」と思ってしまうかもしれませんが、その人が健康でない可能性もあります。 今回そんな優先席についてある出来事に出くわしたとTwitterユーザーの松村凌太朗さんが投稿しました。 その光景を見た松村さんは後悔の念を抱いたのだそうです。 電車に乗ってた。優先席にヤンキー風な人が座ってた。杖をついたお年寄りの方が入ってきた。スーツの人がヤンキー風な人に注意をした。ヤンキー風な人は渋々席を譲った。お年寄りはスーツの人にお礼を言った。ヤンキー風の人は電車をおりた。足を引きずっていた。気づけなかった。— 松村凌太郎 (@ryotaro_the_2) March 8, 2018 譲ってもらえたお年寄りからお礼を言われたサラリーマンは良いことをした気分になったとはおもいます。 しかしそのヤンキー風の若者のことが気になっていた松村さんは、その若者が怪我人であったことに気がついたのです。 松村さん自身もクローン病という難病と闘っており、今回のこの出来事については色々と考えることがあったようです。 自分も病気してから気づいたけど、見た目じゃわからない病気や怪我を抱えている人はたくさんいるんだろうな。誰にも言ってない人もいるかもしれないし、言えない事情があるかもしれない。人は皆、何かを抱えて生きている。生きるってとても大変なこと。でも、生きるってとても素晴らしいこと。— 松村凌太郎 (@ryotaro_the_2) March 9, 2018 内臓の病気などは目に見えないため、松村さんは優先席に座ることと周りの考え方について問題視していました。 この件については、できることならヤンキー風の若者に事情を聞くべきだったとは思いますが、「何故優先席に座ってるの?」と聞くのも勇気がいりますよね。 実際にヤンキー風の若者も席を譲って電車を降りていったため、何だか気の毒だなと思ってしまいます。 それでも実際は健康な人が優先席に座っているということも多くあるため、これは本当に難しい問題だと改めて考えさせられますね。 目に見えない不自由さを抱えている人も優先席に座れる対策を考えていかなくてはならないのかもしれません。

面白

【賞賛】「これは是非販売してほしい!」趣味で作ったビニール傘盗難防止のマーカーがすごすぎると話題に!

1: ファニーちゃん ビニール傘が盗まれないようにするためのマーカーがすごい! a 雨の日にコンビニなどのちょっとしたお店に立ち寄って、さぁ帰ろうとなった時にビニール傘がない!なんていう経験をしたことがある方はいらっしゃいませんか? 特にビニール傘の場合は間違えやすいものでもあるため、間違われてしまったのか盗まれてしまったのかもわかりません。 いくら手軽に購入できるビニール傘でもなくなってしまうとショックは大きいですよね。 そんなビニール傘の盗難を防ぐために、Twitterユーザーの小銭(@kozeni_shkt)さんはある物を作りました。 ビニール傘盗難防止用のマーカーを作ってみました!普段は眠そうな感じですが、傘の柄に巻きつけるとクワッと目を見開いて傘を守ってくれます。完璧。 pic.twitter.com/bSRjwWSTPy— 小銭 (@kozeni_shkt) October 15, 2017 何ともリアルな目でずっと見られているような感覚に陥ってしまいそうです。 ですがこのマーカーを付けておけば、間違えられることも盗まれることもなさそうなので良いアイテムですよね。 またこのマーカーには他にも使い道があり… これ例えば、こんな感じにしてイヤホンクリップにも使えるんですよ。あとこんな感じの指輪とかもいいのかなって考えてます! pic.twitter.com/8ndfQu3g0W— 小銭 (@kozeni_shkt) October 15, 2017 こうしてイヤホンをまとめておくのにも活躍してくれるものとなっています。 この投稿を見た人達からは「これ天才!ぜひ欲しい」「これは商品化するべきだ」というような声が多数寄せられていました。 こういったアイテムがあれば、傘がなくて困ったという事にもならなさそうです! なんとも画期的なアイデアでしたね。

衝撃

【お母さんの嫌いなところはどこ?】6歳の子どもに聞いた結果とんでもない回答が!6歳児の回答とは思えないw

1: ファニーちゃん 6歳の子どもにお母さんの嫌いなところを尋ねると…? a 子どもというのは突然大人びた言葉を放つことがあり、私たち大人を驚かせることがあります。 Twitterユーザーのゆうたろう (@yuutaro02)さんもまた、我が子との会話の中で思わず驚かされてしまった子どもの言葉を紹介しました。 その内容がこちらです。 6歳にお母さんの嫌いなところを訊いたら、しばらく悩んで「あるけど言わない」と言われた。何で?怒らないよ?教えてほしい。反省するから。6歳「お母さんが自分で考えて気が付かないとダメだと思う」「あと、好きなとこも嫌いなとこもあって良いんだよ。人間だもの」我が子がみつを。— ゆうたろう(8チャクラ) (@yuutaro02) February 5, 2018 なんとも大人びた返答ですね! 6歳でありながらも、少しずつ大人に近づいているのかなと思ってしまいそうです。 実際にこのやりとりについてネット上の声では… 「6歳にして真理をついてきた… !」 「まるで人生を何周もしているかのような幼児だ…」 「ママ、わかってるでしょ?ということなんだよね」 と様々なコメントが寄せられていました。 突然大人びた言葉を放つ子どもにびっくりすることもあるかもしれませんが、これもまた大人に一歩近付いたということなのでしょう! なんとも驚かされるやり取りでした。

衝撃

【驚愕】ニュージーランド人に味噌汁のことを教えた結果、面白すぎる返事に笑ったw

1: ファニーちゃん ニュージーランド人に味噌汁のことについて教えたところ… a 大豆というのは昔から日本で様々な加工をされながら食べられてきた食材です。 昔は肉を食べる習慣がなかった日本人にとって、大豆は貴重なタンパク源だったことから、味噌や豆腐や油揚げや納豆など様々な大豆製品が作られてきました。 その後も枝豆やきな粉などたくさんの種類の食品を作ってきた日本人の知恵によって、現代の私たちにも馴染みのあるものとなりました。 その事実をもし外国人の方が知ったら、どんな反応をするのでしょうか? 今回TwitterユーザーのRain(@Oincook)さんがニュージーランド人との会話をTwitterに投稿しました。その内容がこちら! ニュージーランド人は味噌汁をうまいうまいと飲んでいて「味噌って何でできてるの?」「soy」「ところでこれ(豆腐)は何?」「soy」「へえ、あっこれ(油揚げ)おもしろいね、うまい」「それsoy」「マジかよウケる、怖、もう寿司食べるわ…ハッ……!Soy sauce……!」てなってた— rain (@0incook) August 21, 2017 外国人からしたら「日本は大豆ばっかり食べているのか?」と思ってしまうくらい衝撃的な事実だったことでしょう。 私たち日本人にとっては当たり前のことで気にした事はないのですが、こうしてみると外国人の方が驚くのも無理はありませんね。 このエピソードを見た人たちからは 「枝豆も納豆も美味しいよね!」 「愛すべきニュージーランド人…そして愛すべき日本文化」 「確かに大豆で作られているのってたくさんあるよね」 昔から伝えられた日本人の知恵は私たちに大切なことを教えてくれています。 大豆も含めて、この日本の文化を後世にしっかり伝えていきたいですね。

○○選

親から日常的に暴行を受け、見捨てられた女の子を家に匿った結果・・・女の子との半同棲生活の末に待つ結末はやっぱり?

1: ファニーちゃん 女子高生と半同棲!? 隣室(ガンッ!!! ガンガン!!!!!) 男「………」カタカタカタ 隣室(…クソ!!……ッシネ!!!…ォマエガッ…………) 男「……………」カタカタカタカタカ 隣室(…ゴメンナサイッ………アッ!……) 男「…………………………騒がしいな」 男「………」カタカタ 男「……………」 男「…………………もしもし? レジデンス×× 6B号室の者ですが」 男「隣の部屋がうるさいんで困ってるんです…………ええ…………ええそうです苦情を伝えてもらえませんか?」 男「6C号室の方です……………はいお願いします……それじゃ」ガチャ 5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 12:32:55.62 ID:ZHB95xhe0 男「………ふぅ」 男「………………」カタカタカタ 男「………ここまでにして寝るか……っと電話だ」Prrr… 男「もしもし………え?10時からですか?でも授業があるんですが………2割増しですか…でも……」 男「3割?…………OK行きます」 男「はい…はい……それじゃ明日………」ガチャ 男「……寝るか」 隣室(………………ゥルセェッ!!………ガン!!!) 男「……近隣住民への迷惑を考えない不良市民」ボソ 男「…………寝よう」 7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 12:37:24.63 ID:ZHB95xhe0 ーー翌朝 男(今日も今日とて勤労学生……) 男(ん……?) 少女「………」 男(………)チラ 男(……よくエレベーターで出くわす) 男(見るたびにやつれていってる気がするが) 少女「……?」チラ 男(面倒事には関わらないに限る)フイ 8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/05(木) 12:39:50.69 ID:ZHB95xhe0 ーーバイト先 女「悪いね大学あるのに」 男「目先のバイト代に釣られました」 女「また一人逃げられちゃったせいで大忙しなんだよ」 女「楽な仕事なのに毎度毎度なにが気に食わないのかねぇ?」 男「女さんのセクハラのせいだと思いますよ」 女「セクハラちがう!愛あるコミュニケーションでしょ!いわばラブハラ!」 男「ハラスメントであることは否定しないのかよ」 次のページで↓↓

衝撃

【刺さる】13歳の少女が書いた詩は「逃げ」に関する内容だった・・・。

1: ファニーちゃん 13歳の少女が書いた「逃げ」に関する詩に様々な反応が寄せられた! a 今から2年ほど前のこと、ネットにある詩が投稿され、それがかなり話題となりました。 それは2年前の7月28日の産経新聞に掲載されていたもので、その詩を書いたのはなんと13歳の少女だったのです。 その詩がこちらです。 13歳が書いたとは思えないほど深い内容ですね! これは「逃げ」に関する内容で、色々なことを考えさせられますね。 実際にこの詩を見た人達からは… 真面目に答えると「逃げない」「逃げる」のいずれかの選択肢を状況に応じて選択する判断力が大事なのであって、「100%常に逃げない」「100%常に逃げる」のいずれであってもダメ。ここでは「100%常に逃げない」としか助言しない脳筋な大人がダメ。— ミノ駆動 (@MinoDriven) July 28, 2016 逃げていい。辞めていい。そのうち流れも気分も変わっていく。まぁいっかぁって思える様になるまで、逃げて!— Annamaria(アイハブ大和魂) (@Santamadonna) July 28, 2016 動物たちも同種の争いにおいては逃げてはいけませんよね。命がけで縄張り争いをするのも、それこそ逃げても負けても生きていけないからです。ここでいう「逃げていけない」は人間同士、同じ能力を持った者との戦い。生きるために、逃げていけないのは当然です。— 小山貴大 (@R25G3) July 28, 2016 人によって様々な解釈があり、いずれにしても深く考えさせる詩であることがよくわかりますね。 逃げることというのどれほど大切なことなのかを改めて考えさせられる詩だなと私は思いました。 皆さんはこの「逃げ」についてどのように感じましたか?

衝撃

【衝撃】夜行バスに乗ろうとした時に運転手から「靴を脱いで乗車してください」と指示。靴を脱ぐその理由とは!?

1: ファニーちゃん 靴を脱いで夜行バスに乗る理由とは? a 深夜に出発して朝早く目的地に到着することができる深夜バスは、非常に格安なものとなっています。 しかし実際はただ乗って寝るしかやる事がないうえに、椅子の寝心地が悪かったり、隣からはイビキが聞こえてくる…なんていう状況に遭遇することも多くあります。 トイレも車内に設置されていますが、トイレへ向かうまでも「起こさないように」と気をつけなくてはなりません。 正直朝になったら体が痛くなってしまう…なんていう経験をした事がある方も多いでしょう。 そんな夜行バスですが、ある日Twitterユーザーのぐろっち。(@D_no_syoku_taku) さんが乗車した夜行バスが凄すぎると話題になりました。それがこちら! 夜行バスで「靴脱いで乗ってくださ〜い」とか初めて言われたんだけど…もうこれ家じゃん… pic.twitter.com/pdTfqCzBaG— ぐろっち。 (@D_no_syoku_taku) March 11, 2018 なんと通路は絨毯張りになっていて、座席も個室になっていたのです。 スリッパも用意されており、座席の頭の部分は枕のようになっていて、さらに窓際には空調調整やリクライニングの調整も自由自在! まるでミニホテルのような夜行バスは「ドリームスリーパー」と呼ばれています。 現在は「大阪〜東京」「広島・福山〜東京」の間を運行しているのだそうです。 ただ値段は新幹線よりも高めなのですが、ネット上では「新幹線よりも快適なのでは?」という意見が多く見られました。 これなら快適に眠る事ができそうですね!もし機会があったら利用してみてはいかがでしょうか?