2018年2月

衝撃

【批判殺到】「個室で喫煙しても問題ない」トイレの張り紙に書かれていた落書きに怒りの声が殺到!

1: ファニーちゃん トイレの張り紙に書かれた落書きは許せない内容だった 公衆トイレに落書きがあるという光景はよく見かけるかと思いますが、落書きをすることというのはあまり褒められたものではありません。 しかし、今回東京都中央区の公衆トイレに貼られている禁煙のお願いをするポスターに許せない落書きがありました。 そのポスターには、個室でタバコを吸った形跡があったと知らせる内容が記載されていたのですが、そこに書かれた落書きを見た人達からは批判の声が相次ぎました。 しかもそれは禁煙車だけではなく喫煙者からも批判の声があったのです。 その内容がこちら! もうね、教育し直しても無駄な人間が居るのは変えられないね。そういうのは排除するしかないよ。築地の人間として恥ずかしいわ。 pic.twitter.com/tgPGhmMnDv— きむちゃん (@kynysn) December 28, 2016 まるで人を馬鹿にしたかのような落書きで、見る人のほとんどが不快に感じるものですね。 しかも「燃え移るものがない」とありますが、トイレットペーパーなどに引火したら大変なことになりますし、煙を感知したらスプリンクラーも作動してしまいます。 この投稿を見た人達からは… 「この落書きのせいで喫煙者がさらに肩身狭い思いするんだ…本当に迷惑なやつだな!」 「そもそも何でトイレでタバコ吸うの?俺はトイレの匂いの中でタバコ吸うなんて耐えられないわ」 「そもそもトイレはタバコを吸うところじゃないし…タバコ吸うならちゃんとした喫煙所で吸えば良いのに」 と批判する声が相次ぎました。 確かに喫煙所がどんどんなくなって、タバコが吸える場所も少なくなってきていますが、だからといって吸ってはいけない場所で吸っていい理由にはなりません。 そもそも落書きをする時点で大人とは言えませんし、明らかなマナー違反で呆れるばかりです。 このような事をする大人が減っていくことを願うばかりです。

動物

【感動】「ゾウのぬいぐるみと一緒に・・・」大切なぬいぐるみとともに生涯を終えようとした犬、しかしその直前奇跡が起きる

1: ファニーちゃん ゾウさんのぬいぐるみと一緒にいた犬の安楽死を阻止したい! ぬいぐるみというのは本当に癒される存在ですよね。 子供でも大切に持っている子達はたくさんいますが、実は犬にもお気に入りのぬいぐるみを大切に持っているものなのです。 アメリカのオハイオ州では1匹の犬がシェルターに預けられました。 それは家を失ってしまった飼い主さんが止むを得ずに手放してしまった犬でした。 そして、その犬がずっと愛用していたゾウのぬいぐるみも一緒に引き取られました。 この犬とゾウのぬいぐるみをペアで引き取ってくれる里親を探しましたが、なかなか見つけることができず、いよいよ安楽死をさせる日が決まってしまいます。 もうダメかもしれないと思われたその時、救いの手が差し伸べられました。 ■引き取り手が見つからない犬は安楽死が目前に迫っていた 今年の2月14日にフランクリン都のシェルターにスモーキーという5歳の犬が保護されました。 その時スモーキーはずっとゾウのぬいぐるみを連れていました。 きっとお気に入りのぬいぐるみなのでしょう。 飼い主さんと離れて見知らぬ場所に連れられたスモーキーは不安とストレスがたまり、ぬいぐるみのゾウと一緒に寝そべっていました。 そんなスモーキーの事情を知ったシェルターは、スモーキーとゾウのぬいぐるみを一緒に引き取ってくれる里親を探しましたが、残念ながらその候補は見つかりませんでした。 そしてついにスモーキーは3月の安楽死リストに加わってしまったのです。 もう安楽死されてしまうと思われたスモーキーですが、安楽死が迫った2月28日になんと引き取り手が現れたのです! それは近隣の動物保護団体から来た2人のボランティア達でした。 スモーキーを気に入った2人は里親を請け負うことを条件にスモーキーを引き取ることにします。 ■どんどん笑顔になるスモーキー 動物保護団体に引き取られたスモーキーとゾウのぬいぐるみは、安心したのか少しずつ笑顔を見せてくれるようになりました。 やっぱりこの時でもお気に入りのゾウのぬいぐるみと一緒に過ごしているようですね! この団体はスモーキーを引き取った後、元の飼い主さんが引き取りに来るのを待ち、その後で里親を探すことに決めます。 実はこの団体のfacebookには引き取りたい!という人達が殺到しているんだそうです。 元の飼い主さんの元に帰れるのが一番良いのかもしれませんが、もしそれが叶わなかったとしても、スモーキーとゾウのぬいぐるみを引き取りたいという方達がたくさんいるということでひとまず安心ですね!

衝撃

【考える】「可哀想…」という言葉は時に人を傷つける言葉となる…。ある父親が投書した内容に深く考えさせられる!

1: ファニーちゃん 可哀想という言葉は人を傷つける言葉でもある 何か辛そうな様子の人を見ると、自然と「可哀想」と思うことってありませんか? また、思うだけではなく「可哀想にねえ」と本人に言ってしまうこともあるかと思います。 確かにこの「可哀想」という言葉は一見すると心配しているようにも聞こえますが、時と場合によっては逆に人を傷つける可能性があるのです。 今回2人のお子さんがいらっしゃる父親がとある投書をしました。 その内容を見ると「可哀想」という言葉について改めて考えさせられるような内容だったのです。 ■父親が投書した考えさせられる内容 その内容がこちら! これは本当によく分かる。みんなに読んで欲しい。 pic.twitter.com/Pg9DCV8ezL— うたさん (@joker_budou) August 24, 2016 そしてこのTwitterのユーザーさんはその後にこう加えました。 可哀想かどうかを決めるのは本人であって、周りの人がわざわざ可哀想な人に仕立て上げる必要は無いという事です。障害のある人に対しても同じです。表面上だけ見て、可哀想などの浅はかな言葉を投げかけるのは、病気と本気で向き合っている人に対して失礼です。— うたさん (@joker_budou) August 24, 2016 確かに何も知らない人が片足を引きずって歩いている子どもを放っておく親を見ると「子どもが可哀想」と思うかもしれません。 でも実際は子どもが頑張って歩きたいと言ったのをゆっくり見守っていたのです。 父親は息子さんの頑張りを「可哀想」という言葉で全否定された気分になったのです。 誰かを心配する気持ちというのはとても大切なものですが、その状況が悪いものではないこともあるのです。 実際にこの投稿を見た人たちからは… @tapioka_003 そこはむしろたくましいねとかお手伝い頑張っててえらいねって褒めてあげるべきだね、可哀想って言って何もさせなかったら大人になってからなんもできん人間になっちゃうもん— 黒滝和葉 相方 ルオン♡ (@hoppymomotan963) August 24, 2016 私も下の子は身体が弱かったが、上の子は文句も愚痴も言わずに頑張ってきた。 我が子ながら「偉いなぁ。ママには出来ない根性のある生き方だー 感謝してる」でも高齢者の方は 可哀想!可哀想ばかり言う。 可哀想じゃ無いよ 貴方にこの頑張り出来ますか?と思う。— りりー (@happy3heart20) August 24, 2016 FF外から失礼します。読んでみたらそうなのかもなって思いました。特に最近は事あるごとに「可哀想」という人が多いですし、特に障害のある方に対して一種の侮蔑的な表現にもなり得ますよね。善意の気持ちで言ってるつもりでも言われてる側はいい気持ちではないですよね。— Mr.T (@Isuramu20) August 24, 2016…

家族

【驚愕】「24年間信じてた母の味とは・・・」久しぶりに〇〇が食べたいと伝えると、予想の斜め上の展開に爆笑

1: ファニーちゃん 焼肉ピラフを久しぶりに作ってもらおうと思ったら… 子どもはいつまで経っても母親の味というのを忘れないものです。 今回一人暮らしを始めたばかりだったTwitterユーザーの早川つかさ(@hy0520_)さんは、母親が作ってくれていた「焼肉ピラフ」が食べたくなりました。 そこで先日、母親に「久しぶりにあの焼肉ピラフを食べたい!」と伝えたところ、母親から送られたのは… お母さんが作ってくれるスパイスが効いた焼肉ピラフが大好きやった????一人暮らししてから食べることがなくなったから先日「久しぶりにお母さんの焼肉ピラフ食べたいな」って伝えると本日ラベルに「焼肉ピラフ」って書かれたものが大量に届きました。24年間信じてたお母さんの味とは。 pic.twitter.com/BfusACjizm— 早川つかさ@ライター (@hy0520__) October 13, 2017 母親がずっと前から作ってくれた焼肉ピラフは、まさかの冷凍食品だったのです。 でもやっぱり美味しさは変わらないようで… やっぱりこの焼肉ピラフ母の味????めっちゃ美味しかった☺️ pic.twitter.com/Q6hAXDsFDa— 早川つかさ@ライター (@hy0520__) October 13, 2017 こう考えると、母親の味というのは冷凍食品でも手作りでも愛情の深さは変わらないというのがわかりますね。 このやり取りを見た人たちからは… それをいつも買ったり在庫を管理したり、温めたりしたのが母の愛です。— りすぴ (@ponchlkl60) October 14, 2017 お母様と娘さんの間に、確かな愛情があるのを感じました。 そして、仕事先の近くに業務スーパーがあるので、探しに行く事を心に決めました、ありがとうございました!— のすけ@ぬえこどり(RCCリスナー) (@nosuketster) October 15, 2017 似たような経験があり思わず笑いました。「お母さんの海老フライ」と思い込んでいたものが、近所のスーパーに売られている冷凍の商品でした。今思えば一口サイズに整えるのがうますぎた気も…笑お母さんの海老フライが食べたいと言った後の「あれ私の海老フライじゃないよ」は忘れられぬ一言です笑— ボンド@趣味垢 (@BS_Wbrave) October 15, 2017 という反応が寄せられました。 子どもとしては母親が作ってくれた料理はどんなものでも思い出に残るものです。 ふとした時に食べたくなるというのは、それだけ母親からの愛情が感じられているということなんですね!

○○選

【閲覧注意】映画の中に映ってしまった「本来であれば絶対に映ってはいけないもの」10選

1: ファニーちゃん あの映画の中の”実は映ってはいけないもの”!!気になって仕方がない変なもの10選 色々な映像を撮影する中で、完璧なものになるようにと撮影陣の誰もが努力しています。けれど、いくら演出・演技・構成・風景・・いろんなものに気を使っていても予想もしていない事は起きてしまうもの。今回はそんな知らぬ間に映ってしまって、結果的に視聴者に「アレ?」と気付かれてしまったものを10厳選してご紹介します!!動物を投げている映画スタッフなど、たまたま映画に映ってしまった、変なものばかりです~ !! ラスト・サムライ 日本人俳優とトム・クルーズが共演して大きな話題を呼んだ映画です。「ラスト・サムライ」のような戦争映画は、かなり大勢のエキストラが必要となるもの。この作品で映ってしまったものは、そのエキストラが受けてしまった被害でした!! ラスト・サムライは、次のページで↓↓

○○選

【笑劇】笑っちゃダメだけど笑っちゃう!フィギュアスケーターの決定的”変顔”の瞬間を切り取った写真19枚

1: ファニーちゃん 海外サイトで盛り上がり中のフィギュアスケーターの変顔19選!! 平昌オリンピックが盛り上がる今、海外サイトでちょっと注目を集めて話題になっている写真たちがあります。それがフィギュアスケート競技での、選手たちの変顔写真!!もちろん選手たちは本気で競技をしているだけ、ふざけた顔をするつもりなどないのですが・・常に速いスピードで氷上を駆け抜け、尚且ついろんなパフォーマンスをする彼らはふいに思いもよらぬ表情をしてしまう事があるんですよね!!今回は、そんな選手的には切り取られたくないであろう一瞬を激写した写真を集めてみました!! 白目むき出し 男性スケーターの人気は、今や女性スケーターをしのぐほど。でも頑張り過ぎて、失神寸前?!的な白目むき出し状態になってしまうことも!! 白目むき出しは、次のページで↓↓

感動

【感動】「生徒に何かを遺したい」死を悟った教師の最期の授業・・・。病室に集まった生徒の目に涙

死を悟った教師の最期の授業は忘れられないものだった 中国の音楽教師である劉さんは、2015年の4月に肝硬変と診断されました。 その時に治療の1つとして肝移植が提案されましたが、そのためには高額な医療費が必要で、劉さんは支払うことができずにそのまま体調がどんどん悪化してしまい、肝不全になってしまいました。 その様子はお腹が腹水で腫れてしまい、毎日1日引く必要があり、食事もほとんどできないような状態だったのです。 死を悟り、学生に何かを残したいと思った劉さんは、四川師範大学から20名の学生を病室に招待し、最期の授業を行うことにしました。 しかし体調面を考慮してその時間はわずか13分…。 その短い時間の間に劉さんは自分が人生の中で最も大切なことを学生に伝えました。 それが「ごく普通の暮らしの中にある幸せがどのようなものなのか、そして常に平和であることがどんなに大切か」ということでした。 そしてこの授業の最後には学生たちと一緒に、中国の人気曲である「感謝の気持ち」を皆で合唱をして最期の授業が終わりました。 自分に訪れる死を悟り、学生たちに何かを残したい…と願った劉さんは、これから夢を叶えようとする学生たちにとても大切なことを教えました。 そしてこの授業を受けた学生たちにとって、かけがえのない大切な授業だったことでしょう。

家族

【賞賛】「チューブに歯磨き粉を戻して」母から中学生になる娘へ、この言葉に隠された意味に考えさえられる

1: ファニーちゃん チューブに歯磨き粉を戻す?この問いかけから母親が伝えたいこととは? アメリカのテネシー州に住んでいるエイミー・ガードナーさんは、9月から中学生になる娘にとある言葉を贈りました。 その内容はfacebookにも投稿され、「これは参考になる」と話題になりました。 エイミーさんは娘に「このチューブに歯磨き粉を戻してくれる?」という言葉をかけます。 一見すると不可能なことですが、実はこれにはエイミーさんから娘さんへ大切なことを教えるためのものだったのです。 ではエイミーさんは娘にどういったことを伝えたかったのでしょうか? ■エイミーさんが娘に伝えたかったこと 実際にfacebookに投稿された内容がこちら! エイミーさんはお皿に歯磨き粉の中身を全て出すように娘へ指示をします。 娘は疑問に思いながらもお皿の上に歯磨き粉を全て出しました。 そしてその後エイミーさんは「チューブに歯磨き粉を戻して」と指示します。 それを聞いた娘は「そんなの無理だわ!」と答えます。 確かに一度出した歯磨き粉を戻すなんてできないというのは、誰もがわかることです。 でもエイミーさんはこれを通じてある事を教えたかったのです。 戸惑う娘にエイミーさんは 「よく覚えておいてね…このお皿の上の状態がまさにあなたの今後の人生になるのよ」 「この歯磨き粉のように一度出てしまった言葉は心の中に戻すことはできない…あなたの言葉で人が傷つくこともあれば癒されることもあるのよ」 この歯磨き粉を言葉に例えて、一度出てしまった言葉はもう戻せないということを伝えたかったのです。 中学校に進学するにあたって、もっと多くの人たちと関わるようになる娘さんにエイミーさんは相手の気持ちを考えるように教えたのです。 この内容を見た人たちからも賞賛の声が相次ぎました。 きっと娘さんもこれを通して、相手を思いやる素敵な子に育つことでしょう!

衝撃

【唖然】「外国の若い子が商品を出しているのが目につく」理不尽なクレームに対して店側の返答は?

1: ファニーちゃん スーパーに寄せられた理不尽なクレーム 最近では日本に留学をしに来たり、日本に永住したりする外国人も増加傾向にあります。 それと同時に日本の職場でバイトをするという外国人も増えてきています。 しかし残念なことに、日本が好きで訪れているのにも関わらず、一部の人達から嫌がらせのようなことをされることもあるようです。 今回、とあるスーパーで外国人に対する偏見とも取れるような理不尽なクレームが届きました。 その内容はとても許せないものだったのですが、そのクレームに対する店側の返答はどういうものだったのでしょうか? ■「外国人の子に品出しをさせるな」という理不尽なクレーム その理不尽なクレームがこちら! クレーム書いたひと、なぜ自分の投書が選ばれたのか、回答を読んで考えてほしい。 pic.twitter.com/8LQJPPwWIt— フラスコワークス (@flask_works) 2017年5月23日 上が今回よせられた理不尽なクレームで、その下が店側の返答となっています。 クレームを見ると「外国人の若い子に品出しをさせているのが目につく」「日本語勉強中で答えられなくて感じ悪い」「年配の人が働いている姿を見ると年齢を重ねても働けるという勇気をもらえる」などなど信じられない内容が書かれていました。 最後には「客を大事に」という全くもって自分勝手で理不尽な言葉で締めくくられています。 それに対しての店側の答えは「留学生が多いけれども皆が志を持って日本にやってきて一生懸命です」「応対の不備は私たち幹部の責任」とハッキリと言っていました。 実際にこの内容を見た人たちからは… 「こんなこと言う人がいるなんて信じられない」 「僕だったら【店も客を選びます。二度と来ないでください】って書く」 「このクレームを書いた人って商品がどこの国製なのかいちいち見て、アジア製のものがあったら【感じ悪いなぁ】って思ってんのかしら…」 と呆れたというような声が寄せられていました。 確かに最近では外国人の方もバイトをしている光景をよく見かけますが、やっぱり一生懸命やっている方達がほとんどですよね。 こういう姿を見たら文句を言うのではなく、心から応援できるような人間になりたいものですね。

衝撃

【最高】「だから大好き!」お笑いコンビサンドイッチマンの2人がたくさんの人から愛されている理由に納得!

1: ファニーちゃん サンドイッチマンのお二人が大人気の理由とは? 2007年のM-1グランプリで見事優勝し、そこから人気お笑いコンビとなっていったサンドイッチマン! このお二人は今でも根強い人気があって、たくさんの人達から愛されているコンビですが、それには理由があるんです。 それは実際にサンドイッチマンのお二人を見たことがある人達のTwitterの内容に書かれていました。 サンドイッチマンが静岡の集落を歩く番組見たけど、地方をバカにするような発言は一切ないし、急に戦争を語りだしたお年寄りに対しても「貴重なお話ありがとうございました」と敬う。ただただ二人のベラが楽しくてずっと見ちゃった。相方以外を絶対コケにしない笑い。— マカロニサラダ*疲労困憊の能面 (@mminam1995921) October 8, 2017 旅番組などで集落などを訪れた時に、「わぁー…なんもないですねぇ…」「人がいない!」などなど、現地の人が見たらバカにしてる?と思うようなことを、サンドイッチマンのお二人は決して言いません。 さらに突然戦争の話をしたご年配の方にも敬意を持ってお礼を言っている姿がありました。 そういった姿勢を見ると、やっぱり好感が持てますね。 サンドウィッチマンのお二人は、東日本大震災で被害に遭った東北地方の復興を支援するために『東北魂義援金』を立ち上げて2017年現在までに4億円以上寄付してるし、今でも復興支援ラジオは無報酬で出演してますからね。好きな芸人は数多くいますが、尊敬する芸人はと問われればお二人がダントツ。— ジュンパチ@DQ10 (@jyunpachidesu) September 28, 2017 東日本大震災の時に2人は何度も現地へ足を運び、東北全体を元気づけています。 そして2人が立ち上げた東北魂義援金からは、これまで4億円以上も寄付されたというのも素晴らしいことですよね。 サンドウィッチマンの接客したことあるって50000回くらい言ってるんだけど、本当に富澤さんは気遣いも出来て、こんな小娘にも優しかったし、伊達さんも丸くて可愛かったし、2人ともスタッフさんにも気を使ってて周りのお客さんにも気配りしててすごく好感が持てる人達でした https://t.co/pQNjUZADCl— Charme (@CharmeYou) October 9, 2017 よく芸能人の裏の顔を見た人達からは「プライベートの時は本当に性格悪い!」と言われてしまうような芸能人も少なからずいらっしゃいます。 ですが、実際に2人が訪れたお店で接客をしたことがある方からは、本当に好感が持てるという内容が書かれていました。 改めて見るとサンドイッチマンのお二人は誰からも愛されているというのがよくわかりますね。 見た目がちょっと怖いけれども、内面はとっても優しくて素敵な方達なのでしょう! これからもお二人のご活躍に期待していきましょう!