2018年1月

○○選

【閲覧注意】これは凄い!英国王立獣医大学に保管されている世にも珍しい獣医学標本10選

1: ファニーちゃん 英国王立獣医大学所蔵の貴重な獣医学の標本!! 生物の体とは非常に興味深いもの。皮膚を隔てたその下には、壊れやすい脆弱な美があるのです。カメラマンのマイケル・フランク氏は、動物における繊細で魅惑的な内部構造に興味を持ち、英ロンドンにある王立獣医大学で行われた歴史的解剖を記録した獣医学標本を撮影しています。王立獣医大学では、解剖学研究の為、様々な動物のホルマリン標本が作られており、これらの標本を公開することで、学生や専門家のみならず、多くの人に獣医学に興味を持ってもらいたいと考えているのです。今回は、その中から特に興味深い標本を厳選してご紹介します!! 双子の子豚 双子といっても、単に2匹の子豚の標本というわけではありません。体の一部がつながっていて・・閲覧注意!! 双子の子豚は、次のページで↓↓

ネタ

【深い話】「オマエはオレの味方だろ?」揉め事があった時にどう対処するかで今後の人付き合いも変わる!

揉め事は避けたいけど避けられない場合は… 揉め事というのはやっぱり誰もが避けたいものですよね。 でも何故か自分がいつの間にかトラブルに巻き込まれていた…なんていうのもよくありませんか? 本来なら当事者同士で解決してほしいものなのですが、このように第三者を巻き込んで揉めることも結構多くあるようです。 その第三者になった場合、その時の対処方法を間違えてしまうと自分がまだ次のトラブルに巻き込まれる危険性もあります。 もし第三者としてトラブルが巻き込まれた場合は、どのように対応していけば良いのかということについて、あるTwitterの投稿が今話題となっているようです。 その内容はとても考えさせられるような内容でした。 考えさせられるツイートの内容は次のページで

衝撃

【悲劇】電車で席を譲ってもらえなかった「女子高生に起きた悲劇」に考えさせられる

1: ファニーちゃん 電車内で起きた実際の話 とある電車に1人の女子高生が乗ってきました。 そして体調が悪かったらしく「優先席」に座っている50代くらいのおばさんにこう声を掛けたのです。 女子高生「体調が悪いのでお席譲ってくださいませんか」 そしておばさんはこう応えました。 50代くらいのおばさん「若いのに何言ってるの。私疲れてるから」 こういったやり取りがとある電車内でされました。 女子高生は体調が優れなかった為、優先席に座っている元気そうな方に声を掛けたのです。 しかし、目の前にいたおばさんは「若いのに何言ってるの。私疲れてるから」と一蹴しました。 その席の周りには老人ばなりだったようで、席を譲ってくれる人はいませんでした。 そしてその数分後、突如女子高生に悲劇が起き、電車内は騒然としたのです。 一体なにが起きたのか・・・。 女子高生に起きた事は次のページで♪

怒り

【驚愕】「痴漢だ!やめろ!」女性へのAED装着で痴漢呼ばわりされ通報、ありえない社会に怒り

1: ファニーちゃん 人助けすると通報される 皆さんはAED(自動体外式除細動器)という装置をご存知でしょうか? 簡単に説明しますと 「心臓の状態をAEDが判断して、自動的に電気ショックが必要かどうかを教えてくれます。そして、電気ショックをすることで、心室細動を止めて正しい心臓のリズムに戻す事が可能」 心配停止状態の人が居た場合、迷わずこの装置を使うのが基本です。 AEDの使い方として電気パッドを貼り付けるため上半身の服を脱がしたりしないといけません。 女性の場合はブラジャーが邪魔になる可能性もあり、とらないといけない場合もあります。 しかし、世の中にはこのAEDの事を良く知らず、「女性の服を脱がすのは犯罪」と騒ぎ立てる人がいます。 AEDの知識が少しでもあれば分かりそうなものですが、勘違いをしている人も。 先日こういった知識がない人がとんでもないツイートをしました。 、#女性 に #aed は使わないと。 人前で 下着姿や裸にさせる行為は #痴漢 #セクハラ と判断される。また、心臓マッサージで勢い余って肋骨折ったら、過剰処置で訴えられるとも聞いたから、知合人限定にしよう! 救急隊呼んで待機が一番。 #応急処置 #心肺蘇生 https://t.co/x6UDLK1AV3— Katokichi (@kato196011) 2017年3月10日 この人が言っていること、これはほぼ全て間違いです。 間違った知識をこういったSNSなどで公開するのはあらぬ誤解をうむことになり非常に危険です。 このツイートに対して真正面から反論しているのがツイッターユーザーの「ひもたろう」さん。 こういう馬鹿がいるので声を大にして言っとくが女性へのAED装着で痴漢だのセクハラだの、警察官は判断しないし立件もされない。胸骨圧迫が強すぎて胸骨を折る例なんてザラ、圧迫が弱い方が救命上アウト。むしろ頑張ったね!って褒められますよ。救急隊到着まで待機したら助かる者も助からん。 pic.twitter.com/f9Dyx73zdm— ひもたろう (@himotarou) 2017年4月27日 ・女性へのAED装着で痴漢だのセクハラだの、警察官は判断しないし立件もされない。 ・胸骨圧迫が強すぎて胸骨を折る例なんてザラ、圧迫が弱い方が救命上アウト ・救急隊到着まで待機したら助かる者も助からん とまさに完璧な反論であり、このツイートは大反響を呼んでいます。 また、実際に「「AED(自動体外式除細動器)」をつかって女性を助け、痴漢として警察に通報された」エピソードも合わせてご紹介します。 通報されたエピソードは次のページで♪

画像

【驚愕】バービー人形そっくりの女性が「すっぴん」を大公開!とんでもなく○○だった!

1: ファニーちゃん ウクライナに住む女性 ウクライナに住むヴァレリア・ルカノワさん(31歳)。 彼女は子供の頃からバービー人形が大好きで、少しでもバービー人形に近づくために整形などを繰り返してきました。 バービーになるために取れる手段は全て取ったとの事。 整形、豊胸、肋骨も1本取ったようです。 そんな彼女ですが、いつもは「バービー人形メイク」で化粧をしています。 バービーメイク時のヴァレリアさん。 なんと言いますか、本当にそっくりですw ここまでそっくりに再現できるという事に驚きですが、では実際ヴァレリアさんの素顔は一体どのようなものなのか、気になりませんか? これだけ凄まじい化粧をしていると、すっぴんの時のギャップも凄まじいはず・・・ そんな皆のモヤモヤを取り払ってくれるかのように、ヴァレリアさんが自身のスッピンを公開してくれました。 スッピンは次のページで♪

○○選

【極秘】美しすぎる!10代でヌードを披露していた15人の女優達!

1: ファニーちゃん 実は10代でヌードを披露していた驚きの芸能人15人!! 女性芸能人の中には、映画やテレビドラマ、写真集などでヌード姿を披露したことがある人が少なくありません。時には、巷で大きな話題になることだってあります。ある程度の年齢になって、脱ぐ方もいらっしゃいますが、中には10代という若さでヌードを披露していた人も!ヌードになっていたなんて、今からでは想像もつかなくて、もはやそのヌードが「伝説」にさえなっている方も!!そこで今回は、10代でヌードを披露したと聞いて驚く芸能人について探ってみました!! 池上季実子 祖父は歌舞伎役者の八代目 坂東三津五郎、叔父は九代目 坂東三津五郎・・などという名門一家出身の女優さん。2時間ドラマで大活躍されていますよね!!そんな彼女の若かりしヌードとは・・ 池上季実子は、次のページで↓↓

動物

【怒り】1年以上「木箱」に閉じ込められ、脊椎は曲がり、衰弱したブルドッグの「キキ」

1: ファニーちゃん ブルドッグのキキ 動物の虐待、いつになったらなくなるのか・・・ 世の中には虐待を受け、辛い状況のまま過ごしている動物が沢山います。 世界的にも虐待はダメだ、動物は大切にしないといけない、 という運動が少しずつ広がってきてはいますが、 自分より弱いもの、小さいものを虐待する人は後を絶ちません。 今回ご紹介させていただくのも「飼い主に虐待され続けたブルドッグのキキ」のお話です。 ココから↓ 彼女の名前は「キキ」 もうする2歳になるメスのワンコ。 キキは生まれてからずっと、今の飼い主のもとで暮らしており、 その間ずっと「ガレージの中にある木箱」の中に閉じ込められて暮らしていました。 木箱の中は狭く、身体を動かす事は出来ず、更には真っ暗でほとんど何も見えない状態です。 その為、キキは自分で歩く事は出来ず、食事を取る事もできない状態でした。 ある日、そんなキキに転機が訪れました。 近所に住む住人により救い出される事になったのです。 キキのその後は次のページで♪

○○選

【恐怖】精神病で自殺した日本画家「石田徹也」の見ると不安になる画像集

1: ファニーちゃん 夭折した画家-石田徹也の作品集 石田徹也は1973(昭和48)年静岡県焼津市生まれの武蔵野美術大学卒。 作風は風刺画的な側面が強いのが特徴。 また、作品には作家本人と似た青年が描かれることが多いですが本人は否定しています。 2005年に踏切事故で死去。 タイトル:「飛べなくなった人」 翼もプロペラもあるのに「飛べない」とは… タイトル:「ぐち」 ハサミで切符を切っている青年。うつろな表情にゾッとします タイトル:「ダンゴ虫の睡眠」 石田徹也の作品の中でも異色 次のページで!

面白

【ほっこり】「何処の城の姫君か…」困っている妊婦さんを助けた女子高生の一言が可愛くて思わずほっこり!

妊婦さんを助けた女子高生のほっこりする一言 困っている妊婦さんがいたらやっぱり助けてあげたいって思うもの! でもいざこういう場面に直面するとどうやって声をかけたら良いのかって悩んでしまいますよね。 とある妊婦さんもまた、女子高生に助けてもらったそうなのですが、その時の女子高生の一言が、まるで戦国時代のお姫様のようだったというのです! その体験をしたのはTwitterユーザーのきなこ(@3h4m1)さん。 妊娠中だった彼女は駐輪場でなかなか自転車を入れることができずに困っていました。 するとそこにちょっと内気な女子高生が思い切って声をかけて助けようとしてくれたんだそうです! そのやり取りの一部始終を今回ご紹介いたします! 妊婦さんを助けようとした女子高生とのやり取りがこちら! 自転車のタイヤはめの金具の高さが互い違いになっている駐輪場の「高い」方にわざわざ自転車を突っ込もうとして苦戦する妊婦(私)を見かねて勇気を振り絞った様子の内気そうな女子高生が「..お、お助けいたす..!」自転車のお尻を押してくれた。何処の城の姫か、かたじけない。— きなこ (@3h4m1) 2017年6月22日 女子高生もやっぱりどう声をかけたら良いのかわからず、思わずこんな言葉遣いになってしまったのでしょう(笑) きなこさんも思わず心の中で「かたじけない…」と思ってしまったようです。 実際にこの投稿を見た人たちからは、「ほっこりした!」「なんて気高い女子高生なんだ!」「なんて可愛くて心優しい姫君なのでしょう!」というように絶賛の声が寄せられていました。 そしてこの後には… 自転車をはめ終わった後、言い間違いに気づいて、頰を赤らめ走り去って言った姫。その制服は近所のS学院やな!おばちゃん電話して御礼言っちゃうから!ありがとう優しい姫。— きなこ (@3h4m1) 2017年6月22日 言い間違いに気付いた女子高生は恥ずかしそうに走り去っていったんだとか! ますます可愛らしいなって思っちゃいますよね。 この女子高生の勇気ある行動は本当に素晴らしいものだと思います。 きっと素敵な女性に育てられたのでしょうね!

動物

【感動】ある日突然、”愛犬がご飯を半分残すようになった”その理由に涙が止まらない・・・

1: ファニーちゃん 愛犬がエサを半分残す理由 飼い主さんはラブラドールの愛犬「クッキー」のエサが入ったボウルを見ると、 半分だけエサが残されているのを発見しました。 飼い主さんはそれを見た時・・・ 「ご飯の量がちょっと多かったのかな?」 「具合でも悪いのかな」 「食欲がなかったのかな」と色々と考えました。 クッキーがご飯を半分残すのには、ある理由がある事に思い出したのです・・・。 理由に気がついた飼い主さんは、思わず胸に熱くなる物を感じました。 この家には、クッキーの他にラブラドールの「スティッチ」という犬も暮らしていました。 2匹は年齢は離れていましたが、仲良しでエサを食べる時もいつも同じボウルで一緒に食べていました。 エサを分けて食べるという行動をクッキーに教えたのは、スティッチだったのです。 そんなスティッチが亡くなってしまい、クッキー1匹だけとなってしまいました。 クッキーはこの日から1つのボウルに入ったエサを1匹だけで食べることになります。 ボウルの中にも1匹分だけのエサだけ入っているのですが、 半分だけ残されているのです・・・。 クッキーは、スティッチと一緒に過ごしていた時と同じようにエサを半分だけ残して、スティッチの分を残していたのです! エサの量は1匹分なので半分残すという事は足りていないはずなのです。 今までの習慣が残っているのか、スティッチが食べると思って残しているのかはわかりません。 エサを残したクッキーの行動は本当に心優しいですよね。 スティッチが亡くなった事が分かったきたクッキーは、最初は落ち込んでいましたが、 少しずつ元気を取り戻しているそうです。 犬の絆って、素晴らしいものですね。