CATEGORY 面白

○○選

【立入禁止】世界に存在する禁断の地下施設、絶対に立ち入っては行けない場所10選!!

1: ファニーちゃん 一生、見ることはできない?!禁断の立ち入り禁止エリア10選!! 大きな都市には、普段は目に付かない部分があるものです。日常生活の中で我々が見るその姿は、全体の極わずかな断層に過ぎません。タマネギのように、上水、下水、電気ケーブル、地下鉄など、幾層もの階層から成り立っているからです。ある都市は古代文明の遺跡を覆い、またある都市では防空壕、貯蔵庫、地下基地といった比較的新しい建造物を隠しています。今回は、世界中の10ヶ所の都市から、そんな地下の秘密を暴き出してみましょう!! イギリス、ロンドン かつては、世界の中心都市だったロンドン。ロンドンほどの古都ともなれば、奥深くに隠された歴史の層の上を歩かずにいることは不可能なんです!! イギリス、ロンドンは、次のページで↓↓

ネタ

【素晴らしい】女性の「3歩下がって歩く」、本当の意味に「漢」を感じる

1: ファニーちゃん 日本人女性の「3歩下がって歩く」意味 「日本の女性は男性から3歩下がってついていく様な人が望ましい」と日本では昔から言われてきました。 今では廃れてきているこの風習、言葉ですが、聞いた事はあると思います。 皆さんはこの「3歩下がって歩く意味」考えた事はありますでしょうか? 実はこの行為にとても大切なメッセージが籠められていたのです。 おそらくほとんどの人はこう考えています。 『男を(後ろから)立てる』 『男を(後ろから)支える』 『しおらしくする(控えめで従順)』 こういったニュアンスが「3歩下がってついていく」のイメージとなっており、 「男は働き女は家庭を守る」というのが当たり前だった昔の時代の中での理想像にぴったりだったからとも言われています。 このような習慣や作法さから違う認識をもたれてしまったのが「3歩下がってついていく」という言葉、 本当はまったく違う意味合いで作られた言葉だったのです。 それは「女性から男性」ではなく「男性から女性」へのメッセージ。 3歩下がって歩く本当の意味は次のページで♪

ネタ

【愕然】「嘘…だろ!?」ホッキョクウサギの本当の姿が衝撃的すぎで驚きの声続出!

可愛いホッキョクウサギの本当姿に驚きの声 雪の上に丸くなって佇んでいる姿がとっても可愛らしいと言われているのが「ホッキョクウサギ」です。 その真っ白な体が雪の上でまるまっているのを見ると、なんだかホッコリさせられますよね。 まるで雪見だいふくのようなその姿ですが、実はこのホッキョクウサギには、私達が知らない驚きの姿があるのをご存知ですか? それは「ホッキョクウサギが立っている姿」です。 確かにまるまっている姿はよく写真などでも見ますが、立っている姿って見たことがないですよね。 ではホッキョクウサギの立ち姿というのはどのようなものなのでしょうか? ホッキョクウサギの立ち姿は次のページで

ネタ

【深い話】「オマエはオレの味方だろ?」揉め事があった時にどう対処するかで今後の人付き合いも変わる!

揉め事は避けたいけど避けられない場合は… 揉め事というのはやっぱり誰もが避けたいものですよね。 でも何故か自分がいつの間にかトラブルに巻き込まれていた…なんていうのもよくありませんか? 本来なら当事者同士で解決してほしいものなのですが、このように第三者を巻き込んで揉めることも結構多くあるようです。 その第三者になった場合、その時の対処方法を間違えてしまうと自分がまだ次のトラブルに巻き込まれる危険性もあります。 もし第三者としてトラブルが巻き込まれた場合は、どのように対応していけば良いのかということについて、あるTwitterの投稿が今話題となっているようです。 その内容はとても考えさせられるような内容でした。 考えさせられるツイートの内容は次のページで

面白

【ほっこり】「何処の城の姫君か…」困っている妊婦さんを助けた女子高生の一言が可愛くて思わずほっこり!

妊婦さんを助けた女子高生のほっこりする一言 困っている妊婦さんがいたらやっぱり助けてあげたいって思うもの! でもいざこういう場面に直面するとどうやって声をかけたら良いのかって悩んでしまいますよね。 とある妊婦さんもまた、女子高生に助けてもらったそうなのですが、その時の女子高生の一言が、まるで戦国時代のお姫様のようだったというのです! その体験をしたのはTwitterユーザーのきなこ(@3h4m1)さん。 妊娠中だった彼女は駐輪場でなかなか自転車を入れることができずに困っていました。 するとそこにちょっと内気な女子高生が思い切って声をかけて助けようとしてくれたんだそうです! そのやり取りの一部始終を今回ご紹介いたします! 妊婦さんを助けようとした女子高生とのやり取りがこちら! 自転車のタイヤはめの金具の高さが互い違いになっている駐輪場の「高い」方にわざわざ自転車を突っ込もうとして苦戦する妊婦(私)を見かねて勇気を振り絞った様子の内気そうな女子高生が「..お、お助けいたす..!」自転車のお尻を押してくれた。何処の城の姫か、かたじけない。— きなこ (@3h4m1) 2017年6月22日 女子高生もやっぱりどう声をかけたら良いのかわからず、思わずこんな言葉遣いになってしまったのでしょう(笑) きなこさんも思わず心の中で「かたじけない…」と思ってしまったようです。 実際にこの投稿を見た人たちからは、「ほっこりした!」「なんて気高い女子高生なんだ!」「なんて可愛くて心優しい姫君なのでしょう!」というように絶賛の声が寄せられていました。 そしてこの後には… 自転車をはめ終わった後、言い間違いに気づいて、頰を赤らめ走り去って言った姫。その制服は近所のS学院やな!おばちゃん電話して御礼言っちゃうから!ありがとう優しい姫。— きなこ (@3h4m1) 2017年6月22日 言い間違いに気付いた女子高生は恥ずかしそうに走り去っていったんだとか! ますます可愛らしいなって思っちゃいますよね。 この女子高生の勇気ある行動は本当に素晴らしいものだと思います。 きっと素敵な女性に育てられたのでしょうね!

ネタ

【驚愕】100%「嘘だろ!?」って言ってしまう、にわかには信じられない光景29枚!!

1: ファニーちゃん 思わず幻覚とかと・・あり得なさそうな29枚の画像!! 何かが、おかしい・・現実っぽいけれど、でも現実にはあり得なさそ~うな場面を激写した写真を集めてみました!!一瞬、幻覚か??と、我が目を疑ってしまいます!!でも、全部れっきとした「現実」なんですよね~。さぁ、画像の中の何が??なところなのか、考えながら見ていきましょう!! 工事現場 普通「工事現場」と言えば、こういった風景を思い浮かべるものです。でも、時にはとんでもないところで「工事」しなければならない時もあるわけで・・ 工事現場は、次のページで↓↓

ネタ

【整形】「400万の費用を使いエルフになった男性」のビフォーアフター画像!

1: ファニーちゃん ルイス・パドロンさん アルゼンチンに住む「ルイス・パドロン」さん(25歳)。 小さいときからファンタジーに出てくる種族の「エルフ」に憧れをもっていました。 彼は成長し、大人になるにつれその思いが強くなっていき、最終的に 「自分がエルフになりたい」 と強く願うようになりました。 そしてエルフになるために「400万円」を使い、整形手術を繰り返しました。 こちらは17歳のときのルイス・パドロンさん。 ルイスさんは若い頃にいじめられおり、そのせいでよりファンタジーの世界に没頭していきました。 ファンタジーの世界に入り込む事で幸せになれたそうです。 そして「自分がエルフになりたい」と思ったルイスさん、最初は髪の毛を伸ばし染色しただけでした。 しかし、これだけではエルフの姿には全く近づく事は出来なかったのです。 そこで、鼻の整形、アゴの脂肪吸引、目の色を変える手術、全身脱毛など、合計400万円弱の費用を使い肉体を改造しました。 その結果が・・・ 結果は次のページで♪

ネタ

【驚愕】お嬢様学校に通っていた女性が「普通の高校に編入」した時に感じた事が深い

1: ファニーちゃん お嬢様学校からの編入 お嬢様学校と普通の学校、一体何が違うんだろう、って皆さん思いませんか? お嬢様学校じゃなくても「女子高」と「男子校」と「共学」でも学校生活って違います。 共学は良くも悪くも普通、女子高は男子が居なく、意外と華やかさが多いわけではなく「雑」な事も多いもの。 男子校はとにかくムサい。 じゃあお嬢様学校はどんな感じでしょうか? 今回ご紹介するのは「今までお嬢様学校に通っていた女性が普通の高校に編入した時に感じた事」です。 お嬢様学校から普通の高校に編入してきた1人の女性。 一体彼女は何を思ったのか。その内容は・・・ ツイッターユーザーの「リオン」さんの友人にお嬢様学校から編入してきた人がいました。 その時、その友人が放った一言、思った事がかなり深く考えさせられる内容だったのでご紹介します。 こちらがツイート お嬢様女子中学から庶民女子高校へ編入した友人から「お嬢様は自分が愛されて可愛いことは知ってるから皆余裕があって仲が良かった。あなた可愛いわね私も可愛いのよ皆可愛いわねみたいな。でも庶民校は荒れたブスが悪口ばっかり言ってて派閥が凄かった」みたいな話を聞かされておうふ…ってなってる。— リオン (@beer_wine_rion) 2016年7月15日 お嬢様学校の女性達は「愛されて育った為、人の陰口を言わい人が多い」ようです。 勿論、人それぞれだとは思いますが、周りからも褒められて愛されて育ってきたために余裕があり仲がよかったようです。 そして普通の高校の人達はこれも全員ではないでしょうが「心が荒れて悪口ばかり言ってる」というのです。 よくアニメや漫画なんかで「学校での女の戦いは陰湿」とかいう場面がありますが、お嬢様学校ではなく普通の学校でよく起きる事だったようです。 このツイートには色々な意見が寄せられています。 お嬢様学校に綺麗な子が多い理由は、父親が高収入なため、綺麗な奥さんと結婚できて、その遺伝子を継いだ子供も綺麗というか仮説が数多から離れない@beer_wine_rion @gyaroido1582 お嬢様女子中学から庶民女子高校へ編入した友人から「お嬢様は自分が愛されて可愛いこと— 高田 修三 (@_zonish) 2016年7月16日 @beer_wine_rion @mamoizm 自己肯定感や自尊心が育っていないと、自分を認められないことと同様、他人との違いを認められず、上には醜い嫉妬、下には浅ましい差別とつまらない人間になる。— かもねぎP (@bororboroAbaba) 2016年7月15日 @beer_wine_rion @UsamiJun やっぱり女の子産まれたら御嬢様学校へ送るのがいいのですね。 その前に稼がないとw— kekeyon3@ワサラー団 (@kekeyon3) 2016年9月14日 @beer_wine_rion 金持ち喧嘩せず なんて聞いたことがあります。— Shintaro Ishihara (@syn_scene) 2016年7月17日 人の事をねたむ人っていうのは基本的には「自分が不幸だったり充実していない」人が多く感じられます。 「幸せで愛にあふれる人」達っていうのは実際にはそういった事をする人は非常に少ないものです。 人をねたむ時間があるならもっと有意義な事に使いましょう。そんな感覚のようです。 また、男性や女性が思う「この子はお嬢様に違いない!」という女子大生の言動が面白かったのでそちらもご紹介します。 お嬢様に違いない言動は次のページで♪

面白

【面白】「お前じゃ話になんねぇよ!店長出せ!!」ガラの悪い人が放った言葉の真意にほっこり!ちょっと笑える面白エピソード8選

1: ファニーちゃん 笑える優しいエピソード 人の優しさって些細な事でも感じることがあります。 笑える、泣けるエピソードを紹介します。 どこまで走るのか気になります。 舞松原駅にてすでに満員状態で入ってくる電車受験生であろう女子中学生3人が入りきらず半泣きで諦めモードすると入口付近の男子中学生達がぞろぞろと降りだすそして「俺ら走るんで、乗ってください」男前かお前ら— 的ちぇけら®︎ (@yudai070714) 2016年2月4日 怖そうな人だけど、本当は優しい人だったんですね。 H本買う時は女の子に気を使ってたんですね。 バイト中inレジ柄悪い人「お前じゃ話になんねぇよ!店長出せ!!」私「申し訳ございません…?」ー会計終了ー私「私なんか悪い事しましたかね…?」店長「Hな本買うときに女の子に会計させんの申し訳ないから代わってもらったんだって(´・ω・`)」私「可愛いっすね(´・ω・`)」— ゆま (@yuma_ryosuke) 2015年5月9日 子供って親の事よく見ていますよね。 40円しかないお小遣いから10円くれるなんて感動です・・・。 おつりの無いように入れる教材費の封筒を眺めながら「あー10円玉ないなー」って呟いたら、全財産40円の次女が無言でこれを握らせてきたんだけど使えないよ…田中邦衛の泥のついたおさつくらい使えないよ… pic.twitter.com/XwfVideo4w— marie (@izakayamarichan) 2015年6月11日 よほど道が分からなくて困っていたのでしょうね。 お礼が言いたくて通い続けるのは凄い人です! トラックの運転手さんが「忙しいところ、ごめんな。道が分からなくてよ……」と尋ねてきて、即席の地図を書いて教えた。それから一週間後、おっさんが私を見るなり喜色満面で「やっと会えた! 直接お礼が言いたくてよ、通い詰めたんだ。あんときはありがとな! 」と言葉を掛けられ、心が溶かされた。— 松駒 (@matsu_koma) 2015年3月18日 世の中には良い人がまだまだいるんですね。 ・こんなにいい人が世の中にはいるんだ。・ pic.twitter.com/V96ftmj94y— @LEGO___TOYSに移行 (@airi0330tslove) 2014年5月24日 誰に贈るケーキなのか気になっちゃいました。 妹なのか彼女なのか・・・ ケーキ屋でバイトしてた友人が史上最も萌えた客は、プレートを指差し、消え入るような声で「『ごめんね』って書いてください……」とお願いしてきたやんちゃ系のお兄ちゃんだそうです。— よう #365日の百合 (@oshiroi_you) 2013年9月19日 続きを歌ってあげたのも優しさ感じます。 乗りでお歌の上手な9番様も素敵です。 銀行にて幼女「めーだーかーのがっこうはー」「かわのーなかー」「そーっと…」「…?」俺氏『のぞいてみてごらんー』幼女「!」幼女・俺氏「そーっとのぞいてみてごらんー」「みんなでおゆうぎしているよー」幼女「じょうず」俺氏「アザッス」銀行員「おうたの上手な9番様〜」— 病葉 (@wkwklover) 2013年7月24日 妹と友達間違って鼻拭いてあげようとするなんて・・・ 笑える過ぎますw クシャミした男子高生が横の友達に『なぁ、ティッシュ』って言ってて『もぉ~!なんでティッシュくらい持ってねんだよ!ほら、こっち向け!』って鼻にティッシュあてながら『間違えた!お前妹じゃねえ!!』ってどうみても見間違えないだろうという長身男子相手にキレてて、思わず鼻水吹き出した。— 小粒なっとう(そい) (@k_kiriui)…

ネタ

【面白】「彼女への別れようメールを親父に送信!?」男女間の色々な面白いけど怖いエピソード9選

1: ファニーちゃん 男女間の怖いエピソード 恋人通しや夫婦の間でも、何か秘密があったり隠し事ありませんか。 そんな男女間のエピソードを集めています。 自分に当てはまってしまってドキッっとする人もいるかもしれませんねw 初めて紹介した彼氏の家でWi-Fiに接続されるのは怖すぎです。 彼氏を自分の友達と初めて会わせた後に、彼氏の部屋で宅飲みしてたら「はじめまして~☺」って挨拶していた友達のスマホが彼氏宅のWi-Fiに接続されていたって話がすごい好き— しゅうじ (@syuuzi0903) 2017年7月30日 何歳の時に…計算しない方が良いですね・・・。 本当にあった怖い話30歳のAさんが21歳の女性と結婚することになったことを職場の先輩に報告した時の話。Aさんの先輩「若い嫁さんもらったなー。親御さんとか良く許してくれたな。」A「もう8年も付き合ってますからね。流石に大丈夫でしたよ。」— 賽/ダイスベーダーP (@DiceVaderP) 2017年8月17日 怖い世の中になってきているのかもしれません。 元彼のフルネームからまずFacebookを特定して、FB友達一覧からフルネームでInstagramしてる友人を見つけて、そのID名から友人のTwitterを特定して、そのフォロワー一覧から元彼のTwitter裏アカウントを特定して、元彼の浮気を発見した自分の話好き。— こばかな (@kobaka7) 2017年8月17日 えっ!二股ですか・・・? 三股とかではないですよね…。 友だちの結婚式で、夫の顔を見たことないし電撃結婚かなと思っていたら、「新郎と新婦は5年間つきあい〜」とナレーションが聞こえて、え?3年前に付き合ってたあの男は?半年前に別れたあの男は?おどろいていたら新婦が目くばせをしてきたので私も変顔を返した。— ツナ (@Tuna__chan) 2015年2月4日 携帯見られても、やましい事のない旦那さんで良かったです。 風呂上がりにリビングを覗くと嫁が真剣な表情で僕の携帯チェックをしていたので『今はそっとしておこう』と静かに寝室に向かったのだけど、今朝起きたらちゃんとスマホが充電器に挿してあって嫁って優しいなって思った。— 5歳(嫁公認アカウント) (@meer_kato) 2017年3月2日 間違いました。だけでいいように思いますよね。 死んでくださいは残酷すぎます。 元カノから「今でも少し好きですよ」ってメールがきたからビックリしてたら「あっ、間違えました。死んでください」ってメールがきてさらにビックリした。— わさだ (@sada_Kio) 2012年5月4日 お父さんに別れ話は驚いたでしょうね。 #したことがあるすごい怪我彼女への別れようメールを親父に送信— いくと (@1910_opkp) 2017年4月25日 告白して笑われるのは悲しいですね。 次から告白できなくなりそうな・・・ 大学生の頃、当時好きだった女の子と卒業したら離れ離れになってしまうので「最後に告白しよう」と思って勇気を振り絞って告白したら、何故かめちゃくちゃ笑われた挙句、笑いすぎて涙目になりながら「無理www」って言われた時の僕の気持ちが分かる?「笑顔もめっちゃ可愛いな…」って思ってました。— あど (@a_do_lf) 2016年6月5日 寝坊した彼氏の家の前で、待っている彼女少し怖いかも・・・。。 彼女との待ち合わせ時刻が迫ってるのに、外出の準備すら済んでなくてやばいなって思ってたら、彼女から今どこ?と確認の電話。彼女の執拗な追及を、家出たとこ、今自転車に乗ってる、あと5分で着く、と巧みにかわし、いざ家を出ようと玄関を開けたら、「よう。もう着きそうか?」って彼女が立ってた。— 伊織 「伊織さんと彼女」発売中 (@iorisanv) 2017年8月17日…