CATEGORY 衝撃

衝撃

【驚愕】ニュージーランド人に味噌汁のことを教えた結果、面白すぎる返事に笑ったw

1: ファニーちゃん ニュージーランド人に味噌汁のことについて教えたところ… a 大豆というのは昔から日本で様々な加工をされながら食べられてきた食材です。 昔は肉を食べる習慣がなかった日本人にとって、大豆は貴重なタンパク源だったことから、味噌や豆腐や油揚げや納豆など様々な大豆製品が作られてきました。 その後も枝豆やきな粉などたくさんの種類の食品を作ってきた日本人の知恵によって、現代の私たちにも馴染みのあるものとなりました。 その事実をもし外国人の方が知ったら、どんな反応をするのでしょうか? 今回TwitterユーザーのRain(@Oincook)さんがニュージーランド人との会話をTwitterに投稿しました。その内容がこちら! ニュージーランド人は味噌汁をうまいうまいと飲んでいて「味噌って何でできてるの?」「soy」「ところでこれ(豆腐)は何?」「soy」「へえ、あっこれ(油揚げ)おもしろいね、うまい」「それsoy」「マジかよウケる、怖、もう寿司食べるわ…ハッ……!Soy sauce……!」てなってた— rain (@0incook) August 21, 2017 外国人からしたら「日本は大豆ばっかり食べているのか?」と思ってしまうくらい衝撃的な事実だったことでしょう。 私たち日本人にとっては当たり前のことで気にした事はないのですが、こうしてみると外国人の方が驚くのも無理はありませんね。 このエピソードを見た人たちからは 「枝豆も納豆も美味しいよね!」 「愛すべきニュージーランド人…そして愛すべき日本文化」 「確かに大豆で作られているのってたくさんあるよね」 昔から伝えられた日本人の知恵は私たちに大切なことを教えてくれています。 大豆も含めて、この日本の文化を後世にしっかり伝えていきたいですね。

衝撃

【刺さる】13歳の少女が書いた詩は「逃げ」に関する内容だった・・・。

1: ファニーちゃん 13歳の少女が書いた「逃げ」に関する詩に様々な反応が寄せられた! a 今から2年ほど前のこと、ネットにある詩が投稿され、それがかなり話題となりました。 それは2年前の7月28日の産経新聞に掲載されていたもので、その詩を書いたのはなんと13歳の少女だったのです。 その詩がこちらです。 13歳が書いたとは思えないほど深い内容ですね! これは「逃げ」に関する内容で、色々なことを考えさせられますね。 実際にこの詩を見た人達からは… 真面目に答えると「逃げない」「逃げる」のいずれかの選択肢を状況に応じて選択する判断力が大事なのであって、「100%常に逃げない」「100%常に逃げる」のいずれであってもダメ。ここでは「100%常に逃げない」としか助言しない脳筋な大人がダメ。— ミノ駆動 (@MinoDriven) July 28, 2016 逃げていい。辞めていい。そのうち流れも気分も変わっていく。まぁいっかぁって思える様になるまで、逃げて!— Annamaria(アイハブ大和魂) (@Santamadonna) July 28, 2016 動物たちも同種の争いにおいては逃げてはいけませんよね。命がけで縄張り争いをするのも、それこそ逃げても負けても生きていけないからです。ここでいう「逃げていけない」は人間同士、同じ能力を持った者との戦い。生きるために、逃げていけないのは当然です。— 小山貴大 (@R25G3) July 28, 2016 人によって様々な解釈があり、いずれにしても深く考えさせる詩であることがよくわかりますね。 逃げることというのどれほど大切なことなのかを改めて考えさせられる詩だなと私は思いました。 皆さんはこの「逃げ」についてどのように感じましたか?

衝撃

【衝撃】夜行バスに乗ろうとした時に運転手から「靴を脱いで乗車してください」と指示。靴を脱ぐその理由とは!?

1: ファニーちゃん 靴を脱いで夜行バスに乗る理由とは? a 深夜に出発して朝早く目的地に到着することができる深夜バスは、非常に格安なものとなっています。 しかし実際はただ乗って寝るしかやる事がないうえに、椅子の寝心地が悪かったり、隣からはイビキが聞こえてくる…なんていう状況に遭遇することも多くあります。 トイレも車内に設置されていますが、トイレへ向かうまでも「起こさないように」と気をつけなくてはなりません。 正直朝になったら体が痛くなってしまう…なんていう経験をした事がある方も多いでしょう。 そんな夜行バスですが、ある日Twitterユーザーのぐろっち。(@D_no_syoku_taku) さんが乗車した夜行バスが凄すぎると話題になりました。それがこちら! 夜行バスで「靴脱いで乗ってくださ〜い」とか初めて言われたんだけど…もうこれ家じゃん… pic.twitter.com/pdTfqCzBaG— ぐろっち。 (@D_no_syoku_taku) March 11, 2018 なんと通路は絨毯張りになっていて、座席も個室になっていたのです。 スリッパも用意されており、座席の頭の部分は枕のようになっていて、さらに窓際には空調調整やリクライニングの調整も自由自在! まるでミニホテルのような夜行バスは「ドリームスリーパー」と呼ばれています。 現在は「大阪〜東京」「広島・福山〜東京」の間を運行しているのだそうです。 ただ値段は新幹線よりも高めなのですが、ネット上では「新幹線よりも快適なのでは?」という意見が多く見られました。 これなら快適に眠る事ができそうですね!もし機会があったら利用してみてはいかがでしょうか?

衝撃

【衝撃】職場のギャルが凄いハイテンションだったのでその理由を聞いてみた結果、予想外の返答に笑ったw

1: ファニーちゃん 何やら楽しそうなギャルの同僚…その理由とは? a Twitterユーザーのぱるての(@parute_no)さんは、同僚がとても嬉しそうにしている姿を目撃しました。 一体どんな良いことがあったのか気になったぱるてのさんは、その同僚に声をかけてみることに…すると予想外の答えが返ってきました。 職場のギャル、今日すごく嬉しそうだったので「何かいいことでもあったんですか?????」って聞いたら「あまりにも本当にマジで何一ついいことがなさすぎるのでせめていいことがあるフリをして精神を保っています…」と回答されて完全に????の行き場を見失いました。— ぱるての (@parute_no) February 9, 2018 なんとその女性は本当に良いことがなさすぎて、せめて良いことがあるフリをして精神を保っていたのです。 これには思わずぱるてのさんの笑顔の行き場を見失ってしまったようです。 このやり取りにネット上の人達の声は… 「何も良いことがなさすぎって…一体彼女に何が起きているのだろう…」 「セルフマインドコントロールができるなんて…このギャル同僚は侮れませんね」 「不機嫌を表に出さずに笑顔を絶やさない人って素敵です!きっといつか自分に福が巡ってきますよ」 と様々な声が寄せられていました。 辛いことばかりで泣いてしまいたい時にも笑顔でいるのはとてもタフな精神を持っているに違いありません。 この同僚の女性にいつか心から笑顔になれる素敵な出来事が起こることを願いたいですね。

衝撃

【驚愕】寝る時間になってもなかなか寝ない子供達・・・。母親が放った強烈な一言で一発解消!

1: ファニーちゃん なかなか寝ようとしない子どもたちに対して母親が放った一言 a 子どもは親の言うことを聞かずに夜遅くまで起きている事が多いですよね。 なかなか寝てくれない子どもに困ってしまった親御さんも多いのではないでしょうか? そんな中、Twitterユーザーのまめそま(@mamesoma)さんもまた、なかなか寝てくれない子ども達に困っていました。 そしてついにまめそまさんはある言葉を子ども達に発します。 つい先程、就寝時間を過ぎても消灯しない子供たちに業を煮やして「早く寝ないとお母さんが添い寝して自撮りSNSに上げるよ」と脅しながら寝室へ踏み込むと、照明がパッと消え、子供たちは毛布をかぶって身を寄せ合い「恐ろしい」「なんという無慈悲な」「それだけは勘弁してください」と震えてました。— まめそま (@mamesoma) February 5, 2018 確かにもしこれを実行されたとなると、子どもとしても恐ろしくて仕方ないですよね。 このやり取りを見たネット上の人たちからは… 「いいな!それ今度使います」 「これって起こす時にも使えますよ」 「私もたまに【早く寝ないとお母さんチューしてTwitterに載せるよ】って言うことがあります」 と様々な反応がありました。 しかしこうしてみると、親が子どもの写真をSNSに載せる際には子どもにちゃんと許可を取る必要があるというのを改めて感じさせます。 子ども達に言い聞かせる方法であるのと同時に、SNSの使い方についても感がさせられるエピソードでした!

衝撃

【驚愕】Appleから届いたメールには「IDを入れてください」と・・・。中を確認してみると有りえない事実が判明

1: ファニーちゃん Appleから届いた不審なメール!その内容とは? a iPhoneをはじめ、パソコンのMacintoshなど様々な製品を開発しているApple社。 実際に利用左派ている人が多い中、Twitterユーザーの ロリクラ☆ほーるど (@yukes_bukatsu)さんは、ある日Appleから一通のメールを受け取りました。 そのメールを読むと「アカウント情報が不正確なため、確認してください。もし確認しないまま24時間が経つとアカウントが停止になる」という内容でした。 すぐにメールに記載されているアドレスにアクセスすると、このようなページに飛ばされました。 実はこちらのページは偽ページで、本物のAppleのページはこちらです。 この事についてユーザーさんは… アップルを装った「詐欺メール」が来たんだけど、本物ぽくてスゲーと思ったので注意喚起で画像貼っときます。昔の詐欺メールっていかにも怪しかったけど、最近のは本物のアップルから来るサインイン確認メールとそっくりだし偽装サイトも綺麗でふつうにID入れそうになったよ。。。みんな気をつけてね pic.twitter.com/45T00KKSSH— ロリクラ☆ほーるど (@yukes_bukatsu) July 26, 2017 パッと見ると偽ページも本物のページにそっくりで、見分けも付きにくいです。 しかしよく見ると、記載されている言葉が違ったり、ページのURLが違ったり、ヘッダーの部分にあるメニューをクリックしても何も反応がないという特徴があります。 もしこのページに個人情報を入力していたかと思うと本当にゾッとしますね。 「自分はこんな詐欺には引っかからない」と思っていても、うっかり引っかかってしまう恐れもあります。 皆さんも身に覚えのない不審なメールが届いたら、十分に気をつけましょう。

衝撃

【驚愕】小学生がバレンタイデーの日に先生から「チョコを持っている人は残って」と言われ、そして・・・

1: ファニーちゃん バレンタインデーの日にチョコレートを小学校に持ってきたら… a 先月バレンタインデーがありましたが、皆さんは小学生の頃のバレンタインデーはどのように過ごしていましたか? 基本的にチョコレートを持ってきてはいけないという規則があっても、こっそり持って行っていた方も多いのではないかと思います。 今回Twitterユーザーのheroin (@_h_e_r_o_i_n_)さんが小学生だったときのバレンタインデーの思い出が話題となりました。 heroinさんの小学校もまたチョコレートを持ってきてはいけない決まりだったのですが、バレないだろうと思ってこっそり持っていくことにしました。 しかし先生が持ち物検査を抜き打ちで行ってしまい、クラスの皆に【チョコを持ってきた人だけ教室に残りなさい】と告げます。 「これは怒られて没収される…」と思ったheroinさんですが、その直後先生は驚きの言葉をかけます。 私の小学校はバレンタインチョコ持参NGで「どうせバレないだろ」と思いチョコを持ってったら持ち物検査があり先生に「チョコを持って来た人だけ教室に残りなさい」と言われヤバい!怒られる!と思ったら先生笑顔で「さ、今の内に好きな人の机にチョコを入れなさい」と言われて嬉しかった思い出があるな— heroin (@_h_e_r_o_i_n_) February 12, 2018 校則で禁止されているとはわかっていても、やはり年に一回の思い出を台無しにしたくなかったのでしょう。 この先生の対応にネットの人からは 「きっとその先生は正直に名乗り出るという大切さも教えてくれたんだね」 「なんかその先生の机にチョコを入れたくなりました!」 「素敵な先生!私なんてチョコ没収されたことあるよ…」 と賞賛の声が寄せられました。 コメントにもありましたが、きっとこれは正直に申し出ることの重要性を教えていたのかなと思います。 先生の素敵な教育に心が温まりますね。

衝撃

【驚愕】とあるダンスグループが語る実際にあった恐怖の出来事。ファンから大きなぬいぐるみの差し入れが、その中には恐ろしいものが仕込まれていた・・・

1: ファニーちゃん 人気男性グループに差し入れされたぬいぐるみの中に入っていたのは…? a 皆さんはアーティストや芸能人を応援するために、何かしらの差し入れをしたことはありますか? 本来ならこれからも応援しますという気持ちを込めて贈るものなのですが、今回この差し入れに恐ろしいものが入っていたのです。 事件の発端は男性6人組のダンスグループである「アナタシア」への差し入れでした。 2018年2月13日に公式twitterから発表されたお知らせに、ファンの人達も驚愕してしまったそうです。 【お知らせ】皆さまいつもたくさんの差し入れありがとうございますしかし残念なことに先日いただいた差し入れのぬいぐるみの中にGPSの発信機と思われる物が入っておりました。大変悪質であり危険なため、今後ぬいぐるみの差し入れは禁止とさせていただきます。ご理解の程よろしくお願いします。— アナタシア (@antsa_official) February 13, 2018 なんと差し入れとして贈られたぬいぐるみの中にGPSの発信機が入っていたのです。 恐らくは熱狂的ファンが住所を特定するために仕込んだものだと思われますが、これは立派な犯罪行為です。 このツイートを見た人達からは… 「こーゆー奴がいるだけで真剣に応援している人達に大きな迷惑がかかるんだよ…本当にやめてほしい」 「GPS仕込んだ人は本当に気持ち悪いし、メンバーだって怖かっただろうに…」 「これは他の差し入れも気をつけないといけないね」 と様々な声が寄せられていました。 そのアーティストの事が好きだからこそ行った行為だと思いますが、この行為はメンバーやファンに大きな迷惑をかけてしまいますし、犯罪行為です。 GPSを仕込んだ犯人は深く反省し、二度とこんなことをしないでほしいですね。

衝撃

【衝撃】花個紋って知ってますか?銀行印にも使える誕生日のハンコが話題に!

1: ファニーちゃん 366日それぞれ定められている花個紋が描かれた印鑑がオシャレ! a 皆さんは「花個紋」というのをご存知でしょうか? こちらは誕生日ごとに決められているもので、花から生まれた紋となっており、閏年の2月29日まで366日それぞれ定められています。 そんな中、花個紋と名前が印字されたハンコが今「可愛くてオシャレだ」と話題となっています。 この花個紋は四季折々の花がデザインされており、それぞれの紋には「個意ことば」という意味も込められています。 そしてその花個紋と名前を組み合わせたオリジナルのハンコを作ることが出来ます。 こちらは「シャチハタタイプ」と「木彫りタイプ」の2つから選べ、2本セットを選択することもできます。 ちなみに木彫りタイプのものは、銀行印としても使うことができますし、役所などで登録する際には事前確認を経た後に使うことが出来るとされれば、登録が認められるものとなっています。 さらにこちらの印鑑を購入すると、全ての花個紋が書かれたミニ冊子と花個紋と個意言葉が書かれたカードが付いてきます。 花個紋事に性格診断がされており、それを読むだけでも十分に楽しめそうです! また、こちらのサイトでは、自分の花個紋が何かを調べて購入することができます! 366日の花ずかん 自分用ではもちろん、誰かへの贈り物にもピッタリな花個紋の印鑑! 気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

衝撃

【笑劇】「三色団子が空から降ってきた!?」ドライブ中に起きた珍事件が想像を越えたwww

1: ファニーちゃん ドライブ中に起きた珍事件!これには思わず笑ってしまう… a 免許を取ると大好きな恋人や家族達と車に乗ってドライブを楽しむことも多いと思います。 大切な人と同じ空間にいて、つい会話が盛り上がったりと楽しい時間が流れるドライブですが、そんな時にちょっとした珍事件も多く起きているようです。 一体どんな珍事件に遭遇してしまったのでしょうか?まずはこちら! 信号待ちで暇になってインディの穴に中指突っ込んだら抜けなくなったもうこの状態で7kmくらい走ってる pic.twitter.com/FwmbssofhU— べー (@GZ20_GERAIROW) November 16, 2016 長い信号待ちの時に、何気なくインディの穴に指を入れてると、なんとそのまま指が抜けなくなってしまいました。 しかもこの状態のまま7kmも走行していたのだとか! 直線ならまだしも、カーブだったり曲がり道などでハンドルを切るときは苦労してしまいそうですね。 また他にも… 今日一番怖かった事件。運転中の足にポロっと何か落ちて、信号待ちに拾ってみたら刺さってるはずのバイクキーだった。お前ポロっじゃねぇよ抜けちゃダメだろ。お前もブロロンじゃねぇよ動いちゃダメだろ。 pic.twitter.com/cjMZWO8JwI— しゃけ (@RIsk_FReE_07) September 12, 2015 バイクを運転している時に、何故かポロッとキーが抜けてしまうという珍事件! しかし、本来なら止まるはずのバイクはキーが抜けてもそのままエンジンを稼働させて動いていたのだとか! こうなるといつ止まるかわからないので、運転するのも怖いですよね。 また他にも… ところで先日車に乗っていたら「ビタン!!!!」とすごい音がして、見たらフロントガラスに三色団子が落ちてきていました。。。止まれずそのまま帰りました。。。 pic.twitter.com/VavzIeS55M— matsu:低浮上 (@BrotKartoffel) April 11, 2016 走行中に大きな音がしたと思ったら、なんとフロントガラスに三色団子が落ちてきたという珍事件! しかもその団子は走行中にもかかわらずフロントガラスにくっついており、運転手さんもそのまま帰ってきてしまったようです。 一体なぜ三色団子が上から降ってきたのか…もはや謎ですね。 このように運転中に様々な珍事件に遭遇している人はたくさんいるようです。 しかし一歩間違えたら事故にも繋がりかねないものでもあります。 皆さんもこのような場面に遭遇したら慌てずに落ち着いて対処をし、事故を起こさないように気をつけましょう。