CATEGORY 衝撃

家族

【心に響く】「子供がうるさい」という住民からの苦情、それに対して管理人が配布した「意見書」が胸に刺さる

1: ファニーちゃん 管理人が出した意見書 住宅街やマンション等、沢山の人が集まる場所で必ずといっていいほど問題になるのが「子供の声」です。 住宅街でも勿論気になりますが、特に気になるのがマンション。 子供がいる世帯に隣接する世帯であれば、ダイレクトに響きますので結構辛いもの。 しかし、私達大人も幼少期があり、周りに迷惑をかけながら育ってきましたので、仕方のないものですし、子供が泣くのは当然の事です。 そうはわかっていても、毎日毎日うるさくされ、悩んでしまう人が沢山いるのも事実です。 仕方がない、といえば仕方がない事ではありますが、非常に難しい問題です。 そしてこういった問題は日本全国どこでもあります。 そのため、様々なところで対策が行われているようです。 そんな中、とある大型のマンションで管理人に寄せられた苦情のお話を今回はご紹介させていただきます。 ココから↓ マンションの管理人の元に、3世帯から苦情が寄せられていました。 その苦情の内容が 「隣の家からの泣き声がうるさくて夜も眠れないのでなんとかしてほしい。」 「夜中に大きな泣き声が聞こえてきて、こんな所には住めない。」 「子どもの声がうるさすぎる。騒音だ。」 といったもの。 管理人に苦情を言ってくる、また内容を見ても皆さん相当悩まされていたのでしょう。 強めの口調で書かれていることからその苦悩が垣間見れます。 そしてこの苦情に対する行動というものは限られています。 ・子供の居る家庭を注意する ・我慢してもらう ・物理的な対策をとる この3つくらいだと思います。 しかし、「子供の居る家庭を注意」しても相手は子供です、泣くのが仕事ですからどうしようもありません。 「我慢してもらう」だと根本的な解決になりませんし、住人同士でケンカする事になってしまいます。 その為取れる行動は「物理的な対策を取る」ことです。 管理人も悩んだ末、物理的な対策を取る事を決意したのです。 それは防音シートを導入する事・・・。 しかし、管理人はただ導入するだけではありませんでした。 意見書として、今回の経緯、自分の意見をマンション全員に配布したのです。 その内容に大人として、人間として考えさせられます。 管理人の意見書は次のページで♪

衝撃

【虐待】8歳から11歳まで、叔父から「性的虐待」を受け続けた少女、大人になった彼女が叔父に行った復讐

1: ファニーちゃん 3年間の地獄 世の中には「幼女嗜好」という趣味の人が存在し、無防備な子供に卑劣な性的虐待を行う人間がいます。 子供の頃にこういった性的虐待を受けた女性達は、一生消えないトラウマを背負う事になってしまいます。 子供の頃は何をされていたかわからない、けど思春期になってそういった事がわかるような年齢になると 「私は汚されてしまった」と深い怒りと悲しみと絶望を背負い、精神病に悩まされる女性が多く居ます。 海外でも、日本でも、こんな事は決して「あってはならない」事ではありますが、子供に対する性的虐待は横行してるのが現実です。 今回はそんな残虐で残酷な、最低な行為に立ち向かった1人の少女のエピソードをご紹介します。 アメリカのテキサス州で生まれ育ってきた女性の、 「性的虐待を受けた8歳から、大人になってから復讐を果たすまで」のエピソード。 ここから↓ アメリカのテキサス州で普通の、極一般的な生活をしていた彼女「ルーシー(偽名)」。 しかし、ルーシーは8歳から11歳までの間、性的な虐待を受けていたのです。 性的虐待を働いていた人物は、ルーシーの親戚である「アーリス・ジョセフ・チェイソン」。 ルーシーの中で当時は「親戚の若い叔父さん」という存在でした。 8歳という年齢のルーシーはアーリスにされていた事がどんな事か理解出来なかったのです。 しかし、ルーシーが思春期に入り、行為の意味をしったルーシーは絶望の淵に立たされたのです。 ルーシーさんはこう語ります。 「最初は強く抱きしめるだけであったが、次第に彼女が眠る部屋に忍び込んでベッドに入ってくるように・・・。 その後は、身の毛もよだつ事が行われて思い出したくもない」 更に時がたっても、当時の恐ろしい虐待の行為を忘れる事が出来ない彼女は数年間のカウンセリングに通うようになりました。 大人になった彼女はいつまでたってもこの「トラウマ」から抜け出す事は出来ませんでした。 そして、トラウマを克服するために「1つの決断」をする事にしたのです。 それは「警察官になって、叔父を逮捕すること」 衝撃の復讐劇は次のページで♪

衝撃

【驚愕】そんなまさか!!?家電量販店のマッサージチェアでうたた寝をしたら・・・とんでもない結末を迎えることに!!

マッサージチェアを使っていたらうっかり眠ってしまった… 家電量販店で販売されているマッサージチェアは実際に座ってどんな機能があるのかを試すことができるものもあります。 しかし中にはあまりにも気持ちよくて寝てしまっている人を見かけたことはありませんか? Twitterのユーザーである、こばたつ(@Htc_Mako_)さんもまた、家電量販店のマッサージチェアに座っていたら、だんだん眠くなってきてしまったようです。 そして目が覚めた時に、そこには驚くべき光景が広がっていました。 一体何が起きていたのでしょうか? ■マッサージチェアで寝ていて目が覚めたら… こばたつさんがマッサージチェアで眠ってしまって目が覚めると… 起きたら完全に閉店してたんだけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwやばいだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww出れないんだけど pic.twitter.com/CkIytdpoLI— こばたつ (@Htc_Mako_) 2016年8月15日 なんとお店は既に閉店してしまっていて、店内も真っ暗でした。 慌てて出口を探してみると… え…… pic.twitter.com/AalynpL1PB— こばたつ (@Htc_Mako_) 2016年8月15日 完全に閉じ込められてしまったこばたつさんは一体どうなってしまったのでしょうか… えー今回無事でれました警察10数人に荷物検査や取り調べなどされ 店長さんに確認してもらい何とか開放されました— こばたつ (@Htc_Mako_) 2016年8月15日 店長さんだけではなく、警察の方まで出動してしまうほどの大騒ぎに! 後に店長さんが謝ってきたそうですが、こばたつさんは寝ていた自分が原因だし…と呟いていました。 本来は店内のチェックをしてお店を閉めるのですが、広い店内だとうっかり見逃してしまうこともあるのかもしれません。 いずれにしてもマッサージチェアを試用する時は寝過ごさないように気をつけましょう。

衝撃

【驚愕】これがブラック企業か・・・コンビニでトイレを借りた結果、そのコンビニの恐ろしい状況を知ることになり言葉を失う・・・

コンビニでトイレを借りたら驚愕の事実が判明! 皆さんはコンビニでトイレを借りたことがあるでしょうか? コンビニのほとんどに設置されているトイレですが、このトイレのお世話になった方もきっと多いと思います。 そんなトイレには大抵「チェック表」が掲げられているかと思います。 これは何時に誰が掃除をしたのかというものをわかるようにしているもので、常に清潔にしているというのもわかるものとなっています。 しかし、とあるTwitterユーザーのさぬえ(@sanue11)さんはこのトイレのチェック表を見た時に、あまりの衝撃的な内容に驚いてしまったようです。 では一体このチェック表には何が書かれていたのでしょうか? ■Twitterのユーザーさんが見た驚愕の事実 その驚愕の事実がこちら! 立ち寄ったコンビニのトイレ清掃チェック表アベさん何連勤してるの pic.twitter.com/uUznLpzD6u— さぬえ (@sanue11) 2017年9月2日 何とトイレを清掃した人がほとんど「アベ」さん! もしこれが本当なら労働基準法にだって引っかかっていますし、アベさんの体調も心配してしまいますよね。 実際にこの内容を見た人達からは、 「え!アベさん!!休ませてあげてよ!人手不足が深刻っていうレベルじゃない」 「家族経営なのかな?それならアベさんでも納得だけど…」 「日本の社会の闇が垣間見えるわ…」 と様々な声が挙げられていました。 もしかしたら複数のアベさんが勤務しているのかもしれませんが、それなら名前の頭文字を()で書くなりすればいいのですが…真相はわかりません。 アベさんが無理な労働環境を強いられていないことを祈るばかりです。

衝撃

【神対応】お笑いライブ中に泣いてしまった赤ちゃん…。帰ろうとした親子に対して中川家の2人がとった行動が素晴らしい!

泣いている赤ちゃんに対する中川家2人の対応が素晴らしかった! 長年の人気を誇るお笑いコンビの中川家! 彼らの魅力は面白い漫才だけではなく、お客さんに対しての対応が素晴らしいというのも魅力の1つとなっています。 それは「よしもとお笑いまつりin所沢」での出来事でした。 中川家の2人が漫才をしている時に、とあるアクシデントが発生してしまいます。 場の雰囲気が悪くなってしまいがちなアクシデントでしたが、中川家の2人は素晴らしい対応をしてくれたんだそうです。 では中川家の2人はどんな対応をしてくれたのでしょうか? ■漫才中に起きてしまったアクシデント それは中川家が漫才をしている時のことでした。 Twitterユーザーのいなまりん☆(@maripop0210)さんの前に座っていた親子の赤ちゃんが突然泣き出してしまいます。 赤ちゃんは一度泣いてしまうと、なかなか泣き止まないので、場の空気も段々悪くなってきてしまいます。 それを危惧したお父さんは赤ちゃんを抱いて外に出ようとしました。 すると… 昨日の中川家ほんと神だったな。前方の席で、赤ちゃんが泣きやまくて退席しようとしたお父さんに礼二さんが「出て行かなくていい。そんな良い席なのに。赤ちゃんは泣くのが仕事。」と声をかけ、さらにステージに呼んで赤ちゃん抱っこして、お兄ちゃんが犬やネコの鳴き真似して赤ちゃん泣き止んだりして— いなまりん☆ (@maripop0210) 2017年2月1日 なんと中川家の2人は出て行こうとしたお父さんを引き止めて、赤ちゃんは泣くのが仕事だと言って、赤ちゃんをステージであやしてくれたのです。 さらに… ネタ中に響き渡る泣き声に、まわりも当人も気まずい空気だったと思うけど、それをひろって笑いに変えて、誰も嫌な思いをせず、お父さんと赤ちゃんにとっては、最高の思い出となったことだろし、さすがだなと思ったよ。赤ちゃんのお兄ちゃんが、階段でつまづいたこともしっかりひろっていじってたしね— いなまりん☆ (@maripop0210) 2017年2月1日 何十年も様々なところでお笑いライブをしてきたからこそできる神対応ですよね! この内容の投稿を見た人達からは、 「そして芸人さんは笑わせるのが仕事!こんな場面でも赤ちゃんを笑わせようとしてくれた中川家にはプロ意識が感じられる!」 「突然漫才ができなくなっても、中川家なら赤ちゃんをあやすだけでも場が持ちますよね!さすがです」 「内容を読んだだけなのに鮮明に場面が想像できてしまった…」 と絶賛の声が寄せられていました。 確かに中川家の2人ならこういった非常事態でも上手に立ち回れるという安心感がありますよね。 赤ちゃんのお父さんをはじめ、会場にいたお客さんもきっと特別な時間を感じることができたのではないでしょうか? 子供に対し風当たりの強い昨今、それでもお母さんや子供のために心温かい行動をとってくれている人たちがたくさんいます。 コチラの記事を合わせてご覧ください。 【神対応】「赤ちゃんは泣くのが仕事です」満員バスで泣き出した赤ちゃん。思わず降車しようとした母に運転手は・・・ 【感動】「これは考えさせられた!」子供の声に苦情をいれた住民に対して管理人が配布した意見書が話題に! 【泣いた】『いいかげんにしてよ!』人込みで子供に平手打ちをした母親。周りが騒然とする中、1人のおばちゃまが近づいてきて・・・

怒り

【怒り】「電車で女子高生に笑いながら動画取られました」友人と手話で会話していた時の出来事

1: ファニーちゃん 電車内での出来事 手話、聴覚に障害がある人達が使っている言葉の変わりに意思を伝達する大切な手段。 日本での難聴、聴覚障害の人口はおよそ600万人と言われています。 実際に手話で話している人を見たことがあったり、身近な人で手話を使っている人がいるという人もいれば、 テレビなどでしか見たことがないという人も多いと思います。 この手話を巡って気分が悪くなる出来事が起きました。 フェイスブックに投稿されたこの画像はまたたく間に広がり、話題になりました。 投稿したのは耳の不自由な方をご友人にもつ方で、その日はいつものように電車内で手話で会話をしていました。 すると前に座っていた女子高生がとんでもない行動に出たのです。 投稿されたものがこちら こちらが全文↓ 電車で、友達と手話で話したら目の前に座っている女子高校生に笑われました。 しかも、動画撮られたみたいです。 笑いながら、動画。 耳聞こえるのが当たり前な世界に耳が聞こえない人も居るんです 当たり前な生活を暮らすのは、そう簡単じゃないってわからない人がいるそうです。 なので、みんなこの画像を広めて欲しいです。 なるべく沢山の人に知って欲しいです。 「手話は、耳聞こえない人達の通じる方法の一つなんです」 目の前の座っていた女子高生は「手話での会話を笑いながら動画を撮る」という最低な行為をしたのです。 障害を持つ人を笑うのは当然ダメな事ですが、人を見て笑うというのは決してあってはならない事。 そんな事は子供でも知っています。 しかし、実際には世間ではこのような偏見や差別のようなものが今だに多く存在しているのが現状。 他にも同じような被害にあってしまった方も 手話使う人間なのだけど、奇異の目で見られたりあからさまに「公共の場ではやめてくれませんか」とわざわざ書いて来る人もいる。ムービーで勝手に撮られたこともある。そのようなことをやる人は自分が目にしない世界を容認できないのだろうな、と思う。— シン・ハルコ (@tamalovepoaro) 2015年1月28日 そもそも手話は人の意思や重いを表現する言語として存在しています。 それを笑い、あたかもバカにするような行為は決してしてはいけませんし、許してはならないことです。 今回被害にあってしまった方はこう願っています。 「なるべく沢山の人に知って欲しいです。」 少しでも多くの人に知ってもらい、世の中からこんな心の貧しい行為がなくなることを願います。

画像

【驚愕】「傾国の美女」と言われる程に美しいこの女性、本当の素顔を公開しネット騒然!

1: ファニーちゃん 傾国の美女 「国を傾けるほどの美女」の事を傾国の美女といいます。 簡単に言うと、君主がその美しさの虜になってしまい、国を危うくする可能性を秘めている程に美人の事をいいます。 今回ご紹介するのは、ネットで「美人すぎるだろ」と話題になった美貌の持ち主。 「烏鴉(ウーヤー)」さん 画像を見てもらえるとわかるように、文句なしの美人さんです。 知的で整った顔立ちをしており、さらにスレンダーでありつつも女性らしさもある体つき。 このウーヤーさんの「すっぴん」というよりも「本当の姿」がとんでもないとネットで話題になっています。 こちらが傾国の美女と言われたウーヤーさん 本当の姿は次のページで♪

衝撃

【驚愕】「お前は俺の舎弟だ。いじめられたらすぐ俺に言え」障碍を持った弟の面倒を見てくれたヤンキー君にもう一度会いたい

1: ファニーちゃん 障碍の少年を守っいたヤンキー君 世の中には不良だとかヤンキーだとか、言われる少年たちがいます。 そんなヤンキーの男の子に守ってもらっていた少年がいました。 ヤンキー君と守ってもらっていた少年の感動な話を紹介します。 ここから↓ 私の弟は28歳で亡くなりました。 脳疾患持ちで、合併症により15歳まで生きられない 20歳まで生きられれば幸いと医者からは言われていました。 よくぞ28歳まで生きたものです。 弟が小学5年生のとき無理を言って普通学級に 編入させてもらったときのこと。 弟にケイタ君という友だちができました。 家庭に事情のあるケイタ君は5年生ですでにゲームセンターに入りびたり タバコを吸うような早熟な不良でした。 そんなケイタ君なぜか弟の面倒だけは とてもよく見てくれました。 子どもは残酷なもの。 クラスの中に呼吸器を引きずったクラッチ付きの子に 決して寛容ではありません。 弟は男の子からも女の子からも陰湿なことをされました。 しかし、それはケイタ君がそばにいない時だけでした。 「ケイタがね、 『いじめられたらすぐに俺に言え お前は俺の舎弟だからな』 だって。 でも舎弟ってなんだろね。子分のことかな?」 弟はいつも家に帰ると母と私にそう言ってました。 修学旅行に行く途中で弟がそそうをしてしまったとき 一斉にはやしたてた同級生を尻目に ケイタ君はシモの世話さえしてくれたのです。 6年生の男の子がです。 卒業した弟が養護学校中等部に入ると ケイタ君は一層気合の入った 不良になってました。 だけど、養護学校の催すバザーに来てくれたり 生徒たちによるフォークダンスへの 参加さえもしてくれました。 なぜケイタ君のような優しい子が 不良と呼ばれるのだろうと思いもしました。 その後のケイタ君何をやったのか 16歳のとき警察に連れて行かれ噂では少年院に入院したとのこと。 それから東京に行ってしまったとも聞きました。 とにかく、ケイタ君とはそれっきりになってしまったのです。 弟が死んだとき28歳の短い生涯を象徴するように 身の回りの持ち物は極めて質素なものでした。 そんな所持品の中に きっと弟が大切にしてたであろう 木箱がありました。 弟が死んだ時 私も両親も、悲しみよりも 「やっと楽になれたねよく28まで生きたね」 と落ち着いた気持でその事実を受け容れました。 しかし、弟の身の回りの持ち物その中の木箱を開けたときに…

スカっと

【神対応】寿司屋の大将が「老夫婦を馬鹿にした」その時、隣の若者が言った言葉が刺さる

1: ファニーちゃん 老夫婦をバカにした寿司屋の大将 回らないお寿司屋さん。 回らないっていうだけで「美味しい」というイメージがありますよね。 実際にその通りで、回らないお寿司屋さんは基本的に美味しいもの。 そして握っているのは本当の「プロ」がお寿司を握っています。 長年修行して、寿司職人と呼ばれる人達の握る寿司は美味しいでしょう。 今回はそういったお寿司屋さんで起きた考えさせられるエピソードをご紹介します。 とあるサイトに送られてきた1通のメール。 そこには面白おかしく痛快で考えさせられるそんなお話が書かれていました。 ここから↓ 都内で会社員をしているAさんが先日、取引先の付き合いで都営地下大江戸線沿線の駅に隣接している回らない寿司屋で食事を取った時のこと。 お昼時ということもありほぼ満席の状態で、3組座ることのできる長テーブルに通されたAさんたちは老夫婦と若いカップルの2組と相席する形で席につきました。 先に座っていた2組はすでに注文を済ませたあとだったようで、私たちが席について間もなくお寿司が運ばれてきました。 運ばれてくるときに見えた輝く寿司ネタをみて、「おいしそうだなあ」と心待ちにしながら待っているとAさんたちの注文したお寿司も席まで運ばれてきました。 「ありがとう」と届けてくれた大将に伝え、さあ食べようとしたその時! 相席している老夫婦の女性があることを大将に話しかけたのです。 すると大将が激怒! そして老夫婦を「バカにする発言をしたのです」 続きは:次のページで♪

衝撃

【驚愕】「歩きスマホは絶対許さない!」名古屋にある公園の遊歩道で歩きスマホをしたら絶対に怪我すると話題に!?

これなら歩きスマホができない! スマホが普及してきた今、問題となっているのが歩きスマホです。 歩きスマホによってトラブルや事故が多発しており、各地で注意喚起をしています。 それでもまだまだ歩きスマホは減少することはなく、むしろ増加傾向にあるのも問題視されています。 そんな中、愛知県名古屋市のとある公園の遊歩道が、歩きスマホを絶対に許さないと言わんばかりの作りになっていると話題になっています。 それは一体どんな作りなのでしょうか? ■歩きスマホを絶対に許さない驚愕の遊歩道がこちら! 歩きスマホ絶対殺す道・春 pic.twitter.com/a3CcWUqSko— George@キジトラ㌠ (@George7650) 2017年5月1日 確かにこんな作りになっている遊歩道を歩きスマホで歩いたら確実に落っこちてしまいますよね。 ですがこのデザインになったのは歩きスマホを防止するためのものではなく、純粋に美しい形を求めた結果出来上がったものなのです。 歩きスマホが問題視されている今、こんな遊歩道を見たら「歩きスマホ対策!?」と思ってしまうのも無理はありませんよね。 でも改めてこちらの遊歩道を見ると、本当に美しい遊歩道ですし、自然の中にもしっかり溶け込んでいますよね。 ぜひ歩きスマホをやめて、周りの景色に目を向けて歩いてみてはいかがでしょうか?