CATEGORY 感動

感動

【驚愕】生まれつき右手がない生後20日の赤ん坊に絶望し手放した両親。その4年後少年に運命的な出会いが訪れる

1: ファニーちゃん 両親に捨てられてしまった少年が果たした運命の出会い a カザフスタンの孤児院で育った男の子のキリル君は、生まれつき右手がありませんでした。 実はキリル君は、この障がいによって生後20日の時に両親から捨てられてしまったのです。 実はカザフスタンでは、障がいを持った子どもが孤児院に預けられても養子として引き取ってくれる方が少ないのだそうです。 そういったことから、孤児院の職員たちもキリル君に新しい家族が見つかる可能性は低いだろうと思っていました。 そんなある日、カナダ人夫婦のデイブさんとレスリー・フェイシーさんが孤児院を訪れた時、「是非、キリル君を引き取らせてほしい」と申し出たのです。 職員はまた捨てられてしまうことを危惧して「本当に手が1つしかない子どもでも大丈夫なのですか?」と聞きますが、ご夫婦は固く決意をしていました。 こうしてカナダに夫婦とキリル君がやってきて、新しい生活が始まったのですが、ここで運命的な出会いを果たします。 その人物はデイブさんの父親でした。 実は彼も生まれつき手が1つしかなかったのです。 デイブさんの父親は、何も言わずに膝をついて右腕を差し出し、その姿を見たキリル君は嬉しそうに握り返しました。 きっとキリル君にとっても特別な時間だったことでしょう。 両親に見捨てられて辛い想いをしていたキリル君ですが、こうして優しい家族に囲まれて暮らすことになって本当に良かったです。 その後のキリル君は、とにかく目を見張る成長を遂げていきました。 日々英語が上達していき、新しい友達もできたそうで、障がいに対する万全なサポートも受けられるようになりました。 今回キリル君を引き取ったデイブさんは… 「僕の父親は尊敬されるビジネスマンだし、過去にはパラリンピックにも出場したことがあるんだ!だからやる気があれば人生何でもできるようになるし、楽しむことだってできる…というのを父親から教わったんだ」と語っていました。 きっとキリル君は、これからも心優しい家族に囲まれて幸せに楽しく過ごしていくことでしょう!

家族

【動画】66年間連れ添った最愛の妻を亡くしてしまった94歳の男性。寂しさを紛らわすためにとった行動が全米でニュースになることに!?

1: ファニーちゃん 妻を亡くしたおじいちゃんの取った行動は皆を笑顔にした! a アメリカのミネソタ州に住んでいる、キース・デイヴィソンさんは、94歳のおじいちゃんです。 彼は2016年4月に66年間ずっと一緒に過ごしてきた妻のエヴィさんが亡くなってしまったことで、ずっと孤独感を感じながら過ごしていました。 そこでキースさんは寂しさを紛らわすために、ある行動を起こし、それが海外でニュースになるほど話題となりました。 その様子がこちら! 1人暮らしだったキースさんは、なんと自宅の裏庭に大きなプールを作って子ども達に無料で開放することを決めたのです。 それからというもの、キースさんの裏庭にはたくさんの子ども達がプールではしゃぐ声が聞こえるようになりました。 遊ぶ子供たちはもちろん、その様子を見守っているキースさんにも笑顔が溢れました。 キースさんはメディアの取材に対して「もう自分は1人ではないと感じるようになった」と話していました。 愛する奥さんが亡くなった時の寂しさや孤独感は計り知れないものだったかと思います。 けれども思い切った行動をすることで、たくさんの人たちを笑顔にしてくれました。 キースさんはこれからもたくさんの人たちの笑顔に囲まれて過ごしていくことでしょう!

動物

【感動】ガリガリにやせ細り餓死寸前だった1匹の犬。発見当時わずか2.9kgしかなく過酷な環境で育った犬が、新たな飼い主の元で生まれ変わる姿に涙

1: ファニーちゃん 犬の体重は2.9kg 2015年9月にイギリスのコベントリーで、グレーハウンドとサルーキのミックス犬であるウィリアムが発見されました。 発見された時の様子は、すっかり痩せてしまっており、立つことすらできないほど衰弱していました。 さらにこのくらいの年齢の子は本来なら10kgほどの体重なのですが、ウィリアムの場合はわずか2.9kgしかありませんでした。 非営利団体の英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)が調査をした結果、この子の元飼い主は何も考えずに子犬を購入し、飼いきれずに捨てたのです。 その時のウィリアムの姿を見たニッキー・フォスターさんは「10年間ここで働いていましたが、いままでで一番痩せこけていた犬でした…身体中の骨が浮いて見えていたんです」 と語っていました。 そんなウィリアムに、ある日心優しい里親さんが現れ、その結果みるみる元気になっていったのです。 ■ウィリアムのその後と元飼い主の処分 そんなウィリアムを家族の一員として受け入れたのは、レイチェルさんという女性でした。 ウィリアムは適切な治療の後にレイチェルさんに引き取られ、その後は1日4食をしっかり食べていき、徐々に健康的な体を取り戻していきました。 そして彼女は、婚約者のクリス・マレットさんと結婚式を挙げた時に、せっかくだからとウィリアムに素敵なセーターを着せてバッチリオシャレをさせてあげました。 レイチェルさんはその時のことについて「この子がRSPCAに保護されている時はとても危険な状態でした…。でも結婚式の時は楽しそうに尻尾を振って一緒に喜んでくれたんですよ」 と話していました。 またこの新婚さんには既に11歳のウエストハイランドテリアのハリーを飼っており、この2匹もすっかり仲良しになって今では大親友となっているようです。 ちなみにウィリアムの元飼い主はクリストファー・ラシュトンとカースティ・ヘールズといい、ウィリアムを捨てたことを認めました。 2人はネットの広告に掲載されていたウィリアムを見つけて、なんの準備もせずにそのまま衝動買いしてしまったのです。 その結果、育てられないと思い、ウィリアムを捨てたのです。 今回の件で2人には動物虐待の罪で執行猶予付きの判決を受けました。 そして35時間の無賃労働を命じられ、一生動物を飼うことを禁じられました。 もう少しで餓死してしまう所だったウィリアムが、心優しい夫妻に引き取られ、幸せに暮らしていけるようになって本当に良かったですね。

動物

【本当の愛を知った最後の8日間】非常な飼い主に捨てられてた全身ダニだらけの老犬。生まれて初めて知った”本当の愛”に包まれた最後の8日間に涙がとまらない

1: ファニーちゃん 非道な飼い主に捨てられたのはダニとノミだらけの老犬 2017年2月にラブラドールレトリバーの老犬であるコリンが非道な飼い主によって庭の外に捨てられているのを隣人が発見しました。 隣人は飼い主に何故そんな酷いことをするんだと問い詰めたところ、なんと飼い主は「この犬は病気になってるし、体中ノミやダニだらけで、もう価値がない」と信じられない返答をしてきたのです。 隣人は飼い主の非道さに愕然とし、すぐにFacebookでコリンがどんな状況なのかというのを写真に投稿しました。 その投稿を見つけたのは、アメリカフロリダ州マイアミで動物保護活動を行なっている「Their Lives Matter Inc.」の創設者であるグレースさんでした。 コリンの姿を見た彼女は非常にショックを受け、ただちに救出しに現地へ向かって保護しました。 そして地元の動物病院へ連絡を入れて、数時間後にはコリンを動物病院へ搬送して検査を行うことができました。 その結果、コリンには背中に大きな傷があり、さらに大量のノミやダニが体中におり、その数は1,000匹ほどいたんだそうです。 さらに詳しく検査をすると、コリンの目はほとんど見えておらず、今までどれほど辛い思いをしてきたのかと考えるとグレースさんや獣医達も心を痛めていました。 血液検査を行ったところ、重度の貧血はありましたが、幸運にもダニによる感染症やフィラリアにはかかっていませんでした。 そして獣医達はすぐにコリンの体からダニやノミを5時間かけて除去し、抗生物質を投与して丁寧にシャンプーも行いました。 そして暖かい毛布と美味しい食事を与えられ、優しいスタッフから声をかけられたりと、たっぷりの愛情を受けることができるようになりました。 その結果もあり、コリンは搬送されて24時間後には尻尾を振れるほど回復していきました。 ■コリンが過ごした最期の数日間は幸せなものだった 治療を受けるようになったコリンは数日後には食欲も出てきて、尻尾を振って喜びを表現することができるようになりました。 その姿を見たグレースは「コリンが助けてくれた獣医達にお礼を言っているようだった」と話していました。 しかしコリンは全身が関節炎になっており、背中に出来た腫瘍も除去しなくてはならず、鍼治療する予定だったりと大変な治療が待っています。 その様子を見たグレースさんは「飼い主に恵まれなかったせいでコリンはこんな辛い経験をすることになった」と辛い胸中を語りました。 実際に飼い主がたっぷり愛情を注いで育てていて、病院にも行っていれば、コリンは失明していなかっただろうし、関節炎にもなっていなかったし、ダニやノミだらけにならずに済んでいたはずなのです。 ただただコリンは多くを望まず、暖かいベッドと食事と愛情が欲しかっただけなのに、それすら与えられなかったということにグレースさんは悲しみと怒りを感じていました。 そしてグレースさんはコリンに残された時間はもう長くないと思っており、コリンを毎日たっぷり愛していきたいと改めて誓ったのです。 2017年2月20日に保護されたコリンは同年2月28日に天国へと旅立ちました。 医療スタッフとグレースさんは悲しみを抱えながらもコリンの冥福を祈り、コリンを応援していた人たちからも悲しみの声が寄せられました。 グレースさんはコリンの最期について「もっとコリンと一緒に過ごしたかったけれど、コリンが生きた最期の数日間は愛情に満ち溢れた幸せな時間だったと思います。たくさんの方々がコリンを愛してくれたことに感謝します」 と語り、最期のコリンはとっても幸せなものだったと振り返っていました。 コリンはきっと今頃天国で全ての苦しみから解放され、楽しく走り回っていることでしょう。

感動

【驚愕】ホームレスのビリーさんが街で小銭入れを置いて座っていると、女性が自分の小銭入れに入っていた小銭を全て寄付。しかし女性は寄付した後とある事に気づき青ざめた・・・

1: ファニーちゃん 小銭入れの中身全てを寄付した女性がショックを受けた理由 ある日、アメリカのカンザスシティーでホームレスのビリー・レイ・ハリスさんという男性が、とある奇跡を起こしました。 それは今から遡ること4年前…ビリーさんが街で小銭入れを置いて座っていると、サラ・ダーリンさんという女性が自分の小銭入れに入っていた小銭を全て寄付してくれたのです。 しかし小銭を全て寄付したサラさんは、帰宅後にとあることに気がついて青ざめてしまいます。 なんと彼女の小銭入れの中には大切な婚約指輪が入っていたのです。 サラさんはすぐにビリーさんのいた所に戻りましたが、残念ながらビリーさんの姿は見当たりませんでした。 一方、ビリーさんは自分の小銭入れに指輪が入っていることに気がつき、その指輪を査定してもらうために宝石店へ向かっていました。 その結果、こちらの指輪には本物のダイアモンドが使われており、その価値は4,000ドル(日本円で約46万円)ほどだという査定結果になったのです。 宝石店は現金買取をしましょうと申し出てきたのです。 ビリーさんは「これだけのお金があれば人生が変わる」と思ったのですが、ふと「この指輪は絶対に誰かの大切なものに違いない」と思い、現金買取を断ってお店を出ました。 そしてその持ち主が現れるまで、ビリーさんは大切にその指輪を取っておいたのです。 一方のサラさんは、婚約指輪をなくしてしまったことでショックを受けながらもビリーさんを探していました。 そしてようやくビリーさんを見つけます。 その時サラさんは「私のことも覚えていないだろうし、指輪も売ってしまったかもしれない」と諦めながらもビリーさんに「私を覚えていますか?」と声をかけます。 するとビリーさんは笑顔で「もちろん!覚えているさ」と言って、カバンの中からサラさんの婚約指輪を取り出し、彼女に渡します。そして… 「あなたにとってこの指輪がどれだけ大切なのかよくわかりますよ」と話してくれたのです。 経済的にも厳しい状態ではありながらも、高値のついた指輪を売却せずに、しっかりと持ち主の元へ返した姿に、サラさんとその婚約者は感激をしました。 そして彼女達はビリーさんを助けるために「資金調達キャンペーン」というものを立ち上げ、この話を公開しました。 するとこの話に感動し、賛同した方たちからたくさんの寄付金が寄せられ、最終的には20万ドル(日本円で約2,300万円)も集まったのです。 その後ビリーさんの人柄に感動したサラさんと婚約者の方は、 またこのキャンペーンで、音信不通だったビリーさんの姉妹とも連絡を取ることができました。 さらにビリーさんは安全に暮らすことのできる場所も見つけることができ、生活がどんどん良い方向へ変わっていったのです。 ビリーさんは「神の祝福なのでしょうか…私にも品性が残っていたんですね」と話していました。 経済的困難な状況でも、誰かの大切なものを売却せずに大切にとっておいた姿を神様は見ていたのかもしれません。 謙虚で美しい心を持っていれば、いつかは救われるんだということを改めて感じさせる素敵なお話でしたね。

動物

【感動】目が見えない為、母猫に見捨てられてしまった生後5ヶ月の子猫。救ったのは1人の女性だった

1: ファニーちゃん 目が見えない猫と保護した飼い主 当時、生後5週間の猫であるニムは生まれつき目が見えなくなっており、その姿を見た母猫は野生では生きられないと思い、ニムを見捨ててしまいました。 目が見えない状態のまま1人ぼっちになってしまったニムは本当に心細くて寂しい生活を送っていました。 しかしそんなニムを助けたのは、今の飼い主さんで、温かい家で愛情たっぷり受けてすくすくと育っていきました。 こちらが保護されたニムです!そんなニムは飼い主さんのことが本当に大好き! こうして飼い主さんとハグして抱きしめるのがとっても好きなのです! ニムは目が見えなくても他の感覚を使って見ることができており、一度歩いた場所は忘れないですし、初めて歩く所でも嗅覚や触覚で身の回りの状況を見ながら過ごしていたのです。 この飼い主さんはニムを保護した後に、もう1匹の盲目の猫も保護していました。 この2匹はすぐに仲良しになり、今ではすっかり一緒に遊ぶ仲なのだそうです。 またニムの魅力はまだまだたくさんあり、散歩中に出会った動物たちとすぐに仲良くなることができました。 ■保護されたニムの魅力 実はこの飼い主さんの家には既に1匹の犬が住んでいました。 ニムはこの犬に対しても臆することなくフレンドリーに接していたのだそうです。 このようにニムと犬とニムの後に保護された猫は3匹仲良く過ごしているようです。 生後5週間で母猫に捨てられるというのは本当に寂しいことですし、辛いことだったと思います。 それでも心優しい飼い主さんに保護してもらい、こうして幸せに過ごすことができるようになりました。 これからも一緒に住んでいる友達と遊んだり、飼い主さんにハグをしたりして愛情をたっぷり受けながら毎日元気に過ごしていくことでしょう!

感動

【動画】勉強が苦手な息子が試験に合格!息子の成績を見た父親は思わず○○!

1: ファニーちゃん 息子からの報告に父号泣…その姿は微笑ましいものだった ある日、数学が苦手だった男の子が試験に見事合格をしたので、それを父親に報告しようとします。 報告した時の父親の反応が楽しみだった男の子は、隠し撮りをすることにしました。 そして試験に無事に合格をしたことを父親に告げた時、父親はこれでもかというくらい大喜びをしてくれたようです。 その父親の様子がこちら! 息子さんの成績を見た父親は思わず大号泣! 息子さんを強く抱きしめて「よくがんばったな」と息子さんの努力を褒め称えていました。 さらにもう一度結果の紙を見て「夢じゃないよな!」というような表情をします。 こんなに喜んでくれる父親に、息子さんもきっと嬉しかったことでしょう。 なんだかこちらまでもらい泣きしてしまうほど素晴らしい父親の反応でしたね!

○○選

【驚愕】「これ中に人間入ってるんじゃないの?」動物界の常識をくつがす、人間のような特技を持つ超天才的な動物10選

1: ファニーちゃん 「まるで人間みたい」な驚異的な動物たち10!! 動物に与えられる最大の褒め言葉の一つは、「まるで人間みたい」ではないでしょうか?!人間は自分たちが全てにおいて優れていると考えていますが、動物たちが人間と同じように何かをやり遂げるのを見ると、その傲慢さは打ち砕かれるでしょう。今回は、とんでもない特技を持つ、驚異的な動物たちを紹介していきます!! 料理をするチンパンジー チンパンジーが賢い事は有名。でも、料理まで出来るようになるなんて!! 料理をするチンパンジーは、次のページで↓↓

感動

【感動】「亡くなった夫と写真を撮りたい…」出産予定日2ヶ月前に亡くなってしまった夫

1: ファニーちゃん 亡くなってしまった旦那さんとの写真に感動… アメリカのミシシッピ州出身のニコールさんとデオンタ・ベネットさんは仲良しの夫婦です。 ある日、ニコールさんが2人目を妊娠したため、デオンタさんはお腹が大きいうちに記念写真を撮影しようと提案します。 そしてデオンタさんはプロのフォトグラファーに写真撮影をお願いしていたのですが、出産予定日の2ヶ月前、撮影日の数日前にデオンタさんは突然亡くなってしまったのです。 悲しみに暮れるニコールさんでしたが、写真撮影はキャンセルせずに、旦那さんも含めた全員で写真撮影をしたいと改めてフォトグラファーに依頼をしました。 その写真がこちらです。 フォトグラファーのシドニー・コンレーさんは、夫婦が数年前に結婚をした時と同じ場所で撮影をして、デオンタさんの写真を合成したのです。 ニコールさんは「息子にも、そして父を知らずに育つ娘にも思い出に残るようなものが欲しかった」と語っていました。 一方でシドニーさんは「きっと彼もこの場にいたかっただろうし、家族のことをこれからも見守ってくれるはずです」と語っていました。 フォトグラファーのウェブサイトにも写真が公開され、既に10万回以上ものシェアがされています、 これからニコールさんにとって様々な困難が立ちはだかってくると思います。 辛い時に見ると、デオンタさんがいつも見守ってくれていると思える素敵な写真ですね。

感動

【面白】「すさんだ心に一陣の癒しを」Twitterユーザーが実際に体験したほっこりするエピソード5選

1: ファニーちゃん 実際に体験した心温まるエピソード大公開! 普段生活をしていると、ふとした時に人の優しさを感じたり、思わずほっこりしてしまう出来事を見かけることがありますよね。 今回は実際にTwitterのユーザーさん達が体験したほっこり&優しさを感じた体験談をご紹介していきたいと思います。 ドミノが近いので、ピザを頼むと新人配達員が来ることがある。ある日「研修中」の名札を付けた背のちっこい女の子が配達に来て、たどたどしくも無事会計まで済ませ玄関を閉めた後、ドアの外から「ちゃんとできたー」って声が聞こえてきて、もう俺これから毎食ドミノ頼むわって心に決めたことがあった。— えんがわ01 (@engawa_01) November 8, 2011 まだまだ働き始めたばかりの女の子が、無事に全てのやり取りを終えた後に思わず声に出してしまったのでしょう。 これには思わずほっこりして、また注文をしてあげたいって思ってしまいますね。 いまさっきパピコ食べながらトラック運転してたら反対車線からトラックにパッシングされて(なんだ?警察か?)と思ったらそのトラックの運ちゃんもニコニコしながらパピコ食ってた。なんだおまえかわいいな— 機動部隊ともちゅう (@tomchu0419) July 13, 2017 パピコは2人で分け合って食べることができるアイスですが、これは驚きの偶然ですね!思わず可愛いと思ってしまったようです。 面接前にカフェでコーヒー飲みたいと思ったのでsiriに「近くのカフェ!」と話しかけたら自転車で横を通った地元のおじさんに「あっちにタリーズあるよ」と教えていただけたので無事にコーヒー飲めました。— ゆんちゃん (@yuyuyu_tam) July 13, 2017 iPhoneなどではSiriが搭載されており、声をかけると様々なサポートをしてくれますが、その時に見知らぬおじさんから先に教えてもらったようです!Siriとおじさんから教えられて頼もしかったことでしょう。 次女の今日の宿題が、算数ドリルでも漢字練習でもなく「1分間抱っこ」というものだったんだけど「先生がね、小学生のころにお母さんが死んじゃって、抱っこしてもらいたくても叶わなかったから、キミたちはいっぱい抱っこしてもらいなさいって言ってた」て聞いて、鼻水まみれで姉妹を抱くババア。— marie (@izakayamarichan) June 6, 2016 幼い頃にお母さんが亡くなってしまうと、抱っこをしてもらうこともできなくなるので、いまのうちにいっぱい抱っこをしてもらいなさいという先生の優しさに思わずジーンとしてしまいますね。 前に祖母のいる老人ホームを尋ねたら80代のご婦人5人でお茶してたから「あら女子会ですね」と声をかけたらひとりのおばあちゃんがすごく喜んでくれて。ずっとその「女子」っていうのになりたかったの、女でも妻でも母でもない女子に…わたしも女子なの?嬉しい!って。わたしは女子って言葉大好き。— トレチマニア (@tretimania) July 13, 2017 女性はやっぱり何歳になっても女子でありたいもの!この言葉だけでも嬉しい気持ちになりますよね。 このように普段の生活の中で些細な所に優しさとほっこりするエピソードが隠れているものです。 普段忙しい毎日を過ごしているかと思いますが、ふと周りを見るとこのようなエピソードを見つけることができるかもしれませんよ!