CATEGORY 怒り

動物

【感動】飼い主に捨てられ、交通事故で2本足を失ってしまった1匹の犬。辛い境遇だった犬が幸せを掴んだ姿に涙が止まらない!

1: ファニーちゃん 捨てられてしまったうえに足を2本失ってしまった野良犬 中国の山西省にある駅で1匹の野良犬が目撃されました。 その野良犬はシィという名前で、元々は飼い主と暮らしていた飼い犬だったのですが、心無い飼い主によって駅に置き去りにされて捨てられてしまったのです。 突然野良犬となってしまったシィは不安や寂しさを抱えながらも生きるために周辺をうろついて食べ物を探していました。 何とかして生き延びたい…というシィの強い思いがそこにはありました。 しかし、そんなシィに再び悲劇が襲いました。 なんとシィは周辺をうろついている時に線路に入って電車に轢かれてしまい、足が2本になってしまったのです。 大好きだった飼い主に捨てられ、さらに2本の足を失ってしまったシィの姿は見ているだけで本当に辛く言葉が出ません…。 それでもシィは懸命に生き続け、なんとか毎日を過ごしていました。 2本足の犬がいると地元では有名になっていましたが、誰も保護しようとはしませんでした。 例え保護したとしてもきっと飼育する上で負担になって捨ててしまうかもしれない…と多くの人が思っていたのかもしれません。 そんな中、なんとシィは妊娠・出産をして4匹の子犬が誕生しました。 2本足の犬が出産をしたというニュースは中国だけではなくイギリスでも報道され、多くの人達の目に付くようになりました。 そしてこれがきっかけで、シィにある転機が訪れたのです。 ■辛い境遇にあった野良犬は幸せを掴んだ! ニュースで大きく取り上げられたことで、シィのことを多くの人達が注目するようになりました。 そしてそのニュースを見て1人の女性が保護したいと名乗り出てきてくれたのです。 その女性は動物保護団体「アニマル・アジア」の創始者であるジル・ロビンソンさんという方でした。 彼女は中国の動物保護団体を説得してシィとその子犬達を保護するために山西省へ足を運びました。 そしてニュースになった駅の周りを探し、ようやくシィと子犬達を見つけることが出来ました。 
 何とか保護することができましたが、残念ながら4匹のうち3匹の子犬がジスデンバーウィルスに感染しており、治療する前に亡くなってしまいました。 ですがシィと1匹の子犬は動物病院で診察した結果、感染症などにはなっていないことが判明しました。 診察した獣医師によると「シィの足の怪我は本来なら死んでしまってもおかしくないくらいの重症だった」「電車の車輪が持つ熱によって患部が火傷し、それによって傷口が塞がって結果的に止血することが出来た」とのことでした。 そんなシィと子犬は新しい家族の元に引き取られることになりました。 その新しい飼い主さんとなったのが、保護をしたジルさんでした!彼女は2匹同時に引き取ることにしたのです。 そしてシィという名前から「リリィ」という名前に変わり、今は子犬と一緒に幸せな生活を送っているようです。 今回の件を通して有名になったリリィは、現在動物虐待の撲滅するための「動物大使」としてたくさんのキャンペーンに出演しているようです。 今も尚、動物虐待を解決していくために一生懸命活動をしてくれているようです。 色々と辛いことがあったリリィですが、幸せを掴むことが出来て本当に良かったです!

怒り

【怒り】インスタ映えの為に食べ物を粗末にする若者。食べ物を粗末にするな!と怒りの声が殺到!

1: ファニーちゃん Instagramで話題となった謎の流行に怒りの声! a 少し前、Instagramである流行がありました。 Instagramではそれを【可愛い】と言われているようですが、とても理解できないと問題視されていました。 なんとそれは、ファストフードのドリンクのストローにハンバーガーを刺して写真を撮るというものだったのです。 全く想像ができない…という方もいらっしゃると思いますので、実際の画像をご覧下さい。 とても可愛いなんて思えませんし、せっかくのハンバーガーが美味しくなさそうに見えてしまいます。 しかし、Instagramでは少し前に【ドリンクの上にドーナツを乗せて写真を撮る】というブームがあり、その延長線としてハンバーガーを乗せるというのが流行ったようです。 ですが、これは国内はもちろん海外からも「理解不能」として批判の声が寄せられました。 子供の頃は食べ物を粗末にしてはいけないと教わったはずなのに、何故こんなことをする人が出てきてしまったのでしょうか…。 中には「お金を払ってるなら良いじゃん」というような声もあるようですが、こういうのを実際見ると不快感を感じる人もたくさんいらっしゃいます。 食事というのは食材を作ってくれた人への感謝の気持ちと、命をいただくというのを忘れてはいけないというのを改めて実感させられました。

動物

【怒り】心ない飼い主により森に捨てられてしまった1匹の犬。2年間その場で飼い主を待ち続けたが、森が開拓される事になりそして・・・

1: ファニーちゃん 森に放置されてしまった1匹の犬 アメリカのジョージア州にある小さな森に1匹の犬の姿がありました。 その犬は元々は飼い主によって飼われていた犬だったのですが、引っ越しをするタイミングになった時に、近くのこの森に犬を放置したのです。 しかしその犬は自分が捨てられたとは思っておらず「いつかは迎えに来る」と信じてずっと飼い主が来るのを森で待ち続けていました。 しかし待てども待てども飼い主の姿は現れず、いつしか近隣住民たちの間でも、森で飼い主を待つ犬の姿を見慣れてしまったのです。 時々は住民たちが様子を見に行ったりしながら過ごしていましたが、その2年後…ある出来事が起こってしまいます。 ■犬が捨てられてしまった森が伐採されることに… なんと犬がいる森が土地開発のために伐採されることになってしまいました。 当然、野良犬が1匹そこにいるからといって計画が中止されることはなく、伐採の話がどんどん進み、ついに実行に移されてしまい、その犬の居場所も少しずつ無くなってしまいました。 そこで犬を何とかしようと動物保護団体が立ち上がりました。 以前からこの犬のことを知っていたそうなのですが、近隣住民がしっかり面倒を見てくれていて健康的だったことと、周りの人間に危害を及ぼさないということで保護される段階には至っていなかったのです。 ですが今回、森が伐採されることで、この犬の生活が脅かされることになったことをきっかけに保護団体がこの犬を引き取ることになりました。 そしてすぐに里親募集をかけたところ、なんと保護から3日後に里親さんを見つけることができたのです。 その里親さんはとても優しい性格で、その犬の辛さに寄り添いながら徐々に仲良くなっていったのだそうです。 その結果、今ではこの犬もすっかり里親さんに懐いて楽しく過ごしているようです。 心無い飼い主によって寂しい思いを抱えながら2年間過ごしていきましたが、今度は優しい飼い主さんのところでずっと幸せに暮らしていくことでしょう!

動物

【批判殺到】「これは一種の虐待だ」獣医師の反対を無視し、愛犬に整形手術を受けさせる飼い主。その身勝手な理由に怒り

1: ファニーちゃん 飼い犬を整形手術させたいと言ってきた身勝手な飼い主 ロシアに住むマリナ・エスマットさんは、ある日息子さんのために子犬を飼おうと決め、ジャック・ラッセル・テリアを購入しました。 可愛らしい子犬に息子さんも気に入ったようで、いつも仲良く一緒に遊んでいたのだそうです。 しかしこの犬を飼い始めて1ヶ月後…マリナさんはある事が気になったのです。 それは「この犬の耳が上に向いてる」ということでした。 マリナさんにとって耳の向きというのは重要だったようで、そこからマリナさんの信じられない行動が始まります。 なんとマリナさんは耳を下げるために、犬の耳にコインなどの重りを吊るしたりして、何とかして耳を下に下げようとしたのです。 しかし当然それでは耳が垂れることはなく、犬の体にダメージを与えるだけでした。 そして信じられないことにマリナさんは、この犬に整形手術をすると決めてしまったのです。 ■マリナさんの身勝手な理由で整形手術をされてしまった犬 マリナさんが獣医の元へ連れていき、整形をしたいと伝えると、案の定獣医師からは反対されました。 「たかがそれだけの理由で整形をするなんてできない」というのが獣医師の答えでした。 しかしマリナさんの家族はこの獣医師の意見に従わず、最後まで渋っていたのです。 時には担当医となっているアンドレー・マジンさんが家まで行って説得をするほどのものだったのですが、マリナさんの家族はそれすらも突っぱねて手術を受けさせろと言っていたのです。 獣医師は基本的に患者の意思を尊重しなくてはならない…獣医師はやむを得ず整形手術をすることになってしまったのです。 アンドレー先生はこの時の手術のことを「未だにこの手術は正しかったとは言えない。でもこんなことを自分のペットに平気でさせる飼い主は残念ながら他にもいるのです」と話していました。 そして手術後、マリナさんは「手術後は見違えるほど可愛くなりました!今ではドッグショーにも出演するようになったり、耳が上向きの時は見つからなかった交尾の相手も見つかったわ」と語っていました。 確かにマリナさん家族にとっては良い結果に終わったかもしれませんが、当然この出来事は世界中から猛批判…。 マリナさん一家は一気に批判の声が寄せられました。 中には獣医師に対して「最後までやらないと言い切るべきだ」「なんで手術させたんだ」という批判もありました。 今回の一件は、可愛がっているように見えても虐待の1つだと私は思います。 こんな身勝手な考えをする飼い主にペットを飼ってほしくありませんね。

動物

【怒り】現代人のモラルはどこにいった!SNSでいいねを多く集めるため、自撮りをするために白鳥を湖から引きずり出した女性

1: ファニーちゃん SNSで「いいね」をもらうために女性がとった行動 ギリシャのマケドニア共和国の観光地でもあるオフリド湖で、ブルガリア人の女性がとった行動に今批判の声が殺到しています。 このオフリド湖はヨーロッパの中でも最古の湖とされており、観光地として人気もあり「オフリド地域の自然・文化遺産」という形でユネスコ世界遺産にも登録されているほど美しい湖です。 そんな湖では渡り鳥が冬を越すための湿地もあるので、白鳥などのたくさんの鳥達が生息しているのも人気の1つとなっていました。 そんな中で、ブルガリア人の女性は自撮りを撮ってSNSにアップするために信じられない行動を取ったのです。 それは本当に身勝手なもので絶対に許されない行動でした。 ■女性がとった許されない行動 その許されない行動がこちら! なんとその女性は自撮りをするために白鳥を無理矢理引きずり出そうとしていたのです。 白鳥の羽を掴んでいる女性を目撃した人はすぐに撮影し、ネットにアップするとどんどん批判の声が寄せられました。 そして周りから「やめろ!」という声と冷たい視線に気が付いた女性はすぐに白鳥から手を離しますが、引きずり回された白鳥は、なんとそのまま死んでしまったとも言われています。 最近では「インスタ映え」という言葉もありますが、いいねをもらうだけに買った食べ物を平気で捨てる人もいて、SNS利用者へのモラルが問われてきています。 しかも今回は、たかが「いいね」をもらうためだけに、罪のない動物が犠牲になってしまったなんて本当に許されるものではありません。 実際にこの内容を見た人たちからも… 「湖で優雅に泳いでいる白鳥をバックに撮影すればよかっただろ!?なんでこんなことするんだよ」 「いわゆる『バカッター』とか『インスタ蝿』とか言われるのも、こういう奴らのせいなんだよ」 「そんなことで動物が犠牲になるなんて…本当にたまったもんじゃない…ごめんね…白鳥さん」 と批判の声が寄せられていました。 改めてSNSを利用する時のマナーやモラルを考えさせられる出来事でした。

怒り

【絶句】これぞブラック企業だ!病気による治療の為退職届けを出した女性、その時上司に言われた一言に憤慨

1: ファニーちゃん 病気の治療のため 年々明らかにされていくブラック企業の実態…。 今回Twitterユーザーのぎるぱ (@15gillefeuille)さんは会社の実態に唖然としてしまったエピソードを投稿しました。 それは、ぎるぱさんが会社を辞めようとした時に行われたやり取りでした。それがこちらです。 子宮の病気(他にもいろいろあったけど)で治療に時間かかるんで辞めますーって言ったら次の日主任に今月中に子宮取って繁忙期の12月に戻ってこれない?って言われた瞬間にあぁ辞める決断で正解だったんだわって思った。びっくりするでしょ— ぎる????ぱ (@15gillefeuille) December 22, 2017 こんな事を平気で言う人がいるなんて本当に信じられません。 人の体を何だと思っているのでしょうか…。 このエピソードを見た人達からは… 「とんでもない会社ですね…そんな会社辞めて正解ですよ!」 「たまにいるよねぇ…そーゆー合理性ばかり考えて情とか全く気にしない人…どんな思考回路してんだか…」 「酷すぎる会社ですね!仕事は人の体より優先させるべきではないのに…」 もしかしたらこの上司の人も、劣悪な職場環境によって考え方が麻痺してるのかもしれません。 それでもやっぱり、こういうことは言ってはいけない事ですよね。 こんな事を平気で言う人がいなくなることを願うばかりですね。

○○選

【傍若無人】その行為はみんなの迷惑!モラルの欠片もない人達の嫌~な行動画像集!

1: ファニーちゃん 傍若無人?!マナーを無視しまくった19人!! 世の中には、最低限のマナーというものがあります。でも、そんなマナーなんてお構いなし!!他人の迷惑なんて一切考えていない、イヤ~な人たちも存在します。今回は、自分のことしか見えていない、その傍若無人ぶりでみんなを怒らせた人たち19人をご紹介していきます!!その迷惑度には、ホントにビックリです!! 道路逆走!! 最近は、たまにこういった事故のニュースを聞くこともありますよね。これは迷惑を通り越して、本当に笑いごとでは済まされないことですよ!! 道路逆走!!は、次のページで↓↓

○○選

【怒り】水族館・動物園に生きる、人間に振り回され悲惨な姿になってしまった動物たちの衝撃的な写真10選

1: ファニーちゃん 水族館と動物園で撮影された真実・・衝撃の写真10枚!! 水族館や動物園に関するドキュメンタリーは数多く制作されており、動物に対する意識を変えようとしています。けれど、水族館や動物園で飼育されている動物たちは、完全に人工的な環境で育てられているので、ときに彼らの体に悪影響を及ぼします。普段、私たちはかわいらしい動物の姿しか見ることができません。しかし、今回は水族館と動物園で撮影された衝撃的な写真をご紹介します!! ゴリラのハランベ この名前が記憶に残っている人も多いのではないでしょうか??知らなくても、次のページにあるハランべの写真を見れば、あの時のゴリラだ・・・と分かると思います。実に印象深い事件です。 ゴリラのハランベは、次のページで↓↓

動物

【感動】ガリガリにやせ細り餓死寸前だった1匹の犬。発見当時わずか2.9kgしかなく過酷な環境で育った犬が、新たな飼い主の元で生まれ変わる姿に涙

1: ファニーちゃん 犬の体重は2.9kg 2015年9月にイギリスのコベントリーで、グレーハウンドとサルーキのミックス犬であるウィリアムが発見されました。 発見された時の様子は、すっかり痩せてしまっており、立つことすらできないほど衰弱していました。 さらにこのくらいの年齢の子は本来なら10kgほどの体重なのですが、ウィリアムの場合はわずか2.9kgしかありませんでした。 非営利団体の英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)が調査をした結果、この子の元飼い主は何も考えずに子犬を購入し、飼いきれずに捨てたのです。 その時のウィリアムの姿を見たニッキー・フォスターさんは「10年間ここで働いていましたが、いままでで一番痩せこけていた犬でした…身体中の骨が浮いて見えていたんです」 と語っていました。 そんなウィリアムに、ある日心優しい里親さんが現れ、その結果みるみる元気になっていったのです。 ■ウィリアムのその後と元飼い主の処分 そんなウィリアムを家族の一員として受け入れたのは、レイチェルさんという女性でした。 ウィリアムは適切な治療の後にレイチェルさんに引き取られ、その後は1日4食をしっかり食べていき、徐々に健康的な体を取り戻していきました。 そして彼女は、婚約者のクリス・マレットさんと結婚式を挙げた時に、せっかくだからとウィリアムに素敵なセーターを着せてバッチリオシャレをさせてあげました。 レイチェルさんはその時のことについて「この子がRSPCAに保護されている時はとても危険な状態でした…。でも結婚式の時は楽しそうに尻尾を振って一緒に喜んでくれたんですよ」 と話していました。 またこの新婚さんには既に11歳のウエストハイランドテリアのハリーを飼っており、この2匹もすっかり仲良しになって今では大親友となっているようです。 ちなみにウィリアムの元飼い主はクリストファー・ラシュトンとカースティ・ヘールズといい、ウィリアムを捨てたことを認めました。 2人はネットの広告に掲載されていたウィリアムを見つけて、なんの準備もせずにそのまま衝動買いしてしまったのです。 その結果、育てられないと思い、ウィリアムを捨てたのです。 今回の件で2人には動物虐待の罪で執行猶予付きの判決を受けました。 そして35時間の無賃労働を命じられ、一生動物を飼うことを禁じられました。 もう少しで餓死してしまう所だったウィリアムが、心優しい夫妻に引き取られ、幸せに暮らしていけるようになって本当に良かったですね。

動物

【本当の愛を知った最後の8日間】非常な飼い主に捨てられてた全身ダニだらけの老犬。生まれて初めて知った”本当の愛”に包まれた最後の8日間に涙がとまらない

1: ファニーちゃん 非道な飼い主に捨てられたのはダニとノミだらけの老犬 2017年2月にラブラドールレトリバーの老犬であるコリンが非道な飼い主によって庭の外に捨てられているのを隣人が発見しました。 隣人は飼い主に何故そんな酷いことをするんだと問い詰めたところ、なんと飼い主は「この犬は病気になってるし、体中ノミやダニだらけで、もう価値がない」と信じられない返答をしてきたのです。 隣人は飼い主の非道さに愕然とし、すぐにFacebookでコリンがどんな状況なのかというのを写真に投稿しました。 その投稿を見つけたのは、アメリカフロリダ州マイアミで動物保護活動を行なっている「Their Lives Matter Inc.」の創設者であるグレースさんでした。 コリンの姿を見た彼女は非常にショックを受け、ただちに救出しに現地へ向かって保護しました。 そして地元の動物病院へ連絡を入れて、数時間後にはコリンを動物病院へ搬送して検査を行うことができました。 その結果、コリンには背中に大きな傷があり、さらに大量のノミやダニが体中におり、その数は1,000匹ほどいたんだそうです。 さらに詳しく検査をすると、コリンの目はほとんど見えておらず、今までどれほど辛い思いをしてきたのかと考えるとグレースさんや獣医達も心を痛めていました。 血液検査を行ったところ、重度の貧血はありましたが、幸運にもダニによる感染症やフィラリアにはかかっていませんでした。 そして獣医達はすぐにコリンの体からダニやノミを5時間かけて除去し、抗生物質を投与して丁寧にシャンプーも行いました。 そして暖かい毛布と美味しい食事を与えられ、優しいスタッフから声をかけられたりと、たっぷりの愛情を受けることができるようになりました。 その結果もあり、コリンは搬送されて24時間後には尻尾を振れるほど回復していきました。 ■コリンが過ごした最期の数日間は幸せなものだった 治療を受けるようになったコリンは数日後には食欲も出てきて、尻尾を振って喜びを表現することができるようになりました。 その姿を見たグレースは「コリンが助けてくれた獣医達にお礼を言っているようだった」と話していました。 しかしコリンは全身が関節炎になっており、背中に出来た腫瘍も除去しなくてはならず、鍼治療する予定だったりと大変な治療が待っています。 その様子を見たグレースさんは「飼い主に恵まれなかったせいでコリンはこんな辛い経験をすることになった」と辛い胸中を語りました。 実際に飼い主がたっぷり愛情を注いで育てていて、病院にも行っていれば、コリンは失明していなかっただろうし、関節炎にもなっていなかったし、ダニやノミだらけにならずに済んでいたはずなのです。 ただただコリンは多くを望まず、暖かいベッドと食事と愛情が欲しかっただけなのに、それすら与えられなかったということにグレースさんは悲しみと怒りを感じていました。 そしてグレースさんはコリンに残された時間はもう長くないと思っており、コリンを毎日たっぷり愛していきたいと改めて誓ったのです。 2017年2月20日に保護されたコリンは同年2月28日に天国へと旅立ちました。 医療スタッフとグレースさんは悲しみを抱えながらもコリンの冥福を祈り、コリンを応援していた人たちからも悲しみの声が寄せられました。 グレースさんはコリンの最期について「もっとコリンと一緒に過ごしたかったけれど、コリンが生きた最期の数日間は愛情に満ち溢れた幸せな時間だったと思います。たくさんの方々がコリンを愛してくれたことに感謝します」 と語り、最期のコリンはとっても幸せなものだったと振り返っていました。 コリンはきっと今頃天国で全ての苦しみから解放され、楽しく走り回っていることでしょう。