CATEGORY 家族

動物

【涙】飼い主さんが亡くなって8ヶ月…里親が現れてもなお病院前でひたすらに飼い主さんを思い続ける犬の姿に涙が止まらない

1: ファニーちゃん 飼い主さんを待ち続ける犬 ブラジルのサンタ・カタリーナにあるラス・カルドゾ病院の前には、8ヶ月前からずっと佇む犬がいました。 その犬の名前は「ネガオ」といい、この犬は病院に搬送された飼い主さんをずっと待ち続けていたのです。 それは2015年の出来事でした。 ネガオの飼い主さんであったホームレスの男性が感染症になってしまい、病院へ救急搬送され、ネガオも必死に救急車の後を追って病院まで走ってきました。 そして飼い主さんがストレッチャーで運ばれて病院内へ運ばれる姿をじっと見届けていたのだそうです。 ですが残念なことに、その飼い主さんは感染症が悪化してしまって亡くなってしまい、ネガオは二度と飼い主さんに会うことができなくなってしまったのです。 しかしそれを知らないネガオはひたすら飼い主さんが元気になって出てくるのをずっと待ち続けていました。 そして飼い主さんが亡くなって8ヶ月経った後も、ネガオは決して病院の前から離れようともしませんでした。 ただ元気になった飼い主さんの笑顔を見たい…とネガオは思っていたのです。 救急車が病院へ来ると、飼い主さんだと思ったネガオが駆け寄って顔を確認しに来る姿も日夜問わず見受けられました。 そんなネガオの様子に病院のスタッフも心を痛め、このままではネガオが不憫だと思ったスタッフ達はシェルターへ連絡を入れて保護してもらうことにしました。 しかしネガオの想いはとても強いものだったのです。 ■飼い主さんを想い続けるネガオの行動 保護されたネガオを引き取らせてほしいと言ってくれる里親さんも多く、ネガオはこれまで2回里親さんに引き取られていきました。 しかしネガオは、新しい家へ行っても隙を見て抜け出して病院の前に戻ってきてしまうのです。 ここにいれば優しい飼い主さんが戻ってきてくれる、早く飼い主さんに会いたい…このネガオの健気な姿に病院のスタッフも心を打たれました。 そしてついに病院のスタッフ達はある事を考えます。 「恐らくネガオは新しい飼い主さんの元へ引き取られて生活をするよりも、こうして病院の前に気が済むまでいさせてあげる方が幸せなのではないか?」 そう考えたスタッフは病院の庭で暮らせるように環境を整え、定期的に獣医の診察を受けさせながら健康に過ごせるようにしました。 また地元の動物愛護団体のサポートを受けながら、ネガオを毎日散歩に連れていくようにもしました。 「ネガオがこの場から去ることを決意するまで、私達はずっとネガオと一緒に過ごします」「ネガオがこの病院にいる限りは私達はしっかりお世話をして愛情をたっぷり与えたいと思います」と病院のスタッフは語りました。 ネガオにとって大好きな飼い主さんの思い出はこれからもずっと忘れないことでしょう。 心優しい人達の愛情をたっぷり受けながら、ネガオは今でも病院で元気に過ごしているようです!

家族

【驚愕】「パパは誰かをいじめたことがある?」10歳の娘から聞かれた父親。実は中学の時にクラスメートを虐めていた過去があり、娘に真実を話した結果

1: ファニーちゃん 20年前にいじめていたクラスメイトへ謝罪…その反応は? アメリカに住むルーイ・アマンソンさんは、ある日10歳の娘から「パパは誰かをいじめたことがある?」と聞いてきました。 その時、ルーイさんは中学生の頃にクラスメイトをいじめていたことがあり、その事を正直に娘に話をしました。 そしてこの会話をきっかけに、ルーイさんは中学生の頃にいじめていたクラスメイトのチャド・マイケル・モリセットさんのことを思い出し、今更だとは思いましたが、謝罪をしようと思いメッセージを送りました。 【チャドへ 先日、10歳の娘といじめについての話をしました。 その時、娘から「パパは誰かをいじめたことがある?」と聞いてきて、僕は正直に「ある」と答えざるを得なかったんだ。 そして真っ先に思い出したのが君のことでした…。 中学生の頃に君をいじめていたことを謝りたいと思っている…。もし君が同じ州に住んでいるなら直接会って謝罪をさせてほしい。】 と送りました。 そしてチャドさんから届いた返信がこちらです。 【ルーイへ あなたからのメッセージにとても深い感銘を受けました…。僕は君からの謝罪を受け入れたいと思います。 実は当時のいじめの事を謝ってくれたのは君だけなんだ。僕にしっかり謝罪をしてこうして仲直りをすることができたことを誇りに思って、ぜひ娘さんに報告してください。 20年という長い間だけれども、子どもの存在が僕たちに与える影響というのは本当に素晴らしいものですね。 本当に謝罪をしてくれてありがとう。今後もし君がいじめの光景を目の当たりにした時は、正々堂々立ち向かってくれることを祈ります。】 チャドさんは中学生の頃、同性愛者であることが原因で多くの人たちからいじめを受けていましたが、その辛い過去を振り切って、現在はハリウッドのアパレル業界でお仕事をしているんだそうです。 たくさんの人たちからいじめを受けていたので、チャドさんはルーイさんのことを覚えていなかったのですが、謝罪をしたいというメッセージを受け取った時は感銘を受けたのと同時に過去の記憶が蘇って悲しい気持ちにもなったのだそうです。 それでも謝罪をしてくれたことを嬉しく思い、その事で2人は仲直りをすることができたのは良いことだと思っているようです。 いじめというのは何年経っても辛い記憶として残ってしまいます。 改めていじめの問題について、子どもから大人までしっかり考えなくてはならないなと思いますね。

家族

【驚愕】「まさかまた聞けるようになるなんて…」12年前に亡くなった奥さんの大切な留守電のメッセージが消えた…。落ち込む男性に電話会社が取った行動は?

1: ファニーちゃん もう聞けないと諦めていたおじいちゃんに電話会社の対応は? イギリスに住むスタン・ビートンさんは2003年に奥さんを亡くしてしまい、ずっと1人で暮らしていました。 そんなスタンさんの心の支えとなっていたのが、生前奥さんが残していた留守番電話のメッセージだったのです。 スタンさんはこのメッセージを10年以上大切にとってあり、落ち込んだ時などは奥さんの声を聞いて元気をもらっていました。 しかし2014年の12月に突然留守電メッセージが削除されてしまいます。 その原因はスタンさんが契約をしていた電話会社「ヴァージン・メディア」がサービスのアップグレードを行い、その時にメッセージが消えてしまったのです。 その事実に落ち込んでしまったスタンさんは何とかできないかとヴァージン・メディアへ問い合わせをしました。 事情を聞いたヴァージン・メディアは申し訳ないと思い、ただちに音源の復元を試みることにしました。 その結果、見事音声が復活し、その事をBBCラジオが取材も含めてスタンさんに音源を届けに行きました。 そしてレポーターが音源をスタンさんに聞かせたその瞬間…スタンさんは嬉しそうな表情を浮かべます。 そして、もう二度と聞くことができないと思っていた…と話して涙を浮かべました。 そのスタンさんの嬉しさが伝わるやり取りはこちらの動画でも紹介されていました。 スタンさんにとって奥さんのメッセージが消去された時は本当に身が引き裂かれる思いをしたことと思います。 それでも電話会社の人が懸命に復旧させ、無事にまた聞けるようにしてくれたのは本当に素晴らしい対応でしたね!

家族

【拡散希望】「子どもが溺れる時の姿は本当はこんな状態!」子どもの水難事故について正しい知識がある人は10%!90%の人は間違った知識をもっている!

1: ファニーちゃん 子どもの水難事故で最も多い原因は? 子どもは本当に大人が予想しないところで事故に遭う可能性があります。 本能的溺水反応というのもまた、水難事故の1つで、実は身近なところでも起きやすいものとなっています。 皆さんの子どもが溺れているイメージとしては、バシャバシャと必死にもがいて助けを呼ぶ姿を思い浮かぶかもしれません。 しかし実際溺れてしまった子どもは自分の状況に理解ができず、声も出せず呼吸もできない状態で静かに溺れてしまうのです。 これを本能的溺水反応というのですが、これはプールや海はもちろん、入浴の時も注意しなくてはなりません。 その危険を表したイラストがこちら! 乳幼児の不慮の事故で2番目に多い「溺水」。溺れる時、バシャバシャもがくのは映画の世界だけです。溺れた状況を理解できず、もしくは呼吸に精一杯で声を出す余裕もなく、静かに沈みます(本能的溺水反応といいます)。隣の部屋にいれば音で分かると思ったら大間違い。入浴中は気を付けましょう。— 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) September 27, 2017 溺水ですが、教えて!ドクター制作チームの中の人1号小児科先生、イラスト担当デザイナー、公報IT担当は自分ちのこどもを沈めていることが判明いたしました。みなさま、、ほんとに気をつけましょう・・・— 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) September 28, 2017 実際に自分の子どもも沈んでいるのを見たという人もいて、入浴中の危険性を改めて実感させられたようです。 この内容を見た人達から… 私の娘もお風呂で同じ経験をした事があります。頭を洗っている時、湯船でつかまり立ちをしていた娘がお風呂の底で目を開けたまま固まって沈んでいました。一瞬何が起こったのかわかりませんでした。あわててお風呂の底から引き上げました。あの時の光景は忘れることができません。— ゆうこ (@QpNpo) September 27, 2017 子供の頃に母が洗髪、私が体を洗っている少しの間に妹が目を開けたまま湯船に沈んでいたのを思い出します。慌てて引き上げ、妹が沈んでた!と母に言っても「何も音しなかったじゃないの」と信じて貰えなかったのですが…おかげで長年のモヤモヤが晴れました。ありがとうございます。— じゅり@メラルー3匹こたつの中 (@xxx_jyuri) September 28, 2017 初めて知りました!もがく事も出来ないのですね…????2歳と4歳を育ててますが、ハッとしました????一瞬、目を離したすきに…って本当なんですね????気をつけます。— なぎちゃん (@Nah135) September 29, 2017 お風呂場からバシャバシャと溺れるような音が聞こえずに静かだからと言って様子を確認しないでおくと子どもは溺死してしまう危険性もあります。 また親と一緒にお風呂に入っていても、ちょっと目を離した瞬間に子どもが沈んでいたなんていうのは実はよくある話なのです。 もし小さなお子さんがお風呂に入る時は、短時間でも絶対に目を話さないように改めて気をつけましょう。

家族

【雑学】バスに乗ると毎回アナウンスされる「停車してから席をお立ちください」という言葉。その本当の理由がこちら!

1: ファニーちゃん バスで何度も停車してから席を立つようにアナウンスする本当の理由 バスを利用している時に必ず耳にするのが「バスが停車をしてから席をお立ちください」というアナウンスですよね。 これは皆さんもご存知のように、乗客の安全のためにアナウンスをしているものです。 特に混雑している時は「早く降りなきゃ!」と思って急いで席を立ってしまいまいがちですが、バスは停車するまで何が起きるかわかりませんし、突然急ブレーキをかけることもあります。 その時に怪我をしてしまう可能性があるので、バスの方でも何度もアナウンスをしています。 でもそうなってくると、中には「怪我をしたのは自分のせいだし、バスの運転手さんのせいにしなければ良いんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、いくら自分が勝手に席を立ったことで怪我をしたとしても、バスの中で怪我をしてしまったら、それはバスの運転手の責任になってしまうのです。 バスの中で乗客が転倒等、怪我をした場合「車内事故」という交通事故と同じ警察案件になる。運転手さんの免許に違反点数が加点され、刑事罰の罰金もある。だから、しつこいくらいに「席を立つのはバスが停車してから」と案内してる。これは聖地に限らずどこの路線バスでも同じ。もっと知られて欲しい— スカイ (@sky_fd3s) March 20, 2017 なんとバスの車内で怪我するようなことが起きた場合、警察を呼ばなくてはならなくなり、運転手さんには違反点数が加点され、最悪の場合は刑事罰による罰金を支払わなくてはならなくなってしまうのです。 これは乗客が勝手に席を立った場合も同様で、どんな理由があろうとも運転手の責任になってしまいます。 そのため、バスの方からも「停車するまで席を立たないように」と何度もアナウンスをするのです。 いくら運転手さんに迷惑をかけなければ良いと言っても、法律はそれを許してくれません。 バスの運転手さんに被害を及ばさないためにも、しっかりとマナーを守ってバスの利用をしていきましょう!

スカっと

【衝撃】恋人から「顔はタイプじゃない」と言われ落ち込む女性。その様子を見た母親からのアドバイスが凄い!

1: ファニーちゃん 娘へ母親からのアドバイスは? もし恋人から自分の容姿のことについて酷い言葉を言われたら、誰でもショックを受けてしまいますよね。 TwitterユーザーのT!SE(@chobits_xxx)さんは、付き合っている彼氏から「顔はタイプじゃない」と言われてしまい、相当落ち込んでしまったのです。 この事を自分の母親に相談したところ、母親は思わず納得してしまうアドバイスをくれました。 付き合ってる人に「ぶっちゃけ顔はタイプではない」って言われた時その話を母にしたら「見た目なんか包装紙みたいなもんやねんから、全然興味そそられん包装やったのにわざわざ開けて中見て貰えてラッキーって思ったらええんちゃう」って返ってきて目から鱗やった????????— T!SE⌖ (@chobits_xxx) October 4, 2017 確かにプレゼントなどをもらった時は、綺麗な包装紙よりも中身がメインですよね。 それを例えにあげたお母さんのアドバイスに、思わず納得して元気をもらったようです。 このアドバイスを見た人たちからは… 「お母さん素晴らしすぎます!」 「自分も包装紙を開けてもらえるために、頑張って中身を磨こう!」 「ステキなアドバイスに思わずこっちもなるほどって思っちゃいました!」 と絶賛する声が寄せられました。 いつでも母親は娘の味方になってくれるというのは本当に心強いですよね。 母親は本当に偉大な存在です!

家族

【感動】会社の帰りに「帰りにスーパーの魚コーナーに寄って」と妻に言われた夫…。言われた通りに魚コーナーへ行くと思わず号泣・・・その理由とは?

1: ファニーちゃん 魚コーナーへ行くように言われた夫 ある日、Twitterユーザーの菅原永二(@sugawara_agency)さんは、奥さんから「帰りにスーパーに寄って」と言われました。 何を買うのかを聞くと奥さんからは「魚コーナーに行って」という返事が返ってきました。 何かしらの魚を買ってくれば良いのかと思った菅原さんは言われた通りにスーパーの魚コーナーへ向かいます。 そして魚コーナーへたどり着いたその時、菅原さんは思わず涙を流してしまったのです。 一体菅原さんに何が起きたのでしょうか? ■菅原さんが魚コーナーで泣いてしまった理由 その時の様子がこちら! 妻から「帰りにスーパー寄ってきて」とラインあり。着いたので電話すると、「魚コーナーに行って」と。「何買う?」「鮭とかのあたりに行って」「うん、鮭?」「上見て」「上?」【おとうさんありがとう】一歳の息子が描いてくれた似顔絵が陳列棚の上に飾ってありました。東急ストアで涙腺崩壊。— 菅原永二 (@sugawara_agency) June 18, 2017 なんとそこには1歳の息子さんが描いたお父さんの絵が陳列棚の上に飾られていたのです。 あまりにも嬉しいサプライズに、つい菅原さんも泣いてしまったようです。 このエピソードを見るだけで本当に素敵で幸せなご家庭だということがわかりますね! このエピソードを見た人たちからは… おれもこれやられたら涙腺崩壊するかもhttps://t.co/Z0Rh8LyqS6— アノルボ (@amayokskm) June 19, 2017 スーパーのあの似顔絵コーナーってそういう用途だったのですね。いや、それしかない。 https://t.co/3OWRxkD0vN— アトリエM(小さな貸アトリエ・貸し教室) (@atelierM_adachi) June 19, 2017 私は同じく今、父の日の似顔絵が飾られているスーパーの魚売り場で仕事してます。似顔絵展示中は写メ撮ったりホンワカな売り場になりますよ~(^-^)— ハッシーナ!! (@kanemo666) June 18, 2017 というように、こういったサプライズを受けたら絶対に嬉しいというような声がたくさん寄せられました。 父の日や母の日というのは親にとっても特別な1日です。 きっと菅原さんにとって今年の父の日は思い出深いものになったことでしょう!

家族

【感動】「お父さんが帰ってきた…!」戦場から大好きなお父さんが帰還…。その姿を見た息子さんの反応に涙が止まらない…

1: ファニーちゃん 大好きなお父さんが戦場から帰ってきた…! イスラエルやシリアの国境にあるゴラン高原で兵士として赴いていたイアンさん…。 今回6ヶ月の任務を終えて家族の元へと帰ってきました。 イアンさんの姿を見た家族達は歓声を上げて駆け寄っていき、再会を喜んでいました。 しかしその一方で、息子のショーン君は駆け寄ることもなく、他の家族達とはちょっと違った反応を見せていました。 そのショーン君の姿は思わず胸を打たれてしまうものでした。 その様子がこちらです(音量に気をつけてください) 真っ先にイアンさんの元へ駆け寄る家族達の後ろから、なかなか進むことのできないショーン君の姿が…。 他の男性が「お父さんだよ」と促されながらゆっくり歩いていますが、泣き崩れてしまいます。 まだまだお父さんにたくさん甘えたい年頃なのにそれが叶わず、ずっと寂しい思いをしていた気持ちが溢れ出てしまったのでしょう。 ショーン君にとって会いたかった父親との再会はそれほどまでに嬉しいものだったのです。 それでもまだまだなくならない戦争で、多くの人たちが涙を流している現状が続きます…。 1日でも早く世界が平和になることを改めて祈りたいですね。

家族

【面白】父と娘の究極のコラボレーション!面白い写真を撮らせたらこの親子に適うものなし!w

1: ファニーちゃん 父と娘が全力で写真撮影! アメリカのカリフォルニア州に住んでいるBer SolomonさんのInstagramが今話題となっています。 それは娘さんと一緒に写真を撮ってアップしているのですが、その写真がとにかく全力で取り組んでいて、思わず微笑んでしまうようなものばかりなのです。 例えばこちら… Be fruitful and multiply..they said ????????????????!! #marthastewartlife #blossomingbaby #instadad #lifeofdad Sholom Ber Solomonさん(@sbsolly)がシェアした投稿 – 2016 12月 21 10:48午前 PST Aaaaaaaaaaaaaaand plié… !!! #nutcracker #ificanfindthem #tututime Sholom Ber Solomonさん(@sbsolly)がシェアした投稿 – 2016 11月 15 10:57午前 PST このようにテーマに合わせて衣装までバッチリ着こなして写真撮影をしているのです。 その世界観は本当に面白いものばかりで、ついついもっと見たくなるような魅力があります。 では他にもアップロードされた写真を少しご覧いただきましょう。 「キミキミ!スピード違反だよ」 License and registration please ma'am ????????????‍♀️????????!! #drivingwhiledelicious #fastandfurious7months #lifeofdad #dadlife…

家族

【衝撃】「今はお寺の名前を忘れてもいいから・・・」中尊寺金色堂に来ていた母娘の会話に賞賛の声

1: ファニーちゃん 母親から娘に話していた内容 岩手県にある中尊寺金色堂にTwitterユーザーのこんでん(@hiroju55)さんが訪れていた時のことです。 そこには、とある母親と娘さんがいましたが、その母親が娘さんに話していた内容がとても素晴らしいものだったのだそうです。 その内容がこちら! 昨日、平泉の中尊寺金色堂を拝観した際に隣にいたお母さんが、娘に、「今は名前は忘れてもいいから、金ピカな建物を見たって覚えておいて。大きくなって歴史を勉強した時に、来たことある事を忘れていなければ勉強がもっと面白くなるから」…と教えていて、良い育て方してるなぁと— こんでん (@hiroju55) August 20, 2017 まだお寺の名前を覚えるのも大変だろうけれども、ここに来て金ピカな建物を見たということだけは覚えていてほしい… そしてここに来たことがあると覚えていたら、勉強がもっと面白くなる という内容を話しており、こんでんさんは… これって、小さい子だけでなく歴史を勉強する人全般に言えるんじゃないかなぁというぐらい名言— こんでん (@hiroju55) August 20, 2017 これがなぜ名言と感じたかと言うと、中尊寺金色堂とか国宝級の文化財になると撮影禁止なので、来た思い出を目に焼き付けるしかできないんです。だから、「来た事を忘れない」って大切だし、その時の感動が勉強する意欲にもなるし私もハッと気付かされました^_^ pic.twitter.com/dluDkUSe8K— こんでん (@hiroju55) August 20, 2017 と感じたのだそうです。 そのお母さんは名前を覚えなくても良いから、その場で見たこと、肌で感じたこと、連れて来てもらったことを覚えておくだけで、歴史の勉強もまた面白くなると娘に伝えたかったのです。 撮影禁止の場所でもあったので、写真を後から見返すことができませんが、歴史の勉強をした時に「そういえばこの金ピカの建物…昔見たような…」と思い出すと、勉強も楽しくなってきますよね。 この投稿についてTwitter上でのコメントには… この娘さんは、平泉の中尊寺金色堂のことは忘れるかもしれない。ただこのお母さんは、松島の瑞巌寺でも、日光東照宮でも、鎌倉でも伊豆箱根でも中山平でも、どこへ行っても同様のことをするはずで、いずれはそのどれかが娘さんの知的好奇心のスイッチを入れることになるんだろう。スバラシイ。 https://t.co/dSRPCDiazr— はるる (@haharesan) August 22, 2017 歴史にはあんまり出てこないけど、(たぶん)母の弟の結婚式の時に行った大きい虎のある山(信貴山?)と、その近辺にあったお寺の洞窟(いわゆる胎内めぐりって奴だと思われる)とかうろ覚えの景色を探してるうちに神社仏閣巡りが好きになったりしたので小さい頃の経験ってやっぱり大切だと思う https://t.co/A68HNJS42n— 南雲遊火 (@asoka_nagumo) August 21, 2017 こうやって育てていただいた子供の頃はさっぱり意味わかんなかったけど今、日本をめぐるのがすごく楽しいほんと親には感謝しかないわー https://t.co/RjDxbsP1Cf— いつき@神社巡り (@itsuki_eki2) August 22, 2017 実際に親に色々と歴史的な場所に連れていってもらった人も、今になって日本をめぐるのが好きになった方もいたようです。 子どものうちからこういったところを見ておくことは本当に大事なことなんですね!…