CATEGORY 家族

動物

【本当の愛を知った最後の8日間】非常な飼い主に捨てられてた全身ダニだらけの老犬。生まれて初めて知った”本当の愛”に包まれた最後の8日間に涙がとまらない

1: ファニーちゃん 非道な飼い主に捨てられたのはダニとノミだらけの老犬 2017年2月にラブラドールレトリバーの老犬であるコリンが非道な飼い主によって庭の外に捨てられているのを隣人が発見しました。 隣人は飼い主に何故そんな酷いことをするんだと問い詰めたところ、なんと飼い主は「この犬は病気になってるし、体中ノミやダニだらけで、もう価値がない」と信じられない返答をしてきたのです。 隣人は飼い主の非道さに愕然とし、すぐにFacebookでコリンがどんな状況なのかというのを写真に投稿しました。 その投稿を見つけたのは、アメリカフロリダ州マイアミで動物保護活動を行なっている「Their Lives Matter Inc.」の創設者であるグレースさんでした。 コリンの姿を見た彼女は非常にショックを受け、ただちに救出しに現地へ向かって保護しました。 そして地元の動物病院へ連絡を入れて、数時間後にはコリンを動物病院へ搬送して検査を行うことができました。 その結果、コリンには背中に大きな傷があり、さらに大量のノミやダニが体中におり、その数は1,000匹ほどいたんだそうです。 さらに詳しく検査をすると、コリンの目はほとんど見えておらず、今までどれほど辛い思いをしてきたのかと考えるとグレースさんや獣医達も心を痛めていました。 血液検査を行ったところ、重度の貧血はありましたが、幸運にもダニによる感染症やフィラリアにはかかっていませんでした。 そして獣医達はすぐにコリンの体からダニやノミを5時間かけて除去し、抗生物質を投与して丁寧にシャンプーも行いました。 そして暖かい毛布と美味しい食事を与えられ、優しいスタッフから声をかけられたりと、たっぷりの愛情を受けることができるようになりました。 その結果もあり、コリンは搬送されて24時間後には尻尾を振れるほど回復していきました。 ■コリンが過ごした最期の数日間は幸せなものだった 治療を受けるようになったコリンは数日後には食欲も出てきて、尻尾を振って喜びを表現することができるようになりました。 その姿を見たグレースは「コリンが助けてくれた獣医達にお礼を言っているようだった」と話していました。 しかしコリンは全身が関節炎になっており、背中に出来た腫瘍も除去しなくてはならず、鍼治療する予定だったりと大変な治療が待っています。 その様子を見たグレースさんは「飼い主に恵まれなかったせいでコリンはこんな辛い経験をすることになった」と辛い胸中を語りました。 実際に飼い主がたっぷり愛情を注いで育てていて、病院にも行っていれば、コリンは失明していなかっただろうし、関節炎にもなっていなかったし、ダニやノミだらけにならずに済んでいたはずなのです。 ただただコリンは多くを望まず、暖かいベッドと食事と愛情が欲しかっただけなのに、それすら与えられなかったということにグレースさんは悲しみと怒りを感じていました。 そしてグレースさんはコリンに残された時間はもう長くないと思っており、コリンを毎日たっぷり愛していきたいと改めて誓ったのです。 2017年2月20日に保護されたコリンは同年2月28日に天国へと旅立ちました。 医療スタッフとグレースさんは悲しみを抱えながらもコリンの冥福を祈り、コリンを応援していた人たちからも悲しみの声が寄せられました。 グレースさんはコリンの最期について「もっとコリンと一緒に過ごしたかったけれど、コリンが生きた最期の数日間は愛情に満ち溢れた幸せな時間だったと思います。たくさんの方々がコリンを愛してくれたことに感謝します」 と語り、最期のコリンはとっても幸せなものだったと振り返っていました。 コリンはきっと今頃天国で全ての苦しみから解放され、楽しく走り回っていることでしょう。

家族

【衝撃】料理にこだわりを持ち、頑張りすぎる事で負担になっていた母。救ったのは娘からの一言だった

1: ファニーちゃん 料理にこだわりすぎたママを救ったのは娘の一言だった! 毎日の食事というのは健康に生きていくためにも欠かせないもので、世の中のお母さんの中には、とにかく栄養面のことを考えながら毎日こだわった料理をされている方もいらっしゃるかと思います。 特に小さいお子さんがいる家庭の場合、とにかく栄養面や美味しさにこだわってしまうということもあるでしょう。 ですが、頑張りすぎることでお母さんの負担になり、毎日が苦痛になってしまっては元も子もありませんよね。 今回その料理についてこだわりすぎていたお母さんと、その娘さんのお話が話題となりました。 その内容をTwitterに投稿したのはホロ酔い母さん(@horoyoikasan)さんで、初めてのお子さんが産まれたことや、昔に食物栄養学を専攻していたこともあり、とにかく人一倍料理に力を入れていたのだそうです。 そして料理にこだわりすぎていたお母さんの心をスッと軽くしてくれたのが娘さんからの何気ない一言だったのです。 初めての子だし食物栄養学専攻していたしで、食事は出汁もスープストックも丁寧に取り、麺つゆやポン酢、ベーコンも手作り。自己満の権化だった私の呪いを解いたのが、娘(当時幼稚園)の「お母さんの料理で1番好きなのはっ、チクワの穴にキュウリ入れたやつ!」のひと言でした。泣いてない— ホロ酔い母さん (@horoyoikasan) June 28, 2017 あれだけ頑張って料理をしていたのに、娘さんの好きな料理はチクワの穴にきゅうりをいれたものだったのです。 一見すると「これは凹む…」と思われますが、この言葉をきっかけに、お母さんもフッと肩の力が抜けたようです。 もちろんパンもケーキも焼き(いま思えば、めちゃめちゃ忙しかった)、毎日手作りのおやつだったんだけど、娘(当時幼稚園)の「お母さんのおやつで1番好きなのはっ、かっぱえび… 以下略— ホロ酔い母さん (@horoyoikasan) June 28, 2017 それからは、「旨い酒が飲めるか」にポイントを置いた献立にシフトチェンジ。栄養バランだけ気を付けて、あとは自分が食べたいものを楽しく作ろうと。最近では、家族3人とも料理できるようになったので負担が減り、新しい楽しみが増えた。もっと早く、肩の力を(あと手も)抜けばよかったなーと。— ホロ酔い母さん (@horoyoikasan) June 28, 2017 今までとにかく美味しいものにしようとこだわりすぎており、それがものすごく忙しくて大変だったと振り返ります。 それからお酒のおつまみに合うような献立に変更し、栄養バランスだけは気をつけて好きなものを作ろうと決めたようです。 娘さんからの一言でママも心が軽くなって良かったです! これからは楽しく料理をしていってくださいね。

動画

【悲劇】最愛の奥さんに先立たれた男性の悲しみを癒してくれたのは1匹の愛犬。散歩中愛犬に起きた悲劇とその理由に涙と怒りがとまらない

1: ファニーちゃん リードに繋げられていない犬 イギリスのロンドンに住むトニー・ドールさんは、今から8年前に子犬のメイジーを飼うことにしました。 メイジーを飼うことにしたのは、最愛の奥さんが亡くなった2日後で、トニーさんの悲しみをいつも癒してくれたのが、このメイジーでした。 そんなトニーさんは2016年4月に、メイジーとバッキンガム宮殿前にある公園で散歩をしていました。 すると突然、リードに繋がれていない犬が走ってきて、メイジーに向かって思いっきり噛み付いてきたのです。 トニーさんが必死に引き離そうとしますが、なかなか離れず、後からやってきたこの犬の飼い主によって引き離すことができました。 しかしその飼い主は特に謝ることもせず、連絡先すら渡さずにその場を立ち去ってしまったのです。 そして噛み付かれたメイジーは、この後悲惨なことになってしまったのです。 ■噛みつかれてしまったメイジーの悲惨な結末 メイジーは噛まれてから1ヶ月間、痛みに苦しみ続けてきました。 そして獣医さんや家族の方もそれぞれ出来ることを精一杯やったのですが、残念ながらメイジーは怪我による感染症により亡くなってしまいました。 奥さんに続いて大切な愛犬を失ってしまったトニーさんは、ひどく落ち込み悲しみました。 そんなトニーさんの姿を見て心を痛めた娘さんは、Facebookでメイジーを襲った犬の飼い主を探すことを決意しました。 娘さんはFacebookで「メイジーを殺した犬の飼い主へ」という言葉から始めて、今回の出来事を強く訴えました。 そこには、飼い主がしっかりリードをつけないでいたことで、メイジーと家族たちがどれだけ辛い思いをしたかというのを書いていきました。 散歩をする時はリードにしっかり繋げるというのは、飼い主のマナーですし、必ず守るべきルールです。 そして最後には、今回のようなこの悲惨な出来事が2度と起きないでほしいという願いが綴られていました。 そしてこの投稿を飼い主が自ら名乗り出て過ちを認めて責任を取ってほしいと訴えました。 今回の出来事でトニーさんや家族、そしてメイジーが受けた辛さを思うと本当に心が痛みます。 改めて飼い主としてのマナーを考えさせられましたね。

動物

【感動】目が見えない為、母猫に見捨てられてしまった生後5ヶ月の子猫。救ったのは1人の女性だった

1: ファニーちゃん 目が見えない猫と保護した飼い主 当時、生後5週間の猫であるニムは生まれつき目が見えなくなっており、その姿を見た母猫は野生では生きられないと思い、ニムを見捨ててしまいました。 目が見えない状態のまま1人ぼっちになってしまったニムは本当に心細くて寂しい生活を送っていました。 しかしそんなニムを助けたのは、今の飼い主さんで、温かい家で愛情たっぷり受けてすくすくと育っていきました。 こちらが保護されたニムです!そんなニムは飼い主さんのことが本当に大好き! こうして飼い主さんとハグして抱きしめるのがとっても好きなのです! ニムは目が見えなくても他の感覚を使って見ることができており、一度歩いた場所は忘れないですし、初めて歩く所でも嗅覚や触覚で身の回りの状況を見ながら過ごしていたのです。 この飼い主さんはニムを保護した後に、もう1匹の盲目の猫も保護していました。 この2匹はすぐに仲良しになり、今ではすっかり一緒に遊ぶ仲なのだそうです。 またニムの魅力はまだまだたくさんあり、散歩中に出会った動物たちとすぐに仲良くなることができました。 ■保護されたニムの魅力 実はこの飼い主さんの家には既に1匹の犬が住んでいました。 ニムはこの犬に対しても臆することなくフレンドリーに接していたのだそうです。 このようにニムと犬とニムの後に保護された猫は3匹仲良く過ごしているようです。 生後5週間で母猫に捨てられるというのは本当に寂しいことですし、辛いことだったと思います。 それでも心優しい飼い主さんに保護してもらい、こうして幸せに過ごすことができるようになりました。 これからも一緒に住んでいる友達と遊んだり、飼い主さんにハグをしたりして愛情をたっぷり受けながら毎日元気に過ごしていくことでしょう!

家族

【動画】そりゃ赤ちゃんも笑うよね!パパのファインプレーに爆笑!

1: ファニーちゃん パパが赤ちゃんをあやす姿に思わずほっこり♡ 赤ちゃんをあやしているパパの姿を見ると、何とも微笑ましい光景が広がりますよね。 今回とあるご家庭のパパもまた、一生懸命赤ちゃんをあやしていました。 そんなある日、パパのある行動を見た赤ちゃんがものすごく大笑いしてくれたのです。 そのパパの行動がこちら! 赤ちゃんの指がボトルに触れて落ちそうになったその瞬間!パパは「おっとっと〜!」というようにボトルを手の上で何度かバウンドさせています。 その姿を見た赤ちゃんは大笑い!パパもこの笑顔を見たいがために、何度もボトルを手の上でバウンドさせて赤ちゃんを楽しませています。 この動画を見た人たちからは「なんて心が温まる動画なんだ!」「可愛い!見ていてこっちまで幸せな気持ちになったわ」というコメントが寄せられていました。 赤ちゃんの笑顔が見れるなら何回でも同じことをしてあげたくなりますよね! なんとも微笑ましい父親と子どものやり取りでした。

動物

【感動】「葬儀で涙を流す馬」10年間過ごした最愛の主人の死、その時は馬は何を思うのか・・・

1: ファニーちゃん 悲しむ1頭の馬 2017年の1月にブラジルのリオグランデ・ド・ノルテ州で、とある人物の葬儀が行われました。 その人物はワーグナー・リマ・フィゲイレドさんという方で、34歳という若さでこの世を去ってしまいました。 ワーグナーさんは、生前セミプロのカウボーイとして活躍しており、10年間にわたって愛馬のセレーノと一緒に過ごしてきました。 しかし、2017年の年明けにバイク事故によって突然亡くなってしまったのです。 葬儀では、彼の死を悲しむ人々が参列していましたが、その中でも胸を痛めたのは愛馬であるセレーノの姿でした。 セレーノはワーグナさんの死を受け入れており、棺に顔を寄せたり、悲しそうな声でいなないたりしていました。 人間と馬の友情と馬が抱くワーグナーさんへの愛情の深さに、多くの人達が涙を流していました。 ■飼い主さんとの辛い別れに涙を流す馬の姿 葬儀の最中、セレーノは蹄を地面に叩きつけ、悲しみを表すかのようにいなないていました。 その悲しい声は何度も繰り返され、ワーグナーさんとの深い愛情を表していたセレーノの姿を、参列者達は涙を流しながらその光景を見ていました。 ワーグナーさんとセレーノの仲良しさを知っている人達が言うには、セレーノの行動は決して偶然のものではなかったと語っています。 ワーグナーさんの親族は、人間のように棺に顔を寄せて涙を流すセレーノの姿を見て、かなり驚いたのだそうです。 このように車で運ばれていく棺を覗き込んだり、顔を寄せたりと、セレーノは精一杯のお別れをしていました。 実際にワーグナーさんも生前はセレーノを第一に考えており、飼料のための費用を確保するために自らの生活を節約していたりと、セレーノの事をいつも大切に思っていました。 その愛情をセレーノはしっかり感じていたのでしょう!彼らは深い友情で結ばれていて、お互いなくてはならない存在だったのです。 今後のセレーノは、ワーグナーさんの遺志を尊重し、ワーグナーさんの兄弟達が面倒を見ることになっています。 大切なパートナーを失ったセレーノは辛い思いをしていると思います。 動物と人間という種族を超えた愛情があるというのを改めて実感させられるお話でしたね。

動物

【涙】飼い主さんが亡くなって8ヶ月…里親が現れてもなお病院前でひたすらに飼い主さんを思い続ける犬の姿に涙が止まらない

1: ファニーちゃん 飼い主さんを待ち続ける犬 ブラジルのサンタ・カタリーナにあるラス・カルドゾ病院の前には、8ヶ月前からずっと佇む犬がいました。 その犬の名前は「ネガオ」といい、この犬は病院に搬送された飼い主さんをずっと待ち続けていたのです。 それは2015年の出来事でした。 ネガオの飼い主さんであったホームレスの男性が感染症になってしまい、病院へ救急搬送され、ネガオも必死に救急車の後を追って病院まで走ってきました。 そして飼い主さんがストレッチャーで運ばれて病院内へ運ばれる姿をじっと見届けていたのだそうです。 ですが残念なことに、その飼い主さんは感染症が悪化してしまって亡くなってしまい、ネガオは二度と飼い主さんに会うことができなくなってしまったのです。 しかしそれを知らないネガオはひたすら飼い主さんが元気になって出てくるのをずっと待ち続けていました。 そして飼い主さんが亡くなって8ヶ月経った後も、ネガオは決して病院の前から離れようともしませんでした。 ただ元気になった飼い主さんの笑顔を見たい…とネガオは思っていたのです。 救急車が病院へ来ると、飼い主さんだと思ったネガオが駆け寄って顔を確認しに来る姿も日夜問わず見受けられました。 そんなネガオの様子に病院のスタッフも心を痛め、このままではネガオが不憫だと思ったスタッフ達はシェルターへ連絡を入れて保護してもらうことにしました。 しかしネガオの想いはとても強いものだったのです。 ■飼い主さんを想い続けるネガオの行動 保護されたネガオを引き取らせてほしいと言ってくれる里親さんも多く、ネガオはこれまで2回里親さんに引き取られていきました。 しかしネガオは、新しい家へ行っても隙を見て抜け出して病院の前に戻ってきてしまうのです。 ここにいれば優しい飼い主さんが戻ってきてくれる、早く飼い主さんに会いたい…このネガオの健気な姿に病院のスタッフも心を打たれました。 そしてついに病院のスタッフ達はある事を考えます。 「恐らくネガオは新しい飼い主さんの元へ引き取られて生活をするよりも、こうして病院の前に気が済むまでいさせてあげる方が幸せなのではないか?」 そう考えたスタッフは病院の庭で暮らせるように環境を整え、定期的に獣医の診察を受けさせながら健康に過ごせるようにしました。 また地元の動物愛護団体のサポートを受けながら、ネガオを毎日散歩に連れていくようにもしました。 「ネガオがこの場から去ることを決意するまで、私達はずっとネガオと一緒に過ごします」「ネガオがこの病院にいる限りは私達はしっかりお世話をして愛情をたっぷり与えたいと思います」と病院のスタッフは語りました。 ネガオにとって大好きな飼い主さんの思い出はこれからもずっと忘れないことでしょう。 心優しい人達の愛情をたっぷり受けながら、ネガオは今でも病院で元気に過ごしているようです!

家族

【驚愕】「パパは誰かをいじめたことがある?」10歳の娘から聞かれた父親。実は中学の時にクラスメートを虐めていた過去があり、娘に真実を話した結果

1: ファニーちゃん 20年前にいじめていたクラスメイトへ謝罪…その反応は? アメリカに住むルーイ・アマンソンさんは、ある日10歳の娘から「パパは誰かをいじめたことがある?」と聞いてきました。 その時、ルーイさんは中学生の頃にクラスメイトをいじめていたことがあり、その事を正直に娘に話をしました。 そしてこの会話をきっかけに、ルーイさんは中学生の頃にいじめていたクラスメイトのチャド・マイケル・モリセットさんのことを思い出し、今更だとは思いましたが、謝罪をしようと思いメッセージを送りました。 【チャドへ 先日、10歳の娘といじめについての話をしました。 その時、娘から「パパは誰かをいじめたことがある?」と聞いてきて、僕は正直に「ある」と答えざるを得なかったんだ。 そして真っ先に思い出したのが君のことでした…。 中学生の頃に君をいじめていたことを謝りたいと思っている…。もし君が同じ州に住んでいるなら直接会って謝罪をさせてほしい。】 と送りました。 そしてチャドさんから届いた返信がこちらです。 【ルーイへ あなたからのメッセージにとても深い感銘を受けました…。僕は君からの謝罪を受け入れたいと思います。 実は当時のいじめの事を謝ってくれたのは君だけなんだ。僕にしっかり謝罪をしてこうして仲直りをすることができたことを誇りに思って、ぜひ娘さんに報告してください。 20年という長い間だけれども、子どもの存在が僕たちに与える影響というのは本当に素晴らしいものですね。 本当に謝罪をしてくれてありがとう。今後もし君がいじめの光景を目の当たりにした時は、正々堂々立ち向かってくれることを祈ります。】 チャドさんは中学生の頃、同性愛者であることが原因で多くの人たちからいじめを受けていましたが、その辛い過去を振り切って、現在はハリウッドのアパレル業界でお仕事をしているんだそうです。 たくさんの人たちからいじめを受けていたので、チャドさんはルーイさんのことを覚えていなかったのですが、謝罪をしたいというメッセージを受け取った時は感銘を受けたのと同時に過去の記憶が蘇って悲しい気持ちにもなったのだそうです。 それでも謝罪をしてくれたことを嬉しく思い、その事で2人は仲直りをすることができたのは良いことだと思っているようです。 いじめというのは何年経っても辛い記憶として残ってしまいます。 改めていじめの問題について、子どもから大人までしっかり考えなくてはならないなと思いますね。

家族

【驚愕】「まさかまた聞けるようになるなんて…」12年前に亡くなった奥さんの大切な留守電のメッセージが消えた…。落ち込む男性に電話会社が取った行動は?

1: ファニーちゃん もう聞けないと諦めていたおじいちゃんに電話会社の対応は? イギリスに住むスタン・ビートンさんは2003年に奥さんを亡くしてしまい、ずっと1人で暮らしていました。 そんなスタンさんの心の支えとなっていたのが、生前奥さんが残していた留守番電話のメッセージだったのです。 スタンさんはこのメッセージを10年以上大切にとってあり、落ち込んだ時などは奥さんの声を聞いて元気をもらっていました。 しかし2014年の12月に突然留守電メッセージが削除されてしまいます。 その原因はスタンさんが契約をしていた電話会社「ヴァージン・メディア」がサービスのアップグレードを行い、その時にメッセージが消えてしまったのです。 その事実に落ち込んでしまったスタンさんは何とかできないかとヴァージン・メディアへ問い合わせをしました。 事情を聞いたヴァージン・メディアは申し訳ないと思い、ただちに音源の復元を試みることにしました。 その結果、見事音声が復活し、その事をBBCラジオが取材も含めてスタンさんに音源を届けに行きました。 そしてレポーターが音源をスタンさんに聞かせたその瞬間…スタンさんは嬉しそうな表情を浮かべます。 そして、もう二度と聞くことができないと思っていた…と話して涙を浮かべました。 そのスタンさんの嬉しさが伝わるやり取りはこちらの動画でも紹介されていました。 スタンさんにとって奥さんのメッセージが消去された時は本当に身が引き裂かれる思いをしたことと思います。 それでも電話会社の人が懸命に復旧させ、無事にまた聞けるようにしてくれたのは本当に素晴らしい対応でしたね!

家族

【拡散希望】「子どもが溺れる時の姿は本当はこんな状態!」子どもの水難事故について正しい知識がある人は10%!90%の人は間違った知識をもっている!

1: ファニーちゃん 子どもの水難事故で最も多い原因は? 子どもは本当に大人が予想しないところで事故に遭う可能性があります。 本能的溺水反応というのもまた、水難事故の1つで、実は身近なところでも起きやすいものとなっています。 皆さんの子どもが溺れているイメージとしては、バシャバシャと必死にもがいて助けを呼ぶ姿を思い浮かぶかもしれません。 しかし実際溺れてしまった子どもは自分の状況に理解ができず、声も出せず呼吸もできない状態で静かに溺れてしまうのです。 これを本能的溺水反応というのですが、これはプールや海はもちろん、入浴の時も注意しなくてはなりません。 その危険を表したイラストがこちら! 乳幼児の不慮の事故で2番目に多い「溺水」。溺れる時、バシャバシャもがくのは映画の世界だけです。溺れた状況を理解できず、もしくは呼吸に精一杯で声を出す余裕もなく、静かに沈みます(本能的溺水反応といいます)。隣の部屋にいれば音で分かると思ったら大間違い。入浴中は気を付けましょう。— 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) September 27, 2017 溺水ですが、教えて!ドクター制作チームの中の人1号小児科先生、イラスト担当デザイナー、公報IT担当は自分ちのこどもを沈めていることが判明いたしました。みなさま、、ほんとに気をつけましょう・・・— 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) September 28, 2017 実際に自分の子どもも沈んでいるのを見たという人もいて、入浴中の危険性を改めて実感させられたようです。 この内容を見た人達から… 私の娘もお風呂で同じ経験をした事があります。頭を洗っている時、湯船でつかまり立ちをしていた娘がお風呂の底で目を開けたまま固まって沈んでいました。一瞬何が起こったのかわかりませんでした。あわててお風呂の底から引き上げました。あの時の光景は忘れることができません。— ゆうこ (@QpNpo) September 27, 2017 子供の頃に母が洗髪、私が体を洗っている少しの間に妹が目を開けたまま湯船に沈んでいたのを思い出します。慌てて引き上げ、妹が沈んでた!と母に言っても「何も音しなかったじゃないの」と信じて貰えなかったのですが…おかげで長年のモヤモヤが晴れました。ありがとうございます。— じゅり@メラルー3匹こたつの中 (@xxx_jyuri) September 28, 2017 初めて知りました!もがく事も出来ないのですね…????2歳と4歳を育ててますが、ハッとしました????一瞬、目を離したすきに…って本当なんですね????気をつけます。— なぎちゃん (@Nah135) September 29, 2017 お風呂場からバシャバシャと溺れるような音が聞こえずに静かだからと言って様子を確認しないでおくと子どもは溺死してしまう危険性もあります。 また親と一緒にお風呂に入っていても、ちょっと目を離した瞬間に子どもが沈んでいたなんていうのは実はよくある話なのです。 もし小さなお子さんがお風呂に入る時は、短時間でも絶対に目を話さないように改めて気をつけましょう。