CATEGORY 家族

家族

【感動】背中から伝わる父の愛、いつの日も息子を見守る父の姿に涙

1: ファニーちゃん 父と子の間に結ばれた親子愛 日頃から親に対する感謝の気持ちを持っていながらも、なかなか親達に伝えられないという方も多いことでしょう。 しかし今回、海外のある青年がTwitterに投稿した内容が今注目を集めているようです。 その写真を投稿したのは、子どもの頃から陸上を続けてきたというチャールズ・ブロックマン(@TheOnlyCharlesB)さんで、彼の隣にはいつも頼れるお父さんの存在がありました。 そして月日が経ち、大学生になったチャールズさんは改めて父親へ感謝の気持ちを伝えました。 From the first day of kindergarten to college move in. Thank you dad. pic.twitter.com/IpbudBIgdp— Charles Brockman III (@TheOnlyCharlesB) August 13, 2017 「これは幼稚園、そして大学に初めて行った日の写真です。お父さん…いつもありがとう」 息子の門出の日にはいつも父親が隣で歩いてくれていたのです。 前を向いて歩くチャールズさんですが、2枚とも父親はチャールズさんのことを見守るような視線を送っていますね。 月日を経て立派に成長をした息子さんの姿を見て、父親はどのような気持ちを持っていたのでしょうか。 そしてこのツイートを見た人達からは… 「素晴らしい写真に涙が出ました!これからも仲良しな親子でいてくださいね」 「お父さんが本当に息子さんのことを愛しているんだなというのが伝わる背中です…素敵ですね」 「私は親の立場ですが、育児を指定と喜びを感じるのはまさにこの瞬間なのです…ありがとうというのは価値のある言葉なのです」 というようなコメントが寄せられていました。 親に対するありがとうという気持ちを素直に伝えることが大切だと改めて気付かされる投稿でしたね!

動物

【面白】飼い主さんと一緒に旅をする「犬と猫」の写真が可愛すぎる!Instagramで話題沸騰に!

1: ファニーちゃん 飼い主さんと犬と猫のほのぼの冒険記 シンシア・ベネットさんは以前に保護犬のイベントでヘンリーという犬を引き取りました。 そしてシンシアさんは同じく保護猫としてバルーを引き取り、2匹はすっかり仲良しになりました。 そして週末になると、シンシアさんとヘンリーとバルーは、登山旅行をするのが日課となっていました。 Hi 👋🏼I'm Cynthia ( @ourwildspirits ), Henry + Baloo's mom! I want to introduce myself with some fun facts. But first THANK YOU all for following our adventures! It means so much to us that so many people care about our little family that we are lucky enough to…

家族

【画像】こんな事ってあるの!?生まれた直後の赤ちゃんと3人で家族写真!その時の赤ちゃんの表情が・・・!?

1: ファニーちゃん 生まれたばかりの赤ちゃんと家族写真を撮った時の赤ちゃんの表情 a 生まれたばかりの赤ちゃんとの対面はパパやママにとって感動的な瞬間です。 その瞬間をぜひ写真に収めたいという方も多いのではないでしょうか? 今回話題となっているのは、Thaise De MariさんがInstagramに投稿した写真で、パパとママと生まれたばかりの赤ちゃんのスリーショットでした。 なんとその時の赤ちゃんの表情がとても可愛らしいものだったのです!それがこちら! E de repente a foto da minha vida é sem produção, sem resolução, sem preocupação com cabelo, maquiagem ou ângulo! Eu inchada e com cara de choro, papai com cara de babão e Carmel já mostrando nos primeiros segundos para o que veio… para fazer…

動物

【驚愕】戦争で戦士した息子の愛犬を引き取った両親。数年後、愛犬の写真を撮ると衝撃の光景が!

1: ファニーちゃん 犬を撮影した時に起きた感動の奇跡! アメリカのニューハンプシャー州からイラクの戦場にいたのは22歳のジャスティン・ロリンズさん。 毎日が緊張状態だった彼の心を癒してくれたのは、イラクで見つけた1匹の子犬でした。 その子犬は基地に設置された簡易トイレの下で複数の子犬達と一緒に捨てられているのを仲間と発見したのです。 彼は子犬を抱えて写真を撮り、両親へ送ったのですが、残念ながらこの写真は彼から送られる最後の写真となってしまったのです。 彼はこの翌日、爆弾の爆発に巻き込まれ、亡くなってしまったのです。 その報せを聞いた両親は、立派に戦地で戦った息子を誇りに思いましたが、やはり大事な息子が亡くなったというのは非常に辛いことでした。 悲しみにくれていた両親は、ふと息子が最後に送ってきた写真に写っていた子犬のことを思い出します。 両親は「息子が可愛がっていたあの子犬を家族の一員として迎え入れたい」と思い、何とかその子犬を探してほしいと米軍へお願いをしました。 戦いが激化していく中で、その子犬を見つけるのは難しいと思われましたが、米軍が必死に探した結果、その子犬を見つけることが出来ました。 そしてイラクからニューハンプシャーまでとてつもなく長い距離を移動し、ようやくその子犬はジャスティンさんのご両親の元へやってきたのです。 こうしてその子犬は新たな生活を手に入れましたが、数年後にある奇跡が起こりました。 ■犬を撮影していた時に起きた奇跡に思わず感動… 息子が最後まで可愛がっていた子犬が自分たちの元へやってきたことで、両親たちの悲しみも徐々に希望へ変わっていきました。 そしてその子犬はヒーローと名付けられ、数年経った頃には立派な成犬へと成長していきました。 そんなある日、この話を聞いたメディアの人が両親の元に取材へ訪れました。 デッキでインタビューをしていたその時、奇跡が起こったのです。 ふとヒーローの方を見ると、ヒーローは庭の方へ歩き始め、スタッフはその様子を撮影していた時、このような映像が撮れたのです。 庭を歩くヒーローに天から美しい光が降り注いでおり、虹色に光った光がヒーローを優しく包んでいたのです。 この光景を見た両親やスタッフは、「ジャスティンがここに来たサインなのでは?」と確信します。 その時に取材をしていた人の話によると… 「あの時、一体何が起きたのかわかりませんでした。ただ1つだけ言えるのは、あの時ジャスティンさんと家族は一緒に過ごしていた美しい時間だったということです。そしてヒーローが両親に安らぎと癒しをもたらしたということがわかりました」 とのことでした。 撮影していた時は空は雲に覆われていたそうで、一時的に雲の隙間から太陽の光が差し込んだのかもしれませんが、確かにその場にジャスティンさんがいて、ヒーローはその温もりを感じていたのです。 両親は「きっとこれからも私たちとヒーローの事を見守ってくれることでしょう」と話していました。 もしかしたらこの光は、ジャスティンさんがヒーローに「僕の代わりに両親を守ってくれよ」とお願いしていたのかもしれませんね。

家族

【父の生活は全く守られていない…】家族の生活を守るために毎日夜遅くまで働く父。しかし大切な家族の一員である父の生活は?中学生の気持ちに賛同

1: ファニーちゃん 家族のために懸命に働く父親の姿 父親が家族のために懸命に働いて養っていく…という姿は多くの家庭で見られる光景ですよね。 その中で今回、TwitterユーザーのTad(@CybershotTad)さんは、朝日新聞に掲載されたとある投書をTwitterで紹介していました。 その内容は家族のために働く父とその姿を見ていた中学生の気持ちが綴られていたのです。 その内容がこちら! 中学生の子の投稿。「夜遅くまで働く父は『大切な家族の生活を守るため』と言う。しかし父も大切な家族の一員なのに、父の生活はまったく守られていなかった」(朝日新聞3/20) pic.twitter.com/TNmBSUCkyV— Tad (@CybershotTad) March 20, 2017 その中学生は家族のために毎日夜遅くまで長時間労働をしている父親は、自分の生活を犠牲にしていることに嘆いていました。 この件以外にも長時間労働を強いられている方は多く、様々な企業でも取り組みが行われていますが、やはりまだまだ解決するのには時間がかかりそうです。 この内容を見た人達からは… 俺もそうだったなぁ絶対子供にこういう思いをさせなたくない https://t.co/L7SpL643mv— tomo-hiro (@m581218) March 21, 2017 「一人ひとりの大人が意識を変えないと、日本は良くならないのではないか」完膚なきまでにその通り。15歳でこの文章、凄い子だ。そして社会に出たことも家庭を持ったこともない中学生の子にすらこの指摘をされる現状。厚労省、経団連の皆様見てますか。是非忌憚なきご意見お聞かせ願いたいわ https://t.co/OM4hPvsAVf— kawabatired (@kawabatired) March 21, 2017 ドイツの知人宅にお邪魔した時、食事は家族全員、TVはあるが殆ど観ない、夕方は家族で近くの公園を散歩、夕食後は家族でボードゲームやカードゲームで楽しむ。有り触れた日常であるべき光景なのに感動してしまった。 https://t.co/nZz99vmrwB— 晴雨堂ミカエル (@seiudomichael) March 21, 2017 といった意見が寄せられていました。 大切なパートナーや子どもを守るために働く父親の姿を見た中学生の意見は私たち大人も真摯に受け止める必要がありますね。

動物

【絶賛】「僕の彼女は犬が嫌いなので誰かに譲ります」愛犬を受け入れられない彼女の為彼氏が取った決断に世界が賞賛!

1: ファニーちゃん 彼女が犬嫌いだから引き取ってほしい 海外のローカル掲示板である「Craigslist」で、ある男性がとある募集広告を投稿しました。 その内容がこちらです。 「僕の彼女が愛犬のモリーを嫌うので、悩んだ結果手放すことにしました。 この子は血統の良い生まれで僕とは4年間も一緒に過ごしてきました。遊ぶのが大好きなのですが、ちょっとしつけが必要かなと思っています」 という言葉から始まるこちらの募集広告…彼女が嫌うから犬を手放すなんて無神経すぎる!と思うかもしれませんが、こちらの内容をよく見ると衝撃的な展開を迎えていました。 ではこの内容は最終的にどのような結末を迎えるのでしょうか? ■男性が本当に伝えたかったこと… 男性はその後にこう続けました。 「自分の身なりはあまり気にしないのですが、爪のお手入れは大好きみたいです。 しかも夜更かしはするくせに僕が働いている時は平気でグースカと寝ています。 それでいて、とても高い料理ばかり食べているんです。 そして僕が仕事から疲れて帰ってきても玄関で出迎えてくれたことも一切ありませんし、愛情も皆無でいつも適当にあしらってきます。 噛み付くことはしないのですが、とことん酷いなって思う時が結構あります」 どうやら男性は本当にうんざりしているようで、不満が溜まりに溜まっているようです。 そして最後に彼はこう記していました。 「ということで皆さん!わがままで意地悪で金遣いの荒い【僕の彼女を引き取ってくれる方を募集します】。早急に連絡お待ちしています」 なんと男性が引き取ってほしかったのは愛犬のモリーではなく、男性の彼女だったのです。 男性にとってモリーを手放すというのは考えられないことだったようです。 でもそう考えると、この彼女の引き取り手は現れるのでしょうか…? いずにしても衝撃的な投稿内容でしたね。

動物

【感動】生まれてからずっと一人ぼっちで愛情を知らずに育った1匹の犬。新しい飼い主さんにハグされそして・・・

1: ファニーちゃん 人間からの愛情を知らない犬 カイロと名付けられたとある犬は、生まれてからずっと人間からの愛情を知らずに育ってきました。 生まれてすぐのカイロは施設で育てられ、ずっと一人ぼっちで過ごしており、ようやく施設から引き取られたのは生後10ヶ月の頃でした。 これでようやく人間からの愛情を受けながら育つことが出来ると思われていたのですが、カイロを引き取った家族に問題があったのです。 なんとその家では、カイロに餌をただあげるだけで、コミュニケーションも全く取らずに放置し続けていたのです。 その結果、引き取られた後のカイロも人間の愛情を知らないまま育ち続けていました。 そんな状態だったカイロを助けたのが、新しい飼い主さんとなったメーガン・スウィアーズさんという方でした。 メーガンさんは旦那さんと一緒に愛情をたっぷり注ぎながらカイロを育てていきました。 そして人間からの愛情を知ったカイロは、徐々に行動の変化が見られるようになってきたのです。 温かくて優しい家族に育てられていったカイロは、可愛らしい癖があることもわかりました! ■人間からの愛情を受け始めたカイロの可愛らしい行動 その可愛らしい行動がこちら! カイロは人間からの愛情が温かいものだと知った後、とにかく飼い主さんにハグを求めてくるようになったのです。 実際にメーガンさんが帰宅すると、真っ先に玄関へ駆けつけてくれて出迎えたくれたりもするんだとか! 「カイロは私が靴を脱ごうとしゃがむと、膝の上に乗ってハグをしてきてくれるのよ!もしこの時にしゃがまないでウロウロしていると、カイロは寂しそうな表情をして私の後を付いてくるの」とメーガンさんは話していました。 人から愛されることの幸せを知ったカイロは、今でも幸せに過ごしていることでしょう。 本当の愛情というものを知ることが出来て本当に良かったです! これからも色々な人に愛されながら、幸せに楽しく暮らしていってほしいですね!

動物

【画像】「この1枚は私たちにとっても最高にハッピーになれる養子縁組の写真です!」オーストラリアにある最高の動物病院と呼ばれた素晴らしさとは?

1: ファニーちゃん 里親さんの元へ引き取られていくワンコ オーストラリアのメルボルンにある「ロート・スミス動物病院」は非常に人気のある動物病院です。 ここのすごい所は犬や猫などのペットの治療だけではなく、ワニや金魚など特殊な動物の治療も受け付けており、さらにはシェルターも兼ねている所です。 そしてこの動物病院は1936年に動物を愛した女性が創立したもので、運営費なども国に頼らずに寄付で賄っているのです。 過去に数多くの保護犬達が里親さんの元へ引き取られていきましたが、今回引き取られたワンコは嬉しくて仕方なかったようで、喜びを全身で表現していたのです。 「コソ」と名付けられたワンコは、里親さんが迎えに来た途端、このように大きくバンザイをして喜びを表現してくれました。 今まで優しく保護してくれていたスタッフ達に感謝の気持ちと、さようならの気持ちを伝えていたのかもしれませんね! また、シェルターのスタッフ達にとっても、ここまで喜びを表現してくれた犬は初めてで、この写真をFacebookに載せた時には「この1枚は私たちにとっても最高にハッピーになれる養子縁組の写真です!」と紹介されていました。 その書き込みに対しての反響もとても大きなものだったそうですが、何故ここの動物病院はこれほどまでに注目されるようになったのでしょうか? ■この動物病院は動物にはもちろんのこと飼い主さんにも優しい場所だった 実際に、この写真が投稿された後、4万件以上の「いいね!」が付き、多くの人達がロート・スミス動物病院に注目していることがわかります。 こちらの病院では長年培われたノウハウを活かして、様々な動物を救ってきたのです。 特に話題となったのは、10歳の金魚の腫瘍除去手術を行って命を助けたという話で、当時の飼い主さんは獣医師のリッチさんから手術か安楽死かという提案を受け、手術を選択したら見事に治してくれたのです。 リッチさんは「飼い主に愛されているペットを救う時には、獣医は生き物の種類で差別することは無い」と語っており、動物を助けたいという強い想いにグッときますね! 他にもこの動物病院の魅力は、誰でもペットや家畜の治療を受けることができるというものです。 低所得者などペットの治療費を出す余裕が無いという方でも安い治療費で診察してくれるのです。 動物達のためでもあり飼い主さんのためでもある動物病院はこれからももっと増えていってほしいですよね。 そうすれば病気になってしまったペットを治療費が払えないからといって捨てるということも減っていくはずです。 こういった病院が世界中にできることを願うばかりです。

家族

【衝撃】父子家庭の父に何が出来るのか?1人のシングルファーザーが娘のために始めたことが世界を救った!?その活動内容がこちら!

1: ファニーちゃん シングルファーザーの父親が娘のために始めたことに賞賛の声が相次いだ! a シングルファーザーであるフィリップ・モーガスさんは娘のエマちゃんを喜ばせるために、あることを始めました。 それは、エマちゃんの髪を結んであげたいという想いから始まったことだったのです。 とことんこだわっていたフィリップさんは、その道を極めたようで、ついに誰かのために活動をするに至ったのです。 大抵のパパは娘のヘアスタイルにまではなかなか気が付かないことが多いものです。 しかし女の子にとっては髪型はとても大切なもので、綺麗なヘアスタイルに仕上がれば誰でも嬉しいものです。 そこでフィリップさんはエマちゃんのために、独学で髪の結び方やケアの仕方などを学びました。その成果がこちら! なんと三つ編みからジグザグ…さらには複雑なヘアアレンジなどなど…。 フィリップさんはエマちゃんの髪型にとことんこだわった結果、これほどまでにすごい技術を身につけたのです。 やがてフィリップさんは… 「世の中には私のように、シングルファーザーとして娘を育てているお父さんはたくさんいる…しかし年頃の女の子の身だしなみやおしゃれのこととなると、全くわからないことだらけのはずだ」 と思い、ある活動を行うことにしました。 なんとフィリップさんは、フロリダ州のインターナショナル・アカデミー美容学校で「ヘアスタイル講座」を開講することにしたのです。 その講義の受講料はなんと無料で行われました。 「毎日育児で大変なのだから、お父さんでもお母さんでも、これ以上費用をかけさせたくなかった」とフィリップさんは語っていました。 フィリップさんの考えていたように、この講義を受けたいとやってくる男性もたくさんいたようで、大反響でした。 しかもこの講義では、学んだことをすぐに実践できるように、ヘアゴム、ピン、ブラシ、スプレーなどが入ったキットを受講者にプレゼントしていきました。 こういったフィリップさんの活動はSNSで広まっていき、パパが娘さんに施したヘアアレンジの画像を載せていったりと盛り上がっていました。 そしてついに、地域団体『お父さんと娘の髪工房(Daddy Daughter Hair Factory)』というものが設立されたのです。 髪を結ぶというものは、男性にとっては難しいことかもしれません。 しかしこのやり取りが娘さんとの大事なスキンシップにもなります。 こういった些細なやり取りも、親子にとっては大切な思い出として深く記憶に残っていくことでしょう。

家族

【動画】66年間連れ添った最愛の妻を亡くしてしまった94歳の男性。寂しさを紛らわすためにとった行動が全米でニュースになることに!?

1: ファニーちゃん 妻を亡くしたおじいちゃんの取った行動は皆を笑顔にした! a アメリカのミネソタ州に住んでいる、キース・デイヴィソンさんは、94歳のおじいちゃんです。 彼は2016年4月に66年間ずっと一緒に過ごしてきた妻のエヴィさんが亡くなってしまったことで、ずっと孤独感を感じながら過ごしていました。 そこでキースさんは寂しさを紛らわすために、ある行動を起こし、それが海外でニュースになるほど話題となりました。 その様子がこちら! 1人暮らしだったキースさんは、なんと自宅の裏庭に大きなプールを作って子ども達に無料で開放することを決めたのです。 それからというもの、キースさんの裏庭にはたくさんの子ども達がプールではしゃぐ声が聞こえるようになりました。 遊ぶ子供たちはもちろん、その様子を見守っているキースさんにも笑顔が溢れました。 キースさんはメディアの取材に対して「もう自分は1人ではないと感じるようになった」と話していました。 愛する奥さんが亡くなった時の寂しさや孤独感は計り知れないものだったかと思います。 けれども思い切った行動をすることで、たくさんの人たちを笑顔にしてくれました。 キースさんはこれからもたくさんの人たちの笑顔に囲まれて過ごしていくことでしょう!