CATEGORY 家族

動物

【別れを告げに来た愛犬】飼い主が入院する事になり親戚に預けられた愛犬、すぐに行方不明になってしまった愛犬が飼い主の葬式にやってきた・・・。

1: ファニーちゃん 行方不明だった愛犬 愛犬ベイロンと飼い主さんのドニャさんはメキシコのモンテモレロスに長年住んでいました。 しかしそんな幸せな暮らしの中、ドニャさんはガンを患ってしまいました。 治療を続けていましたが、ドニャさんの病状は悪化してしまい、日常生活にも支障をきたすほどになってしまったため、普段は親戚の家で過ごすことになりました。 しかし親戚の家の都合上、ベイロンは自宅に置いていかなくてはならなかったため、ドニャさんは親戚の家から自宅まで毎日通ってベイロンのお世話をしていました。 しかしそれから数ヶ月後、ドニャさんはベイロンの所へ行けなくなるほど病状が悪化し、入院をすることになりました。 その間のベイロンのお世話は親戚にお願いすることになりました。 きっとドニャさんも入院中はベイロンのことが気になって仕方なかったことでしょう。 そんなある日、ドニャさんの親戚の人がベイロンの様子を見に行くと、なんとベイロンの姿がどこにも見当たりませんでした。 驚いた親戚の人たちは近所中を探し回ったのですが、残念ながらベイロンを見つけることができませんでした。 親戚一同はドニャさんの容態も考えた結果、ベイロンがいなくなったことは秘密にしておこうということになり、そのまま時は過ぎていきました。 そしてベイロンがいなくなって2週間後…ドニャさんはベイロンにお別れを告げることができないまま亡くなってしまいました。 そしてドニャさんの葬式の日に不思議な出来事が起こったのです。 ■ドニャのお葬式にやってきたのは行方不明だった愛犬だった ドニャさんのお葬式は隣町でしめやかに営まれましたが、この時に不思議な出来事が起こりました。 参列者が悲しみに包まれている中、葬儀場の扉をガリガリと引っ掻くような音と犬の吠える声が聞こえてきたのです。 親族としては「ベイロンはもしかしたらどこかで死んでしまったのかもしれない」と思っていたので、皆が「まさか!」と思いました。 そして葬儀場のスタッフが扉を開けると、ベイロンが迷うことなくドニャさんの棺まで駆け寄ってきたのです。 そしてドニャさんの姿を見たベイロンは、その場で伏せてしまいました。 本来なら葬儀場に犬は立ち入り禁止なのですが、事情を聞いたスタッフはベイロンの参列を特別に許可してくれました。 親族達が棺の中にいるドニャさんにお別れを告げている中、ベイロンも棺を覗き込んでお別れを告げました。 そしてドニャさんの葬儀が終わる頃、ふと気がつくとベイロンの姿が消えていたのです。 ベイロンは大好きだったドニャさんに別れを告げるために葬儀場へ訪れていたというのがわかりました。 ドニャさんが亡くなったことをベイロンはどうやって知ったのか、そして葬儀は隣町で行われたのにどうやって場所や時間を知ったのか… 人間からすると本当に不思議なことだらけですが、もしかしたらドニャさんがベイロンにお別れを告げに来たのかもしれませんね。 犬の不思議な力に改めて驚かされる不思議な出来事でした。

動物

【驚愕】突然母親の腕に噛み付いた愛犬・・・この行為により母親は命を救われることに!?

1: ファニーちゃん 母親に突然噛み付いた飼い犬 カナダで暮らしているデイビス家には、近所の家族から譲ってもらった愛犬「パッチ」も一緒に暮らしています。 パッチは人懐っこい性格で、家族の一員となってからすぐに家族全員と打ち解けることができました。 しかし年月が経つにつれて彼が予想以上に大きく成長していき、小さい家の中でパッチのスペースが取れなくなってきたのです。 その事を受けた両親はパッチを手放そうかと考えるようになりました。 パッチのことを家族会議で話すと、子ども達は「大切な家族と離れ離れになるなんて嫌だ」と猛反対し、両親もそれを聞き入れて、この話は一時保留にすることにしました。 そして数日後にまた話し合いをしようということになったのです。 しかしこの後、まさかな出来事が起こり、パッチと家族の運命が大きく変わりました。 ■パッチは家族に危険を知らせようとした! 話し合いをしてから数日後、1人で自宅にいた母親のノラさんはお風呂に入る準備を始めました。 しかしノラさんが入浴した直後、突然パッチが浴室に駆けつけて吠え始めたのです。 元々パッチはお風呂が大嫌いで自分から浴室に近付くことがなかったのですが、ノラさんが出ていくように言っても出ていこうとはしませんでした。 しかもパッチはノラさんの腕に噛み付いてきたのです。 これにはノラさんも最初はビックリしてショックを受けましたが、パッチの様子が何かおかしいと感じたノラさんは、ひとまずお風呂から上がることにしました。 そして浴室のドアの向こう側を見ると、なんと家が火事になっていることがわかったのです。 ノラさんとパッチはすぐに庭へと避難しましたが、その時に駐車した車を見つけ、ノラさんが車のキーを取りに行こうと戻ろうとしました。 しかしそれをパッチが強く阻止し、その直後に大きな爆発音とともに家が崩れていったのです。 この日をきっかけに両親はパッチを手放そうというのを考えなくなりました。 ノラさんにとっても命の恩人となるパッチは、これからも大好きな家族の中で一緒に過ごすことができるようになったのです。 その後家族は大きな家に引越しをして、パッチが遊び回れるようなスペースを十分に確保することにしました。 パッチが遊び回れるような場所が確保出来ないことから、一時は手放そうと考えられていたパッチ…。 ですがパッチは家族のことを大切に思っていて、結果的にノラさんの命を救ってくれました。 パッチがこれからも優しい家族と一緒に幸せに暮らしていくことを願います。

家族

【夫婦愛】亡くなる直前に妻が残した遺言を数年間守り続けてきた夫…ある日とんでもない事実が発覚し笑いがとまらない結果に!

1: ファニーちゃん 妻の遺言を守っていたらまさかの事実が発覚した a 2013年の頃、南アフリカに住んでいるナイジェルさんの妻・フェードルさんが、ガンによって69歳で亡くなってしまいました。 フェードルさんは亡くなる前に夫のナイジェルさんに「風呂場においてある植物に水をちゃんとあげてね」という遺言を残したのだそうです。 愛する妻の最期の願いを叶えようと、ナイジェルさんは数年間の間、毎日水やりをし続けました。 そんなある日のこと、長年住んでいた家を引っ越すことになった時にある事実に気付きました。 亡くなった妻の言う通りに何年も水やりをし続けた植物が、なんとプラスチック製のものだったことが発覚したのです。 Before my mum passed away, she gave my dad strict instructions to water the plants in the bathroom. He’s been religiously watering them & keeping them alive. They look so amazing he decided to take them to his new home, only to discover they are plastic!…

家族

【感動】「やっとママに会えたね」産まれたばかりの赤ちゃんをママの隣に寝かせると、心温まる素敵な光景が広がった

1: ファニーちゃん 産まれたばかりの赤ちゃんとママの心温まる光景 a 妊娠した女性はお腹の中で赤ちゃんを育んでいる間に少しずつママとしての実感が湧いてきます。 そしてお腹の中にいる赤ちゃんに話しかけたり、食事に気をつけるようになったり、音楽を聴かせたりしながら約10ヶ月間を過ごします。 そして産まれた時にはようやく会えたことに喜びを感じ、ママの近くに寝かせることでスキンシップを取ります。 この時、大抵の赤ちゃんは泣いているかもぞもぞと動いていることが多いのですが、今回とある赤ちゃんがとった行動が話題となりました。 ママになったブレンダさんはブラジルの病院で帝王切開で赤ちゃんを出産しました。 その時に赤ちゃんが驚きの挨拶をしてくれました。 なんと赤ちゃんがブレンダさんの頬に手を当てて確認しているような行動を取ったのです。 まだ目は見えないはずですが、赤ちゃんは確実にママがいるとわかっていたようです。 その姿はまるで「やっとママに会えた!」と喜んでいるようにも見えますね。 ブレンダさんもまた幸せそうな顔をしており、とても心温まる素敵な光景となりました。 この素晴らしい家族の未来が明るいものであることを願います!

家族

【面白】幸せそうに彼氏と写真を撮る娘。その姿を見た父親が「自分も一緒に!」と思いとんでもない行動に!

1: ファニーちゃん 幸せそうに写真を撮る娘を見た父親の行動とは? a アメリカのウィスコンシン州に住むベンジャミン・ショクさんには、大切に育てている娘のリアカさんという方がいます。 そんなリアカさんは、ある日彼氏と同窓会へ行くことになり、2人は素敵な服に着替えていました。 その後、写真作家であるリアカさんのお母さんのシェリーさんは、「是非写真を撮ろう!」と言ってくれました。 2人は少し照れながらも幸せそうな表情で写真撮影をしていました。 するとその姿を見ていたベンジャミンさんは「自分も撮りたい!」と申し出てきました。 大好きな娘さんとの写真は少しでも多く撮りたいと思うのが親心だよな…と思ったその時、ベンジャミンさんはまさかの行動を取りました。 なんとベンジャミンさんは、リアカさんの彼氏と写真を撮ることを希望したのです。 そしてベンジャミンさんはリアカさんの彼氏に「君が俺の娘にやることはなんでも、君にそのままやってやるぞ。」という言葉を加えました。 なんともユニークな行動をとるベンジャミンさんですが、きっとこれには「娘を大事にしてくれるなら俺にとっても君は大切な人だ」と伝えたかったのかもしれません。 なんとも心温まるメッセージに、ネットからは… 「素敵なお父さん!本当に娘さんのことを大事に思っているんだね 「彼氏のちょっと緊張気味の表情に少し笑ってしまった(笑)」 「もしこの彼氏が彼女を悲しませるようなことをしたら…お父さんもかなーり怒るだろうね!」 と様々な声が寄せられました。 なんとも心温まる親子と彼氏さんのやり取りでした!

動物

【最高の出会い】自殺をする為最後の煙草を吸おうとした瞬間、目の前に現れた黒猫により彼の心は救われた!

1: ファニーちゃん 自殺をしようとした元兵士 元米軍兵士のジョシュ・マリノさんはイラク戦争から帰還した直後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症してしまいました。 その為、戦地を離れた後も日常生活を送ることができないでいたのです。 ジョシュさんは「戦地を離れた後も僕の頭の中で戦争がずっと続いていた…。何かに集中して気を紛らわせようとしても目に見えない何かが僕の生活を邪魔していた」と語っていました。 その恐怖とトラウマによって生きる気力を失っていったジョシュさんは、ある日自殺をすることを思い立ってしまいます。 そして最後に煙草を吸おうとした瞬間…ジョシュさんの目の前に1匹の黒猫がやってきて、彼の足にスリスリとしてきたのです。 ジョシュさんはこの時のことを「私が全てを終わらせようとした時に1匹の子猫が現れました。その子猫の可愛らしい姿を見た途端に心が軽くなり、自然と涙が溢れたのです」と語っていました。 突然現れた子猫に癒されたジョシュさんは、それ以降悩むことをやめて、子猫のことばかり考えるようにまりました。 ジョシュさんは「私はすっかり子猫に夢中になり、気がつけば子猫に会うために外出もしていたのです。子猫は私の心を救ってくれただけではなく生きがいも与えてくれた」と語っていました。 しかしある日、ジョシュさんが仕事から帰ると、家の近くにいるがずの子猫の姿がありませんでした。 ■いなくなってしまった子猫との再会! いなくなってしまった子猫が心配になったジョシュさんは必死に探しましたが子猫は見つからず、彼は「きっと誰かに保護されたんだ」と信じることにしました。 しかしそれから数ヶ月後…地元で開催されていたペットの譲渡会にジョシュさんがたまたま行った時のこと。 並んでいるケージの前を歩いていると、見覚えのある猫の手がジョシュさんの前に伸びてきたのです。 ふとジョシュさんが立ち止まってその方を見ると、なんとあの時ジョシュさんの心を救ってくれた子猫がいたのです。 ジョシュさんは子猫と再会した時、嬉しさのあまり彼を何度も抱きしめ、この子猫を正式に家族として迎えることを決めて自宅へ連れて帰りました。 その後「スカウト」と名付けられたこの猫は家族でもあり親友でもあるジョシュさんの側にずっと寄り添うようになりました。 そして今から数年前…彼の心を癒してくれたスカウトは役目を無事に果たし、老衰によって天国へと旅立ったのだそうです。 ジョシュさんは 「スカウトに支えられながら私は大学を卒業し、今は退役軍人のサポートをする仕事に就いて前向きに生きています。 今の私がいるのはスカウトのおかげなのです。スカウトは私の命を救って生きる希望を与えてくれました。スカウトは天国へ旅立ってしまいましたが、私は親友のスカウトのことを生涯忘れません」 と語りました。 自殺を考えていた彼の前に現れた猫が彼の命を救った…というのは本当に心が温まるお話ですね。 きっと今もスカウトは天国でジョシュさんのことを見守ってくれていることでしょう。

家族

【衝撃】「私のために趣味の物を全部処分してと言ったらできる?」と妻に聞かれた夫…。更にその後妻から言われた一言

1: ファニーちゃん 趣味の物を捨てられるかと聞いてきた妻が本当に伝えたかったこと a よく夫婦間でも問題になるのは「夫が趣味のものを大量に持っていてスペースが取られる」というようなもの。 こればかりはお互いが話し合って何とか上手くやっていかなくてはならないものなのですが、中には奥さんが勝手に処分してしまったというケースもあります。 Twitterユーザーの「――-198X(仮)」(@gt198x)さんもまたレトロゲームが趣味でたくさんのコレクションを持っていました。 そんな旦那さんの趣味を見た奥さんはこのような問いかけをしました。 妻に『私の為に趣味の物を全部処分してと言われたら出来る?』と聞かれたので『もちろん。君さえ居れば何もいらないよ』と答えたら『処分後に私が死んだら、あなたは生き甲斐を失う。だから趣味にも家族にも命をかけてね』と言われて涙腺が崩壊した。 pic.twitter.com/IJTlcNad2t— ーーーーー198X(仮) (@gt198x) May 13, 2016 もしかして奥さんは旦那さんの趣味を捨てるつもりなのか…と思っていたら、とても素敵な言葉が返ってきました。 もし自分が先に亡くなってしまった時のことも考えてくれるなんて、本当に思いやりのある素敵な方です。 このやり取りを見たTwitterの人たちの反応は… 「なんて素敵な奥さんなんだ…こんなことそうそう言葉にできる人いないよ」 「本当に素敵な女性ですね!何卒大事になさってくださいね」 「奥さんはきっと投稿者さんの言葉を聞いて既に答えを用意していたのでしょうね…感動しました」 というようなコメントが寄せられていました。 趣味に理解がある奥さんで、旦那さんも幸せですね! これから末永く幸せに過ごしていってほしいですね。

動物

【驚愕】殺処分寸前で新しい家族に迎え入れられた1匹の犬。ある日突然吠え続けるように!?実はこの犬の行動でたくさんの人の命が救われた!

1: ファニーちゃん 新しい家族の元へやってきた犬 カイリーと名付けられたシェパードミックスの犬は3歳のメスです。 カイリーは元飼い主から酷い虐待を受けて捨てられてしまったという辛い過去があり、無事に保護した後は里親募集をしていました。 しかしカイリーは辛い過去のせいで、見知らぬ人に触られると敵意をむき出しにするばかりで、なかなか引き取り手が現れない状態でした。 もしこのままカイリーが引き取られないと、殺処分されてしまうことになり、スタッフ達も何とかそれだけは阻止しようとFacebookなどでも呼びかけていました。 もうすぐで殺処分されてしまうという時…何とか新しい飼い主さんを見つけることが出来ました。 彼女の名前はスージーさんといいます。 最初はやはり敵意むき出しのカイリーにスージーさんも大変だったそうです。 それでもスージーさんはカイリーにたくさんの愛情を与え、カイリーも次第に心を開いていきました。 そんなある日、とある出来事が起こったのです。 ■何故かずっと吠え続けていたカイリー その異変が起こったのは2016年12月30日のことでした。 突然カイリーが吠え始め、スージーさんがなだめても一向に吠えるのを止めなかったのです。 カイリーの様子を見たスージーさんは、カイリーが何かを伝えたいのでは?と思い、カイリーを外へ連れ出します。 するとスージーさんは、辺り一面に立ち込める異臭に気が付きました。 その異臭の正体はガスで、そこら中にガスが漏れていたのです。 カイリーは外に出た瞬間、スージーさんをある地点へ連れて行こうとしました。 そこはガスの発生源となっている所で、スージーさんはすぐに消防車を呼びました。 カイリーの活躍によって早い段階でガスの発生源を特定したおかげで事なきを得ました。 その一帯はアパートが立ち並んでおり、小さな子ども達もたくさん住んでいた場所で、もしこのままガスが漏れ続けていたらと思うと本当にゾッとしますね。 カイリーは今では町のヒーローとなりました! 辛い過去がありましたが、これからもたくさんの人達から愛されながら過ごしていくことでしょう!

家族

【心】天皇・皇后両陛下が雨の日にビニール傘を使う理由とは?その理由に込められたお二方の想いとは?

1: ファニーちゃん 雨の日にビニール傘を使う天皇・皇后陛下の想いとは? a ご高齢でありながらも積極的に多くの行事へ参加されてきた天皇・皇后陛下。 退位の以降を示されてからもなお、最後まで天皇・皇后陛下としての責務を果たしているお姿に国民も勇気付けられています。 特に震災が起こった時や復興支援をする際にも現地へ訪れては、国民1人1人に目線を合わせてお声をかけてくださる姿も印象深いですね。 そんな天皇・皇后陛下ですが、雨の日になると必ずビニール傘を使用しているのです。 それは単にビニール傘しかないからという理由ではなく、天皇・皇后陛下のある想いが隠されていたのです。 ある日、復興支援の関係で岩手県へ訪れた際に、両陛下は職員の方から黒い傘を手渡されました。 しかし両陛下はその傘を受け取らずにビニール傘を使って訪問されていたのです。 その理由はなんと「報道関係者やメディアが撮影しやすいように」という両陛下のお心遣いだったのです。 両陛下が行動をするとなれば、報道機関はその様子を撮影しなくてはなりません。 そこで両陛下は雨の日でも撮影をしやすいようにと配慮をし、お顔が見えるようにビニール傘を使用するようになったのです。 お二人がそこまで配慮をしていたと思うと、本当に心を打たれますね。 退位された後のお二人も、いつまでもお元気でお過ごしになられることを改めてお祈りしたいです。

動物

【最期まで飼い主さんとともに】14年間共に過ごしたおばあちゃんと猫は同じ日に天国へ旅立っていった…

1: ファニーちゃん 14年間ずっと一緒にいたおばあちゃんと猫 ある日、とある老夫婦が保護施設から猫を引き取りました。 その猫は「ギャビー」と名付けられ、老夫婦からとても可愛がられていました。 当時2歳だったギャビーは、おばあちゃんに懐いていたようで、本を読んでいるおばあちゃんの膝の上にいるのが大好きでした。 しかし、それから数年後に、おじいちゃんが亡くなってしまい、何十年も連れ添ったおばあちゃんはひどくショックを受けました。 そんなおばあちゃんを慰めて癒してくれていたのが、ギャビーで、おじいちゃんの死をきっかけに、また強い絆で結ばれいきました。 ■最期まで連れ添ったおばあちゃんと猫 そんなおばあちゃんは、おじいちゃんが亡くなったことで、ある心配をするようになりました。 それは「ギャビーを残して自分が先に死んでしまったらどうしよう」というものでした。 おばあちゃんは周りにもその心配を相談するほど悩んでいたそうです。 そして最期となった日、ギャビーの呼吸が弱々しいことに気が付いたおばあちゃんは、ギャビーを動物病院へ連れていきました。 ですがギャビーは寿命を迎えたようで、おばあちゃんの腕の中で天国へと旅立っていきました。 大好きなおばあちゃんの腕の中で最期を迎えられたギャビーはきっと最期まで幸せだったことでしょう。 ギャビーが亡くなって悲しみに暮れたおばあちゃんでしたが、ギャビーの最期を見届けることができて安心したというのもあったのかもしれません。 おばあちゃんは動物病院から自宅へ帰った後、いつもギャビーと座っていたソファで静かに天国へと旅立っていきました。 それはギャビーが亡くなって4時間後のことだったのだそうです。 今回、ギャビーもおばあちゃんもそれぞれ同じ日に幸せな気持ちで最期を迎えることができました。 今頃は天国でおじいちゃんも一緒に仲良く過ごしていることでしょう。