CATEGORY 動物

動物

【驚愕】愛犬がみるみる弱っていく姿に飼い主は安楽死を決意…。しかし犬が弱っていった原因は意外なものだった!?

1: ファニーちゃん 原因不明の病気にかかった犬がみるみる弱っていく…その原因は? ペットが体調不良に苦しんでいる姿を見ると、飼い主としても心が苦しいですよね。 言葉が話せないからこそ、何とかしたくてもどうすれば良いのかわかりません。 アメリカのオレゴン州に住んでいるアルさんとジョエルさんはシェットランドシープドッグのオーリーを飼っています。 このオーリーは10歳になっても大きな病気もせずに元気に過ごしていました。 そして飼い主さんとオーリーはキャンプに行ったのですが、その帰りにオーリーの体調が悪そうなことに気がつきます。 ここから飼い主さんの苦悩が始まるのですが、そこには驚きの事実がありました。 ■弱まっていくオーリー…その原因とは? 元気のないオーリーを心配したアルさんとジョエルさんは動物病院へ連れていきますが、検査をしても原因が全くわかりませんでした。 むしろオーリーの体は健康そのもの!それでもオーリーは日に日に体が衰弱していってしまいます。 走り回ることも飼い主さんとも遊べないオーリーは毎日苦しみながら過ごしていました。 この姿を見たアルさんとジョエルさんは「このまま苦しみながら死を待つより、今ここで安楽死をさせて苦しみなく楽にしてあげるのがオーリーのためでは?」と考えます。 そして飼い主はオーリーを安楽死させるという決断をしました。 そしてオーリーを安楽死させる日、動物病院ではその準備をしており、2人はオーリーの不安を取り除くために耳の裏を触ったその時…。 2人は小さな塊のようなものを見つけます。 その塊を獣医が調べた結果、その正体はなんとダニ!! 実はこのダニの唾液には毒があり、オーリーはこの毒によって神経が麻痺する「ダニ麻痺症」に掛かっていたのです。 ただちに安楽死は中止になり、オーリーの体に残ったダニを徹底的に排除するために毛を全部刈ってダニを駆除しました。 その10時間後にはオーリーは立ち上がって歩けるようになり、すっかり回復したんだそうです。 あの時飼い主さんが耳の裏を触らなかったら…と思うと本当に奇跡が起こったんだなって思いますね! オーリーも飼い主さんも幸せな結末を迎えられてよかったです!

動物

【驚愕】これがペットショップの実態!?動物愛護団体が、あるペットショップに潜入捜査をしたところ驚きの実態があきらかに!!

驚きの実態が明らかに!! 皆様もよくペットショップに立ち寄って、そこに売られている動物たちを眺めたりして・・・なんてこと、ありますよね。 今回ご紹介するのは、アメリカの動物愛護団体『The Humane Society of the United States (HSUS)/米国ヒューメイン・ソサエティ 』による、ペットショップ『Chelsea Kennel Club/チェルシーケネルクラブ』の2ヶ月間潜入捜査。 その結果、驚愕の実態が明らかになりました。 ペットショップ内に隔離室と呼ばれる部屋があり、中には呼吸器に問題を抱えた子犬、血便をする子犬、痛みを伴う感染症や高熱を出している子犬たちで溢れていました。 さらに驚くことに、彼らはその子犬たちを病院に連れていくわけでもなく、普通にお客さんに販売していたのです! また、ゲージ内で鳴く子犬を黙らせようとタオルで叩くところが撮影されていた。 この店のオーナーは、この従業員はすでに解雇したとコメントしています。 さらにオーナーは今回の件で次のようにコメントしました。 「私は動物愛好家で、菜食主義者。決して動物を食べることはありません。」 このペットショップの実態が明らかになって以来、この店には動物愛護の活動家たちが訪れ激しく抗議しています。 「動物虐待に言い訳はありません!」 「私はあなたが動物を拷問するのを許しません!」 それに対してオーナーは 「私はニューヨークで最高のペットショップを建設するために、今までにかなりの努力をしてきた。」 と答えました。 ペットショップを経営すると決心した当初は、彼女の主張のように健全なものであったかもしれません。 しかしながら、今のこの現状は間違いのない事実。 彼女の経営方針はどこで狂ってしまったのか? いずれにしても、こんなペットショップをこのまま野放しにする訳にはいけません。 動物愛護団体は、このような現状を動画で公開し、このペットショップを閉鎖するよう署名活動を行っています。

動物

【激怒】「あ、エサあげるの忘れた・・・」急いで帰ったと気、待ち構えていた猫の表情に戦慄

1: ファニーちゃん エサを忘れられた猫の怒りの表情がすごかった… ペットを飼っていると、たまに「この子って本当に人間みたいな態度を取るんだな」と感じることはありませんか? 動物だからわからないだろうって思っていたら、意外と事態を把握しているような感じがして、思わずビックリしてしまうことも多くあります。 とあるTwitterユーザーの方も、また1匹の猫を飼っているのですが、うっかりエサをあげるのを忘れて出かけてしまったようです。 そして帰ってきた時に猫の表情を見ると、それはもうすごい表情をしていました。 では怒る猫の衝撃的な表情とはどのようなものだったのでしょうか? ■想像以上だった猫の怒り顔 Twitterユーザーのぬっこ(@asakurayurinet1)さんは、猫にエサをあげ忘れて病院へ行ってしまいました。 そしてエサを忘れてしまったことを思い出し、病院が終わってすぐに家に帰ると… どうやらご主人様の帰りをじっと待っていた様子…。 しかしその表情は… ごはんあげ忘れて病院行ったら激おこだった( ´・‿・`)コイツ…なんて顔してやがるんだ。ぬこ様超絶機嫌悪い pic.twitter.com/DYXCaO0voT— ぬっこさん (@asakurayurinet1) 2017年5月4日 ものすっごい不機嫌な表情になっていました! 怒っているだろうなぁとは思っていたけど…まさかここまでとは…。 飼い主さんも思わずビックリしてしまったようです。 すぐにオヤツを与えた飼い主さん!するとその後は… ご覧の通りすっかりご機嫌が直りました! さっきの猫と同じ猫だなんて信じられないくらいの変わりっぷりですね…。 ご飯を忘れられると人間だけではなく、ペットも怒るんだなってことが改めてわかりました。

動物

【仰天】サメの体に大きな釣り針が…?助けてくれたダイバーに対して驚きの行動を取った!

1: ファニーちゃん 大きな釣り針を取ったダイバーに対するサメの驚きの行動 もし海でサメに遭遇したら…と思うと、やっぱり誰しもがゾッとすることだと思います。 やはりそんな印象がついたのは映画やテレビなどでたくさん取り上げられていたからで、あの迫力あるサメが人間に襲いかかる姿に怖いなって思うのも無理はありません。 ですが今回、とあるダイバーがYouTubeに投稿した動画には、サメのイメージががらりと変わる光景が写っていました。 一体ダイバーとサメの間にはどんなやり取りがあったのでしょうか? ■サメとダイバーの心温まるやり取り 1人のダイバーに近づく1匹のサメ…。 普段こんな状況に遭遇したら、やっぱりヒヤッとしますが、何やらサメの様子がおかしいです。 一体何があったのでしょうか?こちらの動画をご覧ください。 ダイバーに近づいたサメのお腹には大きな釣り針が引っかかっていました。 ダイバーが必死にサメのお腹に刺さった釣り針を抜こうと奮闘しています。 そして見事釣り針を引っこ抜いた後、サメはなんとダイバーの周りを旋回しています。 まるで「助けてくれてありがとう」と言っているような感じですね! しかしこう言った動画を見ると、改めて人間が海の環境を荒らしているんだということを痛感させられますね。 こういった動物達が住みやすい環境を維持していくことを心がけていきたいものです。

動物

【感動】「ゾウのぬいぐるみと一緒に・・・」大切なぬいぐるみとともに生涯を終えようとした犬、しかしその直前奇跡が起きる

1: ファニーちゃん ゾウさんのぬいぐるみと一緒にいた犬の安楽死を阻止したい! ぬいぐるみというのは本当に癒される存在ですよね。 子供でも大切に持っている子達はたくさんいますが、実は犬にもお気に入りのぬいぐるみを大切に持っているものなのです。 アメリカのオハイオ州では1匹の犬がシェルターに預けられました。 それは家を失ってしまった飼い主さんが止むを得ずに手放してしまった犬でした。 そして、その犬がずっと愛用していたゾウのぬいぐるみも一緒に引き取られました。 この犬とゾウのぬいぐるみをペアで引き取ってくれる里親を探しましたが、なかなか見つけることができず、いよいよ安楽死をさせる日が決まってしまいます。 もうダメかもしれないと思われたその時、救いの手が差し伸べられました。 ■引き取り手が見つからない犬は安楽死が目前に迫っていた 今年の2月14日にフランクリン都のシェルターにスモーキーという5歳の犬が保護されました。 その時スモーキーはずっとゾウのぬいぐるみを連れていました。 きっとお気に入りのぬいぐるみなのでしょう。 飼い主さんと離れて見知らぬ場所に連れられたスモーキーは不安とストレスがたまり、ぬいぐるみのゾウと一緒に寝そべっていました。 そんなスモーキーの事情を知ったシェルターは、スモーキーとゾウのぬいぐるみを一緒に引き取ってくれる里親を探しましたが、残念ながらその候補は見つかりませんでした。 そしてついにスモーキーは3月の安楽死リストに加わってしまったのです。 もう安楽死されてしまうと思われたスモーキーですが、安楽死が迫った2月28日になんと引き取り手が現れたのです! それは近隣の動物保護団体から来た2人のボランティア達でした。 スモーキーを気に入った2人は里親を請け負うことを条件にスモーキーを引き取ることにします。 ■どんどん笑顔になるスモーキー 動物保護団体に引き取られたスモーキーとゾウのぬいぐるみは、安心したのか少しずつ笑顔を見せてくれるようになりました。 やっぱりこの時でもお気に入りのゾウのぬいぐるみと一緒に過ごしているようですね! この団体はスモーキーを引き取った後、元の飼い主さんが引き取りに来るのを待ち、その後で里親を探すことに決めます。 実はこの団体のfacebookには引き取りたい!という人達が殺到しているんだそうです。 元の飼い主さんの元に帰れるのが一番良いのかもしれませんが、もしそれが叶わなかったとしても、スモーキーとゾウのぬいぐるみを引き取りたいという方達がたくさんいるということでひとまず安心ですね!

動物

【家族愛】「赤ちゃんは僕たちが守る!」赤ちゃんを守る4匹の犬と1匹の猫の間に生まれた強い絆

犬猫家族 夫婦2人に犬4匹と猫1匹の大家族がいました☆ そのペット達の絆は深い!見ているだけで癒される幸せ家族をご紹介致します! またそんな中生まれてきた赤ちゃん。 日々育児に奮闘するママを見て5匹のペット達は・・・ 「私たちも手伝わなくちゃ!」

動物

【爆笑動画】庭に穴を掘っている犬、飼い主に見つかった時の行動が・・・なんじゃこりゃ!?

1: 穴掘りに夢中 皆さんは犬が穴掘りをしている所って見た事ありますか? 今回は「犬が庭で穴を掘っている所をご主人に見つかった瞬間の動画」をご紹介します! 穴を掘る事で怒られた事があるのか、見つかった瞬間の行動がめちゃ面白いです! 一体どんな行動をとったのか・・・ せっかく芝がひいてある場所に穴なんて掘ると・・・怒られますよね? この犬、怒られる事がわかっているのでしょうね。 ご主人に見つかった瞬間に「とっさの行動に出て知らんぷり」を決め込むんです。 その知らんぷりの行動が面白い(笑) 庭に穴を掘る犬 一心不乱に掘ります! まだまだ掘ります! は!?ご主人!!バレたやばい! そしてばれた瞬間に取った行動とは!? ◆動画 https://youtu.be/xkGnvFQ_fgc これは!!(笑) 掘っている所がばれた瞬間に穴を顔でふさぎました! そして、ばれてない!と言わんばかりにずっとそのまま・・・。 確かに犬の身体で掘っていた場所は隠れていますが、その工程の証拠を押さえられているんですよね・・・。 この後怒られたのかどうかはわかりませんが、これだけ可愛ければ許してしまいそうです(笑)

動物

【犬と猫】「犬の十戒」と「猫の十戒」!意味は同のはずだけど全然違う言い回しに笑ったw

1: 猫の十戒 昔から「犬の十戒」は有名で、 犬を飼っている人、 これから犬を飼う人はまず読んで欲しい物として、 「日本愛玩動物教会」 の公式ホームページにも記載されています。 しかし、実は犬の十戒の他に「猫の十戒」というものも存在します。 ツイッターユーザーの「コモ」さんがツイートしており、 その内容は心に響くものの、内容が非常にユーモアにとんでいる事から面白いと話題になっています。 犬の十戒 ■ 犬の十戒 第一戒  私の生涯はだいたい10 年から15 年です。あなたと別れるのは何よりもつらいのです。私と暮らし始める前に、どうか別れのことを考えておいてください。 第二戒  あなたが私に望むことを理解するまでには、少し時間がかかります。 第三戒  私にとって一番大事なことは、あなたから信頼してもらえることです。 第四戒  私のことを長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたにはあなたの仕事や楽しみもあり、友達だっているでしょう。でも、私にとってはあなたがすべてなのです。 第五戒  私にちゃんと話しかけてください。あなたの話している言葉の意味はわからなくても、話しかけてくれるあなたの声はよくわかるのです。 第六戒  あなたが私にどんなふうにしてくれたか、それを私は絶対に忘れません。 第七戒  私をたたいたりする前に、私はあなたを噛んだりしていないことを思い出してください―私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに。 第八戒  私が言うことを聞かないと怒る前に、なにか原因があるのではないかと考えてみてください。食事はちゃんとしているか、かんかん照りの日なたに置き去りにしてないか、年を取って体が弱ってきていないか、と。 第九戒  私が年を取ったら、どうか優しく世話をしてください。あなただって、年老いたら同じようにそうなるのですから。 第十戒  私が旅立つその時を安らかに迎えられるように、どうか最期まで一緒にいてください。「かわいそうで見ていられない」なんて言わないで、私を独りぼっちで逝かせたりしないでほしいのです―だって、私はあなたが大好きなんですから。 こちらが犬の十戒で、読んでいるだけでも心に響きます。 そして猫の十戒は・・・。 こちらが猫の十戒 ■ 猫の十戒 第一戒  私の生涯はだいたい15 年くらいしかありませんが、たまに20 年以上生きてしっぽが裂けます。ほんのわずかな時間でもあなたが離れていると腹が立ちます。私が家族になってやるので、そのことを覚悟しなさい。 第二戒  あなたが私に望むことを理解するつもりはありません。待っても無駄です。 第三戒  私を崇拝しなさい。私にとってそれが一番大事なことなのです。 第四戒  私を長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしてはなりません。でも狭いところは好きなのでダンボール箱を用意するのは許可します。あなたには仕事や楽しみもあり、友達だっているかもしれませんが、私のお世話をすることに勝る悦びはないはずです。 第五戒  私に話しかけなさい。あなたの話していることが何かはどうでもいいですが、話しかけるあなたの声はわかるのです。ほめ言葉は特に。 第六戒  あなたが私にどんなふうにしてくれたか、私は決して忘れません。恨みは倍返しします。 第七戒  私をたたいたりする前に思い出しなさい。私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに、気が向いたときにしかかまないようにしていることを。 第八戒 …

動物

【悲報】北極圏に存在するバーター島。雪も氷りも無くなり、ホッキョククマが絶滅の危機に

1: にこまと バーター島の現在 地球温暖化の現象で世界各地で色々な影響が出ています。 特に、北極圏に関してはかなり深刻な問題になりつつあり、気温が上がり続けているとの事。 そして、それは北極圏に住む生物にも多大なる影響を与えています。 今回ご紹介するのは北極圏にあるバーター島、そこに住むホッキョクグマです。 このホッキョクグマを捉えた画像が悲しすぎると話題になっています。 雪も氷もない世界… 悲しげなホッキョクグマをとらえた1枚の写真が話題となっているのでご紹介します。 この写真を撮影されたのは、写真家・Patty Waymireさん。ホッキョクグマを撮影するため、北極圏にある米・アラスカ州のバーター島を訪れたといいます。 雪も氷もない世界だった… 北極圏にあるバーター島といえば、通常は雪に覆われた真っ白な世界。ところが、Pattyさんが目にした光景は雪も氷もない世界だったそうです。気のせいか、肩をおとしているように見えるホッキョクグマが、そうした地球温暖化という問題を如実に表しているように見えます。 地球温暖化の影響により、日本に住んでいてもこれまでになかった異常気象に見舞われることが近年増えてきました。北極圏も例外ではなく、ここ数年は海氷の形成がままならないといいます。そのことは生態系にも影響を与えており、例えば、ホッキョクグマが捕食しているアザラシは、その数が減少傾向だそうだです。 氷がないと、どこか寂しそうに見えます。 a family moment ~ 2 second year cubs share a bonding moment with mom as the sun sets on another day in High Arctic Alaska #polarbear#cubs#bear#alaska#higharctic#wildlifephotography#barterislands#family#natgeoyourshot Patty Waymireさん(@picture.gypsy)が投稿した写真 – 2016 10月 25 12:36午後 PDT snuggle time – mother and…

動物

【感動】「野良犬達を助けたい…!」1人の女性の願いから始まったプロジェクトに世界が賞賛

野良犬を寒さや暑さや雨風から守るための活動が話題に! 世界中には家を持たない犬、つまり野良犬と呼ばれる犬がたくさんいます。 こういった犬たちは寒さや雨風をしのぐ術を持っていないため、夏は暑さでダウンしてしまったり、冬場は寒さに凍え、雨にさらされることも多くあります。 そんな野良犬たちを助けたいということで、ブラジルに住む1人の女性が、とあるプロジェクトを立ち上げました。 それは野良犬たちに快適な空間を与えていくために、私たちにとっても馴染みのあるもので犬小屋を作ろうというものでした。 そのプロジェクトはたちまち話題となり、今ではたくさんの人たちがこのプロジェクトに参加しています。 ではこのプロジェクトというのはどのようなものなのでしょうか? ■野良犬を救いたいと願う若者達 そのプロジェクトを始めたのは22歳のマリアナさんという女性です。 彼女は母親と手作りのクラフトグッズを販売していたのですが、その時にお店の外に痩せた野良犬が歩いているのを見かけました。 その様子は弱々しいもので、その姿を見たマリアナさんは見捨てることができず、保護することを決めます。 しかしマリアナさんの家には既に10匹ほどの犬がおり、その野良犬も大きめの犬だったので、室内で飼うことが難しい状況でした。 しかも犬小屋を買ってあげるほどの余裕もなく、どうすれば良いかとインターネットで調べたところ、牛乳パックで犬小屋を作る方法があるというのを知ります。 そこで手作りが得意なマリアナさんは、早速牛乳パックで犬小屋を作りました。 由 Projeto Pet de Rua 发布于 2017年1月11日 牛乳パックは低コストですし、見た目もカラフルになるので犬小屋にするにはピッタリのものです。 また、強度も高く、保温と保冷にも優れているので、外の空気に合わせて小屋の中を快適な温度に保ってくれるので、機能性も抜群です! これをきっかけにマリアナさんは「Project Pet de Rua」というプロジェクトを立ち上げ、路上で暮らす野良犬達に牛乳パックで小屋を作るという活動を始めます。 その結果、彼女の活動に賛同する人達がどんどん増えていき、今でもたくさんの野良犬達に犬小屋を提供しています。 由 Projeto Pet de Rua 发布于 2016年12月10日 由 Projeto Pet de Rua 发布于 2017年1月11日 ちなみに犬小屋を1つ作るのに必要な牛乳パックは150個ほど必要なので、Facebookなどで牛乳パックの寄付も募っています。 彼女の優しい気持ちから始まったこのプロジェクトは、これからもどんどん活動の幅を広げていき、よりたくさんの野良犬達を救っていくことでしょう!