CATEGORY ネタ

ネタ

【これって本気!?】イタリア製の洋服のタグには日本では考えられない事が書かれている!

イタリア製の洋服のタグは見ていて面白い!? 皆さんはイタリアにどんな印象を持っていますか? 私はやっぱり明るくて陽気なタイプの人が多くて、すぐに仲良くなれそうなイメージがあります。 例を勝手に挙げるとジローラモさんのようにちょいワルオヤジでありながらも親しみのあるような感じですね! ただイタリアに行くと詐欺に遭ったり、スリに遭ったりとちょっと嫌なイメージがあるのも事実です。 ですがそんなイタリアですが、やっぱりさすがだなと思える一面が垣間見れる情報を入手しました。 それはイタリア製の洋服に付いているタグに書かれていることが面白いというもの! ではそのタグには一体どのようなものが書かれているのでしょうか? イタリア製の洋服のタグの詳細は次のページで

スカっと

【神対応】寿司屋の大将が「老夫婦を馬鹿にした」その時、隣の若者が言った言葉が刺さる

1: ファニーちゃん 老夫婦をバカにした寿司屋の大将 回らないお寿司屋さん。 回らないっていうだけで「美味しい」というイメージがありますよね。 実際にその通りで、回らないお寿司屋さんは基本的に美味しいもの。 そして握っているのは本当の「プロ」がお寿司を握っています。 長年修行して、寿司職人と呼ばれる人達の握る寿司は美味しいでしょう。 今回はそういったお寿司屋さんで起きた考えさせられるエピソードをご紹介します。 とあるサイトに送られてきた1通のメール。 そこには面白おかしく痛快で考えさせられるそんなお話が書かれていました。 ここから↓ 都内で会社員をしているAさんが先日、取引先の付き合いで都営地下大江戸線沿線の駅に隣接している回らない寿司屋で食事を取った時のこと。 お昼時ということもありほぼ満席の状態で、3組座ることのできる長テーブルに通されたAさんたちは老夫婦と若いカップルの2組と相席する形で席につきました。 先に座っていた2組はすでに注文を済ませたあとだったようで、私たちが席について間もなくお寿司が運ばれてきました。 運ばれてくるときに見えた輝く寿司ネタをみて、「おいしそうだなあ」と心待ちにしながら待っているとAさんたちの注文したお寿司も席まで運ばれてきました。 「ありがとう」と届けてくれた大将に伝え、さあ食べようとしたその時! 相席している老夫婦の女性があることを大将に話しかけたのです。 すると大将が激怒! そして老夫婦を「バカにする発言をしたのです」 続きは:次のページで♪

ネタ

【驚愕】「歩きスマホは絶対許さない!」名古屋にある公園の遊歩道で歩きスマホをしたら絶対に怪我すると話題に!?

これなら歩きスマホができない! スマホが普及してきた今、問題となっているのが歩きスマホです。 歩きスマホによってトラブルや事故が多発しており、各地で注意喚起をしています。 それでもまだまだ歩きスマホは減少することはなく、むしろ増加傾向にあるのも問題視されています。 そんな中、愛知県名古屋市のとある公園の遊歩道が、歩きスマホを絶対に許さないと言わんばかりの作りになっていると話題になっています。 それは一体どんな作りなのでしょうか? ■歩きスマホを絶対に許さない驚愕の遊歩道がこちら! 歩きスマホ絶対殺す道・春 pic.twitter.com/a3CcWUqSko— George@キジトラ㌠ (@George7650) 2017年5月1日 確かにこんな作りになっている遊歩道を歩きスマホで歩いたら確実に落っこちてしまいますよね。 ですがこのデザインになったのは歩きスマホを防止するためのものではなく、純粋に美しい形を求めた結果出来上がったものなのです。 歩きスマホが問題視されている今、こんな遊歩道を見たら「歩きスマホ対策!?」と思ってしまうのも無理はありませんよね。 でも改めてこちらの遊歩道を見ると、本当に美しい遊歩道ですし、自然の中にもしっかり溶け込んでいますよね。 ぜひ歩きスマホをやめて、周りの景色に目を向けて歩いてみてはいかがでしょうか?

ネタ

【驚愕】「北朝鮮ってどこ?」アメリカで街角調査をした結果が凄すぎたw

北朝鮮の場所をご存知ですか? 今世間を騒がせている北朝鮮問題。 日本にとってもかなり脅威なものとなっていますが、アメリカにとってはもっと脅威なものとなっていることでしょう。 そういった世論調査を踏まえ、ABCテレビの番組「ジミー・キンメル・ライブ!」がとある調査を行いました。 それはアメリカ人に「北朝鮮はどこですか?」という質問をして、どのくらいの脅威を感じているかというもの。 しかしこの回答結果は驚きのものとなり、信じられない!という声が相次ぎました。 一体どんな結果になったのでしょうか? ◾アメリカ人に北朝鮮はどこ?と聞いたところ… カリフォルニア州で世界地図のパネルを持ったキャスターが、歩いている人に「北朝鮮はどこか知ってますか?」と訪ねます。 アメリカ人の多くが北朝鮮に脅威を感じているなら、きっとほとんどの人が正しい位置を知っているはず… しかし結果は驚くべきものでした。 なんと道行く人が指さした場所は、どこも違う所を指さしていたのです。 まだ中国やモンゴルなど近くの国を指さしたなら、惜しい!となりますが、オーストラリアやカナダを指さしている人までいるのにはビックリです。 この結果を見た人たちからは、 「これは何の冗談!?本気なの?」 「同じアメリカ人として恥ずかしくなってきたわ」 「さすがにカナダはヤバイでしょ」 「嘘だろ!?これは答えられなかった人だけを編集したんだよな!?」 と驚きの声と呆れる声が挙げられていました。 ニューヨーク・タイムズが2017年5月に同様の調査を行ったのですが、その結果はアメリカ国籍の成人1746人中、北朝鮮の場所を知っている人は36%しかいなかったんだそうです。 北朝鮮は脅威だと思いつつも、実はどこか他人事のように感じてしまっているのかもしれません。 しかしこれからも北朝鮮はますます脅威を見せつけてくるかと思われます。 日本もそうですが、アメリカ人の方も北朝鮮の動向について少しでも意識する人が増えてほしいですね。

ネタ

【素晴らしい】女性の「3歩下がって歩く」、本当の意味に「漢」を感じる

1: ファニーちゃん 日本人女性の「3歩下がって歩く」意味 「日本の女性は男性から3歩下がってついていく様な人が望ましい」と日本では昔から言われてきました。 今では廃れてきているこの風習、言葉ですが、聞いた事はあると思います。 皆さんはこの「3歩下がって歩く意味」考えた事はありますでしょうか? 実はこの行為にとても大切なメッセージが籠められていたのです。 おそらくほとんどの人はこう考えています。 『男を(後ろから)立てる』 『男を(後ろから)支える』 『しおらしくする(控えめで従順)』 こういったニュアンスが「3歩下がってついていく」のイメージとなっており、 「男は働き女は家庭を守る」というのが当たり前だった昔の時代の中での理想像にぴったりだったからとも言われています。 このような習慣や作法さから違う認識をもたれてしまったのが「3歩下がってついていく」という言葉、 本当はまったく違う意味合いで作られた言葉だったのです。 それは「女性から男性」ではなく「男性から女性」へのメッセージ。 3歩下がって歩く本当の意味は次のページで♪

ネタ

【愕然】「嘘…だろ!?」ホッキョクウサギの本当の姿が衝撃的すぎで驚きの声続出!

可愛いホッキョクウサギの本当姿に驚きの声 雪の上に丸くなって佇んでいる姿がとっても可愛らしいと言われているのが「ホッキョクウサギ」です。 その真っ白な体が雪の上でまるまっているのを見ると、なんだかホッコリさせられますよね。 まるで雪見だいふくのようなその姿ですが、実はこのホッキョクウサギには、私達が知らない驚きの姿があるのをご存知ですか? それは「ホッキョクウサギが立っている姿」です。 確かにまるまっている姿はよく写真などでも見ますが、立っている姿って見たことがないですよね。 ではホッキョクウサギの立ち姿というのはどのようなものなのでしょうか? ホッキョクウサギの立ち姿は次のページで

ネタ

【深い話】「オマエはオレの味方だろ?」揉め事があった時にどう対処するかで今後の人付き合いも変わる!

揉め事は避けたいけど避けられない場合は… 揉め事というのはやっぱり誰もが避けたいものですよね。 でも何故か自分がいつの間にかトラブルに巻き込まれていた…なんていうのもよくありませんか? 本来なら当事者同士で解決してほしいものなのですが、このように第三者を巻き込んで揉めることも結構多くあるようです。 その第三者になった場合、その時の対処方法を間違えてしまうと自分がまだ次のトラブルに巻き込まれる危険性もあります。 もし第三者としてトラブルが巻き込まれた場合は、どのように対応していけば良いのかということについて、あるTwitterの投稿が今話題となっているようです。 その内容はとても考えさせられるような内容でした。 考えさせられるツイートの内容は次のページで

ネタ

【驚愕】100%「嘘だろ!?」って言ってしまう、にわかには信じられない光景29枚!!

1: ファニーちゃん 思わず幻覚とかと・・あり得なさそうな29枚の画像!! 何かが、おかしい・・現実っぽいけれど、でも現実にはあり得なさそ~うな場面を激写した写真を集めてみました!!一瞬、幻覚か??と、我が目を疑ってしまいます!!でも、全部れっきとした「現実」なんですよね~。さぁ、画像の中の何が??なところなのか、考えながら見ていきましょう!! 工事現場 普通「工事現場」と言えば、こういった風景を思い浮かべるものです。でも、時にはとんでもないところで「工事」しなければならない時もあるわけで・・ 工事現場は、次のページで↓↓

ネタ

【整形】「400万の費用を使いエルフになった男性」のビフォーアフター画像!

1: ファニーちゃん ルイス・パドロンさん アルゼンチンに住む「ルイス・パドロン」さん(25歳)。 小さいときからファンタジーに出てくる種族の「エルフ」に憧れをもっていました。 彼は成長し、大人になるにつれその思いが強くなっていき、最終的に 「自分がエルフになりたい」 と強く願うようになりました。 そしてエルフになるために「400万円」を使い、整形手術を繰り返しました。 こちらは17歳のときのルイス・パドロンさん。 ルイスさんは若い頃にいじめられおり、そのせいでよりファンタジーの世界に没頭していきました。 ファンタジーの世界に入り込む事で幸せになれたそうです。 そして「自分がエルフになりたい」と思ったルイスさん、最初は髪の毛を伸ばし染色しただけでした。 しかし、これだけではエルフの姿には全く近づく事は出来なかったのです。 そこで、鼻の整形、アゴの脂肪吸引、目の色を変える手術、全身脱毛など、合計400万円弱の費用を使い肉体を改造しました。 その結果が・・・ 結果は次のページで♪

ネタ

【驚愕】お嬢様学校に通っていた女性が「普通の高校に編入」した時に感じた事が深い

1: ファニーちゃん お嬢様学校からの編入 お嬢様学校と普通の学校、一体何が違うんだろう、って皆さん思いませんか? お嬢様学校じゃなくても「女子高」と「男子校」と「共学」でも学校生活って違います。 共学は良くも悪くも普通、女子高は男子が居なく、意外と華やかさが多いわけではなく「雑」な事も多いもの。 男子校はとにかくムサい。 じゃあお嬢様学校はどんな感じでしょうか? 今回ご紹介するのは「今までお嬢様学校に通っていた女性が普通の高校に編入した時に感じた事」です。 お嬢様学校から普通の高校に編入してきた1人の女性。 一体彼女は何を思ったのか。その内容は・・・ ツイッターユーザーの「リオン」さんの友人にお嬢様学校から編入してきた人がいました。 その時、その友人が放った一言、思った事がかなり深く考えさせられる内容だったのでご紹介します。 こちらがツイート お嬢様女子中学から庶民女子高校へ編入した友人から「お嬢様は自分が愛されて可愛いことは知ってるから皆余裕があって仲が良かった。あなた可愛いわね私も可愛いのよ皆可愛いわねみたいな。でも庶民校は荒れたブスが悪口ばっかり言ってて派閥が凄かった」みたいな話を聞かされておうふ…ってなってる。— リオン (@beer_wine_rion) 2016年7月15日 お嬢様学校の女性達は「愛されて育った為、人の陰口を言わい人が多い」ようです。 勿論、人それぞれだとは思いますが、周りからも褒められて愛されて育ってきたために余裕があり仲がよかったようです。 そして普通の高校の人達はこれも全員ではないでしょうが「心が荒れて悪口ばかり言ってる」というのです。 よくアニメや漫画なんかで「学校での女の戦いは陰湿」とかいう場面がありますが、お嬢様学校ではなく普通の学校でよく起きる事だったようです。 このツイートには色々な意見が寄せられています。 お嬢様学校に綺麗な子が多い理由は、父親が高収入なため、綺麗な奥さんと結婚できて、その遺伝子を継いだ子供も綺麗というか仮説が数多から離れない@beer_wine_rion @gyaroido1582 お嬢様女子中学から庶民女子高校へ編入した友人から「お嬢様は自分が愛されて可愛いこと— 高田 修三 (@_zonish) 2016年7月16日 @beer_wine_rion @mamoizm 自己肯定感や自尊心が育っていないと、自分を認められないことと同様、他人との違いを認められず、上には醜い嫉妬、下には浅ましい差別とつまらない人間になる。— かもねぎP (@bororboroAbaba) 2016年7月15日 @beer_wine_rion @UsamiJun やっぱり女の子産まれたら御嬢様学校へ送るのがいいのですね。 その前に稼がないとw— kekeyon3@ワサラー団 (@kekeyon3) 2016年9月14日 @beer_wine_rion 金持ち喧嘩せず なんて聞いたことがあります。— Shintaro Ishihara (@syn_scene) 2016年7月17日 人の事をねたむ人っていうのは基本的には「自分が不幸だったり充実していない」人が多く感じられます。 「幸せで愛にあふれる人」達っていうのは実際にはそういった事をする人は非常に少ないものです。 人をねたむ時間があるならもっと有意義な事に使いましょう。そんな感覚のようです。 また、男性や女性が思う「この子はお嬢様に違いない!」という女子大生の言動が面白かったのでそちらもご紹介します。 お嬢様に違いない言動は次のページで♪