CATEGORY スカっと

スカっと

【虐待】8歳から11歳まで、叔父から「性的虐待」を受け続けた少女、大人になった彼女が叔父に行った復讐

1: ファニーちゃん 3年間の地獄 世の中には「幼女嗜好」という趣味の人が存在し、無防備な子供に卑劣な性的虐待を行う人間がいます。 子供の頃にこういった性的虐待を受けた女性達は、一生消えないトラウマを背負う事になってしまいます。 子供の頃は何をされていたかわからない、けど思春期になってそういった事がわかるような年齢になると 「私は汚されてしまった」と深い怒りと悲しみと絶望を背負い、精神病に悩まされる女性が多く居ます。 海外でも、日本でも、こんな事は決して「あってはならない」事ではありますが、子供に対する性的虐待は横行してるのが現実です。 今回はそんな残虐で残酷な、最低な行為に立ち向かった1人の少女のエピソードをご紹介します。 アメリカのテキサス州で生まれ育ってきた女性の、 「性的虐待を受けた8歳から、大人になってから復讐を果たすまで」のエピソード。 ここから↓ アメリカのテキサス州で普通の、極一般的な生活をしていた彼女「ルーシー(偽名)」。 しかし、ルーシーは8歳から11歳までの間、性的な虐待を受けていたのです。 性的虐待を働いていた人物は、ルーシーの親戚である「アーリス・ジョセフ・チェイソン」。 ルーシーの中で当時は「親戚の若い叔父さん」という存在でした。 8歳という年齢のルーシーはアーリスにされていた事がどんな事か理解出来なかったのです。 しかし、ルーシーが思春期に入り、行為の意味をしったルーシーは絶望の淵に立たされたのです。 ルーシーさんはこう語ります。 「最初は強く抱きしめるだけであったが、次第に彼女が眠る部屋に忍び込んでベッドに入ってくるように・・・。 その後は、身の毛もよだつ事が行われて思い出したくもない」 更に時がたっても、当時の恐ろしい虐待の行為を忘れる事が出来ない彼女は数年間のカウンセリングに通うようになりました。 大人になった彼女はいつまでたってもこの「トラウマ」から抜け出す事は出来ませんでした。 そして、トラウマを克服するために「1つの決断」をする事にしたのです。 それは「警察官になって、叔父を逮捕すること」 衝撃の復讐劇は次のページで♪

スカっと

【神対応】寿司屋の大将が「老夫婦を馬鹿にした」その時、隣の若者が言った言葉が刺さる

1: ファニーちゃん 老夫婦をバカにした寿司屋の大将 回らないお寿司屋さん。 回らないっていうだけで「美味しい」というイメージがありますよね。 実際にその通りで、回らないお寿司屋さんは基本的に美味しいもの。 そして握っているのは本当の「プロ」がお寿司を握っています。 長年修行して、寿司職人と呼ばれる人達の握る寿司は美味しいでしょう。 今回はそういったお寿司屋さんで起きた考えさせられるエピソードをご紹介します。 とあるサイトに送られてきた1通のメール。 そこには面白おかしく痛快で考えさせられるそんなお話が書かれていました。 ここから↓ 都内で会社員をしているAさんが先日、取引先の付き合いで都営地下大江戸線沿線の駅に隣接している回らない寿司屋で食事を取った時のこと。 お昼時ということもありほぼ満席の状態で、3組座ることのできる長テーブルに通されたAさんたちは老夫婦と若いカップルの2組と相席する形で席につきました。 先に座っていた2組はすでに注文を済ませたあとだったようで、私たちが席について間もなくお寿司が運ばれてきました。 運ばれてくるときに見えた輝く寿司ネタをみて、「おいしそうだなあ」と心待ちにしながら待っているとAさんたちの注文したお寿司も席まで運ばれてきました。 「ありがとう」と届けてくれた大将に伝え、さあ食べようとしたその時! 相席している老夫婦の女性があることを大将に話しかけたのです。 すると大将が激怒! そして老夫婦を「バカにする発言をしたのです」 続きは:次のページで♪

スカっと

【驚愕】「何様のつもり?殺すよ!」電車のドア前で座り込む女子高生達、1人の女性が取った勇気ある行動

1: ファニーちゃん 電車のドア前に座り込む5人組の女子高生 最近の女子高生は・・・とは言いませんが、最近は常識が段々と薄れてきているのが目立ちます。 電車内で座り込んで話し込む学生、まるで自分の家かのように振る舞う人達っていますよね。 他の客が乗ってきても知らんふり、ちょっと注意しようもんなら暴言が返ってくる。 嘘のようですが実際にこういった光景を見かけることはよくあります。 今回はそんな電車内で起きたとあるエピソードをご紹介します。 とある掲示板に寄せられた、1人の社会人のお話です。 ここから↓ 「は?向うからお降りたらいーじゃんwみてわかんねーの?うちら座ってんじゃん!」 すると一緒にいた部下がJKの手荷物を投げ捨てた!! 武勇伝になるかどうか微妙だけど・・ 5年ほど前の話しになるけど 俺が通勤のる電車には沿線に女子校がある為か、通学の時間帯になると女子校生の一団(5~6名)が毎回乗り合わせてくる。 こいつらはグループで乗り合わせるらしく、高テンションのまま車内にはいると大声で話すわ、 携帯で通話はするわ、床に座り化粧、弁当を食いちらかす等ほぼフルコースでやらかしてくれる。 以前こいつらを注意したサラリーマンのおっさんがいたが、散々悪態をつかれ大声で 「やだーおじさん援交たのんでんの?」や 「顔見て出直せよジジイ」 などとありもしない罵声を集団から浴びせられ、顔を真っ赤にして次の駅で降りていった。 他にも電車から降りようとする妊婦さんとすれ違う時、 「うわっ。デブが伝染する!」 「よるな便所女!」 等の暴虐ぶり。 人類とは思えないこいつらに はらわたを煮え繰り返しつつも、寝たふりを決めこむ自分が悲しかった。 衝撃のエピソードは次のページで♪

スカっと

【スカッと】会社でいじめられていた男性…。有給休暇後に会社に出社するとイジメていた上司がとんでもない事に!

いじめは大人の世界でも起きている もはや社会現象にもなっている「いじめ問題」ですが、実はこれは会社の中でも行われている事があります。 ウェブ系の会社に5年勤めている男性もまた、入社当初は上司や同僚からいじめを受けていました。 仕事を押し付けられたり、ものを買いに走らされたり、挙句の果てにはお金を取られたり…。 男性にとってもこの1年間は本当に苦痛だったそうですが、ここで辞めたらアイツらの思う壷だと思い、ひたすら耐えていました。 しかしそんな彼を救ったのは、意外な人物でした。 一体彼を救った人物は誰で、どのように救ったのでしょうか? ◾男性をいじめから救った人物とは? ある日男性は、上司や同僚からトイレへ呼び出されました。 嫌々トイレへ向かうと、上司や同僚から「ここでタバコを吸え」とタバコを強要されてしまいます。 このトイレは完全禁煙なのですが、それでもお構い無しに無理矢理吸わせようとしていました。 すると洋式トイレの個室から、 「おーい、そーゆーのやめろよー。ここは禁煙だぞ?今なら顔も名前もわからないから、とりあえず見逃してやるぞ」 という声が聞こえたのです。 実はこの声の主は、この会社の社長! 本来は社長室のある階のトイレを利用するのですが、今回はたまたまここのトイレを利用していたようです。 元々個室の扉は閉まっているものだったので、完全に無人だと思っていた上司と同僚は「お前、このことは誰にも言うなよ」と男性に言って、慌ててトイレを出ました。 そして男性は2日間の有給休暇を取り、憂鬱な気持ちで出社すると、なんと上司と同僚の席には何も置かれていませんでした。 何が起こったのかわからなかった男性に、社長が「おはよう」と声をかけます。すると… 「社員1人1人の声と名前は覚えているんだ。トイレは用を足す場所!なんか困ったことがあったらいつでも相談に来い」 と言ったのです。 実は顔も名前もわからないというのは嘘で、この一件でいじめの実態を知った社長は調査を開始しました。 すると、この上司と同僚はセクハラの常習犯だったということもわかり、社長が解雇を言い渡したんだそうです。 実際この会社は100人以上の社員がいるのですが、1人1人の顔と声を一致させているなんて、すごい社長さんですよね! 男性もまた「この会社でずっと働きたい!」と強く思い、今ではグループリーダーにまで昇格したんだそうです。 今は部下を大切にし、誰からも親しまれる人となって働いているようです。 この男性が無事にいじめから救われて良かったですね!

スカっと

【驚愕】「言葉の通じない外人は後回しにしろ!」理不尽なクレームに対応した駅員の言葉が素晴らしい!

1: ファニーちゃん 駅の改札口で起きたエピソード 沢山の人と係わる仕事をしている人は多かれ少なかれ「理不尽なクレーム」を経験した事があると思います。 人が多く行きかうところでは沢山の人がおり、色々な人が居ます。 その為、イライラする人も増えてきて、自分の事ばかりで他人を気遣う事が出来ない人も沢山出てきます。 特に電車の改札が詰まって、順番待ちになったりすると 「早くしろよ」とついついおもってしまう事も・・・ 今回はそんな都内駅窓口で起きた「理不尽なクレームに対する駅員さんの対応」が素晴らしかったのでご紹介します。 外国人旅行者へ対応していた店員さん。 そこに後ろで並んでいた中年男性が怒鳴り始めたのです。 「言葉の通じない外人は後回しにしろ!いつまで待たせるんだ!」と。 正気を疑うレベルです。 そんなに急いでいるなら急がないですむようにしっかりと時間配分を決めればいいだけの話です。 勿論、突然急がなくなった、などの理由はあるかもしれませんが、それにしてもここでクレームを入れるのは間違いでしょう。 クレームを入れてきた中年男性に対して駅員さんはその男性にこういいました。 駅員さんの対応は次のページで♪

スカっと

【驚愕】「自由席満席なんだよ!若いんだから立っとけ!」おっさんが放った一言に対する返しが素晴らしい!

1: ファニーちゃん 指定席での出来事 新幹線、平日でもかなりの人が利用されます。 とはいえ、平日であれば自由席でもある程度座ることが出来るのですが、 休みや連休になると自由席に座るのはなかなか難しいもの。 自由席に座れなかった場合、諦めて立っているしかありません。 しかし、中にはとんでもない人がいるのです。 今回は某掲示板に寄せられた「新幹線で指定席に座ろうとしたら、知らないおっさんが座っていた」というお話をご紹介します。 ココから↓ 先月新幹線で東京に向かってたら、 指定席車両でひと騒ぎがあった。 途中で乗車してきた就活中らしき女の子が、 自分の斜め前の席で何度も切符と番号を確認してた。 どうも自分の席に関係ないオッサンが座ってるらしい。 女の子、遠慮がちにオッサンに言う。 「寛がれていらっしゃるところ、大変申し訳ありません。 失礼ですが、座席をお間違えではありませんか?」 オッサン答える。 「自由席が満席だからこっちにきたんだよ、ワリーか」 このおっさんの一言に女の子が放った一言は次のページで♪

スカっと

【迷惑駐車】献血バス専用駐車場に停める1台の車。バス運転手の取った行動に賞賛!

1: ファニーちゃん バス運転手のとった行動 どこにでもいる迷惑駐車をする人。 ○○専用駐車場なのに関係なく停める人、そういった迷惑駐車のせいで 本来その場所を使うべき人が使えなくなっている場面を見かけることがあります。 また、駐車場の枠内をまたいで停め、2台分の駐車スペースをとっている車もたまに見かけますね。 今回はそんな迷惑な駐車をした車に対してバスの運転手がとった行動が賞賛を浴びていますのでご紹介します。 場所は台湾、献血用バスの駐車場のど真ん中に駐車しているのです。 更に、ラインをまたぎ2台分のスペースを占領しているという始末。 献血用バスが目の前に、周りに停まっているというのは一目瞭然です。 なぜこんな迷惑な行為をするかはわかりませんが、 この迷惑駐車に怒ったバスの運転手達がとある方法で「こらしめる」のです。 一体どんな方法でこらしめたのか・・・ 迷惑駐車をこらしめた方法は次のページで♪

スカっと

【100%の答え】女性の「男性が信じられない、嫌い」という問いに対する「住職の返答」が完璧

1: ファニーちゃん ネットでの質問 とある女性がネットで質問した内容と、それに対する回答が話題になっています。 「男性が信じられないという30代の女性」それに対する「住職さんの回答」です。 さすが住職さん!というわけではないんでしょうけれど、ここまで完璧な回答をされると反論が出てきませんね。 【女性の相談】 私は男性を信じることができません。怖いというより、嫌い。 話をしてもつまらない、頼りにならない、といった感情です。 東日本大震災の影響で不安が募り、若い男女に結婚志願者が増えているといいます。 私はそれを聞き、「なぜ?」と思いました。 知識を得ていけば、男性に求めなければいけないことなどそれほどないのではないかと思ってしまいました。 昔の日本男児だらけの日本であればそうは思わないと思いますが、現代男性のように打てば崩れる人たちに何かを求めようとは思えなくなってしまいました。 現在お付き合いしてくれる方がいますが、全くと言っていいほど普通のコミュニケーションを取ることを自分で制御してしまいます。 頼りにできない人間と結婚という形を取るのか、尼さんになることも手なのかもしれない。この状況を打開できる方法を教えてください。(静岡県 30代女性) これに対する住職の完璧過ぎる返答 返答は次のページで♪