CATEGORY スカっと

スカっと

【驚愕】病気が原因で捨てられてしまったハスキー犬…。保護した飼い主が元飼い主に放った一言

1: ファニーちゃん 病気が原因 ペットの存在は本当にかけがえのないものですよね。 見ていると本当に癒される存在ですが、中には心無い酷い飼い主がいるのです。 今回フレイヤというハスキー犬が捨てられているのを男性が見つけます。 すぐに保護をして元飼い主へ連絡したのですが、その元飼い主の態度が本当に許せないものでした。 そこで保護した男性は元飼い主へスカッとする一言を放ちます。 そもそも何故フレイヤは捨てられてしまったのか、そして元飼い主へ放った言葉とはどのようなものだったのでしょうか? ■フレイヤとの出会いと捨てられてしまった理由 ハスキー犬のフレイヤは道端にいるのを男性に見つけてもらって保護されます。 そのフレイヤにはタグが付いており、そこには飼い主と思われる人の電話番号が書かれていたので、すぐに電話をしました。 しかしその電話はなかなか繋がらず、ようやく繋がったと思ってフレイヤのことを伝えると… 「その子はもういらない」 と言って切られてしまいました。 実はフレイヤが捨てられてしまったのには理由がありました。 これは保護した男性が念のため動物病院へ連れていった時に発覚したことなのですが、フレイヤは犬糸状虫というフィラリアに寄生されていたのです。 恐らく飼い主もこの事は知っていたようで、その病気が嫌でフレイヤを捨てたと思われます。 本来大事なペットが病気になったら動物病院へ連れてって治療を受けさせるのが義務です。 ですがその飼い主はその責任を一切果たさずに捨てたというわけです。 ではこのフレイヤは一体どうなってしまったのでしょうか? ■フレイヤのその後と元飼い主へ放った一言 フレイヤの治療費は正直安いものではありませんでしたが、無事にフレイヤは病気を完治させることができました。 そしてフレイヤが完治した後に再び元飼い主へ電話をして、この一言を放ちます。 【フレイヤはいらないと言ったバカな飼い主へ 可愛くって優秀なハスキー犬をどうもありがとうね】 と言って電話を切りました。 これはもちろん皮肉と批判の意味が込められており、言われた方も何も言えなくなってしまいますよね。 フレイヤの元飼い主はきっと治せないと思っていたのかもしれませんし、健康なら自分が育てたいと思ったことでしょう。 しかし誰が見てもこの飼い主にペットを飼う資格はありませんよね。 フレイヤは今、保護してくれた男性の元で幸せに暮らしているんだそうです。 本当に素敵な人に出会えて良かったですね!

スカっと

【雑学】知らないと損をする!「煽り運転や当たり屋に車を停められた時に絶対にやってはダメな事」!元警察官が教えてくれた正しい対処法が超便利!

1: ファニーちゃん 煽り運転や当たり屋に絡まれた時の正しい対処法は? 最近、煽り運転によって事故になりかけたり、実際に事故に遭ったりするケースや当たり屋に因縁をつけられたという人が増えてきています。 ますますドライバーとしての心構えというのを見直すべきだと思わせる事件が相次いでいて、とても悲しいですよね。 でも悲しいことに、そんな卑劣な考え方をする人間がいる以上、これからもこういった事件は増えると思われます。 そんな中、Twitterユーザーの長尾景虎@戦車道大作戦(@Kagetora_panzer)さんは、父親が元警察官だったそうで、こういった時のベストな対処法を教えてくれたのだそうです。 煽り運転や当たり屋に車を停められたら?元警官のオヤジいわく・相手と一言も会話を交わさないですぐ110番。「すみません」とか絶対言ってはいけない。・車外に出ない。窓やドアは絶対開けない。・相手との会話は警察官が来たら警察官の前で行うこと。#煽り運転 #当たり屋 #対処法— 長尾景虎@戦車道大作戦 (@Kagetora_panzer) October 16, 2017 とにかく相手から何かを言われても絶対に応じないことが大前提です。 すぐに警察を呼んで対応を任せることがベストな方法です。 その通報の手順として… 通報の手順①何が起きたか?事件ですか?事故ですか?事故です。②発生時刻だいたいで構わない。③事故の起きた場所分からなければだいたいの場所でOK④事案の概要何が起きているのか詳しく伝える。⑤通報者氏名あなたの名前を伝える。— 長尾景虎@戦車道大作戦 (@Kagetora_panzer) October 16, 2017 補足説明相手が痛みを訴えている場合は先に救急車を呼んでも構いません。119番に掛けても警察は来てくれますし、逆に110番に掛けても救急車は来てくれます。#煽り運転 #当たり屋 #対処法— 長尾景虎@戦車道大作戦 (@Kagetora_panzer) October 16, 2017 また「大丈夫ですか?」という言葉もNGです。 相手がプロだと人の言葉尻をつかんで揚げ足取るのが上手いんだそうです。だから極力会話しない方が良い。相手が怪我をしていたとしても、事故と110番にかれば救急車も警察と一緒に来てくれます。大丈夫ですか?と言葉をかける必要はありません。— 長尾景虎@戦車道大作戦 (@Kagetora_panzer) October 16, 2017 ドラレコがあれば一番いいんですが。例えば「大丈夫ですか?」と声かけると相手は「大丈夫じゃねえよどう責任取るんだ」と強めに言ってきます。そうすると大抵の人は「すみません」と言ってしまいますね。こうなるともう相手のペースに引きずり込まれてしまうんです。— 長尾景虎@戦車道大作戦 (@Kagetora_panzer) October 16, 2017 最近ではドライブレコーダーの必要性も考えられており、万が一のために搭載させている人も増えてきています。 不要なトラブルに巻き込まれないためにも、ドライブレコーダーは搭載しておくと安心かもしれません!

スカっと

【衝撃】恋人から「顔はタイプじゃない」と言われ落ち込む女性。その様子を見た母親からのアドバイスが凄い!

1: ファニーちゃん 娘へ母親からのアドバイスは? もし恋人から自分の容姿のことについて酷い言葉を言われたら、誰でもショックを受けてしまいますよね。 TwitterユーザーのT!SE(@chobits_xxx)さんは、付き合っている彼氏から「顔はタイプじゃない」と言われてしまい、相当落ち込んでしまったのです。 この事を自分の母親に相談したところ、母親は思わず納得してしまうアドバイスをくれました。 付き合ってる人に「ぶっちゃけ顔はタイプではない」って言われた時その話を母にしたら「見た目なんか包装紙みたいなもんやねんから、全然興味そそられん包装やったのにわざわざ開けて中見て貰えてラッキーって思ったらええんちゃう」って返ってきて目から鱗やった????????— T!SE⌖ (@chobits_xxx) October 4, 2017 確かにプレゼントなどをもらった時は、綺麗な包装紙よりも中身がメインですよね。 それを例えにあげたお母さんのアドバイスに、思わず納得して元気をもらったようです。 このアドバイスを見た人たちからは… 「お母さん素晴らしすぎます!」 「自分も包装紙を開けてもらえるために、頑張って中身を磨こう!」 「ステキなアドバイスに思わずこっちもなるほどって思っちゃいました!」 と絶賛する声が寄せられました。 いつでも母親は娘の味方になってくれるというのは本当に心強いですよね。 母親は本当に偉大な存在です!

スカっと

【衝撃】「お前は髪がないから毛染めの楽しみ知らねぇんだろ」注意した生徒からハゲと言われた教頭先生…生徒へ返した言葉にスカっと!w

1: ファニーちゃん 「ハゲ」と言われてしまった後の教頭先生の秀逸な返し Twitterユーザーさんのくろいわっ(@p_kuroiwa)さんが中学生の頃に体験した出来事についてTwitterに投稿をしました。 それは、とある生徒と教頭先生とのやり取りでした。 中学の頃、友人が整髪料禁止なのに毎日バッチリ決めてくるんで教頭先生が注意したら「お前はつけるもんないから楽しみ知らねぇんだろ!」とハゲの教頭に言ったのだが「若いころ散々楽しんだ結果がコレなんだよ!」と言い返した翌日から卒業まで、彼の髪は自然なヘアスタイルだった— ????くろいわっ???? (@p_kuroiwa) October 29, 2017 なんて説得力のある返答…。 この言葉に生徒も思わず従わざるを得なくなってしまったようです。 教頭先生にとっては傷を抉られた感覚だったかもしれませんが、結果オーライで良かったのかもしれません。 ネットからは… 教頭のはげまし https://t.co/zF1BV0Ko1p— 山猫だぶ (@fluor_doublet) October 30, 2017 教師のかがみ。教頭先生、輝いています。 https://t.co/KYhKHQ1Ams— 原幌 非礼晴 (@6LusjSN7pKxTca0) October 30, 2017 こういう事を言えるのが、文字通りの「先生」ってヤツだと思う(笑) https://t.co/P6t8UuDgA9— 竹内修 (@otfsx1228) October 30, 2017 というコメントが寄せられており、教頭先生の秀逸な返しに賞賛の声が寄せられていました。 ただ闇雲に注意するのではなく、こういった注意ができる先生は必要なのかもしれませんね。

スカっと

【スカッと】「お年寄りには席を譲ろうって習わなかった?」バスの中でお婆さんが幼児に嫌味を言ってきた…。その後この幼児から痛快な一言が放たれた!

1: ファニーちゃん 幼児に嫌味を言ってきたお婆さん とあるTwitterユーザーさんから、バスの中でのマナーについて考えさせられる出来事があったという内容が投稿されました。 それはバスの中でお婆さんが幼児に席を譲るように嫌味を言ってきたというものでした。 その嫌味を言われた幼児は強烈な一言を放ったのだそうです。 そのやり取りがこちら! 都営バスにて婆:お年寄りには席を譲ろうって習わなかった?幼児:習わなかった…(見かねたOLが婆さんに席を譲る)幼児:人から親切にされたらありがとって言うって習わなかった?婆:………。車内一同:………。嫌味がましい年寄りに譲る席はねー????…って皆が思ったろうな????— 野村 泉 (@TyJT2Z0btKYe5yo) March 29, 2017 確かに「お年寄りには席を譲りましょう」というのは車内のマナーとなっています。 でもそれを嫌味を込めて傷つけるような言葉で強要するのもちょっと考えてしまいますよね。 Twitterユーザーの野村 泉さんはこの出来事を通して、 昨日の私の都営バスで見かけた婆さんのツイート。ごく日常の中のありふれた事柄にここまでの反響があるとは…。私があの婆さんから学んだ事は、すぐそばの優しさに気付けない人は、不幸せなのだと思った。私も人からのさりげない親切を見つけたら、すぐありがとうを言おうと思う。— 野村 泉 (@TyJT2Z0btKYe5yo) March 29, 2017 と感じたのだそうです。 このやり取りの内容を見た人達からは… 心優しい老人になろうと思う。 https://t.co/HikD2tq4ON— ka10rider@運動解禁(腰痛弱め (@ka10rider) March 30, 2017 嫌味な言い方は置いておいて、子供に席を譲らせたらダメだろ。急停車など不測の事態に備えるためにも、年配者に席を譲るのは成人でなければ怖いよ。https://t.co/faN0FTSAZb— 徳叉迦 (@dtaksak) March 30, 2017 ぐう正論— さと (@msatoshi31) March 30, 2017 というような意見が寄せられました. 「親切にされたら感謝する」というのは大事なことだというのを改めて実感させられる出来事でしたね。

○○選

【面白】あの頃は若かった・・・けど今じゃ完全に黒歴史!1980年の若者たちのライフスタイル画像19選!これは恥ずかしい・・・w

1: ファニーちゃん あの頃は若かった?!1980年代・若者たちのライフスタイル激写画像19選!! 1980年代。日本の元号では、昭和55年から昭和64年(平成元年)に当たります。この時代、ポップカルチャーは多様化し、音楽もパンク、モッズ、ゴス、エモ、ヒップホップ、ラップ、アシッドハウスなど多様化が進んでいきました。今回は、1980年代の若者たち、今はもうお父さん、お母さん世代になっているであろう彼らの当時の写真をご紹介していきます!!当時が青春時代だった人は、彼らの服装やライフスタイルを懐かしく思うかもしれませんね~!! 全てがクール!! 1980年代、街の雰囲気も今とは違いました。そして、若者たちにも彼らなりの「洗練」があったのです!! 全てがクール!!は、次のページで↓↓

スカっと

【驚愕】「そこ、私達の席なんですけど」新幹線の自由席で後から来た若いカップルが言った言葉に凍りつく

1: ファニーちゃん 新幹線の自由席で起きた嘘のような本当の話 新幹線の座席にはいくつか種類があります。 ・自由席「文字通り、自由に座ることが出来る席。空いている席に座るというスタイル」 ・指定席「指定の席をお金で購入する事」 ・グリーン席「指定席の上等な座席のようなイメージ」 この3つにわけられます。 ツイッターユーザーの「貴θ@ミジコン 」さんが新幹線の自由席に座っていたときの事をツイートしており、色々と考えさせられます。 やばい。初体験をしてしまった。なんだこれは。新幹線の自由席で若いカップル二人に、すいませんそこ私たちの席なんですけど…と言われ困惑。ここ自由席ですよ?と返すと、わかってますけど指定席取れなくって仕方なく自由席に来たんですけど、空いてないんで譲ってくれませんか…と。— 貴θ@ミジコン (@tokkyosinseityu) 2015年10月25日 自由席の車両(開いている席に自由に座ることが出来る車両)で若いカップルに 「そこは自分たちの席です」「指定席が取れなかったから席を譲ってほしい」と主張されたようです。 投稿者のミジコンさんはいつもは指定席を取るようなのですが、この時は指定敵が満席で仕方なく自由席を取ったようです。 そしてミジコンさんはそのカップル二人に対してこう言ったそうです。 @nkmrszk 「もしかして私が座る前に席とっておられましたか?一応荷物等がないことを確認したんですけど確認不足でしたかね。ごめんなさい。でも私列の一番前に並んでいたのであなた方のほうが早いということはないと思うんですけど」3秒位で言ったら嫌な顔して立ち去りました— 貴θ@ミジコン (@tokkyosinseityu) 2015年10月25日 やっと小田原で2人席が空いたから仲良く座れるカップル。よかったね。旅行なら行動予定だけじゃなくて移動手段も確実に計画的にしたほうがいいと思うよ。指定席を取れなかったんならちょっと早めに並ぶとかね。グリーン車取るとかね。— 貴θ@ミジコン (@tokkyosinseityu) 2015年10月25日 少し常識が欠けていたカップルだったようですが、そこまで揉めることはなかったようです。 事なきを得る事が出来てよかったですが、こうした新幹線や公共期間のトラブルは非常に多いようです。 このツイートには色々なリツイートがきていました。 @tokkyosinseityu 年末の新幹線で子連れ夫婦にそう言われたことあります。「私は寒い中1時間も前からきて並んだから嫌だ」と断りましたが。— もなちゃん (@monachang7) 2015年10月25日 @monachang7 指定だろうが自由だろうか皆平等にお金を払っている状況で自分だけ優遇してもらえると言う思考がだめかとおもいます。体の不自由な人やお年寄りなど例外は多く存在しますが。— 貴θ@ミジコン (@tokkyosinseityu) 2015年10月25日 .@tokkyosinseityu譲って下さい←まだわかるそこ私達の席なんですけど←!?!!!?ww!w??!ww?— lilitoll111_MCJPPvP (@lilitoll111_PvP) 2015年10月25日 @tokkyosinseityu @thelomeg 先日 (*´•ω•`*)バスでお席を譲って、可愛目なおばあ様笑顔でお座りに…なる瞬間 めっっちゃ遠くから「そこは! 私の!! 席です!!」大声で何回も捲し立てながらジタバタするじじぃに遭遇…バスに指定席はございません。— 蓮(*´ω`*) (@humiliate0426sa) 2015年10月25日 また、公共機関での色々なトラブルで意外と多い困った人 新幹線にて隣のおっさんが撒き散らしてったゴミ片付けてシート元に戻した。ほんとにモラルない人無理だわ。—…

スカっと

【衝撃】お笑いコンビ「バナナマン」の握手会でファンの人が突然日村さんにビンタ!その瞬間2人のとった行動が素晴らしかった!

バナナマンの握手会イベントでトラブル発生!その後の2人の行動が素敵すぎた! ある日、タワーレコード渋谷店でバナナマンのトーク&握手会のイベントが行われました。 この場でも2人は面白いトークをして会場を盛り上げ、多くのファン達を楽しませていました。 しかし、このイベントの最後に行われた握手会で驚愕の出来事が起こりました。 なんとファンの人が日村さんに突然ビンタをしてしまったのです。 その事について、イベントに遊びに来ていた人からこのような投稿がありました。 【バナナマンのトーク&握手会のイベントに行ってきたんだけど、突然日村さんにビンタした人がいて一気に空気が凍りついてビビった…。 いくらなんでもバカにしすぎだろと思ったけれども、それでもニコニコしていた日村さんがかっこよかったし、「それはダメだよ!」と大声で行った設楽さんも流石だった】 というものでした。 そしてこの投稿にこういったコメントが寄せられました。 握手会のとき、少し前にいたひとが突然日村さんにビンタをした。何を思ったのか知らないけど、好きなら何をしてもいいというわけじゃない。バナナマンに対する敬意のなさに呆れたし白けた。あーつまらない。わたしのだいすきな日村さんに何をしてくれるんだ!バカ。こうしてまた自由がなくなっていく。— mizuho (@pechiho_m) February 18, 2017 日村さんのビンタ、後ろの方にいたから、設楽さんが腕でバツのポーズを作って「それはだめだよ」って優しい感じで周囲に言っているのだけ見えて、何があったのかちゃんとは分からなかったけど、ビンタされてたなんて…それでもあくまで優しく対応するバナナマン..— モロスケ (@romomo21) February 18, 2017 話している声は聞こえなかったので、やりとりは不明でしたが、パンという音が聴こえて、かなり痛そうにしてました日村さん。軽くビンタをなのか、ほっぺ触らせて下さいなのか。中止可能性のあることはやめて欲しいですね。— ヘボーマン (@blue_man_5) February 18, 2017 実際にイベントに行った人たちもこの光景を見ていたそうですが、2人の対応に対して素晴らしいと感じたようです。 確かにお笑い芸人でいじられるタイプの人は、一般人からも叩かれたりすることはあるそうなのですが、やっぱり許せない行動ですよね。 バナナマンのお二人は特に怒ることもなく最後まで笑顔で対応をしていたことは本当に素晴らしいことだと思います。 これをきっかけに、芸人さんたちを叩いたりする人が減ることを祈るばかりですね。

スカっと

【驚愕】あろうことか婚約者の友人を口説こうとした浮気男。しかし、その結果とんでもない天罰が下ることに

婚約者がいるのに他の女性を口説く男に天罰を! 最近、芸能界や政治界を賑わせているのが「不倫」「浮気」といった問題。 こういったニュースを見ると本当に呆れてしまいますが、私たちの身近にもこういった問題は起きているのです。 今回ご紹介するのは、Twitterユーザーの杏(@apricot_candy_a)さんと、その友達の婚約者とのやり取りです。 事の始まりはこのやり取りからでした… 最初は二次会の打ち合わせかと思っていた杏さんですが、その男性はどうやら杏さんと2人きりで食事をしたいようでした。 さらに話は続いていき… なんとその男は杏さんに一目惚れをしたといい、誘いを断ると「俺に色目を使ったって言うよ」と理解できない脅しをしてきます。 そして挙句の果てには大人の対応をするべきと言ってきました。 そこで杏さんはいよいよ行動に移すことにしました。 このやり取りを新婦さんとその両親に報告すると伝えます。 するとその男は慌てて口調も荒々しいものになっていきました。 しかも新婦のお父さんはその男の上司で、この事がバレたら大変なことになるのは明白です。 そして最後に杏さんは… 仕事と信頼と貯金と婚約者を失うことになった男の愚行( 厂˙ω˙ )厂 pic.twitter.com/1liH2QNybR— 杏 (@apricot_candy_a) August 27, 2017 どうやらその男はこの一件で仕事・貯金・婚約者を全て失うことになってしまったようです。 杏さんの友達である新婦さんにとって、結婚が破断になったのはショックな事だったかもしれませんが、この男はおそらく結婚した後も不倫をする可能性は大いにありました。 「まだ未遂なのにここまですることはないのでは?」という意見も見受けられましたが、それほど結婚というのは大事なものなのです。 この男も心を入れ替えて、全うに過ごしていってほしいですね。

スカっと

【賞賛】親の注意も虚しく飛行機の中で騒ぐ女の子…。その様子を見ていた女性が放った一言でピタリと静かに!

飛行機で騒ぐ女の子に対して側にいた女性の一言がすごかった! 小さい子どもは、環境が変わるとついついテンションが上がってはしゃいでしまうものです。 親がいくらそれを注意してもなかなか聞いてくれない…なんていう経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回とある女の子と近くに座っていた女性のやり取りがTwitterで投稿されました。 とある飛行機の中で騒いでいる4歳くらいの女の子がおり、母親がいくら注意しても収まる気配がありませんでした。 そんな中、とある女性がその女の子にある一言をかけると、ピタッと大人しくなったのです。 では、女性は一体どんな一言をかけたのでしょうか? ■女の子を静かにさせた女性の一言 そのツイートをしたのは指南役(@cynanyc)さんでした。 飛行機の機内の目撃談。4歳くらいの女の子が騒いでお母さんが何度注意しても止まない。その時、後ろにいた御婦人が「お姉ちゃん、そこにネンネしてる赤ちゃんがいるの。静かに寝かせてあげて」と微笑むとピタリと静まった。人間、上から注意されるより何か役割を持たせた方が言うことを聞くという話。— 指南役 (@cynanyc) 2017年7月28日 確かに叱りながら注意をすると子どももなかなか聞き入れてくれないもの。 ですが今回のように何かの役割を持たせると、子どもながらに使命感が出てそれを守ろうとするようです。 このやり取りの内容を見た人達からは… 「注意の仕方って本当に難しいんだよね…保護者も常に考えなくてはならないんだね」 「本当にこれって大事!子どもでも役割を与えられると頑張ったり約束を守ったりしてくれることが多いんですよね」 「命令されると【なんで静かにしないといけないの!?】ってなるけど、どうして静かにしなくてはならないのか、というのを簡単に説明することでしっかり聞いてくれる」 という意見が寄せられました。 これは私たち大人にも同じようなことが言えると思います。 なぜそれをしなくてはならないのか…という視点がとても大事だというのがよくわかるエピソードでしたね。