「安楽死させてくれ」生後6週間の子犬を動物病院に置き去りにした飼い主。その驚愕の理由に怒りを覚える


ある日、とある動物病院に1匹の犬と飼い主がやってきました。

その犬の名前は「ボー」といい、まだまだ生後6週間の小さな子犬だったのです。

そしてその飼い主は動物病院に着くと開口一番に、 こう言い放ちました。
「この子は足が麻痺しているから安楽死させてくれ」

まだ診察もしていなくて安楽死するほどのものなのかわからないのに、いきなり安楽死させてくれと言ってきた飼い主に獣医師も言葉を失います。

しかも信じられないことに、ボーを診察している途中、飼い主はそのまま帰ってしまったのです。

獣医師が見ると、確かに足が動かせなさそうな様子だったため、診察をしてみることに…すると驚きの事実が判明したのです。


診察の結果





診察した結果、なんとボーの足は麻痺しているわけではありませんでした。

ボーは栄養不足による低血糖症になっており、それによって足を動かすことができない状態だったのです。

つまり飼い主がちゃんとしたお世話をしていないせいで、ボーの足が動かなくなってしまったのです。

すぐに獣医師は適切な治療を施すと、ボーはすぐに回復し、自分の足で立って歩き回ることができるようになりました。

その後のボーはカリフォルニア州にある動物愛護団体の「ハンド・イン・パウ」に引き取られることになりました。

その後は心優しい里親さんも現れ、ボーは幸せな生活を手に入れることができました。

今までのボーはきっと辛い毎日を過ごしていたと思いますが、これからは目一杯幸せになって元気に過ごしていってほしいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>