亡くなったはずの父から届いた誕生日プレゼント。いつでも息子を想い続けた「父の愛」に涙が止まらない


2017年の4月、ミシガン州に住むジョン・クロウという男性が心臓発作でこの世を去りました。

享年49歳。まだまだ早すぎる死でした。

彼にはヘビーメタルが大好きで、ギターのレッスンを受けている15歳の息子・ジョニーくんがいます。

ジョニーくんが16歳の誕生日を迎える時、楽器店から1本の電話が入ります。

そこでジョンさんが生前、愛する息子のために家族に内緒でとあるプレゼントを用意していたことが発覚したのです。


16歳の誕生日プレゼント



誰にも存在を知られていなかったプレゼントは、楽器店のオーナーであるピート・クルーゼさんからの電話で日の目をることになりました。

その連絡を受けたのは、20歳になる姉・チャンドラーさんです。

「ギターが弟を待っている」

真相を告げられたチャンドラーさんは、このことをジョニーくんに秘密にしておくことにしました。



そして迎えた彼の16歳の誕生日、チャンドラーさんは車でジョニーくんを迎えに行くとそのまま楽器店へ連れて行きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>