【泣いた】修学旅行に行けないクラスメイトのために、先生がしたある提案


学生にとって修学旅行と言えば一大イベントであり、とても楽しみにしている学生さんも多いでしょう。

しかしとある高校で、家庭の経済的な理由から修学旅行に参加できない生徒がいました。

先生は数人の生徒を放課後に呼び出して、修学旅行に行けないその子のためにある提案をしたのです。


涙のホームルーム





高校の修学旅行の話。

親がいなくて、義親から虐待受けてる子がいた。

バイトして自分で学費とか全部出してたらしいんだけど修学旅行の積み立てまで手が回らなくて、修学旅行には行けなかった。

そしたら先生が数人の生徒を放課後に呼び出して、みんなでお金を出し合ってお土産買ってこようって提案した。

修学旅行先でその子が好きそうなものとか沢山買った。足りない分は先生が出してた。

帰ってきて最初のHRでサプライズでお土産を渡したら、顔真っ赤にして震えながら泣き始めた。

ずっと、ありがとうございますありがとうございますって言ってて、先生も我慢しきれずに嗚咽もらして泣いてた。

この状況がすごく衝撃的で何年も経った今でも鮮明に覚えてる。

その子の事情は詳しくはわからないけど相当辛い思いをしてきたんだなってその時思った。

ちなみにその子は今結婚して幸せに過ごしてると聞きました。

(本文まま)

このお話は「今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験」というタイトルのスレッドに書き込まれたエピソードです。

もしかしたら先生は、その生徒の現状をよく知っていらしたのかもしれません。

だからこそ、泣き出してしまった生徒を前に、溢れる涙を堪えることができなかったのではないでしょうか。

修学旅行に行くことは出来ませんでしたが、クラスメイトと先生との思い出は何よりも素敵なものになった事でしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>