【泣いた】余命数週間と宣告された少年が起こした奇跡。妹の誕生まで生き抜いた兄の愛に涙が止まらない


イギリス・ブリストルに暮らすレイチェルさんと、リー・クーパー夫妻。

彼らは2人の息子、長男のベイリーくんと次男のライリーくんと共に幸せな生活を送っていました。

そして2017年の初め、クーパー夫妻は新たに女の子の命を授かります。

しかしその直後、この幸せな家族をどん底に突き落とすような悲劇に見舞われたのです。


長男の病気





ある日不調を訴えたベイリーくんは病院を受診しました。

すると「非ホジキンリンパ腫」という血液のガンにかかっていることが発覚したのです。

ベイリーくんはステロイドや抗がん剤治療を受け、2017年2月には治療の成果が出てくるようになりました。

その為医師からも治療できる可能性が高いとみられ、ベイリーくん一家は4月に海辺で長い休暇を過ごすことになります。

しかし、その休暇中にベイリーくんの容体が急変。

病院での検査の結果、がんが横隔膜にまで転移している事が判明したのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>