白血病でこの世を去った娘からの最期のLINE。亡くなった1週間後に開かれたLINEに母は涙が止まらなくなる


大切な娘さんを病気で亡くしてしまったお母さん。

生きる支えでもあった娘さんを亡くしたお母さんは、悲しみのあまり自暴自棄に陥ってしまいます。

ところが1週間後、お母さんは携帯電話のLINEにメッセージが2通届いていることに気が付きました。

そえは娘さんが亡くなる前にお母さんに宛てた、最期のメッセージだったのです。


母と娘の二人三脚





娘さんが生まれて間もない頃、夫から家庭内暴力を受けていたお母さん。

夫の暴力に耐え切れなくなったお母さんは、娘さんを連れて家を出ました。

夫との離婚が成立し、それからというもの、お母さんと娘さん二人で様々な困難を乗り越えて来たそうです。
「私一人では乗り越える事の出来ない困難も、娘がいつも励ましてくれたからこそ、ここまでやって来る事が出来ました」

そう語るお母さんでしたが、その矢先思いもよらない悲劇に見舞われます。

なんと、娘さんが「白血病」である事が判明したのです。

しかしそんな時にも弱音一つ洩らさなかったという娘さんに、お母さんもずいぶんと助けられたといいます。

おそらく、自分がくじけてしまったらお母さんも頑張れなくなってしまうと思ったのでしょう。

そんな思いも空しく2015年5月15日、若干17歳という若さで娘さんは天国へ旅立ちました。


娘が遺したもの





容体が急変し、そのまま帰らぬ人になってしまった娘さん。

詩を受け止めきれないお母さんは自暴自棄になり、生きている感過去の内容な時間を過ごしていたといいます。

しかし娘さんの死から1週間後、お母さんは自分の携帯に2通のLINE通知が来ていることに気が付きました。

慣れないスマートフォンを操作しそのLINEを開いてみると、そこには生前娘さんがお母さんに送ったメッセージが遺されていたのです。



亡くなる2週間前に届いていたメッセージに綴られた「ごめんなさい」という文字。

「『そんな事は無い!』そう言ってあげればよかった…。」

お母さんは娘さんからのメッセージに気がつかなっかた事を激しく後悔したといいます。

しかしこぼれた涙をそのままに次のメッセージを読んだ時、お母さんは再び生きる希望を取り戻したのです。


娘さんの想い





娘さんの唯一の心残りは、一番大切なお母さんの事でした。

自分がなくなった後のお母さんを想像し、その後もお母さんがしっかり生きて行けるようにとメッセージを残したのです。

しっかりと自分の「死」と向き合いながらも、お母さんを心配する娘さんの気持ちがしっかりと届いたのでしょう。
「しっかりと前を向いて娘に笑われないように、娘の分までしっかり生きようと決意出来ました」

そう語るお母さんは、娘さんのメッセージにより立ち直ることができたのです。

お母さんが幸せな人生を歩むことこそが、娘さんの幸せにもつながるのではないでしょうか。

娘さんの分も、前を向いて強く生きていってほしいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>