【感動】孤独に耐え里親を待ち続けた猫。死の寸前で救い出されて1時間で、全く別の猫へと変貌を遂げる


保健所で先の見えない日々を過ごし、悲しそうな顔で里親さんを待っている猫”ベンベン”

野良猫だったベンベンは大きな動物に襲われたのか、背骨は折れ、身体にはいくつもの裂傷があり、片耳が潰れてしまっていたのです。



地元の保護施設はベンベンを引き取り、里親を探してくれることになりました。

施設に移動した後、獣医さんに診てもらったベンベンは、これから先歩くことができず、痛みと戦いながら生き続ける ことになるだろうと診断されたそうです。

その後もしばらく里親さん探しが続きましたが、結局里親さんは見つかりませんでした。

そしてとうとう、保健所に戻されてしまったのです。


安楽死が決まったベンベン





保健所はベンベンの命を終わらせることにしました…

そんな中、動物病院のスタッフとして働いていた女性が、職場でベンベンのことを知りました。

女性はすぐにベンベンを救わなければならないと思い、その日のうちに行動を起こしたのです。

それはベンベンの安楽死が行われる日の前日のことでした。

女性は急いで保健所に向かいました。



女性の手により”死”から救われたベンベン。

保健所のベンベンは、食べ物や水を一切口にせずただ静かにそこに座っていました。

ベンベンは完全に生きる希望を失っていたのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>