【感動】初めての海水浴中に義足を盗まれてしまった男の子。父親の切実な願いが世界中の人々を動かすことに


義足をはめている4歳の男の子が一家で海水浴を楽しんでいました。

生まれて初めての海水浴に大はしゃぎの男の子。

しかしその後、一家は想像もしていなかったトラブルに見舞われてしまいます。

なんと家族の貴重品と共に、男の子の義足が何者かに盗まれてしまったのです。

足のない生活を強いられた息子のために父が起こした行動と、その切な気持ちを受け取った世界中の人々が起こした奇跡をご覧ください。


盗まれた義足





義足の盗難にあったのは4歳になるリアムくんです。

彼は生まれつき右足が変形しており、1歳のときに義足をはめることになりました。

2016年7月24日、リアムくんは初めての海水浴を楽しむため家族とアメリカ・カリフォルニア州へ出かけました。

クリスタルコーブ・ステイトビーチへ到着したリアムくんは、新しい義足を海水にぬらさないように古い義足を装着します。

そして父親であるフランクさんは、携帯電話や貴重品と共にリアムくんの新しい義足をひとまとめに置いていたそうです。



兄弟と一緒に海で泳いだり、岩場を登ったりして初めての海水浴を思う存分楽しんだリアムくん。

しかしその1時間後、フランクさんが戻ってみるとカメラや財布、携帯電話が盗まれているのを発見しました。

そして一緒に置いておいた義足までもが何者かによって盗まれてしまっていたのです。

フランクさんはすぐさま警察に被害届を出しました。

そして盗んだ義足は捨てられている可能性があるのではと考え、付近のゴミ置き場を探し回りましたが、義足が見つかることはありませんでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>