「褒めてほしかった」小学1年生の女の子の”詩”に込められた願いに深く考えさせられる

小学生の女の子の想いを考えると、胸が締め付けられる思いです。

そしてこのような出来事は、多かれ少なかれどの家庭でも起きている事だと感じます。

子供がまだ小さい頃は「あれができた!」「これができた!」と一喜一憂しますが、ある程度大きくなるとやって当たり前という認識になりがちです。

子供の成長を願うばかりに、どうしてもできないところに目が行ってしまい、褒めることを忘れてしまっていませんか?

子供にとって「親に褒められる」というのはとても重要な事であり、そして活力でもあります。

この詩を読んだユーザーからは多くのコメントが寄せられました。











とても短い文章に込められた大きな意味に、私たち親は深く考えていかなければなりません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>