「たまには父さんと飲みに行こう」反抗期の娘を朝まで飲み連れ回すお父さん。その行動に隠された意図に思わず涙


年頃の女の子にとって、父親の存在というのは少しうっとおしく感じる時期でもあります。

小さいころには「パパのお嫁さんになる!」なんて言っていた子供も、成長と共に父親とは言葉を交わさなくなり、母親ばっかりという事も・・・。

世のお父さんたちにはとても悲しくなるような出来事ですが、ほとんどの父娘が通る道なのではないでしょうか。

しかし娘を愛する父親にとって、娘の交友関係や遊び方など心配事が尽きることはありません。

そんな中、あるお父さんが娘のためにとったある行動が素敵すぎると話題を集めています。

それは、大人の階段を上り始めた娘を「飲みに」誘う事でした。


「父さんと飲みに行こう。」





ある男性が、お酒を嗜む年ごろになった娘さんにこう声をかけます。

麗子たまには、お父さんと飲みに行こう。何でも好きな物食べて何処でも連れて行ってやる 。チョットおしゃれしてこい

彼女は面倒のような気もしながら、夜の街に興味もあったので父親と出かけることにしました。

「今日はトコトン飲むぞ!!もうダメって程飲め。お父さんが責任持つからな アホみたいに飲もうぜ!」

車中での父親の言葉に不安を感じつつ、夜の街へとくり出して行きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>