【奇跡】Googleストリートビューでたまたま発見された野良犬。その奇跡を経て生まれ変わた姿に涙


アメリカに暮らす女性が何となくGoogleのストリートビューを見ていた時のことです。

偶然にもロサンゼルスの街角で寂しそうに佇んでいる1匹の犬の姿を見つけました。

その様子を見た女性はこの犬が気になりすぐにその場所へ駆けつけると、その犬はまだそこに居座っていました。



この犬が野良犬なのか、はたまた誰かに捨てられたのかは不明ですが、その犬の姿を見た女性はすぐに餌を買ってきて水と一緒にその犬に与えます。

しかし彼女は「このまま毎日ここに通っていたって何の解決にもならない」と思い、動物愛護団体に助けを求めました。

犬が見つかったアパートの大家さんが言うには、「この犬は10年以上も前からずっとここにいた。恐らく飼い主に捨てられてしまったんだろう…」とのこと。

捨てられた事を知らない犬は10年以上も飼い主を待っていたと思うと、本当に切ない気持ちになります。


奇跡を経て生まれ変わた犬





この犬は最初は動物愛護団体のスタッフを怖がっており、保護をするのも苦労しました。

しかしスタッフが「敵じゃないよ!君を助けに来たんだよ」と声をかけながら接していくうちに、この犬もだんだんと心を開いていき、次第には体を撫でても嫌がらなくなりました。

これをきっかけに保護団体はこの犬を保護し、車に乗せて保護施設へ送ることができました。

そして動物病院で診察を受けた後にトリミングをして体を綺麗にしていき、保護された時とは見違えるほど綺麗な姿になりました。

そして保護施設のスタッフが里親さんを一生懸命探していった結果、無事に優しい里親さんに引き渡すことができました。

今はその優しい里親さんの元で愛情たっぷり受けて幸せに暮らしているんだそうです!

今回発見時からの様子を動画でも紹介されていました。



偶然発見された犬は無事に保護団体へ送ることができて新しい家族に出会えたというのは本当に奇跡的なものだったと思います。

でも世の中にはもっと助けを必要としている動物たちがたくさんいるのも事実です。

こういった奇跡も起こるものなので、私たちも困っている動物たちがいたら積極的に助けていきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>