「何しているんだ!?」痙攣をおこした息子にスマホを向ける妻。動画を撮影するその理由に賛同の声


もし子供に何か起きたら、親として咄嗟に何ができるでしょうか。

やはりまず第一に病院に行くことが考えられますが、軽いパニックに陥ってしまう方も少なくないと思います。

そんな中、TwitterユーザーのMasaya Higa(@ryu_higa)さんが投稿した内容が話題を呼んでいます。

夜中に熱性けいれんを起こした幼い息子さん。

ご主人である投稿者さんが急いで病院へ行く準備をしていると、奥さんが息子さんの様子を動画で撮影し始めたのです。

「何してんだ!?」

驚きのあまり奥さんに聞いた投稿者さんは、奥さんの答えを聞いて感心したそうです。


動画撮影の理由





親として気が気でないこの状況で、動画を撮影している奥さん。

その理由に多くの賛同の声が集まりました。



そう、奥さんは「息子さんの状態を正確に医師に伝えられるように」動画を撮影していたのです。

痙攣をおこしてしまったというパニックから、その時のことを聞かれてもあまり覚えていないというケースも少なくありません。

百聞は一見にしかずという言葉がありますが、まさにその通りともいえるでしょう。

一概に「痙攣」といっても、前日に頭をぶつけていたなどさまざまな要因も考えられます。

こういった時に、パニックに陥っている親よりも、実際の様子を医師に見てもらった方が正確に診断しやすくなるのです。

何よりも気持ちが焦っている状況でのこの判断は、親として非常に難しいものもあるでしょう。

しかしその行動一つが子供を救うこともあるのです。

この投稿には、医療関係者を含む多くの人からたくさんのコメントが届きました。













万が一のことが身近な方に起きたときのためにも、こういった大切な知識はぜひ頭に入れておきたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>