【感動】「どうか皆の力を貸してほしい」650匹の尊い命を助けたいと願ったとある有名人のツイートが奇跡を起こす


650匹の小さな命を救った有名人のツイート



2015年9月のこと、ある有名人のツイートによって650匹の犬が救われたというお話があります。

この出来事が起こったのはルーマニアのある動物保護施設でした。

ある日虐待を受けて今にも餓死してしまいそうな犬が何と650匹もやってきたのです。

この時の施設では治療ができる職員はわずか1人で、とても全ての犬を診ることは難しく、さらに数も多いため食料や寝るところも間に合わないような緊急事態となっていたのです。

そこで彼らは動物愛護団体と共に募金を募りますが、650匹の犬を治療して満足な環境にするためには最低3万ポンド(日本円で約470万円)が必要だったのです。

しかし募金はなかなか集まらずに資金調達が困難になったその時、とある有名人のツイートが奇跡を起こしました。


650匹の犬を救ったリッキー・ジャーヴェイス





その有名人というのは、イギリスでコメディアンや俳優として活躍をしているリッキー・ジャーヴェイスさんでした。

この保護施設の現状を知った彼らはすぐにTwitterで情報を伝えました。



「今すぐ食料や治療を必要としている犬がたくさんいます。

どうか皆の力を貸してほしい」


このツイートでリッキーさんは情報拡散と募金を募りました。

するとこのツイートは瞬く間に拡散していき、たくさんの人達の目に触れることになり、保護施設への募金がどんどん集まってきました。

そして目標額の3万ポンドが無事に募金され、650匹の犬を救えるほどの物資の確保をすることができたのです。


650匹の犬たちのその後





このままでは餓死してしまうという危機的状況でしたが、リッキーさんと募金をしてくれた人達のおかげで餌もたくさん購入することができました。

さらに保護施設の職員も増やすことができたのだそうです。



また、動物愛護団体の方達もルーマニアに駆けつけてくれて、650匹もの犬たちのお世話をサポートしてくれました。

こうして保護施設に預けられた犬たちの命は無事に助けられました。

リッキーさんも、今後は俳優さんやコメディアンとして活動する一方で、動物の保護に関する活動にも関わっていこうと考えているんだそうです。

有名人の方のTwitterというのは本当に影響力の高いものです。

そのおかげで、今回尊い命がたくさん救われたんですね!

何とも心が温まるお話でした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>