【悲痛】母親代わりだった牛と突然の別れ。涙を流し悲痛な表情を浮かべる犬の姿に胸が締め付けられる


動物にも感情があり、喜びもあれば悲しみの気持ちもあります。

そして私たち人間と同じように、悲しいことがあれば涙を流すこともあるのです。

そんな中、韓国の農場で撮影された動画が話題を集めています。

両親を失い孤独だった犬と、犬の母親代わりだった牛が迎えた突然の別れ。

目に涙を受けべ別れを惜しむ犬の姿に胸を締め付けられます。


種族を超えた愛





韓国の農場で暮らす犬のルーキー。

孤児で母親の愛情を知らないルーキーでしたが、彼には特別な親友がいます。

それはルーキーよりもはるかに大きな体のメス牛で、ルーキーにとって親友であり時に母親の代わりでもあったといいます。

牧場の人に拾われてから、まるで寂しさを埋めるかのように2匹はいつも一緒に時を過ごしていました。



ルーキーの孤独を埋めてくれた牛ですが、別れの時は突然やってきました。

経済的な理由から苦渋の選択を強いられた飼い主は、このメス犬を売ることに決めたのです。

母親ともいえる大切な牛との別れの時、ルーキーの行動に誰もが涙を流しました。


別れの時





ついに牛が引き取られる日がやってきました。

ルーキーは牛の鳴き声に何かを感じ取ったのか、農場を飛び出していきました。

そして牛を見つけると、「いかないで!ボクをおいていかないで!」というかのように周りを走り出したのです。



しかしルーキーの想いも空しく連れていかれるメス牛。

もう二度と会うことは出来ないと悟り、目から涙を流し悲痛な表情をするルーキーに胸が痛みます。

またしても孤独になってしまったルーキーは生きる希望を失ったかのように、一切食べ物を口にしようとせず一日牛舎の出入り口を見つめて過ごしました。


ルーキーの想いが生んだ奇跡





しかし悲しみに暮れ泣きながら過ごすルーキーの目に、信じられないような光景が広がりました。

なんと、あの日別れたはずの牛が牧場に戻ってきたのです。

ルーキーの悲痛な姿に胸を痛めた飼い主さんは、あの後牛を買い戻してくれたのです。

「もうどこにも行かないで!」

ルーキーは以前にもまして牛のそばにぴったりとくっつき離れなくなったといいます。

今回の件で、飼い主さんはルーキーに他にも友達ができるようにと他の犬とも仲良くさせようと努めています。



犬と牛の種族を超えた深い愛に、思わず涙がこぼれます。

ルーキーと牛がこれから離れることなくともにいられることを願うばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>