【一番大切な日】毎年7月18日に会社を休む父。その理由を知ったとき、青年は涙が止まらなかった


人には沢山の事情や秘密があります。

言いたくてもいえない事、まだ言うタイミングじゃないから言わない事。

今回ご紹介するのは、「高校3年生になった1人の青年が、自分の過去を知る」お話です。


7月18日





いつからだろう。

毎年7月18日、父は会社を休む。

母は美しい花を買って、二人でどこかに出かけるのだ。

どこへ行くんだと俺が尋ねても、ちょっとねとお茶を濁す。

そそくさと礼服に着替え、それはそれは不思議な1日が毎年続いていた。

そんな俺ももう高校三年生。

何となく教師になりたいなどと夢を持っていたが、家には金がない。

意地でも国公立に行けと親には言われてる。

しかし、今日も希望校への判定は「D」。

むしゃくしゃしてリビングで、父の煙草を一本拝借。

火を付けた瞬間に母が帰宅した。

最悪のタイミング……。

母は何も言わず、メモとペンを取りだして、サラサラと何かを書いている。

「ここへ行ってきなさい」

「は?」見たら、見たこともない住所と名前。

「何で俺がこん…」

「いいから行ってきなさい!」

母のここまで取り乱した顔を見たのは後にも先にもこの時だけである。

なんだってんだよ…まぁいいか、どうせ勉強もはかどってないし……。

そんな軽い気持で、俺は書いてある住所へ向かうため電車に乗った。

その時には、まさかこれほど重大なことを知ることになろうとは、思っても見なかったのだ。



メモの名前には、前田裕子とある。

…聞いたこともない。母とどんな関係があるのだろう。

そこは小さなアパートだった。

チャイムを鳴らすと幾つくらいだろうか、母よりもいくらか年配の女性が迎えてくれた。

「慶太君!?大きくなったのね!」

親戚のおばさんかよ。

「前田裕子さんでしょうか、母から訪ねるように言われたのですが…」

「私は裕子の母親よ。裕子も喜ぶわ。さ、上がってちょうだい」

「お邪魔します」

「裕子、慶太君だよ」

そこには……、仏壇と遺影があった。

微笑むその遺影の女性は、とても可愛く優しそうだった。

「裕子、慶太君大きくなったね、良かったね」

おばさんは遺影に話しかけ続けた。

「あの……」

俺と母とこの人と裕子さん、接点がまるで分からない。

「何から話せばいいか…」

おばさんは、そっとビデオを取り出した。

「とりあえずこれを見てちょうだいな」

それはとある日のニュース。

キャスターは話す。

7月18日夕方5時頃、

トラックの前に飛び出した子供をとっさにかばった女子高生、前田裕子さんが意識不明の重体、病院に運ばれ、間もなく死亡が確認されました。

どうやら裕子さんは子供をかばい亡くなったらしい。

ビデオを止めたおばさんが、衝撃の言葉を発した。

「この子供があなたなの」

「え?!」

全身から血の気が引いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>