【悲劇】「犬を散歩をさせる時はリードに繋げて」無責任な飼い主のせいで愛犬を亡くした男性の悲痛な叫び


イギリス・ロンドンに暮らすトニー・ドールさんと、愛犬のメイジー。

およそ8年前に妻を亡くしてから、メイジーはトニーさんの悲しみを癒し続ける存在となりました。

しかしとある日、トニーさんと散歩をしていたメイジーは、悲惨な事件に巻き込まれてその命を落としてしまいます。

またしても大切な家族を失ってしまったトニーさんの悲痛な叫びに涙が止まりません。


散歩中に起きた事件





2016年4月にバッキンガム宮殿前にある公園で散歩をしていた2人を襲った悲劇。

なんと、突然リードに繋がれていいない犬が走り寄り、あろうことかメイジーに噛みついてきたのです。

トニーさんが必死に引き離そうとしますが、なかなか離れず、後からやってきたこの犬の飼い主によって引き離すことができました。

しかしその飼い主は特に謝ることもせず、連絡先すら渡さずにその場を立ち去ってしまったのです。

メイジーは噛まれてから1ヶ月間、痛みに苦しみ続けてきました。

そして獣医さんや家族の方もそれぞれ出来ることを精一杯やったのですが、残念ながらメイジーは傷口からの感染症により虹の橋を渡ったのです。

悲嘆に暮れる父の様子にいてもたってもいられなくなったトニーさんの娘は「Dog Owner Etiquette – Justice for Maisie(犬の飼い主のエチケット – メイジーのために)」というFacebookページを開設しました。

そこで、メイジーに噛みついた犬の飼い主を見つけようと行動を起こしたのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>