「私たちは双子なの!」人種が違うのにそう言い張る少女。その理由に深く考えさせられる


地球上に住む人々は、実に多くの人種により区分されています。

人種とは、ヒト・人間を分類する用法の1つであり、骨格・皮膚・毛髪などの形質的特徴によって分けられています。

そして悲しいことにこの人種をめぐって、これまでに多くの差別が生まれてきました。

時には戦争にまで発展したりと、特定の人種を排除しようとする人がいるのも事実です。

しかし人種が違えど、私たちが持っている”心”は同じものだと教えてくれた4歳の少女がいました。


私たちは双子





アメリカに暮らす4歳の女の子、ジアちゃんとズリちゃんは大の仲良しです。

2人の誕生日が2日違いといことで、郷殿バースデイパーティーをすることが決まりました。

「私たちは双子なの」

そんな2人のバースデーパーティーで、ジアちゃんとズリちゃんはいつものようにこう言います。

ところがそれを聞いた別の女の子は、ジアちゃんに向かってこう発言したのです。

「あなたとズリちゃんが双子なわけないじゃない!だって肌の色が違うもん!」

確かに白人であるジアちゃんと、黒人であるズリちゃん。

アメリカでは白人による黒人差別が強く根付いており、近年でもたびたびとニュースで取り上げられることも多いですよね。

しかし4歳の純粋な天使は、女の子の発言に対しこのように言い返しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>