【泣いた】「今日、娘が天国に」生まれてからわずか5時間でこの世を去った娘、命が生まれる事の奇跡を教えてくれる


2011年12月31日の大晦日、某掲示板に「今日娘が天国に」というタイトルの悲しいエピソードが投稿されました。

投稿者さんは30歳の男性で、生まれたばかりの娘がわずか5時間でこの世を去った経緯と胸中を語っています。

その淡々として軽い語り口からは、悲しみに押しつぶされまいとする男性の強がりのようなものが感じられ、涙を堪えることができません。

とても辛く悲しいお話しですが、同時に命が誕生するという事は”奇跡”であることを私たちに再認識させてくれます。


「今日娘が天国に」





妊娠判明したのは5月、そして6月には双子だと言うことが発覚。
8月まではなんとか順調だったんだ。

8月も終わりになったころ問題発生、成長に差が出始めた。

小さい方は大きい方の半分の大きさ、でもその頃は様子見をするしかない状態。
双子で差はつく事はまああるとの事。
これから成長が追い付く事もあると医者が言う
事実その後だんだんと大きいほうと変わりなくなった。

そして10月中旬までは一進一退ではあるがまだ順調と言えるレベルだったんだ。

10月中旬に大問題が発生。
二卵性なんだが、小さい方が羊水過小症に陥る。
医者にあと一週間持たないかもしれないと 宣告を受ける。

頭真っ白

ただ、今死んでも母体に吸収されるから大きい方への影響は何とか大丈夫だと。
今後羊水増える可能性もゼロではないのでまた一週間様子見。

一週間後、更に羊水が減っている。
外来のエコーより精度の高いMFICUのエコーで初めて診てもらう。
そこで驚愕の事実。
小さい方は卵膜が不完全に形成されていて羊水が溜まれないらしい。

診察してもらっているのは県内で1、2を争うほど設備が整ってる大病院で色んな症例を経験している医者もいるのだが、彼らでさえ5年に一度あるかないかの珍しい症例だと言う。

羊水過小ってのは、読んで字のごとく羊水が異常に少ない状態の事だよ。
色んな原因があるみたいだが、赤ちゃんのクッションだったり、栄養だったり機能形成のアイテムである羊水が減ってた。

後述するが娘の死はこれが根本の原因なんだ。
ちなみに自然妊娠だよ

羊水過小、卵膜形成不全が判明したため、医者からは小さい方は時間の問題だが二卵性で部屋が違うため大きい方は問題なく育てるはずだから、一人を元気に産むことに頭を切り替えた方がいいと言われる。

さっきも書いたが、その時点では小さい方が死んでも母体に吸収されるから大きい方に影響はほぼないだろうと。

今後小さい方が行き長らえることは奇跡と呼ばれるものが起きない限り無理だろう。
byドクター

嫁号泣
俺頭真っ白

双子で超嬉しかったのに。

泣いて帰った一週間後。
週一の検診に一緒に行くため準備中、嫁がトイレから出てきたら顔面蒼白。

「出血しちゃった」

急いで病院へ。
正直この時は「終わった」と思った。

病院行ったら出血は微々たるものだけどそれよりも破水をしていると。
しかもどっちの破水か判然としないから即入院。

医者は「いずれにしても破水した以上二人ともそう遠くない時期に産まれてしまうでしょう。少しでも在胎週数を延ばせるよう我々も努力します」

もう祈るしかできないの。
これが11月初旬 で21週と何日かの時。

21週と6日までは親に諦める権利もあると言われたが諦める気は無し。
当面の目標は腹の中で25週を越える事。

入院してから一番怖いのは子宮内感染。
破水ってことは赤ん坊を守ってるバリアがなくなったということで、外界と子宮内が通の状態。
そこへ感染の恐怖。

感染を押さえるため保険適用外の膣剤の使用者許可を求められる。
いくら金がかかってもいいから助けてほしい。
金額は聞かずに同意書にサインをした。

1日朝夕一錠ずつ膣内に挿入する薬。聞いてないのに医者が金額を言った。
「一錠剤あたり180円、1日360円です」

膣剤のおかげか、感染は起こらず毎日を過ごしていた。
ただ破水は止まらず日に何回も下着を取り替える。

赤ん坊二人は心音もハッキリしていて、医者も「これだけ羊水漏れてると、心音とかで苦しいのを訴えるんだが…全然苦しがってないねw」だと。

入院してから大過なく25週へ突入。
血液検査で感染兆候も全く見られず希望の光が見えてくる。
大きい子の方は順調そのもの。
医者たちはこの子に全く問題がなく育っているため、破水は小さな子だと断定。

本来の予定日は3月中旬でした

小さい方もゆっくりではあるが成長している。
25週も終わろうかと言う頃、産科の主治医、新生児科の生まれたあと担当になる先生、担当看護師、嫁、俺 の5者面談。
そこでまたしても奈落の底へ突き落とすような面談内容。
今月の初めの話。

話の内容は産科主治医
「小さい子の方は、破水が始まった時期がちょうど肺の形成が始まる時期です。
肺というのは赤ちゃんがお母さんのお腹の中で羊水を肺に入れたり出したりしながら形成されていくため羊水過小と言うことは肺が全く形成されないか、形成されても自発呼吸できない可能性の方が大きいです。」

だと。

羊水がなくても生きていれば大丈夫だと思っていたおれは、生まれたあとにそんな危機があるなんて考えてもいなかった。

次は新生児科主治医
「ハッキリ言って双子で今(25週)だとかなりキビシイ。>
単胎だとなんとかなる週だが、双胎となると話が別です。今出てしまうと、小さい方は間違いなく助からないでしょう。>
大きいほうも命だけはなんとかという状況です。予後の後遺症リスクもかなり高いです。>
双子で、順調だとしても後遺症リスクを考えるとなんとしても28週まではお腹に入っていてほしい。>
28週までいくと後遺症リスクは一気に減ります。」>
>
二人の主治医に以上の事を伝えられ、もう思考停止状態。
ただひとつ理解できたのは、28週までいかないと二人ともキビシイということ。

幸いこの時点ではお腹のはりもなく、感染兆候も無し。
羊水が漏れている以外はかなり状態は安定していた。
あと3週間がんばれば大きい方は低リスクで救命できる。
小さい方ももしかしたら破水が止まって肺の機能が少しでも回復するかもしれない。

とてつもなく長い3週間のはじまりだった。

12月に入ってから1日1日がものすごく長かった。
3週間がこんなに長いものだとは…。

でも、目標の28週はわりとあっさり到達したんだ。
嫁と一緒にバンザイしたねw
感染もなく、小さい子の足元に少し、ほんの少しではあるが羊水も溜まっているのがエコーで見ることができた。

主治医も
「普通、破水しちゃったら1~2週間で産まれちゃうから、これだけお腹の中にいてくれたのはハッキリ言って驚きです。
こうなったら行けるとこまで行きましょう!
大きい子の方は今出てもかなりの確率で大丈夫だと思うけどまだ出たがってる様子ないからねw」

安心した。ひたすら安心した。
嫁も子どもたちもよくここまで耐えた。
しかし問題になるのは肺の状態がよくない小さい方。

肺の低形成にも種類があって機能的肺低形成というのだと、特殊な空気を送る機械で肺を広げる事ができるんだと。
器質的肺低形成というのだと、もう手の施しようがないそうで。
お腹の中にいるうちはその判断ができないんだと。
産まれてきて、空気を送ってみて初めてわかるらしい。

28週に入ってすぐ、新生児科主治医から提案があった。
肺を広げるための機械(何かブルブル動く機械だったのでブルブルと書きます)

新生児科主治医
「普通ブルブルはNICUに運ばれてきてから初めて装着します。
新生児の肺が圧力に耐えられない可能性があるため急変しても対処できる機械が近くにあるからです。
しかし1さんのお子さんは、肺の低形成とはいえ28週を過ぎているため体も大きく産まれたらすぐにブルブル を装着したほうが肺の開きがよくなるかもしれません。
手術室からNICUにくる50m位の間で亡くなるお子さんも、ブルブルを早く出来ていればと悔やむことがあります。
ただ気胸を起こすリスクもありますが、体の大きさから考えても産まれてすぐの方が救命確率が高いと考えます」

可能性に賭けようと思った。
少しでも生きられる確率が上がるなら。

ちなみに28週時点では大きい方は1000gくらい、小さい方は850gくらいでした。
ここまでが先々週までの話。

そのあと昨日の朝までの29週と5日。
「とりあえず」順調な日々が突然終わりを告げる。

am 07:30


「お腹痛い。今日産まれちゃうかも。今から来れる?」

急いで病院へ。


病院着。

嫁には子どもの心音と、お腹のはりを見るためのモニターが付けられている。
子どもの心拍数が早い。
通常150位のところ、170オーバー。
お腹のはりのグラフも、10分間隔くらいで山になっている。

産科主治医
「先ほど血液検査をしたら、感染の兆候がでています。
おそらく感染の始まりで赤ちゃんも苦しがっているんでしょう。
大きい方の子はこれだけのグラム数、週数ですから、ほぼ問題なく育ってくれるはずです。
小さい方の子は肺が開くことを祈ってもう出してあげましょう。
このままだとお子さん達に本格的な感染が始まってしまいます。」

そこからはどのような手術をするか、麻酔のリスクの説明や色々な同意書を書いている間に嫁は帝王切開の準備完了。
あれよあれよという間に嫁は手術室へ。
ものすごく不安な顔をして。
おれは嫁の手を握るしかできなかった。

手術室の外で待たされる。
看護師さんがくる。

「あと30分もしないうちに取り出してすぐにNICUに搬送するのでNICUの入口でお待ちください。
そこで赤ちゃんに少し会えますから」

このあとの30分気の遠くなるような時間だった。

40分ほどしてまずは大きい方の子どもが運ばれてきた。
小さい。頭がおれの拳より小さい。
口にはチューブ。
先生が空気を手動で送っている


「大丈夫なんでしょうか?」

医者
「やはり未熟児というだけあり、ひとりでは産声をあげられず今は肺に挿管しています。
空気を送ってあげたらひとまず落ち着きましたので、すぐに保育器に入れて処置をします。
後程お呼びしますのでお待ちくださいまずはおめでとうございます」

あんなに苦しそうにしてるのになにがおめでとうだと一瞬思った。
でも生きている!容態も落ち着いてるという言葉を信じて二人目を待つ。

それから更に20分位あと二人目が来た。
肺がどうなっているか。
見るからに体色が悪い。 黒い。
もうね、どす黒いの。一人目と違うって直感的にわかってしまった。

新生児科主治医
「お父さん…
非常に厳しい。恐らく機能的と器質的の中間。
というよりも限りなく器質的に近いグレーゾーンだ。
ブルブルに耐えられなかった…
肺が破れて気胸になってしまったから、もう肺の下から管刺させてもらって空気を抜いてます。
本来はお父さんの同意が必要だけど、待ってる余裕がなかった…
今から全身管理するから、後程お呼びします。しばらく待ってて下さい」

何も考えられなかった。
代われるものなら代わってやりたかった。
おれが死んであいつが助かるなら喜んで命を差し出したと思う。

先に嫁が目を覚ましたからそっちへ向かう。
麻酔の影響でまだ意識がハッキリしない。


「赤ちゃんは?」


「今先生達必死で治療してくれてる。一緒に祈ろう」

程なくNICUへ呼ばれる。

まず先に一人目の所へ。
肌の色はいい感じ。
先生もひとまずの危険は無くなったと言ってくれた。
安定してきたから酸素ではく我々と同じ空気を送っているとの事。一安心。

続いて一番奥でものものしい機械に囲まれている小さい子の方へ。
やはり肌の色が悪い。
でもね、動いてるんだよ!
手のひらに乗るくらいの小さな体に管を何本も刺されて…
ギリギリのラインで必死に闘ってんの!
名前決めてあったから、俺も必死で声を掛ける。
そしたら、目を開けたんだよ!クリクリしたかわいい目。

主治医
「お父さん…やはりとても厳しい。
ブルブルと肺を開かせる薬一緒に入れても開いてくれない…というより、肺がほとんどないんだこの子…
ただ1000g越えてるからここを乗り切れば耐えるかもしれない。
これ以上の治療を継続するかは、ご両親の判断です。
やれることすべてやるんであればあとは循環器系の管理になります。
それでもどうなるか…」

決断の時

ひとまず考えるだけの時間の延命はできるとの事で家族控え室で二人分の様々な同意書や書類の説明を受ける。
そこへ看護師がくる。

「お父さん、小さい子、心拍が下がってきました。すぐにNICUへ来れますか!?」

ダッシュで向かう

娘の前にくると、さっきよりますます色が悪い。

主治医
「お父さん…
循環器系の管理に行く前に、ひとつ試してみよう。この注射いれてみて反応見よう。
これも同意必要だけど、入れるよ?」

もう、うんとかええしか言えなかった。
何の薬かも覚えていない。

チューブのコネクターから注射器に入った薬が娘に入る。
苦しいのか、体をビクン!とさせて顔が歪んだ。本当に苦しそうな顔。

「先生やめて!」

俺は先生の手を掴み思わず叫んでいた。
次の瞬間、心拍戻って体が赤くなったんだ。
血が巡った色。

主治医
「お父さん、やっぱりこの子強いわ。こんなにすぐ反応あるなんて。
肺は成長と共に大きくなる可能性は十分ある。
こんだけすぐに薬に反応する赤ちゃんは見たことがない。
私としては循環器系の治療を受けさせれば勝ち目があるかもしれないと考えます」

そこへストレッチゃーに乗って嫁が来た。
まだ意識もハッキリしないのに、無理を言って連れてきてもらったらしい。
嫁は娘をみて一言

「かわいい…」

ボーッとした目で必死に娘に触ろうとしている。
しかし保育器の中なのでケースに手が当たる。
それが理解できないようでかすれた声で「さわる…さわる…」とうわ言のように繰り返す。

そこで主治医から言われた事を思いだし嫁に
「小さい方はこういう状況だけど、必死に生きようとしてる。
治療の余地あるみたいだから、出来ること全部してあげたい。いいか?」

嫁は一言「おえあいします…」
麻酔でうまく言えないが主治医は聞き取ってくれた。

「全力を尽くします」

待機していた医師団が娘を取り囲む。
大小様々な器具やモニターが取り付けられマンガやドラマでも見ているみたいだった。

医師団
「それでは我々は今からありとあらゆる治療方を使い、娘さんの救命に努めます。
しかし状況は依然厳しいです。万が一の覚悟もしていてください。」

もう、何でもいい、誰でもいいから助けてくれと本気で祈った。
一生寝たきりや池沼でもいいから、生きて欲しいと 思った。
今まで池沼の事を心のどこかで蔑んでたくせに…
自分に嫌悪感が湧いた。

そこまで頑張っていた嫁が限界が来たのかまた眠った。
俺はまた書類のサイン作業へ戻る。二人分の書類。

「麻薬」の文字。
痛みや苦痛を取り除き、暴れたがる新生児をコントロール するために使用するらしい。
名前はモルヒネ。こんな小さな体に麻薬まで入るとは…

書類や治療方法の説明がたくさんあり、しかも二人分なので一時間位かかった。
ここまでで産まれてから4時間くらい経過。

書類も書き終わろうかと言う頃主治医がやって来た。

主治医
「お父さん、申し訳ない。心拍が下がったままになってしまった。
もう我々の力、現代医学では限界まできてしまった。
あとは残された時間をお母さんの胸の中で静かに過ごさせてやった方がいいかもしれない」

まずは俺が一人で娘の所へ。
嫁はベッドからまたストレッチャーに移動してからくるので、少し時間がかかる

娘の前へ行く。
もう、一目見て生気が無いのがわかる。
モニターへ目を移すと、心拍数が20~30まで落ちている。


「先生!まだ生きてるんだよね!?本当にこれ以上できる治療は無いんですか!?」

主治医
「かろうじて意識がある状態です。あとできることは…無いです。延命も厳しい。」


「わかりました。娘!娘!今ママ来るからな!それまでがんばるんだぞ!」

ひたすら娘にママ来るまでがんばれって声を掛けてたが、周りの人たちは何を言ってるかわかんなかったと思う。
俺自身も目、鼻、口から汁が出てきて何を言ってるかわかんなかったから。

声をかけ続けるが、心拍数は一桁から30位で安定しない。
ママがくるまではなんとしても生きていて…
嫁が来るまでは五分とかそれ位だったんだろうが、ものすごく来るのが遅く感じた。

ストレッチャーに乗って嫁到着


「娘、頑張ったねぇ。苦しかったねぇ」

医師団
「点滴全部外して人工呼吸だけ残して!お母さんの胸にのせてあげるから!」

看護師
「お母さんごめんね!一旦上着の胸開くよ!ここに赤ちゃん乗せてあげようね!」

娘は人工呼吸以外の管はすべて外され嫁の胸の中へ。

娘は嫁の胸の中に収まった。
手動の人工呼吸のシュー、シューという音と心電図の音だけがやけに大きく聞こえる。
嫁は強いわ。ニコニコしながら娘の頭をなでてあげてんの。

その時、びっくりする事が起きた。

娘が最期の力を振り絞ったのか目を開けたんだよ。
まるで俺らの顔を確認するかのように。
ほんの一瞬だったけど確かに目を開けた。

モニターを見ると心拍が0になっていた。


「もう死んでしまいましたか?」

主治医
「モニターできないくらい弱くは生きてる。」

娘の安らかな顔。
最後は本当に安心しきったような表情で眠っているように見える。

主治医
「それではご両親、あとは綺麗にして娘さんをお渡ししますので一旦病室へお戻り下さい。
最期の瞬間を両親と過ごせたのは娘さんにとっても幸せだったと思います。
それができないお子さんも沢山いますから。」

病室で待っている時間、無言。
20分ほどして産着を着てタオルにくるまれた娘が来た。
おしろい、口紅をされている。最初で最期のお化粧。
すごく美人w

看護師
「それではしばらく、親子水入らずの時間を過ごしてください」

病室に三人になった。
肺がほとんど無いのに5時間も生きてくれた娘。
破水、出血、感染の恐怖と2ヶ月以上闘った嫁。

涙が止まらなかった。

娘がとてもいとおしい。
大人になったらどんな彼氏を連れてきてたんだろう?
趣味は何になっただろう?
一緒に釣りに行きたかった。
スキーに行きたかった
旅行も行きたかった。
美味しいものを食べさせたかった。
キレイな海を見せたかった。
山を見せたかった。
空を見せたかった。

「お父さんウザイ!クサイ!」
そんな事も言われたかった。

ちなみに旅立ったのは戸籍上の姉になります。
妹はこの3日を乗り切れば何とか大丈夫らしいです。

羊水が漏れ出してから3か月。
普通なら1~2週間で産まれてしまうのに3か月も嫁のお腹の中で頑張ってくれたお姉ちゃん。

きっと妹を守りたかったんだよな。
産まれてから、妹の無事を見届けたかったんだね。
だから妹の容態が安定するまでの5時間、頑張ったんだね。

あのとき目を開けたのも妹の事を俺らにお願いした眼差しのような気がして…

お姉ちゃんの分までしっかり育てるから!

(本文まま)

後日、投稿者さんは市役所に2枚の出生届と1枚の死亡届を提出されたそうです。

そしてこの日から4日後の1月4日、亡くなった赤ちゃんは火葬されて空へと還ることになりました。

火葬が決まってから、娘の棺に入れられるように折り紙を折り始めたという夫妻。

買ったモノを入れるのは簡単だけど空に持って行けるモノで手作りできるのはそれくらいしか思い浮かばなかった。

奥さんと折り紙を折った理由を、男性はそう語っていました。

亡くなった娘さんを入れる棺は1番小さいもの者でしたが、小さすぎる身体には大きすぎたそうです。

なるべく隙間を作らないようにと、夫婦は買い物に出かけ娘のためにおもちゃやお菓子、洋服を購入してきたのだとか。

「成長したらこういうのを着せたりしたらカワイイだろうな」
「どんなオモチャなら喜ぶかな?」




などと考えて感極まってしまい、人前で泣いてしまったといいます。

わずか5時間でこの世を去った娘を想う親。その胸中を思うと涙を堪えることができません。

しかし悲しすぎる出来事の中で、妹さんの容体が回復し後遺症も残らなかったことが判明しました。

もしかしたら先に旅立ったお姉さんが妹さんを助けてくれたのかもしれませんね。

改めまして亡くなった赤ちゃんのご冥福と、ご家族の心に一日も早い平穏が戻りますことをお祈り申し上げます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>