通勤ラッシュで賑わう駅に繋がれ放置されていた犬。”御用済み”として捨てられ、感情を閉ざした犬が掴んだ幸せに涙


朝の通勤ラッシュで賑わう、アメリカ・ニューヨークを走る地下鉄駅。

人々が行きかう駅構内に、1匹の犬がいました。

手すりに繋がれ、不安そうな面持ちで人々を見つめる犬。

しかし誰もが足早に通り過ぎるだけで、その犬を気に掛ける人はいませんでした。


捨てられた犬





朝の騒々しい駅構内で、手すりに繋がれ放置された1匹の犬。

不安そうな顔で行き交う人を見つめるその犬は誰からも気に掛けられず、犬が佇むその場所には冷たい風が静かに流れていました。

汚れた体を細かく震わせている犬に、1人の女性が近寄ってきます。

通勤途中でたまたま通りかかったサラ・ボロックさんは、犬の様子を確認するとすぐさま警察に連絡を入れました。

そして警察が到着するまでの間仕事の時間を押してまで、震える犬のそばに寄り添ってくれたのです。

その犬の詰めは異常に伸びきっており、これまでほとんど歩いたことがない事を物語っていました。


保護された犬





到着した警察に保護された犬は、そのままブルックリンのシェルターに預けられることになりました。

しかし決められた期限内に里親が見つからなければ、この犬には「殺処分」の時が訪れます。

保護された犬はおよそ2歳のピットブルとテリアのミックスで、シェルターのスタッフにより”ベッツィ”と名付けられました。

そして健康状態を調べるために受けた診察により、驚くべきことが発覚します。

なんとまだ2歳であるベッツィから、何度も妊娠・出産した痕跡が確認されたのです。

そこから、ベッツィの悲惨な過去が浮き彫りになりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>