【感動】昔はこうだったはもう古い!義母が貼った1枚の貼り紙「孫育ての心得10か条」が心に刺さると話題に

46473_main

子育てに関する問題で、両親と祖父母の教育方針の違いによるトラブルはよく耳にしますね。

「昔はこうだった」「ほかの家ではこうしている」など子育ての経験者としてのアドバイスではありますが、時代の変化と共にその考え方も大きく変わってきています。

そのためお互いの意見がぶつかってしまうことも・・・。

そんな中、Twitterに投稿された義母の子育てに関するある呟きが話題を呼んでいます。


孫育ての心得10か条



ef15167a718cf353e53025a01adf3df4

今回ご紹介するのは、Twitterユーザー・きよ耳(@kiyomimi)さんのこんな呟き。

男児2人の母であるきよ耳さんは、夫の実家に帰省するたびにストレスフリーで過ごすことができるのだそう。

お義母さんを大変尊敬しているというきよ耳さんは、ある日義実家にて1枚の貼り紙を見つけます。

その義母が貼ったという貼り紙に、思わず感動してしまったといいます。

ef15167a718cf353e53025a01adf3df4


孫育ての心得10か条

1.育児の主役はパパとママ。祖父母はサポーター。
2.パパ・ママの話を聞く。
3.いまと昔の子育ての違いを知る。
4.とがめるより、補う。
5.ほかの子、親と比べない。
6.手・口・お金は出しすぎず、心と体力に余裕を。
7.親子間でも「ありがとう」「ごめんなさい」を忘れずに。
8.孫のほめ役、夢の最強応援団になる。
9.自分のライフスタイルを大切に。
10.老いていく姿を見せる。



『孫育ての心得10か条』と書かれた貼り紙にはパパ・ママと祖父母が、よい関係を築くためのアドバイスが書かれていました。

つい孫可愛さに口出しをしてしまう祖父母が多い中、きよ耳さんの義母はこの貼り紙に書かれたことを元に最高の孫育てをしてくれていたのです。

この『孫育ての心得10か条』はNPO法人孫育て・ニッポンが発案したものだそうで、インターネットからも閲覧することができます。



この素敵な義母と孫育てのアドバイスに、多くの賞賛の声が寄せられました。













あくまでも主役はパパとママ。

そのうえでできる限りのサポートをしてくれるお義母さんへ、感謝の気持ちでいっぱいだというきよ耳さん。

「自分の番が来たらちゃんと受け継いでいきたいです。」と締めくくりました。

まさにお義母さんの生き様を見せられ、受け継ぐことを決めたきよ耳さん。

こんな家族に囲まれたお子さんも、素敵なお兄さんに成長していくことでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>