「ただ焼いただけ」妻の料理に対する旦那さんの持論に「よくぞ言ってくれた!」と称賛の声

a98451e390c484090c59e9c048dcc3ff

忙しい日々の中で、栄養バランスを考え、献立を考え料理を作るのは大変なものです。

さらにこれを毎日続けなければならないとなると、共働きの夫婦も多い現代では手の込んだ料理を用意するのはとても難しいですよね。

そんななか、ある夫が『妻の料理に対する持論』をTwitterに投稿し話題を集めています。

その投稿には「よくぞ言ってくれた!」と賞賛の声が多数集まりました。


「おいしい!」と褒めると・・・



47428_01

持論を投稿したのはTwitterユーザーのどうぞ(@dozosan)さん。

妻の料理を「おいしい!」と褒めると、妻からは「ただ焼いただけ」「煮ただけよ」と返ってくるのだそう。

そんな妻の謙遜に対して、夫のどうぞさんが展開した持論がこちら。



毎日妻が料理を作ってくれることに、深く感謝しているという投稿者さん。

料理が完成するまでには、『食材の買い出し』や『レシピの考察』など複数の工程があることを忘れてはいけないと綴りました。

どうしても「料理」と聞くと作る行程ばかりに目がいきがちですが、その前から料理の工程は始まっているのです。

投稿者さんがこの工程に気が付いたきっかけは、何気なく妻に話したある言葉がきっかけとなっていました。


カップラーメンも立派な料理



sirabee201610203min

投稿者さんがこの工程に注目するきっかけとなったのは、ある日の妻と話していた時のこんな会話からです。



「買い物する段階から料理は始まっている」といわれ、ハッとしたという投稿者さん。

この投稿に対し、ネットではたくさんの賞賛の声が集まりました。













家に帰り料理が出てくることは当たり前の事ではありません。

毎日料理をしている方にとって、投稿者さんのような考え方はとても嬉しい事です。

夫婦である前に他人であることを忘れず、お互いに相手の苦労に共感し、感謝し、そしてねぎらう気持ちが大切だと改めて考えさせられるエピソードでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>