【泣いた】この傷は虐待に打ち克った証!酷い虐待を受け大きな傷を負った犬、怪我に打ち勝ち多くの動物を救存在に

a53d0b454a2e756c48ccc5359bdcfdf0

2015年12月、カナダ・オンタリオ州で1匹の犬が保護されました。

口や手足にはテープが巻き付けられており、吠えることはおろか動くことすらできずに衰弱した犬。

誰が何のためにこのようなことをしたのでしょうか?

調査の結果、信じられないような事実が発覚したのです。



お金欲しさの最低な行為



1-33

もともと犬を手放したかった飼い主は、ある男にこの犬を託しました。

マイケル・ヒルと名乗る男が、このアニマルシェルターに連れて行くと申し出たのです。

元飼い主は犬を託すとともに、シェルター取引料として60ドル(約6,000円)をヒルに支払いました。

しかし、最初からお金だけが目的だったヒルはそのままこの犬を捨てることを思いつきました。

手足の自由を奪い、口まで塞がれた犬はそのまま放っておいたら死んでしまうのは一目瞭然ですね。

2-25

ヒルはその状態の犬を畑に放置し、犬が自然に死ぬのを待っていたのです。

動物の命を何だと思っているのか、とても許しがたい暴挙は警察をも動しヒルは逮捕、2年の実刑判決が言い渡されました。



「ジャスティス」



3-15

慈善事業団体「ウィンザー/エセックス郡ヒューマンソサエティ」によって保護された犬は”正義”という意味を込めて「ジャスティス」と名付けられました。

すぐに治療が開始されたジャスティス。

口に巻き付けられた絶縁テープを取り除いてもほとんど呼吸ができません。

更には、手足を縛っていたテープをはがしても歩行ができない状態が続きました。。

4-11

ようやく回復したのは保護から数か月たってからの事。

しかし、ジャスティスの顔には一生消えない大きな傷跡が残ってしまいました。

この傷跡が、後に多くの動物を虐待から救う象徴へとなっていったのです。



虐待に打ち克った象徴



5-12

「ウィンザー/エセックス郡ヒューマンソサエティ」で過ごした数か月の間。

ジャスティスは虐待を受けた犬の代表となり、他の同じ境遇の動物のため募金活動に貢献してきました。

運営資金の100%を寄付金で活動している「ウィンザー/エセックス郡ヒューマンソサエティ」は、他にも行き場のない動物たちを受け入れられるようにと寄付活動を行ってきました。

動物たちの食費や医療費、今もなお増え続ける動物たちのお世話をするための資金を常に集め続けなければなりません。

7-4

そこで「ジャスティスが生き延びた証=虐待に打ち克った象徴」である口回るの白い傷を模したぬいぐるみを作成し、1体30ドルで販売をすることにしました。

その利益は、虐待を受け苦しんでいる動物のために使われて得います。

ジャスティスが受けた虐待はとても悲痛なもので、決して許されることではありません。

しかし、保護されたくさんの愛情を受け虐待に打ち克ったジャスティス。

今度は自身が虐待に終止符を打つための象徴として、手助けをする役目を果たしています。

そんなジャスティスにも新しい里親が見つかりました。

何があっても手放さない約束をしてくれた新しい家族。

これからのジャスティスにたくさんの幸せがあることを祈っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>