【感動】「珍しい贈り物を授けられた」ガンに侵され顔に空洞ができてしまった男性、逆境を好転させる生き方が多くの人に感動をもたらす

c7edb881dd869f299fede859e5e905e7

幸せだった家族を襲った恐ろしい病魔。

「生存率わずか10%」のガンを患い、闘病の結果変わり果てた姿になった男性。

その逆境を好転させた生き方が多くの人々に感動をもたらしています。

もし自分だったらどう考えどう行動するのか、深く考えさせられるニュースをご紹介します。



幸せな家族を襲った悲劇



2-3

結婚して間もない妻と、6か月の息子に囲まれ幸せの絶頂だったビリー・オーウェンさん。

そんな彼に、ある日突然悲劇が訪れます。

「自分の体が何か不調かもしれない」

そう感じ病院に行くも症状は悪化する一方で、常に頭痛を伴う風邪のような症状に悩まされていました。


ひどい頭痛があって、右の鼻が完全に詰まっており、とても息苦しかったです。

最初の病院では副鼻腔炎だと診断され、鼻炎の薬を処方されたのですが、それでも症状は良くなりませんでした。

そんな私を見た妻に、専門医の診察を受けるようにと説得されたのです。



妻の説得を経て他の病院で検査をした結果、とても恐ろしい病魔が巣食っていることが発覚したのです。



「生存率わずか10%」



3-1

検査の結果、ビリーさんは「生存率わずか10%」と言われている非常に稀なタイプの鼻腔ガンに侵されていることが発覚しました。

すぐに手術が行われましたが、腫瘍の発見が遅れたために腫瘍の周辺部位まで大きく切除することになったビリーさん。

切除はは右の眼球、頬内側の筋肉、神経を含む腫瘍周辺の組織にまで至りました。

手術は成功しましたが、ビリーさんの顔がの右側には空洞が残されてしまったのです。

しかし、この姿がビリーさんの人生を良い方向へと導いてくれることになったのです。



これからの人生を息子と妻へ



4-1

ビリーさんの変わり果てた姿を心配した友人や家族。

ビリーさん自身が受け入れられずに落ち込んでいるのではないかと考えたのですが、それは杞憂に終わります。

予想に反しとても明るく振舞うビリーさんに周囲の人々は驚きました。

当時の事を、ビリーさんはこのように語ります。


手術の後、辛い時期もあって癇癪を起こしてしまったことがありました。

でもそのとき、誰かが手を差し伸べくれたような気がしたのです。

神様のような、力強い存在を感じました。

すると不思議に気持ちが安らいで、この先どうにかなるだろうと思えるようになっていたのです。



この不思議な体験をした際に「これまでの自分」を見直そうと考えたビリーさん。


以前はよく酒を飲んだし、妻と息子がいながら、かなり自堕落な生活を続けていました。

心配をかけてばかりだった妻を安心させてあげたかったのです。

息子には昔の自分ではなく、今の新しい自分だけを見て育ってほしいと思いました。



過去の自分をこう振り返り、そしてこれからの人生を妻と息子に捧げようと誓いました。



「珍しい贈り物を授けられた」



1-7

その後、輪郭の形を保つために「義歯床」を装着する手術を受けたビリーさん。

今でも時折右目の幻想通に悩まされているそうですが、現在までに病気の再発はありません。

これまで自動車整備の仕事をしていたビリーさんですが、右目を失ってからは続けることができませんでした。

しかし新しい顔を利用して、なんとテレビ番組やホラー映画に出演するようになったビリーさんは「珍しい贈り物を授けられた」と語っています。

5

2014年にはアメリカのケーブルテレビの人気リアリティ番組「フリークショウ(Freakshow)」への出演を果たしました。

ビリーさんが鼻腔ガンに立ち向かう様子や、手術後の前向きに振る舞う姿勢、また家族を心から想う姿は、多くの人に感動を与えています。

第二の人生として新たに歩き出したビリーさんと、それを支えるご家族にたくさんの幸せが訪れることを願っています。

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>