【感動】「みんなで一緒に乗り越える」ガン治療により髪の毛が抜け落ちた少女のため・・・同級生が起こした行動に涙が止まらない

57a0ed0076a14a53ec165c4617f0bbf3

アメリカ・コロラド州に住む9歳の少女。

幼くしてガンに侵され、つらく苦しい化学療法に打ち勝った彼女を待ち受けていたのはとても素敵な贈り物でした。

学校全体を挙げての取り組み、そして同級生の想いに涙が止まりません。



少女を突然襲った病魔



WS000004_R

幼くしてガンと闘った少女、マーリー・パックちゃん(9歳)。

彼女はごく普通の小学生でしたが、ある日突然恐ろしい病魔に襲われます。

胞巣状横紋筋肉腫というととても珍しいガンに侵されていることが発覚したのです。

その後40週間にもわたる化学療法のため、小学校を長らくお休みしていました。

治療の末、なんとか快方に向かっていったマーリーちゃん。

しかし、化学療法の副作用で髪の毛はすべて抜け落ちた状態となっていたのです。

そのことを知った同級生たちは、マーリーちゃんの復帰を素敵な方法でお祝いしました。



1人じゃない



57110b7e1900002e0056b50d

マーリーちゃんが通うメリディアン小学校の生徒たちが開催した素敵なお祝い。

なんと、抗がん剤により髪が抜けてしまったマーリーちゃんのために多くの生徒たちが頭を丸刈りにしたのです。

WS000003_R (1)

「Be Bold, Be Brave, Go Bald.(大胆になろう、勇気を出そう、丸刈りにしよう)」

こう呼ばれるチャリティイベントに参加し自分の髪を反り上げ、病気で髪が抜けてしまった人のために寄付しました。

同級生たちの「マーリーちゃんは1人じゃない、みんな一緒だよ」という気持ちに涙が止まりません。

さらに、参加してくれたのは生徒たちだけではありませんでした。



先生の気持ちも一つ



57a0ed0076a14a53ec165c4617f0bbf3 (1)

同級生だけではなく、校長先生、副校長先生、さらには女性の教員や同級生の母親までもがマーリーちゃんのために髪を剃りました。

マーリーさんの担任教員であるエリン・ダッパーさんの髪の毛を剃ったのはマーリーちゃんです。

当時の様子をダッパーさんはこう語ります。


「病気の少女を想像していたにのに反して、マーリーが明るく幸せそうで、

意気揚々としていたので、生徒たちはお祝いムードになりました」



このイベントでは2万5000ドル(約280万円)の寄付が集まり、小児がんの治療研究を支援するセント・ボルドリックス財団に贈られました。



心からありがとう



WS000001_R

つらい抗がん剤治療を乗り越えながらも笑顔を見せ続けたマーリーちゃん。

クラスメイトや学校のみなの行動に驚きつつも感謝の言葉を述べました。


こんなに多くの人々が、自分の頭を剃ってくれるなんて思っていませんでした。

学校に戻って来て、髪がないのが自分1人じゃなくて、とても心強く感じます。

私はただ、心からありがとうと言いたいです。



1人の友人のために起こした友人や先生の行動にただただ涙が止まりません。

マーリーちゃんはガンの影響で足も切断しており、今後もたくさん裏い思いをするでしょう。

ですが、この体験がマーリーちゃんの心の糧となりこれから前を向いて歩いていく希望になったことは確かです。

これからもマーリーちゃんの素敵な笑顔が末永く続くことを祈っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>