【泣いた】薬局に”キセキ”を買いに来た少女、病気の弟のために少女が起こした奇跡に涙が止まらない

ea2bccac75dd326cfea1b328238343c2

皆さんは奇跡を信じますか?

今回ご紹介するのは、重い病気を患った弟のために奇跡を呼び起こした少女のこんなお話しです。

小さな女の子の行動に、奇跡というのは待つものではなく自分が起こすものなのだと改めて考えさせられます。



真実を知った少女



1a47deeb691a5519d0241b4407fd3737

アメリカで暮らす元気いっぱいの少女、テスちゃん(8歳)。

彼女はパパ、ママ、そして弟のアンドリューと4人で暮らしています。

ある日偶然パパとママの会話を聞いてしまったテスちゃん。

その会話の中で、弟のアンドリューくんが重い病気を患っており、更にはお金がなく医療費が払えない事を知ったのです。

今よりも家賃の安い小さなアパートに引っ越さなければならないほど、家族にはお金がなかったのです。

しかしアンドリューくんは早急な手術を必要としていました。
「アンドリューが助かるには、奇跡が必要かもしれない」
そうつぶやいた父の言葉を聞いて、テスちゃんはあることを思いつきます。



薬局に奇跡を買いに来た少女



sick_bro_03

テスは自分の貯金箱を開けると、中に入った小銭を一度、二度、そして三度数えて確認します。

そしてその小銭を再び貯金箱に入れると、それを抱え誰にも気づかれないよう静かに家を出ました。

やってきたのは家からそう遠くない薬局。

テスは列に並び順番を待ちますが、薬剤師の男性は1人の男性客と長話をしておりテスの存在に気づいてくれません。

足踏みをしたリ咳ばらいをしても一向に気が付いてもらえないテスは、貯金箱の中の小銭をカウンターにぶちまけました。

この行動に驚いてようやくテスの存在に気が付いた薬剤師の男性は、テスにこう言います。

「久しぶりにあった弟とと話していたんだ。気がつかなくてごめんね。何が欲しいの?」

すると、テスはだいぶ興奮した様子でこう話し始めました。
「私にも弟がいる!

でも病気で、だから弟のためにキセキを買いにきたの」

テスの言葉の意味がよくわかっていない様子の薬剤師の男性に、テスは更に詳しい説明をすることにしました。

そしてその行動こそが、テスちゃんとその家族に驚愕の結果をもたらすことになったのです。



テスが起こした奇跡



34e12f28babd506b6687c476e0bc5e1c (1)


「私の弟、アンドリューっていうの。頭の中にできものがあって、

それがどんどん大きくなっているの。

パパがアンドリューをたすけるにはキセキがいるって言ってたから、キセキがいくらするのか知りたくて…」

こう聞いた薬剤師の男性は、ようやく意味を理解しテスにこう返します。

「テス、残念だけど奇跡は売ってないんだ。助けてあげられなくてごめんな。」

それでもなお食い下がるテス。必死に薬剤師の男性にお願いを続けます。

「お願い。お金はあるの。これで足りないならもっと持ってくるから。値段を教えてください」

すると、これまで話を聞いていた薬剤師の弟がテスに質問を始めました。

弟 「どんな奇跡が必要か、分かる?」

テス「分からない。手術が必要で、でもパパはお金がないっていうから、私が払おうと思ったの」

弟 「いくら持ってるの?」

テス「1ドルと11セント」

それを聞いた薬剤師の弟は少し笑うと、微笑みながらテスにこう伝えました。
「笑ってごめんね、あまりもの偶然に驚いてしまって。

君の弟の奇跡もちょうど同じ値段なもんだから」

そう言うとテスの小銭を受け取り、テスを自宅まで送ってくれました。

男性を家の中へと迎え入れたテスの両親は驚きます。

娘を送ってきてくれた薬剤師の弟は名の知れた脳外科医で、なんとアンドリューの手術を無料で引き受けさせてほしいとテスの両親に申し出たのです。

テスの両親は言葉が見つかりませんでした。手術の本当の値段は一体いくらなのか?

テスは微笑みます。テスはその答えを知っていたからです。

6ed31a1463f9928d0de1f0c733982f69 (1)

みずからの行動で奇跡を起こした勇敢な少女。

そしてそれに協力してくれた脳外科医の男性。

優しさにあふれた2人が起こした奇跡は世界中を感動させました。

完璧すぎるタイミングでの奇跡の出会い。

アンドリューはその後元気になり、テスは奇跡の力を信じるようになったそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>