【悪意あるイタズラ】オムツを替えようとすると「泣き叫んだ息子」。見ると「背中に穴があいていた」

1: ファニーちゃん

子供の背中に穴
世の中には心無いイタズラをする人が沢山います。

身内同士で楽しめるイタズラなら構いません。

しかし、見ず知らずの人に対して、人を傷つけるようなイタズラは最低です。

そんな最低、最悪なイタズラによって最愛のわが子が傷ついてしまった一組の夫婦をご紹介します。

生まれたばかりの我が子のオムツを替えようと、公共のスペースを利用したときに起きた出来事です。

心ない人の行動、イタズラによって起こってしまった悲劇。



イギリス・キングストン出身のヘイリーさん

彼女は夫・ロブさんとの間に、可愛い息子サミュエル君を授かりました。
サミュエル君は未熟児として生まれ、生まれてから退院するまでに普通の子供よりも時間がかかりました。

そんな状況を乗り越え、ようやく退院する事が出来たサミュエル君



その後も何かあってはいけないとヘンリーさんは人一倍サミュエル君の健康などに気を使っていたのです。

しかし、公共のスペースを利用してオムツを替えようとした時、悲劇は起きました。

公共のスペースという事もあり、なんの疑問を抱く事もなくサミュエル君をその場へおろしました。

するとサミュエル君はおろされた瞬間に泣き叫んだのです。

オムツを替えるとき、親と一瞬でも離れる事になるため、泣き出す子供はよくいます。

その為、ヘンリーさんも最初は気にする事はなく、オムツを替えました。

そしてオムツを替え終わらせ、サミュエル君を持ち上げた時

とんでもない事が起きていたことに気づいたのです。


1: ファニーちゃん

サミュエル君を襲った悪意
なんと、サミュエル君の背中には2箇所、穴があいていたのです。

背中の中心、赤くなっている部分の中心に2箇所の穴があいているのがわかりますでしょうか。


ヘンリーさんはどうしてこんな事になったのか急いでベッドを調べました。

するとそこには悪意あるイタズラがされていたのです。

そのイタズラの内容は「マットの下に針を忍ばせていた」のです。

マットの下には合計で5箇所もの針が刺さっていたそうです。

こちらが問題の針


ヘンリーさんは今回の出来事を沢山の人に知ってもらう為に、フェイスブックに投稿しました。

大切な子供が同じような目に合わないように、気をつけて欲しいという願いをこめて。

幸いサミュエル君は健康状態に異常をきたす事はなく、今では元気に走り回っているという事です。



しかし、もし刺さりどころが悪かったり、より深くささっていたと考えると、とても怖い事件です。

ヘンリーさんは投稿の最後にこう書き綴っています。
「このような出来事は非常に悲しい事ですが、私が伝えたいことは、オムツ替えのスペースは公共の場であろうと、何もないかチェックしましょう!という事です。」

イタズラという言葉だけでは表現する事が出来ないこのような悪質な事件

大人であれば、少し痛ければ飛びのいたり自分の身は自分で守ることが出来ます。

しかし、小さい子供は痛くても「泣く事しか出来ない」のです。

そんな子供を狙ったこの犯人のした事は決して許される行為ではないでしょう。

ヘンリーさんは多くの人に知ってもらいたいという思いをこめています。



今回のこの事件、是非周りにいるご家族、ご友人に伝えてあげて下さい。

何かが起こってからでは何もかもが遅いのです・・・。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>