『人を騙すと金がもらえるバイト』を先輩に進められて始めた結果→調子に乗った俺は美人な生徒会長に告白をして・・・

13: 名無しさん 2014/04/20(日)23:15:32 ID:aJI58ibLS


 俺は部活もしてなくて暇だったし、先輩は珍しくしつこかった。
 いちおうケータイでネット検索すると、店の名前だけは出てきた。

 詳細についてはなんも載ってなかったけどな。

 興味ある方は電話してくださいとだけ書いてあったから、休み時間に電話してみた。
 
 電話をしたら、学校帰りでもいいから是非来てくれって、
 優しいおっさんの声が答えてくれた。

 もちろん完全に信じてたわけじゃない。
 正直半分は冷やかしのつもりだったし。
 まあ話のネタにでもなればいいか、ぐらいにしか思ってなかった。

 高校時代の俺、頭の中が空っぽすぎる。


15: 名無しさん 2014/04/20(日)23:17:58 ID:aJI58ibLS


 で、放課後にケータイホームページに書かれたビルに行った。
 郵便局の隣にある小さなビル。

 玄関に入ると、「電話をくれた子?」って、
 背の低いおっさんが俺をむかえてくれた。

 声の感じで、そのおっさんが電話の対応した人だっていうのはわかった。

 すぐに三階の事務所に連れてかれて、面接がはじまった。
 
 ただ当たり前の話なんだけど、急な話しすぎて履歴書も、
 なんにも持ってなかったんだよな。


17: 名無しさん 2014/04/20(日)23:20:15 ID:aJI58ibLS


 そのことを伝えると、

「大丈夫だよ、ちょっとしゃべって簡単なテストして、
 合格だったらそのときに履歴書とか書いてもらうから」

 おっさんはそう答えた。
 でも、そう言ったくせにおっさんは全然話そうとしないわけ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>