【驚愕】空港で預けていたスーツケースの鍵の番号が「000」になっていた…その理由に気付きゾッとした。

1: ファニーちゃん

預けていたスーツケースの鍵の番号が000になっていた理由とは? a
皆さんは海外へ旅行する時、空港にスーツケースを預けることもあると思います。

ですが預けたスーツケースを受け取った時、鍵の番号が「000」になっていた…なんてことはありませんか?

実はそれにはある恐ろしい理由があったのです。

今回その内容を投稿したのはTwitterユーザーのオフショアキャド(@Shusei_Hayashi)さんで、その内容がこちらです。



スーツケースは鍵の番号を変えていないと「000」で開くものが多いため、空港の職員が000に合わせてスーツケースを開けようとしている可能性があるというのです。

この投稿内容を見た人達からは…

「友達から聞いたけど、フィリピンに行く時は預ける荷物全てラップでぐるぐる巻きにしてるんだそう…なんでも中身の抜き取りと銃弾混入を防ぐためなんだとか…」

「多分これ、中身を抜き取るんじゃなくて危険物を詰め込んで税関で罰金を払わせようとする手口だと思う」

「日本人は平和ボケしやすいから、鍵の場号変えてない人多そう…是非とも変えておいた方が良いですね」


中身の抜き取りもそうですが、危険物を詰め込まれることもあるんですね…

そう考えるとやっぱり恐ろしいこともあるんだなと改めて実感させられます。

もし海外へ旅行する際には、荷物に十分気をつけてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>